SQLの窓

2018年02月13日


PowerShell でエクスプローラでコピーしたファイルリストを取得して、テキストのクリップボードに再度コピーしなおす

Windows10 のデフォルトコマンドウインドウが、PowerShell になったので久しぶりに動作確認をしました。基本的に実行ポリシーは変わっておらず、そのままでは .ps1 スクリプトを実行できません。しかし、PowerShell のプロンプトから cmd と入力すれば従来のコマンドプロンプトになるので、以下のようにして実行します。

powershell -NoProfile -ExecutionPolicy Unrestricted .\test.ps1

▼ コマンドラインが長いので ps.bat を Windows フォルダに作成しておきます
powershell -NoProfile -ExecutionPolicy Unrestricted %1
ファイルリストを \r\n 改行のテキストとしてクリップボードへ PowerShell では、.NET Framework を使用できるので、わざわざ C# 等で実行形式のアプリを作成せずとも、C# のコードを知っておればインターネットを調べながら成果物を作成するのはそれほど難しい事ではありません。 手軽に実行できる VBScript はまだ健在なので、VBScript から PowerShell のスクリプトを呼び出せば、かなりできる事の幅が膨らむのでは無いかと思っています。しかしいかんせん、PowerShell を真剣にやり出すとかなり面倒くさい事にもなりそうなので、しばらくは様子をうかがっていきたいと思っています。( csc.exe とか動かなくなってしまったので )
Add-Type -assemblyName System.Windows.Forms

$obj = [System.Windows.Forms.Clipboard]::GetFileDropList()

if ( $obj -eq $null ) {
	[System.Console]::WriteLine("NULL")
}
else {
	if ( $obj.Count -eq 0 ) {
		[System.Console]::WriteLine("データがありません")
	}
	else {
		$text = ""
		foreach($data in $obj){
			$text += $data + "`r`n"
		}
		[System.Windows.Forms.Clipboard]::SetText($text)
	}
}

ダウンロードした場合は、セキュリティの警告が出るので、エディタで上書き保存するかプロパティの『セキュリティ』で許可にチェックして『適用』します。

※ 参考 : PowerShellスクリプティングの第一歩
( 2007年09月20日 の記事なんですけど、いまさら Windows10 って大丈夫かなぁ... )



【PowerShellの最新記事】
posted by lightbox at 2018-02-13 01:38 | Comment(0) | PowerShell | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
container 終わり

フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

CSS ドロップシャドウの参考デモ
BUTTONS (CSS でボタン)
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり