SQLの窓

2016年02月27日


Picasa が終了するので、Google フォトで登録した画像の URL を Picasa の API で取得する手順


※ この画像は Google フォトで登録して Picasa API で取り出した URL を使用しています

Picasa Web Albums Data API の【重要】を読む限り、読み込みはサポート続きそうなので、以下の方法でしばらく対応できると思います。内容は簡単なので、JavaScript でもアルバムとか作れそうですし。( access-control-allow-origin: * である事は確認しました )

自分の ユーザID

Picasa の設定ページでもいいですが、アルバムや画像を表示した時にドメインの次に表示される数字です。これを使うとまずアルバムの一覧を取得できます。

https://picasaweb.google.com/data/feed/api/user/101280392108947207617?alt=json

アルバムの IDとプロパティの絞込み

ほぼこれで目的は達成されます

https://picasaweb.google.com/data/feed/api/user/101280392108947207617/albumid/6125016770423395377?alt=json&fields=entry%28content%29&imgmax=1600

imgmax=1600 は、適当でいいです。s1600 となるだけなので後で調整しますし。最初から s500 が欲しいのならば、imgmax=500 とするだけです。fields パラメータは、省略すると全てのデータを取得できます(正直必要無いです)

これだけでは該当する画像から URL を取り出すのがたいへんなので、JavaScript で 1時間くらい格闘すれば自分専用の URL 取得アプリは簡単に作れそうです。


関連する記事

Picasa が終了するので、Picasa ブログの英文を解りやすく翻訳して整形しました

jQuery Columns を使って、Picasa API より アルバム一覧を表示する



タグ:google
【Googleの最新記事】
posted by lightbox at 2016-02-27 14:19 | Google | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
container 終わり

フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

CSS ドロップシャドウの参考デモ
BUTTONS (CSS でボタン)
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり