SQLの窓

2016年05月05日


PHP で HTML数値エンティティを、目的のキャラクタセットの文字列に変換する

テキストエディタが優秀な場合は、直接ソースに書いてもいいのですが、古いエディタだと UTF-8 の文字列を直接書けない場合もあります。もちろん、数値データから文字列化する処理に有効ですが、マニュアルには肝心の『変換するコード領域を指定する配列』の説明がありません

以下は簡単なサンプルですが、0x2A6D5 のほうは変換されず、0x2A6D6 のほうは変換されます
	$convmap = array(0x0, 0x2A6D5, 0, 0xFFFFF);
	$wk = mb_decode_numericentity("𪛖", $convmap, 'UTF-8');	
	print $wk;

	$convmap = array(0x0, 0x2A6D6, 0, 0xFFFFF);
	$wk = mb_decode_numericentity("𪛖", $convmap, 'UTF-8');	
	print $wk;

0x0 から 0x2A6D6 の範囲のみ変換します。0 はオフセットなので通常は 0 として使いません( 0x2A6D5 では、1 にすれば変換対象になります )。最後の 0xFFFFF はマスクなので、そのまま利用するという意味で全てのフラグが on である 0xFFFFF を使用しています

0x2A6D6 の漢字に関しては、こちらより確認して下さい



𪛖


タグ:PHP
posted by lightbox at 2016-05-05 19:38 | PHP + ベーシック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
container 終わり

フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

CSS ドロップシャドウの参考デモ
BUTTONS (CSS でボタン)
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり