SQLの窓

2016年12月11日


jQuery で呼び出した PHP で twitteroauth を使用してツイート(画像も簡単)するサンプル

基本的にブラウザとサーバの直接的なやりとりでサーバに処理をさせるのは、アプリケーションとして必ず複雑になり、メンテナンスにも労力を費やす事となるので、jQuery が前提となる環境では、$.ajax を使用するのが何より簡単になります。

abraham/twitteroauth

twitteroauth を使えば、PHP 側では簡単にツイートが可能になり、画像のアップロードも $.ajax で行えばとてもシンプルに機能を果たす事ができます。

ここでは、全体を説明しませんが、Bootstrap を画面に使用し、スマホ対応が容易になっており、また、だからこそ $.ajax との親和性も高くなっています。

$.ajax 呼び出し部分
	// *************************************
	// 送信ボタン
	// *************************************
	$("#frm").submit( function(event){
		// 本来の送信処理はキャンセル
		event.preventDefault();

		$("#post_check").modal();

	} );


	// **************************************
	// Bootstrap OK ボタン
	// **************************************
	$("#data_post").on("click", function(){

		// エラーメッセージエリアをクリア
		$(".error").next().text( "" );

		// 結果の表示エリアを全てクリア
		$("#result").html( "" );

		// **************************************
		// サーバへ送信
		// **************************************

		// 新規送信用オブジェクト
		var formData = new FormData();

		// 送信フィールド作成
		formData.append("text", $("#row1_fld").val());

		// **************************************
		// サーバ呼び出し
		// **************************************
		$.ajax({
			url: "./post_action.php",
			type: "POST",
			data: formData,
			processData: false,
			contentType: false
		})
		.done(function( data, textStatus ){
			console.log( "status:" + textStatus );
			console.log( "data:" + JSON.stringify(data, null, "    ") );
			options.info("処理が完了しました");

		})
		.fail(function(jqXHR, textStatus, errorThrown ){
			console.log( "status:" + textStatus );
			console.log( "errorThrown:" + errorThrown );
			options.info("アップロードに失敗しました");
		})
		.always(function() {

		})
		;

	});
Bootstrap では、Form ありきで画面設計されているので、その機能を十分に使用できるように、submit イベントで event.preventDefault() を実行し、処理は Bootstrap(JS) のダイアログ側で呼び出しています。

PHP 側の処理は、ツイートするのみの post_action.php が行います。

post_action.php
<?php
// *************************************
// キャラクタセット
// *************************************
header( "Content-Type: application/json; charset=utf-8" );
// *************************************
// キャッシュ無効
// *************************************
session_cache_limiter('nocache');
session_start();


// *************************************
// ライブラリ 
// https://twitteroauth.com/
// *************************************
require "twitteroauth/autoload.php";
use Abraham\TwitterOAuth\TwitterOAuth;
 
// *************************************
// API 情報
// https://apps.twitter.com
// *************************************
$consumer_key			= "";
$consumer_secret		= "";
$access_token			= "";
$access_token_secret	= "";
 
// *************************************
// POST
// *************************************
$connection = new TwitterOAuth($consumer_key, $consumer_secret, $access_token, $access_token_secret);
$result = $connection->post("statuses/update", ["status" => $_POST['text'] ]);

// *************************************
// POST 画像
// *************************************
/*
$connection = new TwitterOAuth($consumer_key, $consumer_secret, $access_token, $access_token_secret);
$media1 = $connection->upload('media/upload', ['media' => 'images/image1.png']);
$media2 = $connection->upload('media/upload', ['media' => 'images/image2.png']);
$parameters = [
	'status' => '画像投稿です https://twitteroauth.com/ サンプルそのまま',
	'media_ids' => implode(',', [$media1->media_id_string, $media2->media_id_string])
];
$result = $connection->post('statuses/update', $parameters);
*/

$_POST['result'] = $result;
 

// *************************************
// PHP の結果を result キーで
// JSON としてブラウザに返す
// *************************************
print json_encode($_POST , JSON_UNESCAPED_UNICODE | JSON_PRETTY_PRINT );


?>

ソースコードを解りやすくするために、コメント内で固定の画像を含めたツイートの処理があります。(実際は、画像データが jQuery の $.ajax で送られて来るようにします。)

API 情報は、Twitter のページの右下にあるリンクの『開発者』から移動し、My apps でアプリケーションを作成して Keys and Access Tokens のタブより取得するわけですが、昔は無かったモバイルの登録が必要になります。

モバイルの登録は、元の Twitter のページの『設定』にありますが、ソフトバンクのスマホから電話番号を登録する場合は注意が必要です。

デフォルトでは海外から通信を遮断している

My Softbank の設定で海外からの受信の拒否を解除する必要がありますが、やはり海外からは拒否したいのが普通ですから、登録後は元に戻しておいたほうがいいと思います。

迷惑メールフォルダ機能を使っている場合

登録されていないところからのメールは迷惑フォルダに入って気が付かない可能性もあるので注意です。



タグ:jquery twitter PHP
posted by lightbox at 2016-12-11 02:08 | PHP + Twitter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月26日


Twitter の検索結果の JSONのフォーマット を PHP の クラスを使って出力(エミュレート)する

ある機械部品やソフトウェアを動作させるのに、オリジナルのシステムを用意するのが難しい場合に、オリジナルと全く同じ動作をするより簡便なシステムを用意することがある。この装置をエミュレータと言う
Twitter の検索結果を Java や C#(mvvmのバインドでは必須) で一覧表示する場合、JSON の構造をクラスで定義しておいて読み込む事が一般的だと思いますが、そのような仕様で動作しているアプリケーションでは、Twitter の検索結果ではなく自前のデータベースで置き換える事によって独自の検索アプリケーションへと比較的簡単に転換する事ができます(既に定義済みのクラス構造を転用する)。 その場合の PHP を使って同様のフォーマットを出力したい場合のサンプルコードです
<?php
header( "Content-Type: application/json; Charset=utf-8" );
header( "pragma: no-cache" );
header( "Expires: Wed, 31 May 2000 14:59:58 GMT" );
header( "Cache-control: no-cache" );

class Twitter_Base {

	public $statuses;

}

class Twitter_User {

	public $id;
	public $name;

}

class Twitter_Search {

	public $user;
	public $text;

}

for( $i = 0; $i < 10; $i++ ) {

	$body = new Twitter_Search();
	$user = new Twitter_User();

	$user->id = ($i+1);
	$user->name = "名前".($i+1);

	$body->user = $user;
	$body->text = "本文".($i+1);
	$records[] = $body;

}

$base = new Twitter_Base();
$base->statuses = $records;

print json_encode($base);

?>


▼ 出力したもの
{"statuses":[{"user":{"id":1,"name":"\u540d\u524d1"},"text":"\u672c\u65871"},{"user":{"id":2,"name":"\u540d\u524d2"},"text":"\u672c\u65872"},{"user":{"id":3,"name":"\u540d\u524d3"},"text":"\u672c\u65873"},{"user":{"id":4,"name":"\u540d\u524d4"},"text":"\u672c\u65874"},{"user":{"id":5,"name":"\u540d\u524d5"},"text":"\u672c\u65875"},{"user":{"id":6,"name":"\u540d\u524d6"},"text":"\u672c\u65876"},{"user":{"id":7,"name":"\u540d\u524d7"},"text":"\u672c\u65877"},{"user":{"id":8,"name":"\u540d\u524d8"},"text":"\u672c\u65878"},{"user":{"id":9,"name":"\u540d\u524d9"},"text":"\u672c\u65879"},{"user":{"id":10,"name":"\u540d\u524d10"},"text":"\u672c\u658710"}]}

▼ 整形したもの
{
    "statuses": [
        {
            "user": {
                "id": 1,
                "name": "名前1"
            },
            "text": "本文1"
        },
        {
            "user": {
                "id": 2,
                "name": "名前2"
            },
            "text": "本文2"
        },
        {
            "user": {
                "id": 3,
                "name": "名前3"
            },
            "text": "本文3"
        },
        {
            "user": {
                "id": 4,
                "name": "名前4"
            },
            "text": "本文4"
        },
        {
            "user": {
                "id": 5,
                "name": "名前5"
            },
            "text": "本文5"
        },
        {
            "user": {
                "id": 6,
                "name": "名前6"
            },
            "text": "本文6"
        },
        {
            "user": {
                "id": 7,
                "name": "名前7"
            },
            "text": "本文7"
        },
        {
            "user": {
                "id": 8,
                "name": "名前8"
            },
            "text": "本文8"
        },
        {
            "user": {
                "id": 9,
                "name": "名前9"
            },
            "text": "本文9"
        },
        {
            "user": {
                "id": 10,
                "name": "名前10"
            },
            "text": "本文10"
        }
    ]
}
関連記事

PHP+MySQLの考えられる最もシンプルなソースコード


posted by lightbox at 2013-11-26 21:54 | PHP + Twitter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月24日


PHP : Twitter 検索 + jQuery UI Tabs テンプレート

SkyDrive へ移動


ファイル一覧

twitter_search.php( メイン )
common.php( 共通 )
debug_lib.php( デバッグ表示用 )
view.php( 画面 )

概要

簡単な MVC 型で構成されており、common.php にご自分のアクセストークンを埋め込むだけですぐ使えます。
jQuery の主要部分は、Google のホスティングを使い、jQuery UI の CSS 部分のみこちらでホスティングしています。



common.php
<?php
session_start();

$_SESSION['consumer_key'] = "";
$_SESSION['consumer_secret'] = "";
$_SESSION['access_token'] = "";
$_SESSION['access_token_secret'] = "";

require_once("debug_lib.php");

header("Content-type: text/html; charset=utf-8");
header( "pragma: no-cache" );
header( "Expires: Wed, 31 May 2000 14:59:58 GMT" );
header( "Cache-control: no-cache" );


// **********************************************************
// AOuth 用の urlencode 関数
// **********************************************************
function urle( $str ) {
	// php 5.3.x 〜 ではこの変換は必要無い
	return str_replace('%7E', '~', rawurlencode($str));
}

function twitter_search( $apikey, $secret, $token, $token_secret, $userid ) {
	// **********************************************************
	// API
	// **********************************************************
	$twitter_url = 'https://api.twitter.com/1.1/search/tweets.json';
	$count = 20;

	// **********************************************************
	// 認証データ
	// **********************************************************
	$oauth_consumer_key = $apikey;
	$oauth_consumer_secret = $secret;
	$oauth_token = $token;
	$oauth_secret = $token_secret;
	
	// 毎回変化するランダムな文字列
	$mt = microtime();
	$rand = mt_rand();
	$oauth_nonce = md5($mt . $rand);
	
	$oauth_signature_method = "HMAC-SHA1";
	$oauth_timestamp = time();
	$oauth_version = "1.0";
	
	// *********************************************************
	// シグネチャ用ベース文字列作成
	/*
	  httpMethod + "&" +
	  url_encode(  base_uri ) + "&" +
	  sorted_query_params.each  { | k, v |
	      url_encode ( k ) + "%3D" +
	      url_encode ( v )
	  }.join("%26")
	*/
	// *********************************************************
	$base_string = "GET";
	$base_string .= "&" . urle($twitter_url);
	$base_string .= "&";
	
	$base_string .= "count%3D{$count}%26";
	$base_string .= urle("oauth_consumer_key")."%3D".urle($oauth_consumer_key)."%26";
	$base_string .= urle("oauth_nonce")."%3D".urle($oauth_nonce)."%26";
	$base_string .= urle("oauth_signature_method")."%3D".urle($oauth_signature_method)."%26";
	$base_string .= urle("oauth_timestamp")."%3D".urle($oauth_timestamp)."%26";
	$base_string .= urle("oauth_token")."%3D".urle($oauth_token)."%26";
	$base_string .= urle("oauth_version")."%3D".urle($oauth_version);
	$base_string .= "%26q%3D".urle(urle($userid));
	
	// *********************************************************
	// シグネチャ作成
	/*
	url_encode( consumer_secret ) + "&" +
	url_encode( oauth_token_secret || nil )
	*/
	// *********************************************************
	$oauth_signature = 
	base64_encode( hash_hmac(
		"sha1",
		$base_string,
		$oauth_consumer_secret . "&" . $oauth_secret,
		true
	));
	
	// *********************************************************
	// curl 処理
	// *********************************************************
	$curl = curl_init();
	curl_setopt($curl, CURLOPT_CONNECTTIMEOUT, 30);
	curl_setopt($curl, CURLOPT_HEADER, false);
	curl_setopt($curl, CURLOPT_RETURNTRANSFER, true);
	curl_setopt($curl, CURLOPT_BINARYTRANSFER, true);
	curl_setopt($curl, CURLOPT_URL, $twitter_url . "?q=" . urle($userid) . "&count={$count}"  );

	// *********************************************************
	// http ヘッダ作成
	// *********************************************************
	$header = array();
	$header[] = 'Expect:';
	
	$header[] = "Authorization: OAuth ".
	urle("oauth_consumer_key")."=\"".urle($oauth_consumer_key)."\",".
	urle("oauth_token")."=\"".urle($oauth_token)."\",".
	urle("oauth_nonce")."=\"".urle($oauth_nonce)."\",".
	urle("oauth_timestamp")."=\"".urle($oauth_timestamp)."\",".
	urle("oauth_signature_method")."=\"".urle($oauth_signature_method)."\",".
	urle("oauth_version")."=\"".urle($oauth_version)."\",".
	urle("oauth_signature")."=\"".urle($oauth_signature)."\"";
	
	curl_setopt($curl, CURLOPT_HTTPHEADER, $header);
	
	// *********************************************************
	// https 用 ( https://api.twitter.com 利用時に必要 )
	// *********************************************************
	curl_setopt($curl, CURLOPT_SSL_VERIFYPEER, false);
	curl_setopt($curl, CURLOPT_SSL_VERIFYHOST, 1);
	
	// *********************************************************
	// 戻された http ヘッダの出力
	// *********************************************************
	$handle = fopen("./header.txt", "w");
	curl_setopt($curl, CURLOPT_WRITEHEADER, $handle);
	
	// *********************************************************
	// 送信
	// *********************************************************
	$result = curl_exec($curl);
	
	// *********************************************************
	// 結果
	// *********************************************************
	$ret = true;
	if($result === false) {
		$ret = false;
	}
	curl_close($curl);

	return $result;

}

// URL をアンカーに変換
function url2a( $target ){

	$target = str_replace("http", " http", $target );

	if ( preg_match( "/http(s)?:\/\/([\w-]+\.)+[\w-]+(\/[\w- .\/?%&=]*)?/", $target ) ) {
		preg_match_all( "/http(s)?:\/\/([\w-]+\.)+[\w-]+(\/[\w- .\/?%&=]*)?/", $target, $pattarn );
		foreach ( $pattarn[0] as $key => $val ){
			$replace[] = "<a href=\"{$val}\" target=\"_blank\">{$val}</a>";
		}
		$target = str_replace( $pattarn[0], $replace, $target );
	}
	return $target;
}


?>

ソース全体





posted by lightbox at 2013-10-24 00:36 | PHP + Twitter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します
container 終わり

フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

CSS ドロップシャドウの参考デモ
BUTTONS (CSS でボタン)
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり