SQLの窓

2017年05月03日


MastodonOAuthPHP の HttpRequest.php の解説

MastodonOAuthPHP の HttpRequest.php は、Mastodon 用というか、API 呼び出しに特化しているので、そのまま使うには少し改造が必要です。ですが、GET 呼び出しはとりあえずそのまま使えるので、仕様としての概要をだいたいは知る事ができます。

get_and_save.php
<?php
session_cache_limiter('nocache');
session_start();

header( "Content-Type: text/html; charset=utf-8" );

// **********************************************
// クラス定義の読み込み
// **********************************************
require_once("HttpRequest.php");

// **********************************************
// 【クラスの参照】
// HttpRequest の別名を MastodonHttp として使用
// **********************************************
use \theCodingCompany\HttpRequest as MastodonHttp;

$path = "0502/std.html";

// **********************************************
// ペース URL を設定をしたインスタンスの取得
// **********************************************
$http = MastodonHttp::Instance("http://localhost");

// **********************************************
// static メソッドの実行
// **********************************************
$result = $http::Get($path);



file_put_contents('get_and_save.txt', $result );

?>
保存しました


クラスの参照

まず、HttpRequest クラスは名前空間が theCodingCompany で定義されているので、require_once で読み込んだ後、use \theCodingCompany\HttpRequest as MastodonHttp; で、MastodonHttp という名前で使えるようにします。

※ 別名を定義する必要は無いのですが、use \theCodingCompany\HttpRequest は参照するのに必要です。

コンストラクタが protected

使い勝手の理由だと思いますが、new でインスタンスを作らずに instance メソッドを実装してインスタンスを作成するようになっています。内部メソッドは全て static なので、インスタンス化しなくても呼べるはずですが、API 用の $base_url と $base_path を保存した上で インスタンス化して使用しています。

※ インスタンス化されたクラスオブジェクトから static なメソッドにはアクセスできます

static 仕様にした本当の理由は解りませんが、get_called_class を使用して呼び出し元からの インスタンス作成で必ず再利用できるようになっているようです。( instance メソッド を何度読んでも一度しか作成されないので、結果的には static メソッドのクラスを使うのと同じようになっています )

コンストラクタと instance メソッド
    // コンストラクタ
    protected function __construct($base_url = "", $base_path = "/") {            
        self::$base_path = $base_path;
        self::$base_url = $base_url;
    }
    
    // インスタンス作成用メソッド
    public static function Instance($base_url = "", $base_path = "/"){
        $cls = get_called_class();
        if(!isset(self::$instance[$cls])){
            self::$instance[$cls] = new HttpRequest($base_url, $base_path);
        }
        return self::$instance[$cls];
    }


結果的に $http::Get($path); は、$http がインスタンスで、インスタンスから static メソッドを呼び出しています。

Post メソッドは API に特化
    public static function Post($path = "", $parameters = array(), $headers = array()){
        //Sen the request and return response
        $post_data = json_encode($parameters);
        return self::http_request(
            "POST", 
            self::$base_url.self::$base_path.$path, 
            $headers,
            $post_data
        );
    }

データ部分が JSON フォーマットに固定されています。このままでは一般用では使用できないのですが、private メソッドの http_request が結果的に一般仕様なので、これを public に変更すると使えるはずです。

http_request を public にして使用 

public で、URL は直接指定なので、インスタンス作成する必要もありません。
<?php
session_cache_limiter('nocache');
session_start();

header( "Content-Type: text/html; charset=utf-8" );

// **********************************************
// クラス定義の読み込み
// **********************************************
require_once("HttpRequest.php");

// **********************************************
// 【クラスの参照】
// HttpRequest の別名を MastodonHttp として使用
// **********************************************
use \theCodingCompany\HttpRequest as MastodonHttp;

// **********************************************
// POST
// **********************************************
MastodonHttp::http_request("POST","http://localhost/0502/post_and_save.php", array(), array( "text" => "投稿データ" ) );

?>
投稿しました



posted by lightbox at 2017-05-03 20:58 | PHP + 通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月05日


PHP : mb_send_mail を使用した自家用メール送信 API

連想配列のキー部分がプロパティと一致したらセットする( メール送信用クラス ) では、$_GET でメール用のクラスのテストを行いましたが、実際にレンタルサーバに置いて、自分専用の API として整備しました。

ブラウザからも直接使えるように、header( "Access-Control-Allow-Origin: *" ); を実行しています。

自分専用ですが、イザという時に全て遮断できるように簡易パスワードを設定してあります。

呼び出し側は POST で送信して、FORM 要素を使用する場合は、name の値を クラスのプロパティと一致させるだけで利用可能です。( 但し差出人のメールアドレスは仕様上固定です )

{ "error": "nothing" } は、正常終了です
<?php
header( "Content-Type: application/json; Charset=utf-8" );
header( "pragma: no-cache" );
header( "Expires: Wed, 31 May 2000 14:59:58 GMT" );
header( "Cache-control: no-cache" );
header( "Access-Control-Allow-Origin: *" );

mb_language( "ja" );
mb_internal_encoding("utf-8");

if ( $_POST['pass'] != "簡易パスワード" ) {
	print '{ "error": "no pass" }';
	exit();
}

$mail = new mail_data();

$_POST['from_address'] = "サーバ側で認証の必要の無いメールアドレス";

$mail->send_mail_set($_POST);

$result = $mail->send_mail();

if ( $result ) {
	print '{ "error": "nothing" }';
}
else {
	print '{ "error": "mb_send_mail" }';
}

// ***********************************************
// メール処理用クラス
// ***********************************************
class mail_data {

	public $from_address;
	public $from_text;
	public $to_address;
	public $to_text;
	public $subject;
	public $body;

	// ***********************************************
	// 連想配列のキー部分がプロパティと一致したらセット
	// ***********************************************
	public function send_mail_set( $data ) {

		foreach( $data as $k => $v ) {
			if ( property_exists( $this, $k ) ) {
				$this->{$k} = $v;
			}
		}

	}

	// ***********************************************
	// サーバー(メールサーバ)送信処理
	// ***********************************************
	public function send_mail() {

		$from = mb_convert_encoding( $this->from_text, "JIS", "utf-8" );
		$from = "From: =?ISO-2022-JP?B?" . base64_encode($from) . "?= <{$this->from_address}>";
		$to = mb_convert_encoding( $this->to_text, "JIS", "utf-8" );
		$to = "=?ISO-2022-JP?B?" . base64_encode($to) . "?= <{$this->to_address}>";
		return mb_send_mail($to, $this->subject, $this->body, $from );
	}

}
?>


ブラウザからの ajax を想定していますが、以下は FORM による 直接テスト用の画面になります

send_test.php
<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<meta http-equiv="Content-type" content="text/html; charset=utf-8">

<script src="//ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/2.1.4/jquery.min.js"></script>
<link rel="stylesheet" href="//ajax.googleapis.com/ajax/libs/jqueryui/1.10.1/themes/base/jquery-ui.css">
<script src="//ajax.googleapis.com/ajax/libs/jqueryui/1.10.1/jquery-ui.min.js"></script>

<style>
.title {
	display: inline-block;
	width: 150px;
	padding: 15px;
}

.entry {
	display: inline-block;
	width: 350px;
	padding: 15px;
}

</style>
<script>
// jQuery 初期処理
$(function() {

	$("input,textarea").prop("required", true );

});
</script>
</head>
<body>
<div>

<?php
// -------------------------------------
// フォーム開始
// -------------------------------------
?>
<form 
	method="post"
	action="send_mail.php"
	target="_self">
<?php
// -------------------------------------
// 簡易パスワード
// -------------------------------------
?>
<input 
	type="hidden"
	name="pass"
	value="簡易パスワード">


<div class="title">差出人(日本語)</div>
<div class="entry">
	<input
		type="text"
		name="from_text"
		maxlength="50"
		style="width:200px">
</div>

<br>

<div class="title">宛先</div>
<div class="entry">
	<input
		type="text"
		name="to_address"
		style="width:200px">
</div>

<br>

<div class="title">宛先(日本語)</div>
<div class="entry">
	<input
		type="text"
		name="to_text"
		style="width:200px">
</div>

<br>

<div class="title">件名</div>
<div class="entry">
	<input
		type="text"
		name="subject"
		style="width:200px">
</div>

<br>

<div class="title" style='vertical-align:top'>本文</div>
<div class="entry">
	<textarea
		name="body"
		style="width:200px;height:150px;"></textarea>
</div>

<br>


<div class="title"></div>
<div class="entry">
	<input
		type="submit"
		name="send"
		value="送信">
</div>

</form>

</body>
</html>





posted by lightbox at 2015-11-05 21:39 | PHP + 通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月03日


PHP で Windows標準のオブジェクト(CDO.Message)とGMail を使ってメール送信

ひさしぶりにテスト( Windows7 ) しようとすると、Gmail からエラーが返って来ましたが、Gmail 側で安全性の低いアプリの許可を『有効』にする必要がありました。

また、php 側では、php_com_dotnet.dll を php.ini で有効にする必要があります。

※ CDO.Message に関する詳細は、ソース内に URL を記述しています

関連する記事

Windows標準のオブジェクト(CDO.Message)とGMail を使ってメール送信

本来は、VBScript で実行するものですが、PHP が分かる人なら、こちらのほうがいろいろ応用がきいて使い勝手もいいと思います。

▼ バッチファイル
------------------------------------------------------
@echo off
setlocal
set PATH=c:\php;%PATH%

php mail.php "題名" "本文\nで す\nよ"

endlocal
------------------------------------------------------

mail.php
<?php
// ***********************************************
// バッチファイル内容
// setlocal は、環境変数を一時的に設定する為に使用します
// php.exe は、c:\php にあります
// ***********************************************
/*
@echo off
setlocal
set PATH=c:\php;%PATH%

php mail.php "題名" "本文\nで す\nよ"

endlocal
*/

// ***********************************************
// php.ini で必要な拡張
// ***********************************************
/*
extension=php_com_dotnet.dll
*/

// ***********************************************
// Gmail 側の設定
// ***********************************************
/*
安全性の低いアプリの許可を『有効』にする

https://myaccount.google.com/security?pli=1#connectedapps
*/

// ***********************************************
// PHP の処理開始
// ***********************************************
$strFrom = "私です <ユーザ名@gmail.com>";
$strTo = "あなたです <宛先メールアドレス>";

$strServer = "smtp.gmail.com";
$nPort = 465;
$strUser = "ユーザ名@gmail.com";
$strPass = "パスワード!";

// ***********************************************
// CDO.Message( CDO for Windows 2000 )
// ***********************************************
$cdo = new COM( "CDO.Message" );

$cdo->From = $strFrom;
$cdo->To = $strTo;

// ***********************************************
// 題名
// ***********************************************
$cdo->Subject = $argv[1];

// ***********************************************
// バッチファイルで引渡した本文文字列内の \n を実際の改行に変換
// ***********************************************
$data = str_replace( "\\n", "\n", $argv[2] );
$cdo->Textbody = $data;

// ***********************************************
// 送信情報オプション
// ***********************************************
$cdo->Cc = "メールアドレス1,メールアドレス2";
//$cdo->Bcc = "";
$cdo->Htmlbody = "<img src=\"http://winofsql.jp/image/winofsql.png\">";

// ***********************************************
// ファイル添付
// ***********************************************
$cdo->AddAttachment( "C:\\Users\\lightbox\\Desktop\\画像\\_img.jpg" );

// cdoSendUsingPort : 2 : Send the message using the network (SMTP over the network)
// https://msdn.microsoft.com/en-us/library/ms527265.aspx.
$cdo->Configuration->Fields["http://schemas.microsoft.com/cdo/configuration/sendusing"] = 2;

// The name (DNS) or IP address of the machine hosting the SMTP service through which messages are to be sent.
// https://msdn.microsoft.com/en-us/library/ms527294.aspx
$cdo->Configuration->Fields["http://schemas.microsoft.com/cdo/configuration/smtpserver"] = $strServer;

// The port on which the SMTP service specified by the smtpserver field is listening for connections.
// https://msdn.microsoft.com/en-us/library/ms526227.aspx
$cdo->Configuration->Fields["http://schemas.microsoft.com/cdo/configuration/smtpserverport"] = $nPort;

// Indicates that SSL should be used when sending messages using the SMTP protocol over the network.
// https://msdn.microsoft.com/en-us/library/ms526975.aspx
$cdo->Configuration->Fields["http://schemas.microsoft.com/cdo/configuration/smtpusessl"] = true;

// Specifies the authentication mechanism to use when authentication is required to send messages
// to an SMTP service using a TCP/IP network socket.
// https://msdn.microsoft.com/en-us/library/ms526600.aspx
// 1 : Use basic (clear-text) authentication
// https://msdn.microsoft.com/en-us/library/ms526961.aspx
$cdo->Configuration->Fields["http://schemas.microsoft.com/cdo/configuration/smtpauthenticate"] = 1;

// ユーザとパスワード
$cdo->Configuration->Fields["http://schemas.microsoft.com/cdo/configuration/sendusername"] = $strUser;
$cdo->Configuration->Fields["http://schemas.microsoft.com/cdo/configuration/sendpassword"] = $strPass;

$cdo->Configuration->Fields->Update();

$cdo->Send();

// ***********************************************
// レジストリ内容
// ***********************************************
/*
Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{CD000001-8B95-11D1-82DB-00C04FB1625D}]
@="CDOMessage Class"

[HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{CD000001-8B95-11D1-82DB-00C04FB1625D}\InprocServer32]
@="C:\\Windows\\system32\\cdosys.dll"
"ThreadingModel"="Both"

[HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{CD000001-8B95-11D1-82DB-00C04FB1625D}\ProgID]
@="CDO.Message.1"

[HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{CD000001-8B95-11D1-82DB-00C04FB1625D}\Programmable]

[HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{CD000001-8B95-11D1-82DB-00C04FB1625D}\VersionIndependentProgID]
@="CDO.Message"
*/
?>

参考情報

メーラーからGmailへの接続時に認証(パスワード)のエラーが生じる場合の対処方法



posted by lightbox at 2015-10-03 21:44 | PHP + 通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月22日


PHP : http 経由でファイルのサイズを取得する file_size 関数と ファイルサイズを付加した get_imagesize 関数

getimagesize は、ファイルのサイズが取得されません。あまり大きいサイズは事前に排除したいので、ファイルサイズを付加すれば便利だろうと思い、まず file_size 関数を作成しました。



※ getimagesize( get_imagesize ) は、画像以外だとエラーになります。
<?php
header( "Content-Type: text/html; Charset=utf-8" );
header( "pragma: no-cache" );
header( "Expires: Wed, 31 May 2000 14:59:58 GMT" );
header( "Cache-control: no-cache" );

if ( $_SERVER["REQUEST_METHOD"] == "POST" ) {

	if ( $_POST["send"] == "テスト送信" ) {
		$result = @getimagesize( $_POST["url"] );
		if ( $result !== false ) {
			$view = print_r( $result, true );

			$header = get_headers( $_POST["url"] );
			$view .= print_r( $header, true );

			$size = implode( "\n", $header );
			$view .= $size;

			if (preg_match('/Content-Length: (\d+)/', $size, $matches)) {
				$contentLength = (int)$matches[1];
				$view .= "\n\niamge size : {$contentLength}";
			}

		}
		else {
			$view = "{$_POST["url"]} を読み込めません";
		}
	}

	if ( $_POST["send"] == "get_imagesize" ) {
		$result = get_imagesize( $_POST["url"] );
		if ( $result !== false ) {
			$view = print_r( $result, true );
		}
		else {
			$view = "{$_POST["url"]} を読み込めません";
		}
	}

	if ( $_POST["send"] == "fle_size" ) {
		$result = fle_size( $_POST["url"] );
		if ( $result !== false ) {
			$view = "filesize : $result";
		}
		else {
			$view = "{$_POST["url"]} を読み込めません";
		}
	}
}

function get_imagesize($url) {

	$result = @getimagesize($url);
	if ( $result !== false ) {
		$view = print_r( $result, true );

		$size = fle_size($url);
		if ( $size !== false ) {
			$result["size"] = $size;
		}
		return $result;
	}
	else {
		return false;
	}

}

function fle_size($url) {

	$header = @get_headers($url) ;
	if ( $header !== false ) {
		$size = implode( "\n", $header );
		if (preg_match('/Content-Length: (\d+)/', $size, $matches)) {
			$contentLength = (int)$matches[1];
			return $contentLength;
		}
		else {
			return false;
		}
	}
	else {
		return false;
	}

}

?>
<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="utf-8">
<meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1">
<title></title>
<style>
* {
	font-size: 16px;
	font-family: "Hiragino Kaku Gothic ProN", "メイリオ", Meiryo, "MS Pゴシック", sans-serif;
}
</style>
<script src="//ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/2.1.1/jquery.min.js"></script>
<script>
$(function(){

});
</script>
</head>
<body>

<form method="post" target="_self">
	URL => <input type="text" name="url" style="width:800px;" value="<?= $_POST["url"] ?>">
	<br>

	<input type="submit" name="send" value="テスト送信">
	<input type="submit" name="send" value="get_imagesize">
	<input type="submit" name="send" value="fle_size">
</form>
<pre>
<?= $view ?>
</pre>
</body>
</html>

※ ボタン画像



posted by lightbox at 2015-06-22 14:26 | PHP + 通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月15日


連想配列のキー部分がプロパティと一致したらセットする( メール送信用クラス )

▼ 以下の記事のメール送信部分に汎用性を持たせる為に、作成しました。ブラウザからは、FORM で直接呼び出してもいいですが、jQuery で .serialize() から .post() を使用する方法もあります。

@BBS(アットビービーエス) のサービスが終了するので、管理人宛のメールサービスをほぼ同じ画面デザインで作成しました。( ご自由にお使い下さい )

UTF-8 前提です
<?php

mb_language( "ja" );
mb_internal_encoding("utf-8");

$mail = new mail_data();

$_GET['from_address'] = "このPHPが置かれるサーバで使用できるメールアドレス";
$_GET['from_text'] ="日本語差出人";
$_GET['to_address'] ="送り先のメールアドレス";
$_GET['to_text'] ="日本語受取人";
$_GET['subject'] ="件名";
$_GET['body'] ="本文1\n本文2\n";

$_GET['another'] ="その他";

$mail->send_mail_set($_GET);

print "<pre>";
print_r($mail);
print "</pre>";

$mail->send_mail();

// ***********************************************
// メール処理用クラス
// ***********************************************
class mail_data {

	public $from_address;
	public $from_text;
	public $to_address;
	public $to_text;
	public $subject;
	public $body;

	// ***********************************************
	// 連想配列のキー部分がプロパティと一致したらセット
	// ***********************************************
	public function send_mail_set( $data ) {

		foreach( $data as $k => $v ) {
			if ( property_exists( $this, $k ) ) {
				$this->{$k} = $v;
			}
		}

	}

	// ***********************************************
	// サーバー(メールサーバ)送信処理
	// ***********************************************
	public function send_mail() {

		$from = mb_convert_encoding( $this->from_text, "JIS", "utf-8" );
		$from = "From: =?ISO-2022-JP?B?" . base64_encode($from) . "?= <{$this->from_address}>";
		$to = mb_convert_encoding( $this->to_text, "JIS", "utf-8" );
		$to = "To: =?ISO-2022-JP?B?" . base64_encode($to) . "?= <{$this->to_address}>";
		mb_send_mail($to, $this->subject, $this->body, $from );
	}

}

?>

$_GET を使っているのは、テスト段階なのが理由です。実装では $_POST が望ましいです。




posted by lightbox at 2015-05-15 17:14 | PHP + 通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

@BBS(アットビービーエス) のサービスが終了するので、管理人宛のメールサービスをほぼ同じ画面デザインで作成しました。( ご自由にお使い下さい )

デモページ


フォントは変更し、必要無い文言は削除しています。
( オリジナルは SHIFT_JIS でしたが、全て UTF-8 に変更しました )



自分が管理するサーバー(レンタルサーバー)があって、そのサーバーから PHP の mb_send_mail 関数で呼び出す事のできるメールアカウントを使って利用可能です。

common.php
<?php
header( "Content-Type: text/html; Charset=utf-8" );
header( "pragma: no-cache" );
header( "Expires: Wed, 31 May 2000 14:59:58 GMT" );
header( "Cache-control: no-cache" );

mb_language( "ja" );
mb_internal_encoding("utf-8");

function admin_mail( $user_body, $user_mail, $user_subject ) {
	$from_address = "<このPHPが置かれるサーバで使用できるメールアドレス>";
	$from = "日本語の差出人";
	$to_address = "<管理人のメールアドレス>";
	$to = "管理人宛";

	$from = mb_convert_encoding( $from, "JIS", "utf-8" );
	$from	= "From: =?ISO-2022-JP?B?" . base64_encode($from) . "?= $from_address";
	$to = mb_convert_encoding( $to, "JIS", "utf-8" );
	$to	= "To: =?ISO-2022-JP?B?" . base64_encode($to) . "?= $to_address";

	$mail_body = "------------------------------------------------\n";
	$mail_body .= "(注)このメールに直接返信しないでください。\n";
	$mail_body .= "送信元は投稿者ではありません。\n";
	$mail_body .= "下記掲載の「投稿者のメールアドレス」に返信してください。\n";
	$mail_body .= "------------------------------------------------\n";
	$mail_body .= "投稿者のIP:{$_SERVER["REMOTE_ADDR"]}\n";
	$mail_body .= "投稿者のメールアドレス:{$user_mail}\n";
	$mail_body .= "内容:\n";
	$mail_body .= $user_body;

	mb_send_mail($to, $user_subject, $mail_body, $from );

}
?>

カスタマイズしやすいように、画面処理は 3つ の PHP ファイルで遷移させています。

1) 入力 : adminmail_1.php
2) 確認 : adminmail_2.php
3) 終了 : adminmail_3.php

その為、通常のデータの受け渡しは、POST を使用していますが、エラー処理の画面遷移では GET を使用しています。

セッションを使うともっと簡潔になりますが、ここでは使用していません。

adminmail_1.php

このページに サーバーから $_POST が送られる事はありませんが、画面遷移を1つのページに仕様変更する際には必要なので、便宜上記述しています。

str_replace の処理は、入力値を HTML 内に問題無く埋め込めるようにする為に、HTML の < と > と 属性の値に使われる "(ダブルクォーテーション) を変換しています。
<?php
require_once( "common.php" );

foreach($_POST as $k => $v) {
	$v = str_replace("\"","&#34;",$v);
	$v = str_replace("<","&lt;",$v);
	$_POST[$k] = str_replace(">","&gt;",$v);
}
foreach($_GET as $k => $v) {
	$v = str_replace("\"","&#34;",$v);
	$v = str_replace("<","&lt;",$v);
	$_GET[$k] = str_replace(">","&gt;",$v);
}

$message = "";
if ( $_GET['e1'] == "1" ) {
	$message .= "<br>※ 件名を入力してください";
}
if ( $_GET['e2'] == "1" ) {
	$message .= "<br>※ メールアドレスを入力してください";
}
if ( $_GET['e2'] == "2" ) {
	$message .= "<br>※ メールアドレスが正しく無いようです";
}
if ( $_GET['e3'] == "1" ) {
	$message .= "<br>※ 本文を入力して下さい";
}

if ( $message != "" ) {
	foreach($_GET as $k => $v) {
		$_POST[$k] = $_GET[$k];
	}
}

?>
<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="utf-8">
<title>管理人へメールを送る</title>

<link type="text/css" rel="stylesheet" href="adminmail.css">

</head>
<body>

<div id="header" style="text-align:left;">
	<a href="adminmail_1.php">リロード</a>
</div>

<div id="container">
	
	<div id="top">
	  <h1>管理人へメールを送る</h1>
	</div>
	<div id="message">
		<?= $message ?>
	</div>	

	<div id="content">
		<fieldset>
			<legend>送信情報</legend>
			
			<div class="explain">
				<ol>
						<li>下記のフォームを埋めて投稿してください。</li>
						<li>メールアドレスは正しく入力してください。</li>
					</ol>
				<p></p>
			</div>


			<form action="adminmail_2.php" method="post" class="form">
				
				<p><label for="subject">件名</label></p>
				
				<p><input type="text" name="subject" value="<?= $_POST["subject"] ?>" id="subject" size="60"></p>
				
				<p><label for="usermail">メールアドレス</label></p>
				
				<p><input type="text" name="usermail" value="<?= $_POST["usermail"] ?>" id="usermail" size="60"></p>
				
				<p><label for="body">本文</label></p>
				
				<p><textarea cols="50" rows="5" name="body" id="body"><?= $_POST["body"] ?></textarea></p>
				
				<input type="submit" name="confirm" value="確認" class="buttons">
				
			</form>
		</fieldset>
	</div>
	
	<div class="clear"></div>
	
</div>


</body>
</html>


adminmail_2.php

メールアドレスのフォーマットチェックには、filter_var 関数(PHP 5 >= 5.2.0) を使用しています。
<?php
require_once( "common.php" );

$err = false;
$param = "";

// 入力チェック
if( trim( $_POST['subject'] ) == "") {
	$err = true;
	if ( $param != "" ) {
		$param .= "&";
	}
	$param .= "e1=1";
}
if( trim( $_POST['usermail'] ) == "") {
	$err = true;
	if ( $param != "" ) {
		$param .= "&";
	}
	$param .= "e2=1";
}
else {
	if( !filter_var($_POST['usermail'], FILTER_VALIDATE_EMAIL)) {
		$err = true;
		if ( $param != "" ) {
			$param .= "&";
		}
		$param .= "e2=2";
	}
}
if( trim( $_POST['body'] ) == "") {
	$err = true;
	if ( $param != "" ) {
		$param .= "&";
	}
	$param .= "e3=1";
}

if ( $err ) {
	$url = "adminmail_1.php?{$param}";
	$url .= "&subject=" . urlencode($_POST['subject']);
	$url .= "&usermail=" . $_POST['usermail'];
	$url .= "&body=" . urlencode($_POST['body']);
	header("Location: {$url}");
	exit();
}

foreach($_POST as $k => $v) {
	$v = str_replace("\"","&#34;",$v);
	$v = str_replace("<","&lt;",$v);
	$_POST[$k] = str_replace(">","&gt;",$v);
}

$_POST["body_html"] = str_replace("\r\n","<br>",$_POST["body"]);
$_POST["body_html"] = str_replace("\n","<br>",$_POST["body_html"]);


?>
<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="utf-8">
<title>管理人へメールを送る</title>

<link type="text/css" rel="stylesheet" href="adminmail.css">

</head>
<body>

<div id="header" style="text-align:left;">
	<a href="adminmail_1.php">リロード</a>
</div>

<div id="container">
	
	<div id="top">
	  <h1>管理人へメールを送る</h1>
	</div>
	
		
	<div id="content">
		<fieldset>
			<legend>送信情報</legend>
			
			<div class="explain">
				<ol>
						<li>下記のフォームを埋めて投稿してください。</li>
						<li>メールアドレスは正しく入力してください。</li>
					</ol>
				<p></p>
			</div>
			
			
			<form action="adminmail_3.php" method="post" class="form">
				<p><label>件名</label></p>
				
				<p><?= $_POST["subject"] ?></p>
				<input type="hidden" name="subject" value="<?= $_POST["subject"] ?>">
				<p><label>メールアドレス</label></p>
				
				<p><?= $_POST["usermail"] ?></p>
				<input type="hidden" name="usermail" value="<?= $_POST["usermail"] ?>">
				<p><label>本文</label></p>
				
				<p><?= $_POST["body_html"] ?></p>
				<input type="hidden" name="body" value="<?= $_POST["body"] ?>">
				<input type="submit" name="edit" value="<< 修正" class="buttons" formaction="adminmail_1.php">
				<input type="submit" name="sendmail" value="送信" class="buttons">
			</form>
		</fieldset>
	</div>
	
	<div class="clear"></div>
	
</div>


</body>
</html>


adminmail_3.php

ここでメール送信を実行しています。送信後、この画面にリダイレクトしているので、ブラウザで再表示しても再度送信しようとする事はありません。
<?php
require_once( "common.php" );

if ($_SERVER["REQUEST_METHOD"] == "POST") {

	admin_mail( $_POST["body"], $_POST["usermail"], $_POST["subject"]);

	header("Location: adminmail_3.php");
	exit();

}

?>
<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="utf-8">
<title>管理人へメールを送る</title>

<link type="text/css" rel="stylesheet" href="adminmail.css">

</head>
<body>

<div id="header" style="text-align:left;">
	<a href="adminmail_1.php">リロード</a>
</div>

<div id="container">
	
	<div id="top">
	  <h1>管理人へメールを送る</h1>
	</div>
	
		
	<div id="content">
		<fieldset>
			<legend>送信情報</legend>
			
			<div class="explain">
				<ol>
						<li>下記のフォームを埋めて投稿してください。</li>
						<li>メールアドレスは正しく入力してください。</li>
					</ol>
				<p></p>
			</div>
			
			
					<p style="color:#336699; font-weight:bold;">メールを送信しました。</p>
			<p><a href="adminmail_1.php">メール作成フォームへ戻る</a></p>
					<div class="clear"></div>
		</fieldset>
	</div>
	
	<div class="clear"></div>
	
</div>


</body>
</html>

送り先が固定なのでここでは実装していませんが、セッションを使えば最初の画面表示から、メール送信までの時間間隔が一定以上必要になるようにする事ができます。



posted by lightbox at 2015-05-15 07:44 | PHP + 通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します
container 終わり

フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

CSS ドロップシャドウの参考デモ
BUTTONS (CSS でボタン)
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり