SQLの窓

2018年04月03日


Pleiades Oxygen 2 の XAMPP 内の MySQL を利用可能にしてテストデータ(販売管理)を登録する

xampp-control.exe の設定

xampp-control.exe は管理者権限で実行する必要があるので、エクスプローラから右クリックしてプロパティの『互換性』タブで管理者として実行するチェックを ON にします。



my.ini の設定( サーバーをUTF-8 に設定 )



C:\pleiades\xampp\mysql\bin\my.ini の以下の部分のコメントを削除します。



開発用のソフトウェアを準備

SQLの窓 Build C++ と、販売管理C でテスト環境を構築します 。

手順1 ( MySQL の ODBC ドライバ)

SQLの窓 Build C++ は 32ビットアプリケーションなので、まず MySQL の ODBC ドライバ(32ビット)をダウンロードしてインストールします。

Connector/ODBC 5.3

※ 何も選択せずにダイアログ内で進めればOK です

手順2 (SQLの窓 Build C++)

次に、SQLの窓 Build C++ をダウンロードして解凍して WinOfSql.exe を実行して下さい。

※ レジストリは使用しません。
※ 複数のフォルダにいくつあっても動作します。
※ 削除すればアンインストールです。

実行後 M ボタンをクリックして MySQL 接続用のダイアログを開き、ODBC アドミニストレータボタンで ODBC の DSN を作成する Windows の管理ツール(32ビット) を実行します。



手順3 ( DSN 登録 )

ここで、xampp-control.exe を実行し、開始ボタンで MySQL を開始します。(初期設定なので失敗しないようにこのタイミングで実行しています / 以降は必要な時でいいです)



ユーザDSN => 追加 => MySQL ODBC 5.3 Unicode Driver

( ODBC32ビットドライバの一覧は、HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\WOW6432Node\ODBC\ODBCINST.INI より確認できます)

▼ Details ボタンで全て開いて Character Set で cp932 を選択して下さい。


データベースは、まだユーザ用を作成していないので mysql を選択します。これは後で変更しなくとも、接続時に変更しますのでこのままでいいです。

入力が終わったら、データベースの右の Test ボタンで接続が成功するのを確認します。接続に成功したら、OK で登録します。

手順4 ( SQLの窓 Build C++ で接続して DB 作成 )



M ボタンで接続ダイアログを表示して、DSN に登録した情報で接続します



右側のテキストエリアで create database 自分用のデータベース名 で、Action ボタンをクリックして作成します。





作成後は、いったん終了して再度 SQLの窓 Build C++ を実行します(オペミスを防ぐためです)。そして再度 M ボタンで、今度は作成したデータベース(ここでは lightbox)で接続します。( 接続情報を保存する為です )




手順5 ( 作成した データーベース の確認 )

接続後、テーブルが無いのでなにも表示されませんが、メニューに登録済みの SQL で内容を確認できます。

『データベース一覧』で、登録したデータベースと既に存在するデータベースを確認できます。





『システム変数の値』で、キャラクタセットを確認します





手順6 ( 販売管理C.mdb をインポート )

▼ 学習用 MDB データのダウンロード


解凍した中にある 販売管理C.mdb を SQLの窓 Build C++ の左側のリストにドラッグ&ドロップします。



次にリストの中のテーブルを、SHIFTキーを使って選択して(まず先頭をクリックして、SHIFTキーを押しながら最後をクリック)から、処理 => エクスポート => MySQL を選択



直前の接続が選択されているので、下欄のチェックボックスを二つ選択して実行します


※ チェックボックスが無いと、主キーが無い状態でデータのみがエクスポートされます( 後からキー設定は可能ですがテーブルを全て設定するのは面倒です )

完了すると左下にメッセージが出るので、x ボタンで閉じます。



閉じたら、そこは MDB の接続なので、M ボタンで切り替えて下さい。テーブルの一覧が表示されるはずです。

※ テーブルをダブルクリックすると、テーブルデータが表示されて直接変更が可能です。( 更新は 『編集』メニューから更新です )







関連する記事

Pleiades Eclipse 4.7 Oxygen 2 Windows 64bit Ultimate Full Edition のインストールといろいろな準備


Pleiades Oxygen 2 の XAMPP 内の FileZilla Server をインストールして使用する


Pleiades Eclipse 4.7 Oxygen で Python を使って MySQL にアクセスする



posted by lightbox at 2018-04-03 11:42 | Pleiades | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
container 終わり

フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

CSS ドロップシャドウの参考デモ
BUTTONS (CSS でボタン)
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり