SQLの窓

2018年02月20日


VBScript + PowerShell : PowerShell がファイルを開くダイアログで取得したパスをテキストファイル経由で VBScript に戻して使用する

PowerShell : ファイルを開くダイアログを使うのに System.Windows.Forms を参照する二つの方法 で、C# のコードを使って PowerShell 内で『ファイルを開くダイアログ』を使用しました。

ここでは、その結果のパスを VBScript に渡す方法として、TEMP フォルダに適当なファイルを作成して引き渡します。呼び出しはもちろん VBScript から行います。この呼び出しは同期処理なので、特に問題なく順番に実行されます。

方法として、PowerShell の標準出力を VBScript で取り込む方法もあるのですが、その場合は VBScrip からの呼び出しが非同期となってしまうので、ユーザ側の操作が少し煩雑になるのでテキストファイル渡しとしました。

さらにもう一つ、InternetExplorer.Application オブジェクトを使用してクリップボード経由で取り込む方法もありますが、IE11 はさすがにいつどうなるか解らないので避けたいところです。( htmlfile オブジェクトでもできるはずですが、やはりテキストファイル経由が確実と思われます )

Windows7 の PowerShell で -Sta 引数を使う

PowerShell スクリプトの呼び出しは、セキュリティ上の問題で設定が必要なので、PowerShell の引数で一時的に実行可能にするのですが、Windows7 で -Sta を指定しないと動作しないので注意です。(Windows10 は動いています。Windows7 : バージョン2 / Windows10 : バージョン5 )

get_ps_tempfile.vbs
Set WshShell = WScript.CreateObject("WScript.Shell")
Set Fso = CreateObject( "Scripting.FileSystemObject" )

' 同期処理で実行( コマンドプロンプトは開かない )
Call WshShell.Run( "powershell -NoProfile -ExecutionPolicy Unrestricted .\open_file_dialog_cs.ps1", 0, True )
' Windows7 では、powershell -Sta -NoProfile -ExecutionPolicy Unrestricted .\open_file_dialog_cs.ps1

strPath = WshShell.ExpandEnvironmentStrings("%temp%")

' PowerShell 内の C# が出力したパスを取得
Set objHandle = Fso.OpenTextFile( strPath & "\_param.txt", 1 )
strParam = objHandle.ReadAll
objHandle.Close

if strParam = "キャンセルされました" then
	MsgBox "ここで処理を中断"
else
	' 取得したパス
	MsgBox strParam
end if



PowerShell 独特の世界をいまさら覚える時間もったいないので、C# で書いたほうがいろいろ手っ取り早いと思います。(取り回しは、VBScript だけでなんとかなりそうな気もしてます)

open_file_dialog_tempfile_cs.ps1
$code = @"
using System;
using System.IO;
using System.Text;
using System.Windows.Forms;
public class MyClass {
	public static string Open() {

		OpenFileDialog obj = new OpenFileDialog();
		obj.Filter = "Excel|*.xlsx|旧 Excel|*.xls|全て|*.*";
		obj.InitialDirectory = @"C:\";

		if (obj.ShowDialog() == DialogResult.OK) {
			return obj.FileName;
		}
		else {
			return "キャンセルされました";
		}

	}
	public static void Put(string param) {
		string path = Environment.GetEnvironmentVariable("temp");
		if (path == null) {
			path = Path.GetDirectoryName(System.Reflection.Assembly.GetExecutingAssembly().Location);
		}
		path = string.Format(@"{0}\_param.txt", path);

		// SHIFT_JIS で書き込み
		Encoding Enc = Encoding.GetEncoding(932);
		using (StreamWriter WriteFile = new StreamWriter( path, false, Enc )) {
			WriteFile.Write(param);
			WriteFile.Close();
		}
	}
}
"@

Add-Type -Language CSharp -TypeDefinition $code -ReferencedAssemblies ("System.Windows.Forms")

$param = [MyClass]::Open()
[MyClass]::Put($param)



posted by lightbox at 2018-02-20 18:20 | VBScript | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
container 終わり

フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

CSS ドロップシャドウの参考デモ
BUTTONS (CSS でボタン)
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり