SQLの窓

2019年02月13日


Windows ロゴキーを使ったショートカットの覚える優先順位



E xplorer
R un
S earch
D esktop

I : Windows の設定







画面の一部のスクリーン ショットを撮影する
※ ドラッグでデスクトップを切り取り



Windows ロゴ キー + Pause

コンピュータのプロパティを開く






Microsoft ドキュメント

Windows のキーボード ショートカット




posted by lightbox at 2019-02-13 14:20 | Windows10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月15日


Explorer.exe で呼び出すフォルダの一覧を取得する / VBScript で HTML に table で書きだす / この記事では table のパスをクリップボードにコピーできます。



例えば、「既定のプログラム」を呼び出すには以下のように指定します。
( REM はバッチファイルのコメントです。行をあける為にだけ使用しています )

▼ こちらでは、コマンドライン全てをコピーできます
Explorer.exe のコマンドライン を使用して CLSID で特殊フォルダを開く

REM
REM
REM
explorer ::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{17CD9488-1228-4B2F-88CE-4298E93E0966}

この場合の「::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{17CD9488-1228-4B2F-88CE-4298E93E0966}」
は get_shell_folder.zip 内の get_control_info_0.wsf で取得できます。

または、エクスプローラのアドレスに直接入力でも殆どが実行できます。

1) get_control_info_0.wsf

▼ パス部分をクリックするとクリップボヘードへコピーします
名称 タイプ パス
1 電源オプション ::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{025A5937-A6BE-4686-A844-36FE4BEC8B6D}
2 NVIDIA コントロール パネル ::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{0BBCA823-E77D-419E-9A44-5ADEC2C8EEB0}
3 タスク バーとナビゲーション ::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{0DF44EAA-FF21-4412-828E-260A8728E7F1}
4 資格情報マネージャー ::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{1206F5F1-0569-412C-8FEC-3204630DFB70}
5 既定のプログラム ::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{17CD9488-1228-4B2F-88CE-4298E93E0966}
6 RemoteApp とデスクトップ接続 ::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{241D7C96-F8BF-4F85-B01F-E2B043341A4B}
7 Windows Defender ファイアウォール ::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{4026492F-2F69-46B8-B9BF-5654FC07E423}
8 電話とモデム ::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{40419485-C444-4567-851A-2DD7BFA1684D}
9 音声認識 ::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{58E3C745-D971-4081-9034-86E34B30836A}
10 ユーザー アカウント ::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{60632754-C523-4B62-B45C-4172DA012619}
11 地域 ::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{62D8ED13-C9D0-4CE8-A914-47DD628FB1B0}
12 マウス ::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{6C8EEC18-8D75-41B2-A177-8831D59D2D50}
13 エクスプローラーのオプション ::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{6DFD7C5C-2451-11D3-A299-00C04F8EF6AF}
14 キーボード ::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{725BE8F7-668E-4C7B-8F90-46BDB0936430}
15 デバイス マネージャー ::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{74246BFC-4C96-11D0-ABEF-0020AF6B0B7A}
16 プログラムと機能 ::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{7B81BE6A-CE2B-4676-A29E-EB907A5126C5}
17 インデックスのオプション ::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{87D66A43-7B11-4A28-9811-C86EE395ACF7}
18 Windows To Go ::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{8E0C279D-0BD1-43C3-9EBD-31C3DC5B8A77}
19 ネットワークと共有センター ::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{8E908FC9-BECC-40F6-915B-F4CA0E70D03D}
20 記憶域 ::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{F942C606-0914-47AB-BE56-1321B8035096}
21 自動再生 ::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{9C60DE1E-E5FC-40F4-A487-460851A8D915}
22 同期センター ::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{9C73F5E5-7AE7-4E32-A8E8-8D23B85255BF}
23 回復 ::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{9FE63AFD-59CF-4419-9775-ABCC3849F861}
24 赤外線 ::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{A0275511-0E86-4ECA-97C2-ECD8F1221D08}
25 インターネット オプション ::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{A3DD4F92-658A-410F-84FD-6FBBBEF2FFFE}
26 デバイスとプリンター ::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{A8A91A66-3A7D-4424-8D24-04E180695C7A}
27 色の管理 ::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{B2C761C6-29BC-4F19-9251-E6195265BAF1}
28 バックアップと復元 (Windows 7) ::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{B98A2BEA-7D42-4558-8BD1-832F41BAC6FD}
29 システム ::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{BB06C0E4-D293-4F75-8A90-CB05B6477EEE}
30 セキュリティとメンテナンス ::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{BB64F8A7-BEE7-4E1A-AB8D-7D8273F7FDB6}
31 フォント ::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\フォント
32 トラブルシューティング ::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{C58C4893-3BE0-4B45-ABB5-A63E4B8C8651}
33 管理ツール C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Administrative Tools
34 コンピューターの簡単操作センター ::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{D555645E-D4F8-4C29-A827-D93C859C4F2A}
35 BitLocker ドライブ暗号化 ::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{D9EF8727-CAC2-4E60-809E-86F80A666C91}
36 日付と時刻 ::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{E2E7934B-DCE5-43C4-9576-7FE4F75E7480}
37 ワーク フォルダー ::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{ECDB0924-4208-451E-8EE0-373C0956DE16}
38 サウンド ::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{F2DDFC82-8F12-4CDD-B7DC-D4FE1425AA4D}
39 ファイル履歴 ::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{F6B6E965-E9B2-444B-9286-10C9152EDBC5}

get_desktop_info.wsf
<JOB>
<SCRIPT language="VBScript">
bFlg = True

' 必要なオブジェクト
Set Fs = CreateObject( "Scripting.FileSystemObject" )
Set WshShell = CreateObject( "WScript.Shell" )
Set Shell = CreateObject( "Shell.Application" )

' ファイル
strPath = "Desktop_info.htm"
Set OutFile = Fs.OpenTextFile( strPath, 2, True )

' HTML 骨格部分
OutFile.WriteLine "<HTML><HEAD><TITLE>ProcessList</TITLE>"
OutFile.WriteLine "<META http-equiv=""Content-Type"" content=""text/html; charset=shift_jis"">"
OutFile.WriteLine "<STYLE type=""text/css"">* { font-size:12px;}</STYLE>"
OutFile.WriteLine "</HEAD><BODY>"
OutFile.WriteLine "<TABLE>"
OutFile.WriteLine "<TR>"

OutFile.WriteLine "<TH style='background-color:gray;color:white' nowrap></TH>"
OutFile.WriteLine "<TH style='background-color:gray;color:white' nowrap>名称</TH>"
OutFile.WriteLine "<TH style='background-color:gray;color:white' nowrap>タイプ</TH>"
OutFile.WriteLine "<TH style='background-color:gray;color:white' nowrap>パス</TH>"
if bFlg then
	OutFile.WriteLine "<TH style='background-color:gray;color:white' nowrap>説明</TH>"
end if

OutFile.WriteLine "</TR>"

' デスクトップ
Set objFolder = Shell.NameSpace( 0 )
' アイテムコレクション
Set objFolderItems = objFolder.Items()

' HTML データ部分
nCnt = 0
For Each item in objFolderItems 
	OutFile.WriteLine "<TR>"
	strCss = ""
	if nCnt Mod 2 = 0 then
		strCss = "style='background-color:#D0D0D0;'"
	end if

	' 連番
	OutFile.WriteLine "<TD nowrap " & strCss & "><B>" & (nCnt + 1) & "</b></TD>"

	' 詳細データ
	OutFile.WriteLine "<TD nowrap " & strCss & "><B>" & objFolder.GetDetailsOf(item, 0)  & "</b></TD>"
	OutFile.WriteLine "<TD nowrap " & strCss & ">" & objFolder.GetDetailsOf(item, 2)  & "</TD>"
	OutFile.WriteLine "<TD nowrap " & strCss & ">" & item.Path  & "</TD>"

if bFlg then
	on error resume next
	OutFile.WriteLine "<TD nowrap " & strCss & ">" & objFolder.GetDetailsOf(item, -1)  & "</TD>"
	if Err.Number <> 0 then
		OutFile.WriteLine "<TD nowrap " & strCss & "></TD>"
	end if
	on error goto 0
end if

	OutFile.WriteLine "</TR>"
	nCnt = nCnt + 1
Next 

OutFile.WriteLine "</TABLE></BODY></HTML>"
OutFile.Close

WshShell.Run( "RunDLL32.EXE shell32.dll,ShellExec_RunDLL """ & _
	WshShell.CurrentDirectory & "\" & strPath & """" )
</SCRIPT>
</JOB>


get_control_info_0.wsf
<JOB>
<SCRIPT language="VBScript">
bFlg = False

' 必要なオブジェクト
Set Fs = CreateObject( "Scripting.FileSystemObject" )
Set WshShell = CreateObject( "WScript.Shell" )
Set Shell = CreateObject( "Shell.Application" )

' ファイル
strPath = "Control_info_0.htm"
Set OutFile = Fs.OpenTextFile( strPath, 2, True )

' HTML 骨格部分
OutFile.WriteLine "<HTML><HEAD><TITLE>ProcessList</TITLE>"
OutFile.WriteLine "<META http-equiv=""Content-Type"" content=""text/html; charset=shift_jis"">"
OutFile.WriteLine "<STYLE type=""text/css"">* { font-size:12px;}</STYLE>"
OutFile.WriteLine "</HEAD><BODY>"
OutFile.WriteLine "<TABLE>"
OutFile.WriteLine "<TR>"

OutFile.WriteLine "<TH style='background-color:gray;color:white' nowrap></TH>"
OutFile.WriteLine "<TH style='background-color:gray;color:white' nowrap>名称</TH>"
OutFile.WriteLine "<TH style='background-color:gray;color:white' nowrap>タイプ</TH>"
OutFile.WriteLine "<TH style='background-color:gray;color:white' nowrap>パス</TH>"
if bFlg then
	OutFile.WriteLine "<TH style='background-color:gray;color:white' nowrap>説明</TH>"
end if

OutFile.WriteLine "</TR>"

' コントロールパネル
Set objFolder = Shell.NameSpace( "::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0" )

' アイテムコレクション
Set objFolderItems = objFolder.Items()

' HTML データ部分
nCnt = 0
For Each item in objFolderItems 
	OutFile.WriteLine "<TR>"
	strCss = ""
	if nCnt Mod 2 = 0 then
		strCss = "style='background-color:#D0D0D0;'"
	end if

	' 連番
	OutFile.WriteLine "<TD nowrap " & strCss & "><B>" & (nCnt + 1) & "</b></TD>"

	' 詳細データ
	OutFile.WriteLine "<TD nowrap " & strCss & "><B>" & objFolder.GetDetailsOf(item, 0)  & "</b></TD>"
	OutFile.WriteLine "<TD nowrap " & strCss & ">" & objFolder.GetDetailsOf(item, 2)  & "</TD>"
	OutFile.WriteLine "<TD nowrap " & strCss & ">" & item.Path  & "</TD>"
if bFlg then
	on error resume next
	OutFile.WriteLine "<TD nowrap " & strCss & ">" & objFolder.GetDetailsOf(item, -1)  & "</TD>"
	if Err.Number <> 0 then
		OutFile.WriteLine "<TD nowrap " & strCss & "></TD>"
	end if
	on error goto 0
end if

	OutFile.WriteLine "</TR>"
	nCnt = nCnt + 1
Next 

OutFile.WriteLine "</TABLE></BODY></HTML>"
OutFile.Close

WshShell.Run( "RunDLL32.EXE shell32.dll,ShellExec_RunDLL """ & WshShell.CurrentDirectory & "\" & strPath & """" )
</SCRIPT>
</JOB>



タグ:Windows7
posted by lightbox at 2019-01-15 16:10 | Windows10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月09日


タスクスケジューラの使用方法(schtasks.exe と taskschd.msc) : /IT という正しい説明がされていないオプションの使用方法

タスクスケジューラは、UI から登録するとそんなに問題はありませんが、schtasks.exe を使用してデスクトップと対話させるタスクを起動する場合は注意が必要です。



task_test : テスト用タスクを登録するコマンド
SCHTASKS /Create /RU ログインユーザ /RP パスワード /SC MINUTE /TN task_test /IT /TR "C:\user\bat\open_cmd.bat"
schtasks /Create /? で表示されるオプションの指定方法には、/IT というものがあります。
ジョブの実行時に /RU ユーザーが現在ログオンしている場合にのみ、タスクが対話的に実行されるようにします。このタスクは、ユーザーがログインしている場合にのみ実行します。
とありますが、登録直後は『ユーザーがログオンしているかどうかにかかわらず』に設定されています。さらに、登録時には以下のメッセージが表示されます。
警告: タスクは登録されていますが、指定されたすべてのトリガーがこのタスクを開始するわけではありません。詳細については、タスク スケジューラのイベント ログを確認してください。
/IT を指定しない場合は、バッチ処理として正常に登録されてすぐに処理がスケジュールされますが、/IT を指定した場合は処理そのものが実行されずに『不思議な待機状態』になっています。 そこで、ユーザにログオンしている時のみ実行するに変更 そうすると、スケジュールどおりに実行を開始します。 但し、この登録では /SC MINUTE で『1分ごとに無期限に繰り返す』ので、1分後に再びコマンドプロンプトを開こうとするのですが、前のタスクが終わって無い場合はコマンドプロンプトは開きません つまり、このタスクは『1分毎にチェックして、もしコマンドプロンプトが無かったらコマンドプロンプトを開く』というタスクになった事になります open_cmd.bat
cd \ & cd %temp% & cmd /k
いずれにしても、削除は UI ( ファイル名を指定して実行から taskschd.msc ) から行うといいですし、登録だけ /IT でコマンドでしておいて、後から UI で適宜変更するといいと思います。
posted by lightbox at 2018-06-09 20:47 | Windows10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月26日


IIS10 を AppCmd.exe を使用して運用する

環境
OS : Windows10 : Windows NT 10.0; Win64; x64
IIS : Microsoft-IIS/10.0
PHP : 5.6.36 : VC11 x86 Non Thread Safe
※ appcmd.exe は C:\Windows\System32\inetsrv にあります ( インターネット インフォメーション サービス (IIS) マネージャー のショートカットのリンク先の InetMgr.exe と同じ場所 ) IIS の基本設定 Windows10 IIS の設定 php.ini の設定として重要なのは、最初は以下の3つです。
cgi.force_redirect = 0
date.timezone = Asia/Tokyo
error_reporting = E_ALL & ~E_NOTICE & ~E_STRICT

php.ini の内容を確認する為に、info.php を作成して以下のようにします。
<?php
phpinfo();
?>

php.ini を変更して appcmd.exe で反映させる

▼ php.ini の変更は、アプリケーションプールの『リサイクル』を実行する必要があります


これを appcmd.exe で実行するには以下のようなバッチファイルで可能です。
※ 管理者権限で実行する必要があります
setlocal

@path=%path%;C:\Windows\System32\inetsrv

appcmd recycle APPPOOL "DefaultAppPool"

endlocal


オプションで変更した php.ini の内容
default_charset = "shift_jis"
short_open_tag = On
include_path = ".;c:\php\includes"
extension_dir = "ext"
allow_url_include = On
extension=php_com_dotnet.dll
extension=php_curl.dll
extension=php_fileinfo.dll
extension=php_gd2.dll
extension=php_mbstring.dll
extension=php_exif.dll
extension=php_mysql.dll
extension=php_mysqli.dll
extension=php_openssl.dll
extension=php_sqlite3.dll
sendmail_path = "C:\pleiades\xampp\sendmail\sendmail.exe"
session.gc_maxlifetime = 5400

appcmd.exe で アプリケーションの追加

新しいPCに保存しておいた環境を構築する場合、一括で作成できます
※ 管理者権限で実行する必要があります
setlocal

@path=%path%;C:\Windows\System32\inetsrv

appcmd add APP /site.name:"Default Web Site" /path:/ab /physicalPath:"C:\user\lightbox\web\system\webhost\ab"
appcmd add APP /site.name:"Default Web Site" /path:/ad /physicalPath:"C:\user\lightbox\web\system\webhost\ad"
appcmd add APP /site.name:"Default Web Site" /path:/admin /physicalPath:"C:\user\lightbox\web\system\webhost\admin"
appcmd add APP /site.name:"Default Web Site" /path:/misc /physicalPath:"C:\user\lightbox\web\system\webhost\misc"

endlocal


その他の appcmd.exe での処理
▼ 停止
appcmd stop SITE "Default Web Site"

▼ 開始
appcmd start SITE "Default Web Site"

▼ ディリクトリの参照を可能にする
appcmd set config "Default Web Site" -section:system.webServer/directoryBrowse /enabled:"True"

参考記事( Microsoft TechNet ) AppCmd.exe の使用の開始 ディレクトリの参照
posted by lightbox at 2018-05-26 21:15 | Windows10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月20日


キーボードに触るとWindows10 が起動する。シャットダウンしたのに勝手に電源が入った上に立ち上がらない。

マイクロソフト コミュニティで普通に対処方法を発見。質問者さんは、『ネコが起動させてしまう』とおっしゃってて印象に残りました。
デバイスマネージャーからキーボードのプロパティを開いて

「電源の管理」タブのチェックを全部外してみてください。
で、今日は職場の PC で、シャットダウンしたのにもかかわらず、 PC が起動を続けて DHCP がなんとかっていう英文が出てキャラクタがくるくる回って起動しないという状況。いったん、電源コードを抜いて完全に終了させてから立ち上げると正常に動くので、この時点で WEB で調べてみると、LAN カードの Wake on 関連の設定を OFF にしろという事でした。 ▼ これは自宅のものですが、同じプロパティがありました OFF にしたら治ったみたいです。 結論 Windows10 はロクでもない。
posted by lightbox at 2018-04-20 19:29 | Windows10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月11日


Windows10(Pro) でグループポリシーエディタを実行して、Cortana を無効にする(許可しない)

グループポリシーエディタは、『ファイル名を指定して実行』から『Gpedit.msc』で実行できますが、エクスプローラの PC のプロパティでコントロールパネルウインドウを表示して、右上のフィールドで『グループ』と入力して検索します。



そうすると、『管理ツール』の下に『グループポリシーエディタ』へのリンクが現れます。



これをクリックして実行して以下のポリシーで、Cortana を許可しない設定にします。( Cortana を許可するを無効にする )







posted by lightbox at 2018-03-11 01:26 | Windows10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します
container 終わり

フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

CSS ドロップシャドウの参考デモ
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり