SQLの窓

2017年06月20日


Android 6.0 : テストの為の Runtime Permission の対応を自動化するテンプレート

Runtime Permission の対応はしないとアプリが動作しないのでせざるを得ないですが、本来の処理とは無関係なのでかなり面倒な上にソースコードそのものが第三者への説明の邪魔になります。

そこで、ほぼ定型化して処理する為のテンプレートとして MainActivity への配置例と、そのために必要なクラスを用意しました。
手順1 ▼ Runtime Permission の処理は、以下から permission_170610.zip をダウンロードして下さい。 ※ CheckMyPermission の内容 手順2 ▼ 解凍して、プロジェクトの "app\src\main\java" の下に com フォルダをコピーして下さい ▼ エクスプローラから見た状態 手順3 使用したい Permission を AndroidManifest.xml に記述します
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<manifest xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
          package="com.example.lightbox.runtimepermissiontest">

    <uses-permission android:name="android.permission.WRITE_EXTERNAL_STORAGE"/>
    <uses-permission android:name="android.permission.CAMERA"/>
    <uses-permission android:name="android.permission.WRITE_CALENDAR"/>

    <application
        android:allowBackup="true"
        android:icon="@mipmap/ic_launcher"
        android:label="@string/app_name"
        android:supportsRtl="true"
        android:theme="@style/AppTheme">
        <activity android:name=".MainActivity">
            <intent-filter>
                <action android:name="android.intent.action.MAIN"/>

                <category android:name="android.intent.category.LAUNCHER"/>
            </intent-filter>
        </activity>
    </application>

</manifest>

手順4

MainActivity を以下のように記述して下さい
package com.example.lightbox.runtimepermissiontest;

import android.Manifest;
import android.content.Intent;
import android.support.v7.app.AppCompatActivity;
import android.os.Bundle;

import com.example.lightbox.permission.CheckMyPermission;
import com.example.lightbox.permission.MyPermission;

import java.util.ArrayList;

public class MainActivity extends AppCompatActivity {

	private CheckMyPermission checkMyPermission;

	@Override
	public void onRequestPermissionsResult(int requestCode, String[] permissions, int[] grantResults) {
		// 全ての必要なパーミッションが許可された場合
		if ( checkMyPermission.checkPermission( requestCode,  grantResults )) {
			// onCreate で初期処理できるように、MainActivity をリスタート
			Intent intent = MainActivity.this.getIntent();
			MainActivity.this.finish();
			MainActivity.this.startActivity(intent);
		}
	}

	@Override
	protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
		super.onCreate(savedInstanceState);
		setContentView(R.layout.activity_main);

		// 必要なパーミッションのリスト
		ArrayList<MyPermission> myPermission_list = new ArrayList<MyPermission>();
		// AndroidManifest.xml に記述した Permission の一覧
		myPermission_list.add(new MyPermission(Manifest.permission.WRITE_EXTERNAL_STORAGE,100));
		myPermission_list.add(new MyPermission(Manifest.permission.CAMERA,101));
		myPermission_list.add(new MyPermission(Manifest.permission.WRITE_CALENDAR,102));
		// Runtime Permission 用のクラスのインスタンス
		checkMyPermission = new CheckMyPermission(MainActivity.this,myPermission_list);
		if ( checkMyPermission.checkPermission() ) {
			// ここから通常の初期処理
			initSettings();
		}
	}

	private void initSettings() {

	}

}


手順5

実行します。すると、初回は許可ダイアログが指定した Permission と同数表示されて、onRequestPermissionsResult が実行されます。すると、Activity が再起動され、checkMyPermission.checkPermission() が true になって initSettings() を実行する事になります。

2回目以降(全て許可した場合)は onCreate で initSettings() が常に実行される事になります。(許可ダイアログを再度表示したい場合は、アプリを削除して再度実行します)

許可ダイログ

  


関連する記事

『Android 6.0 エミュレータで 複数の Runtime Permission の対応を簡潔に吸収するクラス( CheckMyPermission )』

Android Studio : Runtime Permission 等の裏方作業を MainActivity にさせて、本来の処理は継承したサブクラスで行う( カメラを呼び出して画像を保存させ、ImageView に表示する )


【2017 Android Studioの最新記事】
posted by lightbox at 2017-06-20 19:35 | Comment(0) | 2017 Android Studio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
バッチ処理

Microsoft Office
container 終わり

フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

Android SDK ポケットリファレンス
改訂版 Webデザイナーのための jQuery入門
今すぐ使えるかんたん ホームページ HTML&CSS入門
CSS ドロップシャドウの参考デモ
Google Hosted Libraries
cdnjs
BUTTONS (CSS でボタン)
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり