SQLの窓

2016年07月02日


jQuery で NAVER の インセンティブレポートページの日付の行数をカウントする

昨今たいていの WEB ページには、jQuery が使用されている為、各ブラウザのデベロッパーツールで容易に【行の数】をカウントする事ができます。

以下では、Google Chrome を使用しています。

対象ページ開く

そのページの対象部分の HTML を読む必要があるので、まずは、F12 でデベロッパーツールを開きます。但し、ここで注意するべきは、WEB ページは複数のウインドウで成り立っている場合があるので、自分が知りたい表示部分に対して、デベロッパーツールを開く必要があります。その為には、F12 で開いた後、インスペクタで、対象部分をクリックしてからコンソールに移動します。



このサンプルでは、IFRAME 内が対象なので、選択の必要があります。しかし、たいていは、top で問題は無いと思います。

構造を確認して jQuery を実行

jQuery が無い場合は、コンソールコマンドの $$(セレクタ)を使う方法がありますが、複雑な検索する場合は、ブックマークレットで jQuery を埋め込むか、コンソールで jQuery で埋め込んでから実行したほうがいいでしょう。



$("table").eq(1).find("tbody tr").length
ちなみに、Seesaa ブログの カテゴリ数のカウントは、http://blog.seesaa.jp/cms/category/edit/list を開いて、$(".entrytable .wordlimit").length です。 それと、そのページに jQuery が無い場合、以下のコードをコンソールで実行すれば、jQuery が読み込めると思います
var _x = document.createElement("script");
_x.setAttribute("src","//ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/2.2.2/jquery.min.js");
document.body.appendChild(_x);




【jQueryの最新記事】
posted by lightbox at 2016-07-02 13:41 | Comment(0) | jQuery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
バッチ処理

Microsoft Office
container 終わり

フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

Android SDK ポケットリファレンス
改訂版 Webデザイナーのための jQuery入門
今すぐ使えるかんたん ホームページ HTML&CSS入門
CSS ドロップシャドウの参考デモ
Google Hosted Libraries
cdnjs
BUTTONS (CSS でボタン)
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり