SQLの窓

2019年06月24日


Microsoft Access に対してSQLを入力してその結果を DataGridView に表示する最も簡単なコード



最初に .accdb か .mdb を選択しておいて、自由な SQL をタイプしてその結果をそのまま Excel のごとく DataGridView に表示します。

DataGridView に表示するデータは全て文字列扱いとして、ArrayList に随時行を追加して、Rows.Add に、ToArray() したものをセットします。

一応表示のみを想定しているので、以下の設定を最初にします


表示件数は多すぎると時間がかかりすきるので、固定で 100 件にしています。
using System;
using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using System.ComponentModel;
using System.Data;
using System.Data.OleDb;
using System.Diagnostics;
using System.Drawing;
using System.Linq;
using System.Text;
using System.Threading.Tasks;
using System.Windows.Forms;

namespace WinApp1 {
	public partial class Form1 : Form {

		private OpenFileDialog ofd = new OpenFileDialog();

		public Form1() {
			InitializeComponent();
		}

		private void button1_Click(object sender, EventArgs e) {

			using (OleDbConnection myCon = new OleDbConnection())
			using (OleDbCommand myCommand = new OleDbCommand()) {

				// *********************
				// 接続文字列の作成
				// *********************
				myCon.ConnectionString = string.Format($"Provider=Microsoft.ACE.OLEDB.12.0;Data Source={ofd.FileName};");
				Debug.WriteLine(myCon.ConnectionString);

				// *********************
				// 接続
				// *********************
				try {
					// 接続文字列を使用して接続
					myCon.Open();
					// コマンドオブジェクトに接続をセット
					myCommand.Connection = myCon;
					// コマンドを通常 SQL用に変更
					myCommand.CommandType = System.Data.CommandType.Text;
				}
				catch (Exception ex) {
					MessageBox.Show(this,ex.Message);
					return;
				}

				// *********************
				// 実行 SQL
				// *********************
				myCommand.CommandText = textBox1.Text;

				// *********************
				// レコードセット取得
				// *********************
				try {
					using (OleDbDataReader myReader = myCommand.ExecuteReader()) {

						// *********************
						// 列数
						// *********************
						int nCols = myReader.FieldCount;

						// DataGridView 初期化
						dataGridView1.Columns.Clear();
						dataGridView1.DataSource = null;
						dataGridView1.ColumnCount = nCols;		// カラム数

						Type fldType;
						ArrayList rowData = new ArrayList();

						// データ取得と表示
						int maxCount = 0;
						while (myReader.Read()) {

							// 行データをセットする ArrayList をクリア
							rowData.Clear();

							maxCount++;
							if ( maxCount > 100 ) {
								break;
							}

							// 初回のみ、タイトル文字列を設定
							if (maxCount == 1) {
								for (int idx = 0; idx < nCols; idx++) {
									dataGridView1.Columns[idx].Name = myReader.GetName(idx);
								}
							}

							// 行データの作成( ArrayList で作成して ToArray() したものを Rows.Add )
							for (int idx = 0; idx <nCols; idx++) {

								// NULL でない場合
								if (!myReader.IsDBNull(idx)) {
									// 列のデータ型を取得
									fldType = myReader.GetFieldType(idx);

									// 文字列
									if (fldType.Name == "String") {
										rowData.Add(myReader.GetValue(idx).ToString());
									}
									else if (fldType.Name == "Int32") {
										rowData.Add(myReader.GetInt32(idx).ToString());
									}
									else if (fldType.Name == "DateTime") {
										rowData.Add(myReader.GetDateTime(idx).ToString());
									}
									else {
										rowData.Add(myReader.GetValue(idx).ToString());
									}

								}
								else {
									rowData.Add("");
								}
							}

							// 行追加
							dataGridView1.Rows.Add(rowData.ToArray());

						}

						// リーダを使い終わったので閉じる
						myReader.Close();
					}
				}
				catch (Exception ex) {
					myCon.Close();
					MessageBox.Show(this, ex.Message);
					return;
				}

				myCon.Close();

				// カラム幅の自動調整
				dataGridView1.AutoResizeColumns();

			}		// 最外の using の終わり

		}

		private void button2_Click(object sender, EventArgs e) {

			// *********************
			// ファイル選択
			// *********************
			ofd.Filter = "Excel(*.mdb;*.accdb)|*.mdb;*.accdb|すべてのファイル(*.*)|*.*";
			ofd.FilterIndex = 1;
			ofd.Title = "Access データベースを選択してください";
			ofd.RestoreDirectory = true;

			if (ofd.ShowDialog() != DialogResult.OK) {
				return;
			}


		}		// click イベントの終わり

	}		// class の終わり
}


※ テーブル・ビュー一覧は以下のようにして簡単に表示できます
using (OleDbConnection myCon = new OleDbConnection())
using (OleDbCommand myCommand = new OleDbCommand()) {

	// *********************
	// 接続文字列の作成
	// *********************
	myCon.ConnectionString = string.Format("Provider=Microsoft.ACE.OLEDB.12.0;Data Source={0};", ofd.FileName);
	Debug.WriteLine(myCon.ConnectionString);

	// *********************
	// 接続
	// *********************
	try {
		// 接続文字列を使用して接続
		myCon.Open();
		// コマンドオブジェクトに接続をセット
		myCommand.Connection = myCon;
		// コマンドを通常 SQL用に変更
		myCommand.CommandType = System.Data.CommandType.Text;
	}
	catch (Exception ex) {
		MessageBox.Show(this,ex.Message);
		return;
	}

	DataTable dataTable = myCon.GetOleDbSchemaTable(
		OleDbSchemaGuid.Tables,
		new object[] { null, null, null, null }
	);
	// TABLE のみの場合は以下( 上記は 全て )
	//	new object[] { null, null, null, "TABLE" }

	dataGridView1.Columns.Clear();
	dataGridView1.DataSource = dataTable;

	myCon.Close();

	// カラム幅の自動調整
	dataGridView1.AutoResizeColumns();

}		// 最外の using の終わり

さらに SQL の実行結果は、データの途中加工が全くできなくなりますが、DataTable を使って以下のようにさらに短く記述する事ができます
// *********************
// 実行 SQL
// *********************
myCommand.CommandText = textBox1.Text;

try
{
	using (OleDbDataReader myReader = myCommand.ExecuteReader())
	{
		DataTable dataTable = new DataTable();

		dataTable.Load(myReader);

		dataGridView1.Columns.Clear();
		dataGridView1.DataSource = dataTable;

		myReader.Close();
	}

}
catch (Exception ex)
{
	myCon.Close();
	MessageBox.Show(this, ex.Message);
	return;
}

DataSource プロパティを使用した場合、新たに直接データをセットしていきたい場合は、いったん DataSource プロパティに null を設定しておく必要があります。


Microsoft.ACE.OLEDB.12.0 がインストールされていない場合

Microsoft Access データベース エンジン 2010 再頒布可能コンポーネントをダウンロードしてインストールします。


( 32ビット版と64ビット版があるので選択してダウンロードします )




posted by lightbox at 2019-06-24 19:53 | VS(C#) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月18日


C# : System.Data.Odbc データ取得(SELECT)処理( MySQL ) : ※ using 無し( Dispose 実行 )

スタンダードな C# から ODBC を使用した読み取り処理のテンプレートです。

using System;
using System.Data.Odbc;

namespace MySQL
{
	class Program
	{
		static void Main(string[] args)
		{

			// 新しい OdbcConnection オブジェクトを作成
			OdbcConnection myCon = CreateConnection();

			if (myCon == null)
			{
				Console.WriteLine("処理が異常終了しました");
				return;
			}

			//---------------------------------------------------

			// レコードセットを取得する為の SQL を準備
			string myQuery = "SELECT 社員マスタ.*,DATE_FORMAT(生年月日,'%Y-%m-%d') as 誕生日 from 社員マスタ";

			// SELECT 実行用のオブジェクトを作成
			OdbcCommand myCommand = new OdbcCommand();
			// 実行する為に必要な情報をセット
			myCommand.CommandText = myQuery;
			myCommand.Connection = myCon;

			// 実行後にレコードセットを取得する為のオブジェクトを作成
			OdbcDataReader myReader;
			// ここで SELECT を実行してその結果をオブジェクトに格納する
			myReader = myCommand.ExecuteReader();

			// 読み出し
			// Rewad メソッドは、行が存在する場合は true、それ以外の場合は false を返します

			while (myReader.Read())
			{
				// 文字列
				Console.Write(GetValue(myReader, "社員コード") + " : ");
				Console.Write(GetValue(myReader, "氏名") + " : ");

				// 整数
				Console.Write(GetValue(myReader, "給与") + " : ");

				// 日付
				Console.Write(GetValue(myReader, "作成日") + " : ");
				Console.Write(GetValue(myReader, "更新日") + " : ");
				Console.Write(GetValue(myReader, "生年月日") + " : ");
				Console.Write(GetValue(myReader, "誕生日"));

				Console.WriteLine();

			}

			myReader.Close();
			//---------------------------------------------------

			EndConnection(myCon);

		}

		// ******************************************************
		// 接続終了
		// ******************************************************

		static void EndConnection(OdbcConnection myCon)
		{
			// 接続を閉じる
			myCon.Close();

			// OdbcConnection オブジェクトに使用されているすべてのリソースを解放
			myCon.Dispose();

			// 処理終了
			Console.WriteLine("処理が終了しました");

			// 一時停止
			Console.Write("Enterキーを押して下さい : ");
			Console.ReadLine();

		}

		// ******************************************************
		// 接続作成
		// ******************************************************
		static OdbcConnection CreateConnection()
		{

			// 新しい OdbcConnectionStringBuilder オブジェクトを作成
			OdbcConnectionStringBuilder builder = new OdbcConnectionStringBuilder();

			// ドライバ文字列をセット ( 波型括弧{} は必要ありません ) 
			// 文字列を正確に取得するには、レジストリ : HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\ODBC\ODBCINST.INI
			builder.Driver = "MySQL ODBC 5.3 Unicode Driver";
			//builder.Driver = "MySQL ODBC 8.0 Unicode Driver";

			// 接続用のパラメータを追加
			builder.Add("SERVER", "localhost");
			builder.Add("DATABASE", "lightbox");
			builder.Add("UID", "root");
			builder.Add("PWD", "");

			// 内容を確認
			Console.WriteLine(builder.ConnectionString);

			// 新しい OdbcConnection オブジェクトを作成
			OdbcConnection myCon = new OdbcConnection();

			// 接続文字列を設定
			myCon.ConnectionString = builder.ConnectionString;

			// 接続を開く
			try
			{
				myCon.Open();
			}
			catch (OdbcException ex)
			{
				Console.WriteLine("接続エラーです");
				// Console.WriteLine( ex.Message )
				ErrorAction(ex);
				return null;
			}

			return myCon;

		}

		// ******************************************************
		// エラー処理
		// ******************************************************

		static void ErrorAction(OdbcException ex)
		{
			string CrLf = "\r\n";
			string errorMessages = "";
			int i = 0;

			for (i = 0; i <= ex.Errors.Count - 1; i++)
			{
				errorMessages += "Index #" + i.ToString() + CrLf + "Message: " + ex.Errors[i].Message + CrLf + "NativeError: " + ex.Errors[i].NativeError.ToString() + CrLf + "Source: " + ex.Errors[i].Source + CrLf + "SQL: " + ex.Errors[i].SQLState + CrLf;
			}

			Console.WriteLine(errorMessages);

		}


		// ********************************************************
		// 列データ取得
		//
		// 列データを文字列として取得しますが、NULL の場合は
		// 空文字列を返します
		// ********************************************************
		static string GetValue(OdbcDataReader myReader, string strName)
		{

			string ret = "";
			int fld = 0;

			// 指定された列名より、テーブル内での定義順序番号を取得
			fld = myReader.GetOrdinal(strName);
			// 定義順序番号より、NULL かどうかをチェック
			if (myReader.IsDBNull(fld))
			{
				ret = "";
			}
			else
			{
				// NULL でなければ内容をオブジェクトとして取りだして文字列化する
				ret = myReader.GetValue(fld).ToString();
			}

			// 列の値を返す
			return ret;

		}

	}
}


以下は、show create table で取得した MySQL用の テーブル作成用 SQL です。
CREATE TABLE `社員マスタ` (
  `社員コード` varchar(4) NOT NULL DEFAULT '',
  `氏名` varchar(50) DEFAULT NULL,
  `フリガナ` varchar(50) DEFAULT NULL,
  `所属` varchar(4) DEFAULT NULL,
  `性別` int(11) DEFAULT NULL,
  `作成日` datetime DEFAULT NULL,
  `更新日` datetime DEFAULT NULL,
  `給与` int(11) DEFAULT NULL,
  `手当` int(11) DEFAULT NULL,
  `管理者` varchar(4) DEFAULT NULL,
  `生年月日` datetime DEFAULT NULL,
  PRIMARY KEY (`社員コード`)
)




posted by lightbox at 2019-05-18 23:55 | VS(C#) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月19日


C# : SQL 文を外部テキストにして、String.Format でデータ部分を置き換えて利用する

基本的には、String.Format メソッドのお話ですが、文字列の配列の扱いとの関係での注意事項です。
-- ******************************
-- 社員マスタ更新
-- ******************************
 
UPDATE 社員マスタ
set
氏名 = '{1}',
給与 = {2},
-- 行コメント
生年月日 = {3}

--
 
where 社員コード = '{0}'
 
-- 行コメント
行コメントは、正規表現で削除します。{} 部分の個数より、配列が大きい必要があり、Nothing が指定されると、{} ごとなくなります。
※ 配列のリサイズが必要な場合は、Array.Resize メソッドで行います。


C# による記述
using System;
using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using System.IO;
using System.Text;

namespace text_input
{
	class Program
	{
		static void Main(string[] args)
		{
			// 入力ファイルのパス
			string[] arguments = Environment.GetCommandLineArgs();
			// 引数は一つのみ許可
			if (arguments.Length != 2)
			{
				Console.WriteLine("引数を指定して下さい");
				return;
			}

			// 引数から取得
			string filePath = arguments[1];

			// パスを表示
			Console.WriteLine(filePath);

			// *********************************
			// ▼ 関数呼び出しを記述して、ALT + Enter で自動作成
			// *********************************
			string textData = loadTextData(filePath);

			// *********************************
			// 行コメントの削除
			// ▼ 正規表現のオプション
			// https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/standard/base-types/regular-expression-options
			// *********************************
			string pattern = "(?m)^--.*";   // 複数行モード
			textData = System.Text.RegularExpressions.Regex.Replace(textData, pattern, "");

			Console.Write(textData);

			// *********************************
			// 配列の準備(1)
			// *********************************
			string[] data1 = { "0001", "山田太郎", "100000", "'1980/01/01'" };
			Console.WriteLine("配列の数は {0} です", data1.Length);

			// *********************************
			// 配列を文字列内に埋め込む
			// *********************************
			string sqlResult = String.Format(textData, data1);
			Console.Write(sqlResult);

			// *********************************
			// 配列の準備(2)
			// *********************************
			string[] data2 = new string[4];
			data2[0] = "0002";
			data2[1] = "山田花子";
			data2[2] = "20000";
			data2[3] = "NULL";

			// *********************************
			// 配列を文字列内に埋め込む
			// *********************************
			sqlResult = String.Format(textData, data2);
			Console.Write(sqlResult);

			// *********************************
			// 配列の準備(3)
			// *********************************
			string[] data3 = new string[4];
			data3.SetValue("0003", 0);
			data3.SetValue("山田美子", 1);
			data3.SetValue("30000", 2);
			data3.SetValue("'1980/01/01'", 3);

			// *********************************
			// 配列を文字列内に埋め込む
			// *********************************
			sqlResult = String.Format(textData, data3);
			Console.Write(sqlResult);

			// *********************************
			// 配列の準備(4)
			// *********************************
			List<string> data4 = new List<string>();
			data4.Add("0004");
			data4.Add("山田史郎");
			data4.Add("40000");
			data4.Add("'1990/01/01'");

			// *********************************
			// 配列を文字列内に埋め込む
			// *********************************
			sqlResult = String.Format(textData, data4.ToArray());
			Console.Write(sqlResult);

			// *********************************
			// 配列の準備(5)
			// ※ 追加するデータ型自由
			// *********************************
			ArrayList data5 = new ArrayList();
			data5.Add("0005");
			data5.Add("山田吾郎");
			data5.Add(50000);
			data5.Add(new DateTime(1995, 1, 1));

			// *********************************
			// 配列を文字列内に埋め込む
			// 混在なので object 配列
			// *********************************
			object[] strWork = data5.ToArray();
			sqlResult = String.Format(textData, strWork[0], strWork[1], strWork[2], $"'{strWork[3]}'");
			Console.Write(sqlResult);

			Console.ReadLine();

		}

		private static string loadTextData(string filePath)
		{

			string text = "";

			// *********************************
			// 主なエンコード
			// *********************************
			// SHIFT_JIS
			// Encoding Enc = Encoding.GetEncoding(932);
			// EUC-JP
			//Encoding Enc = Encoding.GetEncoding(51932);
			// UNICODE 用
			//Encoding Enc = Encoding.GetEncoding(1200);
			// UTF-8N
			Encoding Enc = new UTF8Encoding();
			// UTF-8
			//Encoding Enc = new UTF8Encoding(true);

			// プロック終了時に開放
			try
			{
				using (StreamReader ReadFile = new StreamReader(filePath, Enc))
				{
					// 読込み
					text = ReadFile.ReadToEnd();

					// 全て読み込んでいるので閉じる
					ReadFile.Close();

					Console.Write(text);
				}

			}
			catch (Exception ex)
			{
				Console.WriteLine(ex.Message);
			}

			return text;

		}
	}
}

引数は、プロジェクトのプロパティからデバッグタブを開けて設定します。





posted by lightbox at 2019-03-19 09:48 | VS(C#) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月13日


C# コンソールアプリを AN HTTPD で実行

テストにはまだまだ使える(重宝する) AN HTTP Server の正しい使用方法

単純に、WEB アプリケーション初心者にブラウザとサーバーのやり取りを知ってもらう為に( 今は、開発者ツールがあるので途中の解説がしやすいですし )、C# で作った EXE をそのままブラウザで実行させます。

基本設定

EXE の列の『一般パスでも実行する』にチェックします



次に、一般パスに C# で作成された Debug フォルダを登録します。



後は、loclhost から実行するだけです。

ソースコード
using System;
using System.Collections;
using System.Text;
using System.Web;

namespace cgi_test
{
	class Program
	{
		static void Main(string[] args)
		{
			string formtype = "POST";

			string[] param = { };

			// ******************************
			// Console.WriteLine を UTF8 で
			// ******************************
			Console.OutputEncoding = Encoding.UTF8;

			// ******************************
			// メソッド
			// ******************************
			string method = Environment.GetEnvironmentVariable("REQUEST_METHOD");

			// ******************************
			// GET
			// ******************************
			if (method == "GET")
			{
				// ******************************
				// QUERY_STRING
				// ******************************
				string query_string = System.Environment.GetEnvironmentVariable("QUERY_STRING");
				// URL のみの場合はデータ無しの QUERY_STRING を用意する
				if (query_string == "" )
				{
					query_string = "field1=&field2=";
				}

				// & で分割して key=value の文字列の配列を作成する
				param = query_string.Split('&');
			}

			// ******************************
			// POST
			// ******************************
			if (method == "POST")
			{
				string line;

				// POST 時は必ず key=value の文字列が存在する
				line = Console.ReadLine();
				param = line.Split('&');
			}

			// = で区切って key と value が配列の 0 と 1 にセットされる
			string[] key_value = { };

			// ******************************
			// key と value の格納
			// ******************************
			Hashtable field = new Hashtable();

			foreach (string key_value_set in param)
			{
				key_value = key_value_set.Split('=');
				// key がある場合は、Hashtable に格納する
				if (key_value[0] != "") {
					// System.Web を参照して using System.Web; で HttpUtility.UrlDecode
					// %エンコードを元に戻す
					field.Add(key_value[0], HttpUtility.UrlDecode(key_value[1]));
				}
			}

			// ******************************
			// HTTP ヘッダ
			// PHP の session_cache_limiter
			// ******************************
			Console.WriteLine("Content-Type: text/html; charset=utf-8");
			Console.WriteLine("Expires: Thu, 19 Nov 1981 08:52:00 GMT");
			Console.WriteLine("Cache-Control: no-store, no-cache, must-revalidate, post-check=0, pre-check=0");
			Console.WriteLine("Pragma: no-cache");
			Console.WriteLine();

			string message = "<div>こんにちは世界</div>";

			// ******************************
			// HTML
			// $ で変数埋め込みのヒアドキュメント
			// ******************************
			string html = $@"<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
</head>
<body>
{message}
<form method='{formtype}'>
<p>氏名 : <input type='text' name='field1' value='{field["field1"]}'></p>
<p>フリガナ : <input type='text' name='field2' value='{field["field2"]}'></p>
<p>送信 : <input type='submit' name='send' value='送信'></p>
</form>
</body>
</html>";

			// 作成した HTML を出力する
			Console.WriteLine(html);
		}
	}
}





posted by lightbox at 2019-03-13 22:02 | VS(C#) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月19日


C# : SQLServer( SQLExpress ) の SMO を使用してテーブルの CREATE TABLE 文 を取得する

SMO のダウンロード方法は、C# : VB.net : SQLExpress(SQLServer) : SQL-DMO と同等の SMO によるバックアップ を参照して下さい。

こちらは、同じコードを PowerShell で実行します

参考ページ : Generate Scripts for database objects with SMO for SQL Server
※ 参考ページでは、いろいろなオプションが紹介されています。

using Microsoft.SqlServer.Management.Common;
using Microsoft.SqlServer.Management.Smo;
using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Collections.Specialized;
using System.IO;
using System.Linq;
using System.Text;
using System.Threading.Tasks;

namespace SQLExpress_backup
{
	class Program
	{
		static void Main(string[] args)
		{

			{

				UTF8Encoding UTF8N_Enc = new UTF8Encoding();
				// false は上書き
				StreamWriter WriteFile = new StreamWriter("sqlexpress.sql", false, UTF8N_Enc);

				// サーバー
				Server srv;
				// インスタンス
				srv = new Server();

				// サーバーインスタンスの情報
				srv.ConnectionContext.AutoDisconnectMode = AutoDisconnectMode.NoAutoDisconnect;
				srv.ConnectionContext.LoginSecure = false;
				srv.ConnectionContext.Login = "sa";
				srv.ConnectionContext.Password = "";
				// 接続
				srv.ConnectionContext.Connect();

				// バージョンの表示
				Console.WriteLine(srv.Information.Version);

				// 参考
				// https://www.mssqltips.com/sqlservertip/1833/generate-scripts-for-database-objects-with-smo-for-sql-server/
				// Scripter scripter = new Scripter(srv);

				Database myDb = srv.Databases["lightbox"];
				foreach (Table myTable in myDb.Tables)
				{

					StringCollection tableScripts = myTable.Script();
					foreach (string script in tableScripts)
					{
						WriteFile.WriteLine(script);
					}
				}

				WriteFile.Close();
				WriteFile.Dispose();

				srv.ConnectionContext.Disconnect();

			}


		}
	}
}


結果サンプル

※ sqlexpress.sql に出力された内容です
SET ANSI_NULLS ON
SET QUOTED_IDENTIFIER ON
CREATE TABLE [dbo].[コード名称マスタ](
	[区分] [int] NOT NULL,
	[コード] [nvarchar](10) COLLATE Japanese_CI_AS NOT NULL,
	[名称] [nvarchar](50) COLLATE Japanese_CI_AS NULL,
	[数値1] [int] NULL,
	[数値2] [int] NULL,
	[作成日] [datetime] NULL,
	[更新日] [datetime] NULL
) ON [PRIMARY]

SET ANSI_NULLS ON
SET QUOTED_IDENTIFIER ON
CREATE TABLE [dbo].[社員マスタ](
	[社員コード] [nvarchar](4) COLLATE Japanese_CI_AS NOT NULL,
	[氏名] [nvarchar](50) COLLATE Japanese_CI_AS NULL,
	[フリガナ] [nvarchar](50) COLLATE Japanese_CI_AS NULL,
	[所属] [nvarchar](4) COLLATE Japanese_CI_AS NULL,
	[性別] [int] NULL,
	[作成日] [datetime] NULL,
	[更新日] [datetime] NULL,
	[給与] [int] NULL,
	[手当] [int] NULL,
	[管理者] [nvarchar](4) COLLATE Japanese_CI_AS NULL,
	[生年月日] [datetime] NULL
) ON [PRIMARY]

SET ANSI_NULLS ON
SET QUOTED_IDENTIFIER ON
CREATE TABLE [dbo].[取引データ](
	[取引区分] [nvarchar](2) COLLATE Japanese_CI_AS NOT NULL,
	[伝票番号] [int] NOT NULL,
	[行] [int] NOT NULL,
	[取引日付] [datetime] NULL,
	[取引先コード] [nvarchar](4) COLLATE Japanese_CI_AS NULL,
	[商品コード] [nvarchar](4) COLLATE Japanese_CI_AS NULL,
	[数量] [int] NULL,
	[単価] [int] NULL,
	[金額] [int] NULL,
	[更新済] [nvarchar](1) COLLATE Japanese_CI_AS NULL
) ON [PRIMARY]

SET ANSI_NULLS ON
SET QUOTED_IDENTIFIER ON
CREATE TABLE [dbo].[商品マスタ](
	[商品コード] [nvarchar](4) COLLATE Japanese_CI_AS NOT NULL,
	[商品名] [nvarchar](50) COLLATE Japanese_CI_AS NULL,
	[在庫評価単価] [int] NULL,
	[販売単価] [int] NULL,
	[商品分類] [nvarchar](3) COLLATE Japanese_CI_AS NULL,
	[商品区分] [nvarchar](1) COLLATE Japanese_CI_AS NULL,
	[作成日] [datetime] NULL,
	[更新日] [datetime] NULL,
	[備考] [ntext] COLLATE Japanese_CI_AS NULL,
	[削除フラグ] [nvarchar](1) COLLATE Japanese_CI_AS NULL
) ON [PRIMARY] TEXTIMAGE_ON [PRIMARY]

SET ANSI_NULLS ON
SET QUOTED_IDENTIFIER ON
CREATE TABLE [dbo].[得意先マスタ](
	[得意先コード] [nvarchar](4) COLLATE Japanese_CI_AS NOT NULL,
	[得意先名] [nvarchar](50) COLLATE Japanese_CI_AS NULL,
	[得意先区分] [nvarchar](1) COLLATE Japanese_CI_AS NULL,
	[担当者] [nvarchar](4) COLLATE Japanese_CI_AS NULL,
	[郵便番号] [nvarchar](7) COLLATE Japanese_CI_AS NULL,
	[住所1] [nvarchar](100) COLLATE Japanese_CI_AS NULL,
	[住所2] [nvarchar](100) COLLATE Japanese_CI_AS NULL,
	[作成日] [datetime] NULL,
	[更新日] [datetime] NULL,
	[締日] [int] NULL,
	[締日区分] [int] NULL,
	[支払日] [int] NULL,
	[備考] [nvarchar](100) COLLATE Japanese_CI_AS NULL
) ON [PRIMARY]

SET ANSI_NULLS (Transact-SQL)
SET ANSI_NULLS が ON の場合、WHERE column_name = NULL を使用する SELECT ステートメントを実行すると、column_name に NULL 値が入っていた場合は条件は成り立たず、行が返されません。逆に、SET ANSI_NULLS が OFF の場合は、ISO 標準が適用されません。 WHERE column_name = NULL を使用する SELECT ステートメントでは、column_name に NULL 値を持つ行が返されます。

SET ANSI_NULLS OFF;
select * from [社員マスタ] where 手当 = null;

この SQL では、手当が NULL の行が戻されます


SET QUOTED_IDENTIFIER ON にすると、テーブル名等の識別市子を "(ダブルクォート)で囲む事ができます

SET QUOTED_IDENTIFIER OFF; 
select * from "社員マスタ"

この SQL はエラーとなります
posted by lightbox at 2018-10-19 14:10 | VS(C#) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月04日


C# : DataGridView に TKMP.DLL の IMAP(POP3) で受信したメールを非同期に表示する( 添付ファイルも取得 )

※ BasicImapLogon => BasicPopLogon, ImapClient => PopClient で POP3 も同じです

DataGridView の作成方法の注意点は、『C# でDataTable と DataSource を使用して、DataGridView にデータを表示するテンプレート( 行をダブルクリックしてダイアログを表示して行データを処理 )』を参照して下さい

画面のテンプレートのダウンロード


行をダブルクリックすると、本文を表示します。ここでは、サンプルして行のカラムに本文を保存していますが、本来は外部に保存します。



▼ スプリットコンテナを使用していますが、配置方法は基本的に直感的なものと逆です。


※ 重要
Gmail では安全性の低いアプリの許可を『有効』にする必要があります
※ サーバーは imap.gmail.com
※ Yahoo! メールでは、接続はできるのですが、メールが取得できません ( imap.mail.yahoo.co.jp )。
※ BasicImapLogon => BasicPopLogon, ImapClient => PopClient に変更すると、Yahoo! で接続できました
( POP3 : pop.mail.yahoo.co.jp : 995 )

.NET用メール送受信クラスライブラリ (TKMP.DLL) 
※ 2018-06-20 時点で 3.1.8( 2017/02/15 作成 )



using System;
using System.ComponentModel;
using System.Data;
using System.Drawing;
using System.Threading;
using System.Threading.Tasks;
using System.Windows.Forms;
using TKMP.Net;
using TKMP.Reader;

namespace MailRecTest
{
	public partial class Form1 : Form
	{
		// ******************************************************
		// 画面レイアウト作成方法は以下を参照
		// http://logicalerror.seesaa.net/article/459948736.html
		// ******************************************************

		private DataTable table;
		private DataColumn column;
		private DataRow row;

		private SynchronizationContext sc = null;
		private ImapClient client = null;
		private int mailCounter = 0;
		private string[] bodyText = new string[20];

		// 接続解除用
		private int endCounter = 0;
		private int maxCount = 20;

		public Form1()
		{
			InitializeComponent();
		}

		private void Form1_Load(object sender, EventArgs e)
		{
			// 非同期内からの UI スレッドへのアクセス用
			sc = SynchronizationContext.Current;

			this.toolStripStatusLabel1.Text = "ツールバーのボタンで受信してください";
		}

		private void toolStripButton1_Click(object sender, EventArgs e)
		{
			if (MessageBox.Show("メールを受信しますか?", "確認", MessageBoxButtons.OKCancel) == DialogResult.Cancel)
			{
				return;
			}

			// IMAP 用基本認証
			BasicImapLogon logon = new BasicImapLogon("アカウント", "パスワード");
			// IMAP 用ログイン( 993 は、SSL 用 )
			ImapClient client = new ImapClient(logon, "サーバードメイン", 993);

			// SSL で接続する
			client.AuthenticationProtocol = AuthenticationProtocols.SSL;

			try
			{
				if (!client.Connect())
				{
					MessageBox.Show("接続できませんでした");
					return;
				}
			}
			catch (Exception ex)
			{
				MessageBox.Show("接続エラーが発生しました");
				return;
			}

			// メールデータ一覧を格納するオブジェクト
			IMailData[] mailData = client.GetMailList();

			// データがありません
			if (mailData == null)
			{
				MessageBox.Show("データがありません");
				return;
			}

			// メールデータの数
			toolStripStatusLabel1.Text = mailData.Length.ToString();
			mailCounter = mailData.Length;
			if (mailCounter < maxCount)
			{
				maxCount = mailCounter;
			}

			// 読込み制限
			int idx = 0;


			// DataTable の作成
			table = new DataTable("TKMP");

			// 列情報 の作成
			column = new DataColumn();
			column.DataType = Type.GetType("System.String");
			column.ColumnName = "差出人";
			table.Columns.Add(column);

			// 列情報 の作成
			column = new DataColumn();
			column.DataType = Type.GetType("System.String");
			column.ColumnName = "件名";
			table.Columns.Add(column);

			// 列情報 の作成
			column = new DataColumn();
			column.DataType = Type.GetType("System.String");
			column.ColumnName = "受信日時";
			table.Columns.Add(column);

			// 列情報 の作成
			column = new DataColumn();
			column.DataType = Type.GetType("System.String");
			column.ColumnName = "本文";
			table.Columns.Add(column);

			// 非同期でメールデータを表示するループ
			foreach (var data in mailData)
			{

				idx++;
				if (idx > maxCount)
				{

					break;
				}

				// 個別にイベント登録
				data.BodyLoaded += new EventHandler(MailData_BodyLoaded);
				// 非同期処理の受信を一件づつ開始
				data.ReadBodyAnsync();

			}

		}

		private void MailData_BodyLoaded(object sender, EventArgs e) {


			IMailData MailData = (IMailData)sender;

			// 本文無し( 本文が必要な場合は、false で、reader.MainText )
			MailReader reader = new MailReader(MailData.DataStream, false);

			if (reader.FileCount == 0)
			{
				Console.WriteLine("添付ファイルはありません");
			}

			//添付ファイルのコレクションを検査します
			foreach (TKMP.Reader.File file in reader.FileCollection)
			{
				// 保存場所は事前に作成する必要があります
				// (メールとの関連は、アプリケーション側で工夫する必要があります)
				file.FileSave(@"c:\temp\data\");
			}
			//Console.WriteLine(reader.MainText);

			// UI スレッドへの処理( この場合、post_state は null )
			sc.Post((object post_state) =>
			{


				// 新規行
				row = table.NewRow();

				// 本文をメモリ内保存( 本来はファイルかデータベースに書きだす )
				row["本文"] = reader.MainText;

				// ヘッダの一覧より、目的のヘッダを探す
				foreach (TKMP.Reader.Header.HeaderString headerdata in reader.HeaderCollection)
				{

					if (headerdata.Name == "From")
					{
						row["差出人"] = headerdata.Data;
					}
					if (headerdata.Name == "Subject")
					{
						row["件名"] = headerdata.Data;
					}
					if (headerdata.Name == "Date")
					{
						Console.WriteLine(headerdata.Data);

						string target = headerdata.Data;
						target = target.Replace(" (JST)", "");
						target = target.Replace(" (PDT)", "");
						try
						{
							DateTime dt = System.DateTime.ParseExact(target, "ddd, d MMM yyyy HH':'mm':'ss zzz", System.Globalization.DateTimeFormatInfo.InvariantInfo, System.Globalization.DateTimeStyles.None);
							row["受信日時"] = string.Format("{0}", dt);
						}
						catch (Exception ex)
						{
							row["受信日時"] = headerdata.Data;
							Console.WriteLine("フォーマット変換できませんでした");
						}

					}

				}

				// 行を追加
				table.Rows.Add(row);


				// 接続解除用
				endCounter++;
				if (endCounter == maxCount)
				{

					endCounter = 0;

					// 受信終了
					client.Close();

					// データーソース経由で DataGridView を表示
					dataGridView1.DataSource = table;

					this.dataGridView1.Columns[3].Visible = false;

					// 第3カラム(受信日)で逆ソート
					dataGridView1.Sort(dataGridView1.Columns[2], ListSortDirection.Descending);
					// 自動整列
					dataGridView1.AutoResizeColumns();

				}


			}, null);

			// イベント削除
			MailData.BodyLoaded -= new EventHandler(MailData_BodyLoaded);


		}

		private void dataGridView1_CellDoubleClick(object sender, DataGridViewCellEventArgs e)
		{
			int rowNumber = e.RowIndex;
			if (rowNumber < 0 ){
				return;
			}

			this.textBox1.Text = this.dataGridView1["本文",rowNumber].Value.ToString();
		}
	}
}


関連する記事

C# と VB.net : TKMP.DLL を使って IMAP でメール本文の一覧を取得する( コンソール )

C# : TKMP.DLLを使った、メール送信テンプレート



posted by lightbox at 2018-09-04 21:46 | VS(C#) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します
container 終わり

フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

CSS ドロップシャドウの参考デモ
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり