SQLの窓

2016年04月25日


AsyncTask を継承して、Drawable を取得する専用クラスを作成する : Android Studio

Drawable を取得して、UIスレッドで処理する事を直接の目的としています。なので、onPostExecute を Override して、専用に定義した onDrawable メソッドを呼び出しておきます。これによって、HttpDrawable のインスタンスを使う時に onDrawable を Override すれば引数に Drawable のインスタンスを得る事ができます。

また、引数が文字列の配列で、戻り値が Drawable と固定の仕様の元作成するので、ジェネリックスを利用せずに作られています。
package lightbox.april.androidtest;

import android.graphics.drawable.Drawable;
import android.os.AsyncTask;
import android.util.Log;

import java.io.InputStream;
import java.net.URL;

/**
 * Created by lightbox on 2016/04/24.
 */
public class HttpDrawable extends AsyncTask {

	@Override
	protected Object doInBackground(Object[] params) {

		// 画像データ
		Drawable image = null;
		try {
			// インターネット上の画像を取得して、Drawable に変換
			URL url = new URL((String) params[0]);
			InputStream is = (InputStream)url.getContent();
			image = Drawable.createFromStream(is, "");
			is.close();
		}
		catch(Exception e) {
			Log.i("button", "インターネットのアクセスでエラーが発生しました");
		}
		return image;

	}

	protected void onDrawable(Drawable d) {

	}

	@Override
	protected void onPostExecute(Object o) {
		onDrawable((Drawable)o);
	}
}


▼ ボタンクリックから画像の表示
package lightbox.april.androidtest;

import android.graphics.drawable.Drawable;
import android.os.Bundle;
import android.support.v7.app.AppCompatActivity;
import android.util.Log;
import android.view.View;
import android.widget.Button;
import android.widget.ImageView;

public class MainActivity extends AppCompatActivity {

	private HttpDrawable hd;

	@Override
	protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
		super.onCreate(savedInstanceState);
		setContentView(R.layout.activity_main);

		// ボタンのインスタンスを格納する変数を作成
		Button button;

		// ボタンのインスタンスを作成
		button = (Button) MainActivity.this.findViewById(R.id.button);

		// ボタンのインスタンスにイベントを登録
		button.setOnClickListener(new View.OnClickListener() {
			@Override
			public void onClick(View v) {

				// logcat にメッセージを表示
				Log.i("lightbox", "ボタンが押されました");
				hd.execute("https://goo.gl/WNzpRl");

			}
		});

		hd = new HttpDrawable() {
			@Override
			protected void onDrawable(Drawable d) {

				if (d != null) {
					ImageView imageView = (ImageView) MainActivity.this.findViewById(R.id.imageView);
					imageView.setImageDrawable(d);
				}

			}

		};



	}

}

https://goo.gl/WNzpRl は画像です




HttpDrawable は、一般的な new AsyncTask の意味を解りやすく解説する為に作成しています。

▼ new AsyncTask で記述されたもの
package lightbox.april.androidtest;

import android.graphics.drawable.Drawable;
import android.os.AsyncTask;
import android.os.Bundle;
import android.support.v7.app.AppCompatActivity;
import android.util.Log;
import android.view.View;
import android.widget.Button;
import android.widget.ImageView;

import java.io.InputStream;
import java.net.URL;

public class MainActivity extends AppCompatActivity {

	@Override
	protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
		super.onCreate(savedInstanceState);
		setContentView(R.layout.activity_main);

		// ボタンのインスタンスを格納する変数を作成
		Button button;

		// ボタンのインスタンスを作成
		button = (Button) MainActivity.this.findViewById(R.id.button);

		// ボタンのインスタンスにイベントを登録
		button.setOnClickListener(new View.OnClickListener() {
			@Override
			public void onClick(View v) {

				// logcat にメッセージを表示
				Log.i("lightbox", "ボタンが押されました");
				new AsyncTask<String,Void,Drawable>() {
					@Override
					protected Drawable doInBackground(String... params) {
						// 画像データ
						Drawable image = null;
						try {
							// インターネット上の画像を取得して、Drawable に変換
							URL url = new URL(params[0]);
							InputStream is = (InputStream)url.getContent();
							image = Drawable.createFromStream(is, "");
							is.close();
						}
						catch(Exception e) {
							Log.i("button", "インターネットのアクセスでエラーが発生しました");
						}
						return image;
					}

					@Override
					protected void onPostExecute(Drawable drawable) {

						if (drawable != null) {
							ImageView imageView = (ImageView) MainActivity.this.findViewById(R.id.imageView);
							imageView.setImageDrawable(drawable);
						}
					}

				}.execute("https://goo.gl/WNzpRl");

			}
		});

	}

}


さらに、ボタンイベントのように、インターフェイスを登録するようにすると以下のようになります
package lightbox.april.androidtest;

import android.graphics.drawable.Drawable;
import android.os.AsyncTask;
import android.util.Log;

import java.io.InputStream;
import java.net.URL;

/**
 * Created by lightbox on 2016/04/24.
 */
public class HttpDrawable extends AsyncTask {

	public interface OnDrawableListener {
		abstract public void onDrawableListener(Drawable d);
	}

	private OnDrawableListener listener = null;

	@Override
	protected Object doInBackground(Object[] params) {

		// 画像データ
		Drawable image = null;
		try {
			// インターネット上の画像を取得して、Drawable に変換
			URL url = new URL((String) params[0]);
			InputStream is = (InputStream)url.getContent();
			image = Drawable.createFromStream(is, "");
			is.close();
		}
		catch(Exception e) {
			Log.i("button", "インターネットのアクセスでエラーが発生しました");
		}
		return image;

	}

	public void setOnDrawableListener( OnDrawableListener listener ) {
		this.listener = listener;
	}

	@Override
	protected void onPostExecute(Object o) {
		if ( listener != null ) {
			listener.onDrawableListener((Drawable)o);
		}
	}
}

内部で専用のインターフェイスを作成し、setOnDrawableListener の引数にする事によって、内部で保存しておいて、onPostExecute から呼び出す(外側のインターフェイス内のメソッド)ようにすれば、ボタンイベントと同様の扱いになります


【2 Android Studioの最新記事】
posted by lightbox at 2016-04-25 22:40 | 2 Android Studio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
container 終わり

フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

CSS ドロップシャドウの参考デモ
BUTTONS (CSS でボタン)
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり