SQLの窓

2016年12月16日


Amazon API の 503エラー の対処について

長く使ってなかった Amazon の 商品情報を取得するコードを実行していたら、商品単位で一回目のアクセスに、かなりの確率で 503 エラーで失敗するという現象に出くわしました。ページをリロードすると、たいていは表示されますが、リロードできない仕様のページもあるので調べてみると、『Amazonマーケットプレイス Web サービス (Amazon MWS) ドキュメント』にこんな事が書いてありました

500エラー、または503エラーを受信後、オペレーションの呼び出しをリトライする場合は、最初のエラーレスポンス直後にリトライすることができます。複数回リトライする場合、Amazonでは最大リトライ回数4回の「Exponential backoff」(指数関数的後退)によるアプロ―ディを推奨します。その後エラーを記録し、手動のフォローアップと調査を進めます。の例えば、リトライの時間を、1秒、4秒、10秒、30秒の間隔で計ることができます。実際の後退時間と制限は、あなたのビジネスプロセスによって異なります。
という事で、手動のリロードは1秒程度なので、1秒づつ待って4回リトライして正常動作を確認しました。
if ( !$dom->load($req2) ) {
	sleep(1);
	if ( !$dom->load($req2) ) {
		sleep(1);
		if ( !$dom->load($req2) ) {
			sleep(1);
			if ( !$dom->load($req2) ) {
				sleep(1);
				if ( !$dom->load($req2) ) {
					print "<b style='color:white;font-size:24px;'>リロードして下さい <input type='button' value='リロード' onclick='location.reload(true)'> </b>";
				}
			}
		}
	}

}




【APIの最新記事】
posted by lightbox at 2016-12-16 09:40 | Comment(0) | API | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
バッチ処理

Microsoft Office
container 終わり

フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

Android SDK ポケットリファレンス
改訂版 Webデザイナーのための jQuery入門
今すぐ使えるかんたん ホームページ HTML&CSS入門
CSS ドロップシャドウの参考デモ
Google Hosted Libraries
cdnjs
BUTTONS (CSS でボタン)
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり