SQLの窓

2017年05月02日


PHP で Mastodon にアプリを登録して投稿する手順

MastodonOAuthPHP をダウンロードして使用します。通信部分で、file_get_contents が使われているので、他方面でも参考になるでしょう。

必要なファイルは以下の三つ
1) HttpRequest.php (通信)
2) oAuth.php
3) Mastodon.php (API)
 ※ Mastodon API overview

ただ、ちょっと古い php のバージョンを使っている場合はエラーとなるので、Mastodon.php の 81 行目を変更する必要があります。( 5.4 以前では言語構造である empty の 引数に関数の戻り値を指定できないので、いったん変数にセットして使う)

※ ソースコードは全て UTF8N で保存

PHP 5.4 以前での変更箇所
    /**
     * Post a new status to your {visibility} timeline
     * @param type $text
     * @param type $visibility
     */
    public function postStatus($text = "", $visibility = "public", $in_reply_to_id = null){
        $credentials = $this->getCredentials();
        if(!empty($credentials)){
            
            $headers = $this->getHeaders();
            
            //Create our object
            $http = HttpRequest::Instance($this->getApiURL());
            $status = $http::Post(
                "api/v1/statuses",
                array(
                    "status"        => $text,
                    "visibility"    => $visibility,
                    "in_reply_to_id" => $in_reply_to_id
                ),
                $headers
            );
            return $status;
        }
        return false;
    }


PHP でリダイレクトする URL の設定

oAuth.php の中で3箇所あります。最初の値は、redirect_uris なので、複数の URL を指定できるようですが、ここでは一つの localhost の テスト用の redirect.php を指定しています。
    private $app_config = array(
        "client_name"   => "MastoTweet",
        "redirect_uris" => "http://localhost/0502/redirect.php",
        "scopes"        => "read write",
        "website"       => "https://www.thecodingcompany.se"
    );

    public function getAuthUrl(){
        if(is_array($this->credentials) && isset($this->credentials["client_id"])){
            
            //Return the Authorization URL
            return "https://{$this->mastodon_api_url}/oauth/authorize/?".http_build_query(array(
                    "response_type"    => "code",
                    "redirect_uri"     => "http://localhost/0502/redirect.php",
                    "scope"            => "read write",
                    "client_id"        => $this->credentials["client_id"]
                ));
        }        
        return false;        
    }

    public function getAccessToken($auth_code = ""){
        
        if(is_array($this->credentials) && isset($this->credentials["client_id"])){
            
            //Request access token in exchange for our Authorization token
            $http = HttpRequest::Instance("https://{$this->mastodon_api_url}");
            $token_info = $http::Post(
                "oauth/token",
                array(
                    "grant_type"    => "authorization_code",
                    "redirect_uri"  => "http://localhost/0502/redirect.php",
                    "client_id"     => $this->credentials["client_id"],
                    "client_secret" => $this->credentials["client_secret"],
                    "code"          => $auth_code
                ),
                $this->headers
            );
            
            //Save our token info
            return $this->_handle_bearer($token_info);
        }
        return false;
    }



最初の処理 : アプリの登録

登録と言っても、実行する毎に client_id と client_secret が取得されます。実行は一度きりでいいですが、後でアクセストークンを取得するので、いったんファイルに保存します

require_once は、autoload.php のみでできるように example.php に書かれていますが、逆に初見では解りづらいのでカレントに置いて全て require_once しています。

mstdn.jp は、登録したいインスタンスのドメインです。

create_app.php
<?php

require_once("HttpRequest.php");
require_once("oAuth.php");
require_once("Mastodon.php");

$mastodon = new \theCodingCompany\Mastodon("mstdn.jp");

$token_info = $mastodon->createApp("appname", "サイトURL");
// appname : 認証済みアプリに表示される id
// サイトURL : 上記のリンク先となる URL

print "<pre>";
print_r( $token_info );
print "</pre>";

file_put_contents("token_info.txt", json_encode( $token_info, JSON_PRETTY_PRINT ) );

?>


アクセストークンの取得

いわゆる認証のいつもの流れですが、アクセストークンを取得する為の code を取得する URL を取得して、その URL に header 関数でリダイレクトします。

get_token.php
<?php

require_once("HttpRequest.php");
require_once("oAuth.php");
require_once("Mastodon.php");

$mastodon = new \theCodingCompany\Mastodon("mstdn.jp");

// client_id と client_secret のセット
$mastodon->setCredentials( json_decode( file_get_contents('token_info.txt'), true ) );

// アクセストークン取得の為のトークンを取得する URL
$auth_url = $mastodon->getAuthUrl();

// その URL をブラウザで表示
header("Location: $auth_url");

?>


そうすると、ログインしていなければ以下の画面になります



そして、ログインすると承認画面です。



承認したら、oAuth.php で指定した場所に飛ばされるので、以下のソースコードで受け取ります。

redirect.php
<?php
header( "Content-Type: text/html; Charset=utf-8" );

require_once("HttpRequest.php");
require_once("oAuth.php");
require_once("Mastodon.php");

$mastodon = new \theCodingCompany\Mastodon("mstdn.jp");
// client_id と client_secret のセット
$mastodon->setCredentials( json_decode( file_get_contents('token_info.txt'), true ) );

$access_token = $mastodon->getAccessToken($_GET['code']);
file_put_contents("token_info.txt", json_encode( $mastodon->getCredentials(), JSON_PRETTY_PRINT ) );
?>

AccessToken を取得して保存しました


これで準備は完了です。あとは FORM 作って投稿です。

mstdn_post.php
<?php
if ( $_SERVER['REQUEST_METHOD'] == 'POST' ) {

	require_once("HttpRequest.php");
	require_once("oAuth.php");
	require_once("Mastodon.php");

	$mastodon = new \theCodingCompany\Mastodon("mstdn.jp");
	// client_id と client_secret と AccessToken のセット
	$mastodon->setCredentials( json_decode( file_get_contents('token_info.txt'), true ) );

	$mastodon->postStatus($_POST[text]);

}

?>
<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<meta content="width=device-width initial-scale=1.0 minimum-scale=1.0 maximum-scale=1.0 user-scalable=no" name="viewport">
<meta http-equiv="Content-type" content="text/html; charset=utf-8">
</head>
<body>
<form method="post">
	<div>
		<textarea name="text" style='width:400px;height:200px;'></textarea>
	</div>
	<input name="send" type="submit" value="send">
</form>

</body></html>




タグ:MASTODON PHP API
【APIの最新記事】
posted by lightbox at 2017-05-02 17:44 | Comment(0) | API | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
バッチ処理

Microsoft Office
container 終わり

フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

Android SDK ポケットリファレンス
改訂版 Webデザイナーのための jQuery入門
今すぐ使えるかんたん ホームページ HTML&CSS入門
CSS ドロップシャドウの参考デモ
PHP正規表現チェッカー
Google Hosted Libraries
cdnjs
BUTTONS (CSS でボタン)
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり