SQLの窓

2017年10月26日


別に納品するわけでは無いので、Android の ListView のカスタマイズなんてこれで十分でしょ / TestArrayAdapter バージョン2

前のバージョンはこちらになりますが、世の中に腐るほどある getView 内の記述を外に出しただけのものでした。しかし、よくよく考えてみると、Adapter 内で セットされているデータを取り出して、そのクラスで引数に渡したらもっと楽だし、View のセットなんかも、Adapter 内ですればいい事に気が付きました。

これで、いろんなテストを気楽に出来る人が増えると思うわけです。

TestArrayAdapter
import android.content.Context;
import android.view.LayoutInflater;
import android.view.View;
import android.view.ViewGroup;
import android.widget.ArrayAdapter;

public class TestArrayAdapter<T> extends ArrayAdapter<T> {

	public interface OnGetViewListener<T> {
		abstract public void onGetViewListener(int position, View convertView, ViewGroup parent, T item);
	}

	private OnGetViewListener listener = null;
	private int resource;
	private LayoutInflater inflater;

	public TestArrayAdapter(Context context, int resource, OnGetViewListener listener) {
		super(context, resource);
		this.listener = listener;
		this.resource = resource;
		this.inflater = (LayoutInflater)context.getSystemService
				(Context.LAYOUT_INFLATER_SERVICE);
	}

	@Override
	public View getView(int position, View convertView, ViewGroup parent) {
		if ( listener != null ) {

			if (convertView == null) {
				convertView = inflater.inflate(resource, null);
			}

			T item = this.getItem(position);

			listener.onGetViewListener(position, convertView, parent, item);
			return convertView;
		}
		return super.getView(position, convertView, parent);
	}
}

呼び出し側は、正式には以下のようにインターフェイスにも<WebData> を指定する事で引数の値を WebData として取得できます。しかし、面倒な場合は <WebData> を指定せずに引数を Object でもらってキャストして使えばいいはずです。
		// *******************************
		// ListView で一覧
		// *******************************
		listView = (ListView) MainControl.this.findViewById(R.id.listView);
		arrayAdapter = new TestArrayAdapter<WebData>(MainControl.this, R.layout.item, new TestArrayAdapter.OnGetViewListener<WebData>() {
			@Override
			public void onGetViewListener(int position, View convertView, ViewGroup parent, WebData item) {

				TextView textView;

				textView = convertView.findViewById(R.id.textCode);
				textView.setText(item.社員コード);

				textView = convertView.findViewById(R.id.textName);
				textView.setText(item.氏名);

				textView = convertView.findViewById(R.id.textType);
				textView.setText(item.所属名);
			}
		});
		listView.setAdapter(arrayAdapter);


画面
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<LinearLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
              xmlns:app="http://schemas.android.com/apk/res-auto"
              android:orientation="vertical"
              android:layout_width="match_parent"
              android:layout_height="match_parent">


    <TextView
        android:id="@+id/textCode"
        android:layout_width="match_parent"
        android:layout_height="wrap_content"
        android:textSize="20sp"/>

    <TextView
        android:id="@+id/textName"
        android:layout_width="match_parent"
        android:layout_height="wrap_content"
        android:textColor="@android:color/black"
        android:textSize="23sp"/>

    <TextView
        android:id="@+id/textType"
        android:layout_width="match_parent"
        android:layout_height="wrap_content"
        android:layout_marginBottom="6dp"
        android:textSize="18sp"/>


</LinearLayout>




WebData
public class WebData {

	String 社員コード;
	String 氏名;
	String フリガナ;
	String 所属;
	String 性別;
	int 給与;
	String 手当;
	String 管理者;
	String 生年月日;
	String 生年月日2;
	String 所属名;

	@Override
	public String toString() {
		return 氏名;
	}
}


WebData は 『Java : Class 構造より、update 文を作成する』でも使用しています



タグ:android
【2017 Android Studioの最新記事】
posted by lightbox at 2017-10-26 20:00 | Comment(0) | 2017 Android Studio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
バッチ処理

Microsoft Office
container 終わり

フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

Android SDK ポケットリファレンス
改訂版 Webデザイナーのための jQuery入門
今すぐ使えるかんたん ホームページ HTML&CSS入門
CSS ドロップシャドウの参考デモ
Google Hosted Libraries
cdnjs
BUTTONS (CSS でボタン)
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり