SQLの窓

2016年06月12日


pChart2 に JKゴシックとラノベポップを使ってサンプルを作りました



良く使われると想定される、折れ線グラフの最もシンプルなサンプルで各実行単位の解説をコメントで付加しています。
(ソースコードは UTF-8N)
<?php

// *************************************
// ライブラリの読み込み
// *************************************
require_once("../pchart/class/pData.class.php");
require_once("../pchart/class/pDraw.class.php");
require_once("../pchart/class/pImage.class.php");

$main_font = "./JKG-L_3.ttf";
$ttl_font = "./lightnovelpop.ttf";

$w = 600;
$h = 250;

// *************************************
// データ作成
// *************************************
$MyData = new pData();

// *************************************
// 座標設定
// ※ 最後の文字列は凡例用
// *************************************
$MyData->addPoints(array(-4,VOID,VOID,12,8,3),"凡例 壱");
$MyData->addPoints(array(3,12,15,8,5,-5),"凡例 弐");
$MyData->addPoints(array(2,7,5,18,19,22),"凡例 参");

// *************************************
// X 座標の表示内容
// *************************************
$MyData->addPoints(array("1月","2月","3月","4月","5月","6月"),"横軸の月");
// 後から設定する
$MyData->setAbscissa("横軸の月");	// 表示名

// *************************************
// ライン設定
// *************************************
$MyData->setSerieTicks("凡例 弐",4);	// 間隔 4 の点線
$MyData->setSerieWeight("凡例 参",2);	// 線幅

// デフォルトは 0
$MyData->setAxisName(0,"縦軸1");


// *************************************
// 画像のサイズ指定
// *************************************
$myPicture = new pImage($w,$h,$MyData);

// *************************************
// 画像の枠線指定
// *************************************
$myPicture->drawRectangle(0,0,$w-1,$h-1,array("R"=>0,"G"=>0,"B"=>0));

// アンチエイリアス
$myPicture->Antialias = TRUE;
 
// *************************************
// 使用するフォント
// *************************************
$myPicture->setFontProperties(array("FontName"=>$ttl_font,"FontSize"=>12));
// *************************************
// タイトル
// drawText($X,$Y,$Text,$Format="")
// *************************************
$myPicture->drawText(10,35,"ラノベポップは太めです",array("FontSize"=>20,"Align"=>TEXT_ALIGN_BOTTOMLEFT));

// *************************************
// 使用するフォント
// *************************************
$myPicture->setFontProperties(array("FontName"=>$main_font,"FontSize"=>12));

// *************************************
// グラフエリアの定義
// setGraphArea($X1,$Y1,$X2,$Y2)
// *************************************
 $myPicture->setGraphArea(60,40,$w-70,$h-50);

// *************************************
// スケールの設定
// *************************************
$scaleSettings = 
	array(
		"XMargin"=>10,
		"YMargin"=>10,
		"Floating"=>TRUE,			// 座標外(マージン)をクリア
		"GridR"=>100,"GridG"=>100,"GridB"=>100,	// グリッド線の色
		"DrawSubTicks"=>TRUE,		// 目盛の中心に目盛
		"CycleBackground"=>TRUE		// 交互に色を付ける
	);

// *************************************
// スケールの描画
// *************************************
$myPicture->drawScale($scaleSettings);

// *************************************
// グラフの描画
// *************************************
$myPicture->drawLineChart();

// *************************************
// 凡例の描画
// drawLegend($X,$Y,$Format="")
// *************************************
$myPicture->drawLegend(350,20,array("Style"=>LEGEND_NOBORDER,"Mode"=>LEGEND_HORIZONTAL));

// *************************************
// 表示
// *************************************
$myPicture->stroke();
?>

ちなみに、画像として img 要素に記述する場合は、php の最後に ? を付けておくと、右クリックで画像保存する際に .png として名前付けされました( Google Chrome で確認 )


【PHP + 特記事項の最新記事】
posted by lightbox at 2016-06-12 22:10 | PHP + 特記事項 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
container 終わり

フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

CSS ドロップシャドウの参考デモ
BUTTONS (CSS でボタン)
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり