SQLの窓

2016年10月21日


シンプル Android Data Binding : Android Studio 2.2 / 古い定義との違いと、以前のプロジェクトでエラーが出る場合の対処

▼ 記事内のソースコードへ移動
@BindingAdapter でカスタムセッター
Syain クラスへ直接セットして表示
Google Gson と tools.jar を使用した REST API 経由の読み込み
Firebase API を使用した読込み


プロジェクトの Gradle に classpath "com.android.databinding:dataBinder:1.0-rc1" は必要ありません
Module(app) の Gradle に
    dataBinding {
        enabled = true
    }
があれば動作します
去年より地味に進化していました。build.gradle(Module: app) の簡単な設定で利用可能になります build.gradle(Module: app)
apply plugin: 'com.android.application'

android {
    compileSdkVersion 22
    buildToolsVersion "23.0.3"

    dataBinding {
        enabled = true
    }

    defaultConfig {
        applicationId "lightbox.june.bindingbasic"
        minSdkVersion 19
        targetSdkVersion 22
        versionCode 1
        versionName "1.0"
    }
    buildTypes {
        release {
            minifyEnabled false
            proguardFiles getDefaultProguardFile('proguard-android.txt'), 'proguard-rules.pro'
        }
    }
}

dependencies {
    compile fileTree(dir: 'libs', include: ['*.jar'])
    testCompile 'junit:junit:4.12'
    compile 'com.android.support:appcompat-v7:22.2.1'
}

バインド用のクラスには、後々 Google Gson 使うので 超単純にしています。

※ @BindingAdapter はテキストを直接使えないコントロール用のカスタムセッターです

Syain.java

@{user.birthday} が app:dateText にセットされるよう画面で定義されているので、birthday が setDateText の引数として渡されます。
public class Syain {

	public String code;
	public String name;
	public String birthday;

	@BindingAdapter("dateText")
	public static void setDateText(DatePicker datePicker, String text) {

		if ( text != null && !text.equals("")) {
			Log.i("lightbox",text);

			int year = Integer.parseInt(text.substring(0, 4));
			int month = Integer.parseInt(text.substring(5, 7)) - 1;
			int day = Integer.parseInt(text.substring(8, 10));
			datePicker.updateDate(year, month, day);
		}

	}
}

画面も、layout 要素の記述がスリムになりました。
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<layout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
        xmlns:app="http://schemas.android.com/apk/res-auto">
    <data>
        <variable name="user" type="lightbox.june.bindingbasic.Syain"/>
    </data>

        <LinearLayout
            android:orientation="vertical"
            android:layout_width="match_parent"
            android:layout_height="match_parent"
            android:padding="16dp">

            <TextView
                android:layout_width="match_parent"
                android:layout_height="wrap_content"
                android:id="@+id/textView"
                android:textSize="40dp"
                android:text="@{user.code}"/>

            <TextView
                android:layout_width="match_parent"
                android:layout_height="wrap_content"
                android:id="@+id/textView2"
                android:layout_marginTop="20dp"
                android:textSize="40dp"
                android:text="@{user.name}"/>

            <DatePicker
                android:layout_width="match_parent"
                android:layout_height="wrap_content"
                android:id="@+id/datePicker"
                android:layout_below="@+id/textView2"
                android:datePickerMode="spinner"
                android:calendarViewShown="false"
                app:dateText="@{user.birthday}"/>

        </LinearLayout>

</layout>

さて、MainActivity ですが、Android の公式ページがいまだに誤記しているのがタマに傷です。R.layout.main_activity では無く、R.layout.activity_main です。当たり前ですけれど。コピペするとえらい目にあいます。

MainActivity.java

最も単純なバインドのサンプルです。Syain クラスはコンストラクタも無く、JSON のプロパティは、public の同名の変数にセットされます。コメント部分は、JSON 文字列から Syain のインスタンスを作成して使用するパターンです( Google Gson は コンストラクタを使用しません )
package lightbox.june.bindingbasic;

import android.databinding.DataBindingUtil;
import android.os.Bundle;
import android.support.v7.app.AppCompatActivity;

import lightbox.june.bindingbasic.databinding.ActivityMainBinding;

public class MainActivity extends AppCompatActivity {

	private ActivityMainBinding binding;

	@Override
	protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
		super.onCreate(savedInstanceState);

		binding = DataBindingUtil.setContentView(MainActivity.this,R.layout.activity_main);

//		String json = "{\"code\": \"0001\",\"name\": \"やまだ たろう\",\"birthday\": \"1959/10/10\"}";
//		Gson gson = new Gson();
//		Syain user = gson.fromJson(json,Syain.class);

		Syain user = new Syain();
		user.code = "0001";
		user.name = "やまだ たろう";
		user.birthday = "1959/10/10";

		binding.setUser(user);

	}
}

これで動くはずですが、良く解らないエラーが出る場合は以下の二つを試すといいはずです。画面に関しては以前からある問題点で、さらに動くまでは画面定義に日本語は直接書かないほうがいいと思います。

エラー時の対処 : パターン1
1) 画面定義の data 要素部分を削除してすぐ戻す
2) エラーが出るソースを開くと DataBindingUtil 部分のエラーがなくなる
3) binding.メソッドのエラーが残るので、プロジェクトをいったん閉じて開く
エラー時の対処 : パターン2
1) 画面定義の activity_main.xml を activity_main2.xml に変更して すぐに activity_main に戻す
2) ファイルメニューの Invalidate Caches / Restart を実行
Data Binding Android - Type parameter T has incompatible upper bounds : ViewDataBinding and MainActivity DataBindingUtil.setContentView - Type parameter T has incompatible upper bounds Google Gson と tools.jar を使用した読み込み ※ URL は、Firebase のログインの必要無いデータを使用しています
public class MainActivity extends AppCompatActivity {

	private ActivityMainBinding binding;

	@Override
	protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
		super.onCreate(savedInstanceState);

		// Data Binding 仕様の画面表示
		binding = DataBindingUtil.setContentView(MainActivity.this,R.layout.activity_main);

		// アクセスする URL 
		String url = "https://freebase-44e8b.firebaseio.com/class/0001.json?print=pretty";
		// URL から読み込み
		Tools.callHttpGet(url, "utf-8", new Tools.OnAsyncTaskListener() {
			@Override
			public void onAsyncTaskListener(String s) {
				Log.i("lightbox", s);
				Gson gson = new Gson();
				// JSON 文字列を Syain クラスのインスタンスに変換
				Syain user = gson.fromJson(s,Syain.class);
				// Data Binding で画面にデータをセット
				binding.setUser(user);
			}
		});

	}
}
Firebase Database REST API のドキュメント
Google Gson のダウンロード
tools.jar のダウンロード


Firebase API を使用した読込み
public class MainActivity extends AppCompatActivity {

	private ActivityMainBinding binding;
	private FirebaseDatabase database;
	private DatabaseReference mDatabase;

	@Override
	protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
		super.onCreate(savedInstanceState);

		// Data Binding 仕様の画面表示
		binding = DataBindingUtil.setContentView(MainActivity.this,R.layout.activity_main);

		// Firebase database 参照用
		database = FirebaseDatabase.getInstance();
		mDatabase = database.getReference();

		// データの参照
		mDatabase.child("class/0001").addListenerForSingleValueEvent(new ValueEventListener() {
			@Override
			public void onDataChange(DataSnapshot dataSnapshot) {
				// 取得したデータを Syain クラスのインスタンスとして取得
				Syain user = dataSnapshot.getValue(Syain.class);
				// Data Binding で画面にデータをセット
				binding.setUser(user);

			}

			@Override
			public void onCancelled(DatabaseError databaseError) {
				// Firebase database の参照に失敗した時の処理
				// ※ 参照権限がない場合等
			}
		});

	}
}

Firebase API + Android Studio : Database のデータを Java に取得する方法は3通りあります。
Firebase API + Android Studio : Database 処理の基本設定







【2 Android Studioの最新記事】
posted by lightbox at 2016-10-21 04:00 | 2 Android Studio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
container 終わり

フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

CSS ドロップシャドウの参考デモ
BUTTONS (CSS でボタン)
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり