SQLの窓

2016年04月26日


超簡易掲示板 ( JSON ) : PHP





保存データを行単位で区切り文字で分けて投稿データを保存する方法は古くからありますが、JSON 形式で保存しておくと、投稿データ内の改行やクォートなどのデータを自分で処理する必要がなくなる上に、新しい項目も追加するのが容易になります。さらに、データが JSON で作られるので、そのまま http で他のアプリケーションからアクセスする事も容易になります

一応、MVC にのっとり、M(model.php) / V(view.php) / C(board.php) になっています

board.php

error_reporting(E_ALL & ~E_NOTICE); は、$_POST 等の変数の参照時に未定義(ブラウザから送られていない)時にでも、空文字列が入っているとみなして処理できるようにするものです。逆に、全てのエラーを出力するようにした場合、代入されていな い値を使用した場合は、警告を発生します( 必要であれば、php.ini で設定します )

<?php
error_reporting(E_ALL & ~E_NOTICE);
// **************************************
// php.ini の output_buffering をチェックして
// 有効になっていた場合は、header の前に出力可能です
// **************************************

// **************************************
// 通常の HTML として出力します
// **************************************
header( "Content-Type: text/html; Charset=utf-8" );

// **************************************
// キャッシュを無効にするヘッダ
// ※ いろいろあるのは念のため
// **************************************
header( "pragma: no-cache" );
header( "Expires: Wed, 31 May 2000 14:59:58 GMT" );
header( "Cache-control: no-cache" );

// **************************************
// 関数の定義を読み込みます
// **************************************
require_once("model.php");

// **************************************
// $_POST['send'] != "" は送信ボタンが
// クリックされた事を示します
// さらに、テキストエリアに何か入力され
// た場合に処理を行います
// **************************************
$_POST['text'] = preg_replace( "/^[ \s]+/u", "", $_POST['text'] );
$_POST['text'] = preg_replace( "/[ \s]+$/u", "", $_POST['text'] );
if ( $_POST['send'] != "" && $_POST['text'] != "" ) {

	// データの書き込み処理
	post_data();

}

// データの表示処理
disp_data();


// **************************************
// ▼ 以下は画面です。$log_text を
//    埋め込んでいます
// **************************************
require_once("view.php");
?>

FORM は一般的な POST メソッドで送信されます。なので、書き込んだ直後にリダイレクトして GET メソッドで呼び出しなおすという処理が入っています。タイトルの『超簡易掲示板 ( JSON )』をクリックすると、GET メソッドでの呼び出しであるリンクとなっています。

投稿データの表示内容は、いったん文字列で作成して後から view.php の該当部分に埋め込む形式です。最新のデータは、array_unshift によって、データの先頭に追加されます。

HTML 要素を無効にする方法としては、htmlentitieshtmlspecialchars がありますが、初心者向けとして最低限の置き換えを str_replace で実装しています。

json_encode による、オブジェクトから文字列の変換では、オプションの JSON_UNESCAPED_UNICODE | JSON_PRETTY_PRINT でデバッグしやすいように可読性に重点を置いています。

model.php
<?php

// **************************************
// データの書き込み処理
// **************************************
function post_data() {

	// データを一括読み込み
	$log_text = @file_get_contents("board.log");

	$json = json_decode( $log_text );
	// 空のファイルかまたは、JSON データでは無い場合
	if ( $json === null ) {

		// JSON 用クラス作成
		$json = new stdClass;
		// 行データを格納する配列を作成
		$json->item = array();

	}

	// 改行コードを \n のみ(1バイト)にする
	$_POST['text'] = str_replace("\r","",$_POST['text']);

	// HTML 要素を無効にする
	$_POST['text'] = str_replace("<","&lt;",$_POST['text']);
	$_POST['text'] = str_replace(">","&gt;",$_POST['text']);

	// HTML 要素を無効にする
	$_POST['subject'] = str_replace("<","&lt;",$_POST['subject']);
	$_POST['subject'] = str_replace(">","&gt;",$_POST['subject']);
	$_POST['name'] = str_replace("<","&lt;",$_POST['name']);
	$_POST['name'] = str_replace(">","&gt;",$_POST['name']);

	// 新しい投稿用のクラス作成
	$board_data = new stdClass;

	// text プロパティに 入力された本文をセット
	$board_data->text = $_POST['text'];
	// subject プロパティに 入力されたタイトルをセット
	$board_data->subject = $_POST['subject'];
	// name プロパティに 入力された名前をセット
	$board_data->name = $_POST['name'];
	// subject プロパティに 入力されたタイトルをセット
	$board_data->datetime = $_POST['datetime'];

	// 配列の先頭に 新しい投稿データをセット
	array_unshift($json->item, $board_data);

	// 全ての投稿データを JSON として一括書き込み
	file_put_contents("./board.log", json_encode( $json, JSON_UNESCAPED_UNICODE | JSON_PRETTY_PRINT ) );

	// GET メソッドで再表示します
	header( "Location: {$_SERVER["PHP_SELF"]}" );
	exit();


}

// **************************************
// データの表示処理
// **************************************
function disp_data() {

	// 埋め込み用データを global 宣言
	global $log_text;

	// データを一括読み込み
	$log_text = @file_get_contents("./board.log");
	// ファイルが存在しない場合
	if ( $log_text === false ) {
		$log_text = "ここに投稿データが表示されます";
		return;
	}

	$json = json_decode( $log_text );
	// 空のファイルかまたは、JSON データでは無い
	if ( $json === null ) {
		$log_text = "ここに投稿データが表示されます";
		return;
	}

	// 表示用の埋め込みに使用される文字列変数
	$log_text = "";
	foreach( $json->item as $v ) {
	
		// **************************************
		// 本文の改行は br 要素で表現します
		// **************************************
		$v->text = str_replace("\n", "<br>\n", $v->text );

		// **************************************
		// 記事の境界を hr 要素で表現します
		// **************************************
		$v->text .= "<hr>\n";

		// **************************************
		// 行毎に表示 HTML を作成
		// **************************************
		$log_text .= "【{$v->subject}】( {$v->name} : {$v->datetime} ) <br>" . $v->text;
	
	}


}

?>


投稿時の日付データは、ブラウザ側でセットするようにしています。特に日付に関しては JavaScript ではスマートな方法が無いので、学習のきっかけ用としてこのようになっています。また、送信時のイベント処理としても重要なサンプルとなり、jQuery の基本サンプルでもあります。

※ jQuery は、Google のホスティングを使用しています。

view.php
<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=utf-8">
<meta name="viewport" content="width=1280,initial-scale=1.0">
<script src="//ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/3.2.1/jquery.min.js"></script>

<style>
* {
	font-family: "ヒラギノ角ゴPro W3","Hiragino Kaku Gothic Pro","メイリオ",Meiryo,"MS Pゴシック",Verdana,Arial,Helvetica,sans-serif;
}
</style>

<script>

$( function(){
	$("form").on("submit", function(){

		var dateNow = new Date();
		var dateString = 
			dateNow.getFullYear() + "/" + 
			("0"+(dateNow.getMonth()+1)).slice(-2)+ "/" + 
			("0"+(dateNow.getDate())).slice(-2);
		var timeString = 
			("0"+(dateNow.getHours())).slice(-2) + ":" + 
			("0"+(dateNow.getMinutes())).slice(-2) + ":" + 
			("0"+(dateNow.getSeconds())).slice(-2);

		$("#datetime").val( dateString + " " + timeString );

	});
});

</script>
</head>

<body>
<h3><a href="board.php" style="color:black;">超簡易掲示板 ( JSON )</a></h3>

<form method="POST">
	タイトル <input type="text"
		name="subject"
		style="width:400px;">
	<br>
	名  前 <input type="text"
		name="name"
		style="width:400px;">
	<br>
	<textarea name="text"
		style="width:500px;height:100px;"></textarea>
	<input type="hidden"
		name="datetime" id="datetime">
	<br>
	<input type="submit"
		name="send"
		value="送信">
</form>
<br>

<?= $log_text ?>

</body>
</html>


JSON は、item プロパティが配列になり、複数項目の投稿データが格納されます。

JSON データ
{
    "item": [
        {
            "text": "最低限の機能を持った掲示板です。\nデータ形式は JSON でとても拡張しやすく便利です。",
            "subject": "こんにちは",
            "name": "山田 タロウ",
            "datetime": "2016\/04\/25 17:52:17"
        }
    ]
}




タグ:掲示板 PHP
【PHP + WEBアプリの最新記事】
posted by lightbox at 2016-04-26 12:21 | PHP + WEBアプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
container 終わり

フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

CSS ドロップシャドウの参考デモ
BUTTONS (CSS でボタン)
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり