SQLの窓

2017年10月21日


Java : Class 構造より、update 文を作成する

作ったのは Android Studio です。

以下のクラスですが、一目して ListView 用のクラスである事が解ると思います( toString が表示用 )。また、JSON を Google Gson でデシリアライズする事を想定しているので、C 言語の構造体のような単純な定義です。

WebData クラス
public class WebData {

	String 社員コード;
	String 氏名;
	String フリガナ;
	String 所属;
	String 性別;
	int 給与;
	String 手当;
	String 管理者;
	String 生年月日;
	String 生年月日2;
	String 所属名;

	@Override
	public String toString() {
		return 氏名;
	}
}


この Class のインスタンスに、画面から入力データをセットし、Class 構造を取得して Update 文の where 以降以外を作成するコードが以下です。

buildUpdate メソッド
	public String buildUpdate(String table, Object obj, Class<?> cls) {
		String result = "";

		Field[] flds = cls.getDeclaredFields();
		String type = "";
		String col = "";
		String val = "";
		for( Field fld : flds ) {

			// null 値の場合無視
			try {
				if ( fld.get( obj ) == null ) continue;
			} catch (IllegalAccessException e) {
				e.printStackTrace();
			}

			// フィールド名( 列名に一致させた Class 定義 )
			col = fld.getName();
			try {
				// 値( 文字列 )
				val = fld.get( obj ).toString();

			} catch (IllegalAccessException e) {
				e.printStackTrace();
			}

			// データ型 : この場合、int かそれ以外
			type = fld.getType().getName();

			if (!result.equals("")) {
				result += ",";
			}
			if (type.equals("int")) {
				if ( val.equals("") ) {
					result += String.format(" %s = null ", col);
				}
				else {
					result += String.format(" %s = %s ", col, val);
				}
			}
			else {
				if ( val.equals("") ) {
					result += String.format(" %s = null ", col);
				}
				else {
					result += String.format(" %s = '%s' ", col, val);
				}
			}

		}

		result = String.format("update %s set %s", table, result );

		return result;
	}

※ 本来、StringBuilder 等を使用するところを += 演算子を使用しているのはコードを見やすくする為です

エラー処理は最低限で作られていますが、重要なのは Field オブジェクトなので、ご理解下さい。

冒頭に、cls.getDeclaredFields() で、定義されている Field オブジェクトの配列を取得して、ループ処理しているだけです。

引数より、Object として、WebData のインスタンスが渡されて、fld.get( obj ).toString() でデータを取得し、fld.getName() として取得された文字列は列名と一致する事を想定しています。

あとは、fld.getType().getName() で、int かそれ以外でシングルクォートの使い方を決めるわけです。

以下は、その呼び出しコードです。
		WebData curInput = new WebData();

		String code = helper.getTextViewString(R.id.textViewCode);

		// 使用しないフィールドには null をセットする
		curInput.社員コード = null;
		curInput.所属名 = null;
		curInput.生年月日2 = null;

		curInput.氏名 = helper.getEditTextString(R.id.editText1);
		curInput.フリガナ = helper.getEditTextString(R.id.editText2);
		curInput.所属 = helper.getEditTextString(R.id.editText3);
		curInput.給与 = Integer.parseInt(helper.getEditTextString(R.id.editText5));
		curInput.手当 = helper.getEditTextString(R.id.editText6);
		curInput.管理者 = helper.getEditTextString(R.id.editText7);
		curInput.生年月日 = helper.getEditTextString(R.id.editTexBirth);

		curInput.性別 = ((Spinner)(helper.mainActivity).findViewById(R.id.spinner)).getSelectedItemPosition()+"";

		String update = helper.buildUpdate("社員マスタ", curInput, WebData.class );
		String text = update + String.format(" where 社員コード = '%s' ", code );



null を設定して、除外するフィールドを決めています。なので、このコードでは意図的に空文字を文字列の列にセットする事ができません。そういう場合は、仕様を追加します。



タグ:java Reflect
【2017 Android Studioの最新記事】
posted by lightbox at 2017-10-21 01:15 | Comment(0) | 2017 Android Studio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
バッチ処理

Microsoft Office
container 終わり

フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

Android SDK ポケットリファレンス
改訂版 Webデザイナーのための jQuery入門
今すぐ使えるかんたん ホームページ HTML&CSS入門
CSS ドロップシャドウの参考デモ
Google Hosted Libraries
cdnjs
BUTTONS (CSS でボタン)
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり