SQLの窓

2018年01月18日


jQuery の回転アニメーション / $({kakudo: 0}).animate(properties, options )

jQuery の animate メソッドに渡せるのは、数値表現のプロパティのみなので、既存の要素では使えるものはほとんどありません。例えば、回転処理なんかもそのうちの一つですが、この方法を使えばどんなものでもアニメーション化できます。

この方法を解説していたのは、stackoverflow( CSS rotation cross browser with jquery.animate() ) でした

このソースでちょっと解りにくいのが、$({kakudo: 0}) の部分ですが、なんの事は無く {kakudo: 0} という超シンプルなオブジェクトに対してアニメーション処理をしようというわけで、このオブジェクトは当然 kakudo プロパティ を持っているので、step イベントが 0 度から 指定角度までの間呼ばれ続けるわけです。

それを利用した単純な繰り返し処理です。

その結果、いとも簡単にページ全体の回転処理を作成する事ができました。





<script src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/3.2.1/jquery.min.js"></script>
<script>
$.fn.extend({ 
	rotateAction: function(deg, duration, easing){
		var target = this;
		// ページ全体の回転の中心を作成する処理。(画像の場合は必要ありません)
		$(document.body).css({'transform-origin':'center '+($('html').scrollTop()+300) + 'px'});
		$({kakudo: 0}).animate(
			{kakudo: deg},
			{
				duration: duration,
				easing: easing,
				step: function(now) {
					target.css({
						transform: 'rotate(' + now + 'deg)'
					});
				}
			}
		);
	}  
});

</script>

<input type="button" value="画像回転" onclick='$("#target").rotateAction(360,1000,"swing");'>
<br>
<input type="button" value="全て回転" onclick='$(document.body).rotateAction(360,2000,"swing");'>
<br><br><br>

<img id="target" src="https://lh5.googleusercontent.com/-kCYTSmTrJXs/URvMQy9ClqI/AAAAAAAARuw/5BTKTk2c_sw/s128/_img.png" style="border: solid 0px #000000" />

関連する記事


posted by lightbox at 2018-01-18 15:49 | プラグイン作成(jQuery) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月13日


HTML 上のデータをローカルに保存する jQuery プラグイン

FileSaver.js が必要です。

保存タイプ

1) text 
    要素の内部テキストを取得( value または innerText )
    ※ nobom プロパティを true にすると UTF8N で保存されます
    ( nobom のデフォルトは false )

2) html
    要素の outerHTML を取得

3) table
    テーブル要素を csv データとして取得
    ※ nobom プロパティを false にして UTF8 で保存する事によって、Excel で読み込めます
    ( nobom のデフォルトは false )

4) image (URL で指定された画像の場合)
    そのままそのサーバーからダウンロード
    IE が、A 要素の download 属性をサポートしていないので IE は 不可
    ( ie プロパティでその際のエラーメッセージ指定できます )

5) image (base64 で指定された画像の場合)
    base64 をバイナリに変換して保存


所属コード所属名称作成日更新日
0001営業部第一2004/05/052004/05/05
0002営業部第二2004/05/052004/05/05
0003営業部第三2004/05/052004/05/05
1001総務部2008/04/022008/04/02

デモ用のコード
<script src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/3.2.1/jquery.min.js"></script>
<script src="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/FileSaver.js/1.3.3/FileSaver.js"></script>
<script src="https://lightbox.sakura.ne.jp/demo/template/lightbox-env/saver.js"></script>
<script>
$(function(){

	$("#btn_text")
		.on( "click", function(){
			$("#textarea").save( {
				type : "text",
				name : "mydata.txt",
				nobom : true
			} );
		});

	$("#btn_tbl")
		.on( "click", function(){
			$("#tbl").save( {
				type : "table",
				name : "mydata.csv",
				nobom : false
			} );
		});

	$("#btn_html")
		.on( "click", function(){
			$("body").save( {
				type : "html",
				name : "mydata.html",
				nobom : true

			} );
		});

	// IE は対象外
	$("#btn_img")
		.on( "click", function(){
			$("#img").save( {
				type : "image",
				ie: "IE では画像を右クリックしてメニューから保存して下さい"			// IE 用メッセージ
			} );
		});

	// IE も OK
	$("#btn_base64")
		.on( "click", function(){
			$("#base64").save( {
				type : "image"
			} );
		});

	$("#btn_img,#btn_text,#img,#textarea,#base64,#btn_base64")
		.css({ "display": "inline-block", "vertical-align": "top" });

	$("#tbl")
		.css({ "margin-top": "15px" });


});


</script>
<div>
<input id="btn_text" type="button" value="textarea(テキスト)">
<input id="btn_tbl" type="button" value="テーブル(CSV)">
<input id="btn_html" type="button" value="BODY(HTML)">
<input id="btn_img" type="button" value="画像(URL)">
</div>
<div style='margin-top:10px'>
<input id="btn_base64" type="button" value="画像(base64)">
<img id="base64"  src="data:image/png;base64,iVBORw0KGgoAAAANSUhEUgAAABkAAAAZCAYAAADE6YVjAAAAAXNSR0IArs4c6QAAAARnQU1BAACxjwv8YQUAAAAJcEhZcwAADsQAAA7EAZUrDhsAAASdSURBVEhLlVZ/TNRlGP/ccSRwcMkEhLWgVAItwDxysaWLVmKj8aN/GvRjiYFzyq9qE2uJILUkJhtji2BOc9ay1ejXGIOkBsEKuqSrtSRS2ik/5owxjsjweHre5/3CHcpN+YwP73PP+3nf5/3xvM8daCX4oYPo5aeIvvnUcNwebh1kdoboWBnRAyxNYNqZicyNzHf2cb/bEPoHK/2g50ui/CSiWJaoAEnMzaCT60060IPMZKbqf26z3qUfsMIHnut61WpCtepUZhrzIebJN+jj480EgBr3FxC9lqmDPWLWuvuYW5jNh4zJvOBlcaQFVOQCn38GRLI9H4Devz34MTgav2x/FiOXLsPZ14Mro5dhi1yLjWnbcNe1SWxynsVWmwlPhptgCZwHxtQ8h4HdlTKlQEIZmLkHVBYNWh0AWfFKucoEKo0CudXOfOD91Npw06Ds7Gyqra2ljo4OcrlchlBjfHycuru7qb6+XnQWi2XJWPq9z1D6HtcTVpi//kcUJSUlKC8vx9zcHOLj46VboaurC4GBgTCZTDCbzeCJ5bPVasXIyAgyMjJgZt2BNcBb+elAQ5ceKKGGBoniQb33e1fiS6fTSbGxscv23chT9khOBp42zntI2irdSZTCJqfkhUujiwNyc3OlTU5OJofDQTk5OZSXlye+sLAwSk9PFzslJYUSEhLE7u3p0e+IF0wnamR6HYQvXILU7CLHBZeIMzM5RRnKVrvwhfIlJSXR4OCg2E1NTVRVVSW2468xold4rHpDD3N6Kz2dadBR1zEnx+ls93ciLiws1AK24+LixB4eHqbi4mLx2Ww22rFjh9ipqakUEREh9sTkFJFrSI6fNjCHznEQ9ar5JdNOPksGX66ICwr4wTGUnZiYSKOj3mP0x6ioKBkj2MRzqtN5/Rky4+m9wBxL/rjC/xgBFt36ICQkBHV1dWKXlpZKyytHf38/2tvb0dbWhoGBAUxMTEgf+toAD7f/MbdlcXgFdSeqlLxbQV2On2VVvjux2+3EaS22SgDVxsTESP+yeGGLrm2q1DBUWgNZGZAEb34bXBvE5QvWge9A7KCgIGnHxlT9WAae68C3P+mdPL9LXDrI3jcBN7cm5nuHxOULFSQ4OFjs6elpcOaJXV1dLe0SNB4A7uR2irm/Vlw6SKIdiOYd8J+l8xNxzc9zsTOgXvbMzIzYHo8Hra2tYldWVqKlpUXsRbQc4wHcpm4AVkeISwdR2FMD/Au4SG0HCF2jBQput1suVoEfnZQSrmfyuaioSErP985fgYGvxIdZ5r6j2laQmzEwtd6bjsMfNYtv7br4Rd8Ncvrz4kXCKuuS/oMxoFm/VZixIMwPZ7d6sY+G0GDFi4v+Ex98aCh90Pk+NfHEAYZmgb5Y8qX1asVBhF1zo7K/EbjKjhDmHcARF9+FNRSHf+OMsoTypXJnfRlw+jSnG2usTH4T5yfZvTUHofcmoO4oZ+oCJNRy6DxD9Hi4LjcLX8PKfsymW/WuFFW1zbqbqO2UMfBmsOIWOH+OaM92/YNBTapKhaqy6jdAzW6iq+OG0D9YuQIcP0L0UhpR9xeG43ZA9D+D0zyeXYGzAwAAAABJRU5ErkJggg==">
<img id="img" src="http://toolbox.winofsql.jp/image/jquery.png">
<textarea id="textarea">あいうえお</textarea>
</div>

<table id="tbl">
<tbody><tr><th>所属コード</th><th>所属名称</th><th>作成日</th><th>更新日</th></tr>
<tr><td>0001</td><td>営業部第一</td><td>2004/05/05</td><td>2004/05/05</td></tr>
<tr><td>0002</td><td>営業部第二</td><td>2004/05/05</td><td>2004/05/05</td></tr>
<tr><td>0003</td><td>営業部第三</td><td>2004/05/05</td><td>2004/05/05</td></tr>
<tr><td>1001</td><td>総務部</td><td>2008/04/02</td><td>2008/04/02</td></tr>
</tbody></table>


saver.js

$.fn.extend({

	save : function(option){

		option = option || {};
		var type = option.type || "text";
		var mime = option.mime || "text/plain";
		var name = option.name || "save.txt";

		var charset = "utf-8";
		var nobom = option.nobom || false;

		if( type == "text" ) {
			var text = $(this).val();
			if ( text == "" ) {
				text = $(this).text();
			}
			saveAs(
				new Blob(
					[text]
					, {type: mime + ";charset=" + charset}
				)
				, name, nobom
			);

		}

		if( type == "html" ) {
			var text = $(this).prop("outerHTML");
			saveAs(
				new Blob(
					[text]
					, {type: mime + ";charset=" + charset}
				)
				, name, nobom
			);
		}

		if( type == "table" ) {
			var csv = "";
			var cnt = 0;
			$(this).find("tr").each( function(){

				$(this).find("td,th").each(function( col_cnt ){
					if ( col_cnt != 0 ) {
						csv += ",";
					}
					csv += "\"" + $(this).text() + "\"";
				});
				csv += "\n";
				cnt++;

			} );
			saveAs(
				new Blob(
					[csv]
					, {type: mime + ";charset=" + charset}
				)
				, name, nobom
			);
		}

		if( type == "image" ) {
			var src = $(this).prop("src");
			// base64 bin
			if ( src.substr(0,5) == "data:" ) {
				var bin = atob(src.split(',')[1]);
				var head = src.split(',')[0];
				var type = head.split(/[:;]/)[1];
				var buffer = new Uint8Array(bin.length);
				for (var i = 0; i < bin.length; i++) {
					buffer[i] = bin.charCodeAt(i);
				}
				var blob = new Blob([buffer.buffer], {type: type});
				if ( type == "image/jpeg" ) {
					name = "save" + (new Date()).getTime()+".jpg";
				}
				if ( type == "image/gif" ) {
					name = "save" + (new Date()).getTime()+".gif";
				}
				if ( type == "image/png" ) {
					name = "save" + (new Date()).getTime()+".png";
				}
				saveAs( blob, name );
			}
			// url
			else {
				var userAgent = window.navigator.userAgent.toLowerCase();
				// OLD IE
				if (userAgent.indexOf("msie") > -1) {
					if ( typeof option.ie !==  'undefined' ) {
						alert(option.ie);
					}
					else {
						alert("unsupported!");
					}
					return;
				}
				// IE11
				else if (userAgent.indexOf("trident/7.0") > -1) {
					if ( typeof option.ie !==  'undefined' ) {
						alert(option.ie);
					}
					else {
						alert("unsupported!");
					}
					return;
				}
				else {
					var work = src.split("/");
					var name = work[work.length-1];
					var download = $("<a></a>").css("display","none").appendTo("body");
					download.prop({"href" : src, "download": name });
					download.get(0).click();
					download.remove();
				}
			}

		}

		return $(this);

	}
});





posted by lightbox at 2017-11-13 11:13 | プラグイン作成(jQuery) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月06日


jQuery のプラグインで動的なコントロールの処理を作成 : add_button / set_event / set_link

add_button : 対象の直後にボタンを追加
set_event : 対象にイベントを登録
set_link : 対象のテキストをリンクに変更

set_link における p1 と p2 のオプションは、URL 内に %1 と %2 という文字列を含ませて、それぞれ p1 と p2 で置換するオプションです。Query String  として WEB アプリケーションのパラメータとして利用する事を想定していますが、URL エンコードは自分で行う必要があります

プラグインのソースコード

$.fn.extend({

	add_button : function(option){

		var input = $("<input type='button'>")
			.val( option.val )
			.insertAfter($(this))
			.on("click", option.click )
		;

		if ( typeof option.id !==  'undefined' ) {
			input.prop("id", option.id);
		}
		if ( typeof option.class !==  'undefined' ) {
			input.addClass(option.class);
		}
		if ( typeof option.css !==  'undefined' ) {
			input.css( option.css );
		}
		return $(this);

	},

	set_event : function(option){

		$(this).on(option.event, option.action );

		if ( typeof option.id !==  'undefined' ) {
			$(this).prop("id", option.id);
		}
		if ( typeof option.class !==  'undefined' ) {
			$(this).addClass(option.class);
		}
		if ( typeof option.css !==  'undefined' ) {
			$(this).css( option.css );
		}
		return $(this);

	},

	set_link : function(option){

		if ( typeof option.target ===  'undefined' ) {
			option.target = "_blank";
		}

		var text = $(this).text();
		$(this).html("");

		if ( typeof option.p1 !==  'undefined' ) {
			option.url = option.url.replace("%1", option.p1 );
		}
		if ( typeof option.p2 !==  'undefined' ) {
			option.url = option.url.replace("%2", option.p2 );
		}

		var a = $("<a>")
			.prop("href", option.url)
			.prop("target", option.target)
			.text( text );
		;

		if ( typeof option.class !==  'undefined' ) {
			a.addClass(option.class);
		}

		if ( typeof option.css !==  'undefined' ) {
			a.css( option.css );
		}

		$(this).append(a);
		return $(this);

	}
});


add_button のサンプルコード
<script src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/3.2.1/jquery.min.js"></script>
<script src="https://lightbox.sakura.ne.jp/demo/template/lightbox-env/helper.js"></script>
<script>

$(function(){

	// ボタン追加
	$("#target").add_button({
		"id" : "new_button",
		"val" : "追加されたボタン",
		"class" : "btn btn-primary ml-5",
		"css" : { "background-color" : "navy", "color" : "white"  },
		"click" : function(){
			alert("クリックされました");
		}
	});
	

});

</script>

<span id="target">テキスト表示</span>

add_button で作成された HTML
<input type="button" value="追加されたボタン" id="new_button" class="btn btn-primary ml-5" style="background-color: navy; color: white;">

set_event のサンプルコード

このサンプルは、テーブルの表示を JSON から作成している処理の一部です。obj["所属"] には4桁の数字文字列が入っています。
		col_data = $("<td></td>").appendTo( row_data );
		col_data.text( obj["所属"] );
		col_data.set_event({
			"css" : { "text-decoration": "underline", "cursor": "pointer" },
			"event" : "click",
			"action" : function(){
				window.open("../syozoku-upd/syozoku.php?code=" + obj["所属"] );
			}
		});



set_link のサンプルコード

このサンプルも、テーブルの表示を JSON から作成している処理の一部です。
		col_data = $("<td></td>").appendTo( row_data );
		col_data.text( obj["社員コード"] );
		col_data.set_link({
			"url" : "../syain-upd/syain.php?code=%1",
			"p1" : obj["社員コード"]
		});




posted by lightbox at 2017-11-06 11:18 | プラグイン作成(jQuery) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月29日


TD 内のテキストを入力可能にする tableinput.js / jQuery プラグイン

テーブルの TD 要素の中がテキストのみの場合、tableinput.js プラグインで入力可能になります

オプションを省略したり、rowstart を省略すると、先頭の行を対象外にします。( rowstart の デフォルトは 1 )

tableinputEach によってテーブルの一覧を td のコレクション(jQuery のオブジェクト)単位で取得します

td.data("change") で、データが変更されたかどうかを取得できます
td.data("text") で最初のデータを取得できます

▼ 画像


▼ デモ実行
コード 氏名 フリガナ
0001 浦岡 友也 ウラオカ トモヤ
0002 山村 ひろよ ヤマムラ ヒロヨ
0003 多岡 冬行 タオカ フユユキ
0004 高田 冬美 タカタ フユミ
0005 内高 友之 ウチタカ トモユキ

上のデモのコード
<script src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/3.2.1/jquery.min.js"></script>
<script src="https://lightbox.sakura.ne.jp/demo/template/lightbox-env/tableinput.js" charset="utf-8"></script>
<style>
.inputtd {
	text-decoration: underline;
	cursor: crosshair;
	background-color: pink;
}
.tableinput {
	font-family: Arial, Helvetica, Verdana, "ヒラギノ角ゴPro W3", "Hiragino Kaku Gothic Pro", Osaka, "メイリオ", Meiryo, "MS Pゴシック", sans-serif;
	font-size: 16px;
}

#target_table {
	border-collapse: collapse;
	border: solid #c0c0c0 1px;
	background-color: #FFFFFF;
}
#target_table  th {
	padding: 10px;
	border: solid #808080 1px;
	background-color: silver;
}
#target_table td {
	padding: 10px;
	border: solid #c0c0c0 1px;
}
</style>
<input type="button" id="tableinput_action" value="実装">
<input type="button" id="tableinput_check" value="変更の確認" disabled>
<table id="target_table">
<tbody>
	<tr>
		<th>コード</th>
		<th style='width:200px'>氏名</th>
		<th style='width:200px'>フリガナ</th>
	</tr>
	<tr>
		<td>0001</td>
		<td>浦岡 友也</td>
		<td>ウラオカ トモヤ</td>
	</tr>
	<tr>
		<td>0002</td>
		<td>山村 ひろよ</td>
		<td>ヤマムラ ヒロヨ</td>
	</tr>
	<tr>
		<td>0003</td>
		<td>多岡 冬行</td>
		<td>タオカ フユユキ</td>
	</tr>
	<tr>
		<td>0004</td>
		<td>高田 冬美</td>
		<td>タカタ フユミ</td>
	</tr>
	<tr>
		<td>0005</td>
		<td>内高 友之</td>
		<td>ウチタカ トモユキ</td>
	</tr>
</tbody>
</table>
<div id="result"></div>
<script>
$("#tableinput_action").on("click", function(){
	$("#target_table")
		.tableinput({ "inputwidth": "180px", "maxlength": 50, "col": 1, "class": "inputtd", "inputclass": "tableinput" })
		.tableinput({ "inputwidth": "180px", "maxlength": 50, "col": 2, "class": "inputtd", "inputclass": "tableinput" })
	;

	$(this).prop("disabled", true );
	$("#tableinput_check").prop("disabled", false );
});

$("#tableinput_check").on("click", function(){

	var text = "";
	$("#target_table").tableinputEach(function(i,row){

		// 1行目を処理しない
		if ( i == 0 ) {
			return;
		}

		// row は、td のコレクション
		var td1 = row.eq(1);
		var td2 = row.eq(2);

		// データが変更されていた場合
		if ( td1.data("change") || td2.data("change") ) {

			text +=  i + " : " + td1.text() + " : " + td2.text();
			text +=  " / 元データ : " + td1.data("text") + " : " + td2.data("text") + "<br>";

		}

	});

	$("#result").html(text);

});
</script>

tableinput.js のコード

$.fn.extend({
	tableinput : function(option){

		option = option || { "rowstart":1, "col": 0 };
		if ( typeof option.rowstart ===  'undefined' ) {
			option.rowstart = 1;
		}
		if ( typeof option.col ===  'undefined' ) {
			option.col = 0;
		}

		this.data("tableinput_option_" + option.col, option);

		this.find("tr").each(function(i){

			if ( i < option.rowstart ) {
				return;
			}

			var td = $(this).find("td").eq(option.col);
			if ( typeof option.class !==  'undefined' ) {
				td.addClass( option.class );
			}

			var text = td.text();
			td.data("text", text );

			td.on("click", function(){
				if ( $(this).data("input") != "use" ) {
					// 入力切替えフラグ
					$(this).data("input", "use" );
					// 入力内容
					var text_now = $(this).text();
					// TD の表示を消去
					$(this).text("");
					// 入力を追加
					var input = $("<input>")
							.appendTo($(this)) // TD に追加
							.val(text_now) // テキストセット
							.focus() // フォーカスセット
							// focusout で元に戻す
							.on( "focusout", function(){
								// 現在の入力
								var text = $(this).val();
								// 親 TD
								var td = $(this).parent();
								// データが変更されていたら『変更フラグ』をセット
								if ( text != td.data("text") ) {
									td.data("change", "yes");
								}
								else {
									td.data("change", "");
								}
								// TD に値を戻して 切替えフラグを消去
								td
									.append(text)
									.data("input", "" );
								// INPUT を削除
								$(this).remove();
							});
					if ( typeof option.inputwidth !==  'undefined' ) {
						input.css("width", option.inputwidth );
					}
					if ( typeof option.maxlength !==  'undefined' ) {
						input.prop("maxlength", option.maxlength );
					}
					if ( typeof option.inputclass !==  'undefined' ) {
						input.addClass( option.inputclass );
					}

				}
			});
		});
		// 自分自身を返す
		return this;
	},
	tableinputEach : function(func){

		this.find("tr").each(function(i){

			func(i,$(this).find("td"));

		});

	}
});



関連する記事

テーブルのTDをクリックしたら、INPUT で値を変更可能にして、元の値と違うものにはフラグを立てる処理を絵で書いて説明してみました





posted by lightbox at 2017-10-29 14:03 | プラグイン作成(jQuery) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月27日


スマホとPC で別の処理を記述できる jQuery のストリートビュープラグイン

スマホ対応をする為 userAgent の文字列を内部で使用していますが、StreetViewOnSh メソッドと StreetViewOnPc メソッドの引数としても再度渡しています。さらに、StreetView メソッドで作成した StreetViewPanorama クラスのインスタンスも引数として渡しているので、未実装の処理も追加で簡単に記述できます 
<script src="//ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/2.1.4/jquery.min.js"></script>
<script src="https://maps.googleapis.com/maps/api/js?v=3.exp&sensor=false"></script>
<script>
$.fn.extend({
	StreetView : function(a,b){
		var pos = new google.maps.LatLng(a,b);
		// jQuery オブジェクトに StreetViewPanorama をセット(後で使用します)
		this
			.data( "pano", 
				new google.maps.StreetViewPanorama(
					this[0],
					{ position: pos }
				)
			);
		// プラグインの戻り値の無い処理の標準仕様として自分自身を返す
		return this;
	},
	// 向き	と 上下 の値をセットします
	StreetViewPov : function(a,b){
		var pov = {
			heading: a,  
			pitch: b 
		}
		// jQuery オブジェクトにセットした StreetViewPanorama を使用しています
		this.data( "pano" ).setPov(pov);
		// プラグインの戻り値の無い処理の標準仕様として自分自身を返す
		return this;
	}, 
	// 拡大率をセットします( 0 〜 5 / 小数以下あり )
	StreetViewZoom : function(a){
		// jQuery オブジェクトにセットした StreetViewPanorama を使用しています
		this.data( "pano" ).setZoom(a);
		// プラグインの戻り値の無い処理の標準仕様として自分自身を返す
		return this;
	},
	StreetViewOptions( a ) {
		// jQuery オブジェクトにセットした StreetViewPanorama を使用しています
		$( this ).data( "pano" ).setOptions(a);
		// プラグインの戻り値の無い処理の標準仕様として自分自身を返す
		return this;
	},
	StreetViewOnSh: function( callback ) {
		var ua = navigator.userAgent.toLowerCase();
		if ( ua.indexOf("iphone") > -1 || ua.indexOf("android") > -1 ) {
			(callback.bind(this,ua,this.data( "pano" )))();
		}
		return this;
	},
	StreetViewOnPc: function( callback ) {
		var ua = navigator.userAgent.toLowerCase();
		if ( ua.indexOf("iphone") <= -1 && ua.indexOf("android") <= -1 ) {
			(callback.bind(this,ua,this.data( "pano" )))();
		}
		return this;
	}
	

});

$(function(){
	$('#pano_40671578')
	.StreetView(40.671578,-73.962557)
	.StreetViewPov(-128,10)
	.StreetViewOnPc( function(userAgent,StreetViewPanorama){
		// PC の場合の処理
		this.css("width","600px");
		this.css("height","400px");

		// 追加のブラウザ判定に使用する
		console.log(userAgent);
		// 実装していない処理は、直接実行
		console.log(StreetViewPanorama.getPov())
	})
	.StreetViewOnSh( function(userAgent,StreetViewPanorama){
		// スマホ の場合の処理
		this.css("cssText","width:290px!important;height:290px!important");
		this.StreetViewZoom(2.5);

		// 追加のブラウザ判定に使用する
		console.log(userAgent);
		// 実装していない処理は、直接実行
		console.log(StreetViewPanorama.getZoom())
	})
	;

	// PC と スマホ 共通な場合
	$('#pano_40671578_b')
	.StreetView(40.671578,-73.962557)
	.StreetViewPov(-106.13,8.69)
	.StreetViewZoom(2.65)
	.StreetViewOptions({
		/* addressControl: false, */
		/* zoomControl: false, */
		/* panControl: false, */
		scrollwheel: false,
		disableDefaultUI: true
	})
	.css("width","600px")
	.css("height","480px")
	.css("margin-top","10px")
	;

});
</script>
<div id="pano_40671578"></div>
<div id="pano_40671578_b"></div>
スマホの処理として、表示サイズを強制的に変更する為に important を使用していますが、これは jQuery で important 設定する方法としてかなり前から公開されているもので、一度に全ての設定を行う必要があります。
	$('#pano_40671578')
	.StreetView(40.671578,-73.962557)
	.StreetViewPov(-128,10)
	.StreetViewOnPc( function(userAgent,StreetViewPanorama){
		// PC の場合の処理
		this.css("width","600px");
		this.css("height","400px");

		// 追加のブラウザ判定に使用する
		console.log(userAgent);
		// 実装していない処理は、直接実行
		console.log(StreetViewPanorama.getPov())
	})
	.StreetViewOnSh( function(userAgent,StreetViewPanorama){
		// スマホ の場合の処理
		this.css("cssText","width:290px!important;height:290px!important");
		this.StreetViewZoom(2.5);

		// 追加のブラウザ判定に使用する
		console.log(userAgent);
		// 実装していない処理は、直接実行
		console.log(StreetViewPanorama.getZoom())
	})
	;
実際問題スマホの環境では、さらに考慮すべき事項や、複雑なサイト環境によっては IFRAME を使わざるを得ない場合があり、簡単に行くとはかぎりませんが、場合を確実に分けて記述できるメリットはあると思います。


関連する記事
jQuery のプラグインとしてストリートビューを利用する

(callback.bind(this))(); で、無名 function で使用される this に this を引き継ぐ




posted by lightbox at 2015-07-27 15:08 | プラグイン作成(jQuery) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月23日


jQuery のプラグインとしてストリートビューを利用する

とにかく、ストリートビューは何かと面倒な事が多いので、jQuery の簡潔さでどの程度表現できるかやってみました。
<script src="//ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/2.1.4/jquery.min.js"></script>
<script src="https://maps.googleapis.com/maps/api/js?v=3.exp&sensor=false"></script>
<script>
$.fn.extend({
	StreetView : function(a,b){
		var pos = new google.maps.LatLng(a,b);
		// jQuery オブジェクトに StreetViewPanorama をセット(後で使用します)
		$( this )
			.data( "pano", 
				new google.maps.StreetViewPanorama(
					$(this)[0],
					{ position: pos }
				)
			);
		// プラグインの戻り値の無い処理の標準仕様として自分自身を返す
		return this;
	},
	// 向き	と 上下 の値をセットします
	StreetViewPov : function(a,b){
		var pov = {
			heading: a,  
			pitch: b 
		}
		// jQuery オブジェクトにセットした StreetViewPanorama を使用しています
		$( this ).data( "pano" ).setPov(pov);
		// プラグインの戻り値の無い処理の標準仕様として自分自身を返す
		return this;
	}, 
	// 拡大率をセットします( 0 〜 5 / 小数以下あり )
	StreetViewZoom : function(a){
		// jQuery オブジェクトにセットした StreetViewPanorama を使用しています
		$( this ).data( "pano" ).setZoom(a);
		// プラグインの戻り値の無い処理の標準仕様として自分自身を返す
		return this;
	},
	StreetViewOptions( a ) {
		// jQuery オブジェクトにセットした StreetViewPanorama を使用しています
		$( this ).data( "pano" ).setOptions(a);
		// プラグインの戻り値の無い処理の標準仕様として自分自身を返す
		return this;
	}
});

$(function(){
	$('#pano1')
	.StreetView(40.671578,-73.962557)
	.StreetViewPov(-128,10)
	.css("width","600px")
	.css("height","400px")
	.css("margin-bottom","10px")

	$('#pano2')
	.StreetView(40.671578,-73.962557)
	.StreetViewPov(-106.13,8.69)
	.StreetViewZoom(2.65)
	.StreetViewOptions({
		/* addressControl: false, */
		/* zoomControl: false, */
		/* panControl: false, */
		scrollwheel: false,
		disableDefaultUI: true
	})
	.css("width","600px")
	.css("height","480px")
;

});
</script>
<div id="pano1"></div>
<div id="pano2"></div>
Google のサンプルはやたらと、オプションを一括で渡したがるので、とても解りにくいと思っていましたし、固定的で汎用性が無いかもしれませんが、これで十分なのでこのほうがいいかもしれません。
▼ ストリートビュー上のコントロールを排除して、マウスホイールによるズームを出来ないようにしています。
StreetViewOptions メソッドは、使用可能なオプションを後から設定しますが、ここで試しているようにいろいろな UI をキャンセルする場合に使用します。

heading と pitch と zoom は、こちらで動かしながら取得できます。画像だけで良い場合もこちらで URL を取得できます( 最後に設定変更ボタン )。




Google の API リファレンス

StreetViewPanorama class
Google Street View Image API
StreetViewPanoramaOptions



posted by lightbox at 2015-07-23 15:32 | プラグイン作成(jQuery) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します
container 終わり

フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

CSS ドロップシャドウの参考デモ
BUTTONS (CSS でボタン)
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり