SQLの窓

2016年02月04日


livedoor Blog で、Twitter カードを使用する

Twitter カードは、ツイート内に投稿された URL 先のメタ要素を参照してツイートに画像や概要等を付加するルールです。( PC の場合は『全て表示』するとと表示されますが、スマホアプリからだと最初から表示されます )

関連する記事

Seesaa ブログで Twitter カードを使用する方法

livedoor Blog のブログ設定(PC/カスタマイズ)

Twitter カードの目的を考えるて、まず個別記事ページを設定します。livedoor Blog ではすでに OGP の設定が仕様として含まれている( <$OGP$> )ので、まずその下に以下のような Twitter 用のメタ要素を書き込みます。
※ 
<meta name="twitter:card" content="summary_large_image" />
<meta name="twitter:site" content="@ユーザID" />
<meta name="twitter:image" content="デフォルトの画像の URL" />
※ summary_large_image は大きな画像の表示です

デフォルトの画像は、記事別の画像を指定しない場合に表示される画像を URL で用意します。普通に Google の Picasa の画像が使えます。また、livedoor Blog では、この twitter:image の記述が無い場合は、『ブログアイコン』で指定した小さな画像が使われてしまいます。これは、Facebook 側(※1)で指定されているもので、Twitter カードはその指定の画像を利用することができます。
※1: <meta property="og:image" content="プロフィールアイコン(管理画面で設定)" />

なので、世の中のサンプルでは、先に OGP の記述があって、その後に Twitter カードの指定になっています。

記事毎に画像を変えるには

Twitter カードの メタ要素の指定は、ページのどこに書かれていても有効なようです。しかも、後から見つかった内容が最後に有効になっています。ですから、以下のような記述を記事の先頭に書くだけで有効になります。
<meta name="twitter:image" content="記事用画像のURL" />
それ以外にも、livedoor Blog には見出し画像という投稿項目があるのですが、これは og:image の内容を変えるものなので、この一連の設定ではヘッダ部分にすでに Twitter カード用のデフォルト画像を指定してしまっているので、変更しても Twitter カード側が優先されて、ライブドアの見出し画像は無効になります。

ライブドアの見出し画像を使いたい場合は、twitter:image を含むメタ要素を削除する必要があります。そしてその場合は、画像を事前に livedoor Blog にアップロードしておいて選択する必要があります。

トップページ用に注意する事

『ブログ基本設定』のブログの説明は、空では動作しません。また、デフォルトの画像は、記事毎のページのものと同じである必要はありません


関連する記事

livedoor Blog で、Facebook の『シェアボタンを表示する』

関連するライブドアのドキュメント

Facebook等で「いいね!」されたときや、Twitter Cardsへの表示内容を設定する(OGP対応)Facebook等で「いいね!」されたときや、Twitter Cardsへの表示内容を設定する(OGP対応)




【WEBサービスの最新記事】
posted by lightbox at 2016-02-04 23:53 | WEBサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
container 終わり

フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

CSS ドロップシャドウの参考デモ
BUTTONS (CSS でボタン)
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり