SQLの窓

2018年04月21日


あらためて、XAMPP に入ってる sendmail.exe をバッチファイルから動かして日本語のメールを送信する

XAMPP とは言っても、Pleiades Eclipse 4.7 に同梱されているものを使用しています。

▼ sendmail.exe は、fake sendmail for windows と呼ばれるアプリケーションの事です。
fake sendmail for windows を使って、PHP でごく普通に( mb_send_mail で )メール送信 : Gmail なので ssl(465)

上のリンク先では、作者さんの単純なバッチファイルを実行していましたが、もうちょっときちんと日本語を送れるようにしようと思って整理してみました。

使用する SMTPサーバー

まずは、テストとして Gmail を使用します。sendmail.exe と同じフォルダに sendmail.ini があるので必要な情報を書き込みます。
smtp_server=smtp.gmail.com
smtp_port=465
auth_username=ユーザ@gmail.com
auth_password=パスワード
そして、安全性の低いアプリの許可を『有効』にします Gmail を使用する場合は、この設定を ON にしておく必要があります。とりあえず動作したら、他のメールサーバで再度テストして必要ならばその環境で運用を行います。 fake_sendmail.bat
@ECHO OFF

ECHO From: ユーザ@gmail.com > %TEMP%\temp.mail
ECHO To: 送り先メールアドレス >> %TEMP%\temp.mail
ECHO Subject: =?ISO-2022-JP?B?GyRCJWEhPCVrJE43b0w+JHJGfEtcOGwkR0F3JGwkayRoJCYkS0pRNDkkNyReJDkbKEI=?= >> %TEMP%\temp.mail

REM 以下は改行
ECHO.>> %TEMP%\temp.mail

REM JIS のテキストを追加コピー
COPY %TEMP%\temp.mail /B + jis.txt /B %TEMP%\temp.mail /B > nul

sendmail -t < %TEMP%\temp.mail

REM DEL %TEMP%\temp.mail


※ From: は無くても Gmail を使用しておれば、自動的に補完されるようです。
※ エクスプローラのアドレスバーで %TEMP% と入力すれば出力ファイルを参照できます。
※ Subject の内容は、『テキスト変換サービス』の『メール用』で変換したものです。
※ ECHO. は、コマンドプロンプトでの改行になります。
※ > nul でコピーコマンドのメッセージを抑制しています。
※ copy で追加している jis.txt は、Terapad を使用して JIS で保存したテキストです。


運用で使うのであれば

なんらかの方法で、jis.txt を変更して定期でメールを送る事が可能です。ただし、PC は常に電源が入っていて、タスクスケジューラにこのバッチファイルが登録されている必要があります。

その場合、タスクスケジューラの開始オプションで作業フォルダを指定するか jis.txt をフルパスで指定するかどちらかを選択する必要があります。




posted by lightbox at 2018-04-21 18:49 | Pleiades | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
container 終わり

フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

CSS ドロップシャドウの参考デモ
BUTTONS (CSS でボタン)
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり