SQLの窓

2018年07月31日


HTA (または IE11) で フォルダ選択ダイアログからフォルダとファイルの一覧


IE11 での実行には設定が必要です => HTA(HTMLアプリケーション) のコードを html として IE11 でデバッグする方法
※ newObject 関数は、hta.js で定義しています。 ▼ BrowseForFolder メソッド
var objFolder = objShell.BrowseForFolder( 0, "フォルダ選択", 1, 0 );
フォルダ参照 第1引数は、本来はウインドウハンドルを渡すものですが、こでは 0 を設定します。 第2引数は、タイトルの下に表示される文字列です。 第3引数は、BROWSEINFO structure の ulFlags の内容ですが実際はここに書いてある通りになはならないので試してみる他ありません。ここでは、1 を渡しており、意味は( Only return file system directories. If the user selects folders that are not part of the file system, the OK button is grayed ) です。=> ファイルシステム以外だと OK ボタンが 灰色になって使用できません 第4引数は、ShellSpecialFolderConstants のフォルダを渡して、そのフォルダを一番上のフォルダにします。=> ここでは、0 なのでデスクトップです。 一覧作成 フォルダオブジェクトを取得して、Items メソッドで下位のファイルとフォルダのコレクション( FolderItems オブジェクト )を取得します。 さらに、FolderItems オブジェクト の Item メソッドFolderItem オブジェクトを取得します。 IsFolder プロパティName プロパティを使用して一覧を作成します Name プロパティは、配列にセットして sort メソッドでソートしてから、区切りとルートフォルダのパスをセットしてテーブル要素に表示します Self プロパティは 仕様上は Folder2 オブジェクトとなります ▼ HTA(HTML アプリケーション) : pcname-from-stdout.hta ▼ IE11 : pcname-from-stdout.html
<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<meta http-equiv="x-ua-compatible" content="ie=edge" />
<script src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/3.3.1/jquery.min.js"></script>
<link rel="stylesheet" href="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/twitter-bootstrap/4.1.1/css/bootstrap.css" />
<link rel="stylesheet" href="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jqueryui/1.12.1/themes/smoothness/jquery-ui.css">
<script src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jqueryui/1.12.1/jquery-ui.min.js"></script>

<script src="https://winofsql.jp/hta.js"></script>

<script>

	// ウインドウの位置とサイズ
	centerWindow( 1100, 600 );

	// Windows Shaell
	var objShell = newObject("Shell.Application");

	$(function(){
	
		// ***************************
		// ボタン表示位置微調整
		// ***************************
		$( ".btn" ).css({
			"margin-top": "-4px"
		});
	
		// ***************************
		// フォルダの選択後
		// フォルダ内の一覧
		// ***************************
		$("#act1").on("click", function(){

			// 1:0固定, 2:タイトル, 3:ファイルシステムのみ, 4:ルートがデスクトップ
			var objFolder = objShell.BrowseForFolder( 0, "フォルダ選択", 1, 0 );
			if ( objFolder == null ) {
				alert("フォルダの選択がキャンセルされました");
				return;
			}
			if ( !objFolder.Self.IsFileSystem ) {
				alert("ファイルシステムではありません");
				return;
			}
			
			var objFolderItems = objFolder.Items();
			
			var arrData = [];

			var nFiles = objFolderItems.Count;
			for( i = 0; i < nFiles; i++ ) {
				var objItem = objFolderItems.Item(i)
				if ( objItem.isFolder ) {
					arrData.push( " [" + objItem.Name +"]" );
				}
				else {
					arrData.push( objItem.Name );
				}
			}

			arrData.sort();
			arrData.unshift("-------------------------------------------------------------");
			arrData.unshift(objFolder.Self.Path);
			
			loadTable( arrData );

		});

	});

</script>

<style>
html,body {
	height: 100%;
}

body {
	margin: 0;
}

/* ブロックを左右に表示  */
.ttl {
	display: inline-block;
	width: 120px;
	vertical-align: top;
}
.entry {
	display: inline-block;
}
.line {
	margin-bottom: 0;
}

#head {
	padding: 16px;
}

/* IFRAMEコントロール用  */
#head {
	padding: 16px;
	width: 100%;
	height: 120px;
	background-color: #e0e0e0;
}
#extend {
	padding: 4px 16px;
	display: block;
	margin-left: auto;
	margin-right: auto;
	width: calc( 100% - 3px );
	height: calc( 100% - 120px - 2px );
	border: solid 2px #c0c0c0;
	overflow: scroll;
}
.row_data td {
	cursor: default!important;
}

</style>

</head>
<body>
<div id="head">

	<p class="ttl">
		処理
	</p>
	<p class="entry">

		<input
			id="act1"
			class="ml-4 btn btn-outline-primary"
			type="button"
			value="フォルダ選択(Shell.Application)">

	</p>
	<p class="line"></p>

	<h4 class="text-danger"></h4>

</div>
<div id="extend">
	<table class="table table-hover">
		<tbody id="tbl">
		</tbody>
	</table>
<br>
</div>

</body>
</html>


hta.js




posted by lightbox at 2018-07-31 20:03 | HTA ( HTMLアプリケーション ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月28日


HTA (または IE11) で hostname を実行して標準出力からPC名の取得


IE11 での実行には設定が必要です => HTA(HTMLアプリケーション) のコードを html として IE11 でデバッグする方法
コマンドプロンプトベースのアプリケーションを実行するので、一瞬コマンドプロンプトが現れます。その後、コマンドプロンプトに表示された内容を取得する方法です。 ※ StdOut は、TextStream オブジェクトのメソッドで処理に該当するものが使えます。 ※ WshScriptExec オブジェクト ▼ HTA(HTML アプリケーション) : pcname-from-stdout.hta ▼ IE11 : pcname-from-stdout.html
<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<meta http-equiv="x-ua-compatible" content="ie=edge" />
<script src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/3.3.1/jquery.min.js"></script>
<link rel="stylesheet" href="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/twitter-bootstrap/4.1.1/css/bootstrap.css" />
<link rel="stylesheet" href="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jqueryui/1.12.1/themes/smoothness/jquery-ui.css">
<script src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jqueryui/1.12.1/jquery-ui.min.js"></script>

<script src="hta.js"></script>

<script>

	// ウインドウの位置とサイズ
	centerWindow( 1100, 600 );

	// WSH 標準
	var WshShell = newObject("WScript.Shell");

	$(function(){
	
		// ***************************
		// ボタン表示位置微調整
		// ***************************
		$( ".btn" ).css({
			"margin-top": "-4px"
		});
	
		// ***************************
		// hostname を実行して
		// 結果を取得する
		// ***************************
		$("#act1").on("click", function(){

			var oExec = WshShell.Exec("hostname");
			var str = "";
			str += oExec.StdOut.ReadAll();

			var arrData = [ str ];
			loadTable( arrData );

		});


	});

</script>

<style>
html,body {
	height: 100%;
}

body {
	margin: 0;
}

/* ブロックを左右に表示  */
.ttl {
	display: inline-block;
	width: 120px;
	vertical-align: top;
}
.entry {
	display: inline-block;
}
.line {
	margin-bottom: 0;
}

#head {
	padding: 16px;
}

/* IFRAMEコントロール用  */
#head {
	padding: 16px;
	width: 100%;
	height: 120px;
	background-color: #e0e0e0;
}
#extend {
	padding: 4px 16px;
	display: block;
	margin-left: auto;
	margin-right: auto;
	width: calc( 100% - 3px );
	height: calc( 100% - 120px - 2px );
	border: solid 2px #c0c0c0;
	overflow: scroll;
}
.row_data td {
	cursor: default!important;
}

</style>

</head>
<body>
<div id="head">

	<p class="ttl">
		処理
	</p>
	<p class="entry">

		<input
			id="act1"
			class="ml-4 btn btn-outline-primary"
			type="button"
			value="hostname を実行して標準出力からPC名の取得">

	</p>
	<p class="line"></p>

	<h4 class="text-danger"></h4>

</div>
<div id="extend">
	<table class="table table-hover">
		<tbody id="tbl">
		</tbody>
	</table>
<br>
</div>

</body>
</html>


hta.js
// *************************************
// ウインドウの位置とサイズ
// *************************************
function baseWindow( x, y, w, h ) {

	top.moveTo( x, y );
	top.resizeTo( w, h );

}

// *************************************
// デスクトップ中央
// *************************************
function centerWindow( w, h ) {

	// ウインドウの位置とサイズ
	top.resizeTo( w, h );
	top.moveTo((screen.width-w)/2, (screen.height-h)/2 )

}

// *************************************
// CreateObject
// *************************************
function newObject( className ) {

	var obj;

	try {
		obj = new ActiveXObject( className );
	}
	catch (e) {
		obj = null;
	}

	return obj;

}

// *************************************
// テーブル作成
// *************************************
function loadTable( arrayData ) {

	var row_data = "";

	// テーブル表示リセット
	$("#tbl .row_data").remove();
	
	var len = arrayData.length;
	for( i = 0; i < len; i++ ) {
		row_data = $("<tr></tr>")
			.addClass("row_data")
			.appendTo( "#tbl" );

		$("<td></td>")
			.text(arrayData[i])
			.appendTo( row_data );
	
	}

}





posted by lightbox at 2018-07-28 22:28 | HTA ( HTMLアプリケーション ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月24日


HTA : 『x-frame-options: SAMEORIGIN』の設定されていないページの情報を IFRAME 内に表示して jQuery で取り出す / iframe内 参照と .clone() と .end()

レスポンスヘッダーに x-frame-options: SAMEORIGIN が設定されているとそのページは同一ドメインでないと IFRAME に読み込んで表示する事ができません。

さらに、x-frame-options: SAMEORIGIN が設定されていなくても、通常のブラウザであれば表示する事はできても、JavaScript でアクセスする事ができません。

IFRAME 内に x-frame-options: SAMEORIGIN の設定されていない WEB ページを表示してかつ、JavaScript で値を取り出せるのは HTA だけです。





<html>
<head>
<meta http-equiv="x-ua-compatible" content="ie=edge" />
<script src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/3.3.1/jquery.min.js"></script>
<link rel="stylesheet" href="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/twitter-bootstrap/4.1.1/css/bootstrap.css" />
<link rel="stylesheet" href="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jqueryui/1.12.1/themes/smoothness/jquery-ui.css">
<script src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jqueryui/1.12.1/jquery-ui.min.js"></script>

<script>
// *************************************
// デスクトップ中央
// *************************************
function centerWindow( w, h ) {

	// ウインドウの位置とサイズ
	top.resizeTo( w, h );
	top.moveTo((screen.width-w)/2, (screen.height-h)/2 )

}
</script>

<script>

	// ウインドウの位置とサイズ
	centerWindow( 860, 600 );

	// テーブルの行作成用
	var row_data = "";

	$(function(){

		// レジストリキーの値一覧
		$("#act").on("click", function(){
		
			var domdoc = $("iframe[name='extend']").get(0).contentWindow.document;

			$(domdoc).find("#datalist p").each( function(idx){
			
				row_data = $("<tr></tr>")
					.addClass("row_data")
					.appendTo( "#tbl" );

				// 複製を取得して複製内の span を削除して
				// .end() で参照を p_clone に戻す
				var p_clone = $(this).clone().find("span").remove().end();
				// 複製内の span を削除 
				
				// p 内にある span のテキスト
				$("<td></td>")
					.text($(this).find("span").text())
					.appendTo( row_data );

				// span が削除された p 内のテキスト
				$("<td></td>")
					.text(p_clone.text())
					.appendTo( row_data );

			});

		});

		// 再表示
		$("#view").on("click", function(){
			location.reload(true);
		});

		// IE のドキュメントモードを表示
		$("<div></div>")
			.text( document.documentMode )
			.css( { "float" : "right", "color": "#808080", "font-size": "8px" } )
			.insertBefore( $("p").eq(0) );
			

		// ボタン表示位置微調整
		$( ".btn" ).css({
			"margin-top": "-4px"
		});
			
		
	});

</script>

<style>
/* ブロックを左右に表示  */
.ttl {
	display: inline-block;
	width: 230px;
	vertical-align: top;
}
.entry {
	display: inline-block;
}
.line {
	margin-bottom: 0;
}

#head {
	padding: 16px;
}

/* DIV を Window 下部にフィット  */
html,body {
	height: 100%;
}

body {
	margin: 0;
}
#head {
	padding: 16px;
	width: 100%;
	height: 120px;
	background-color: #e0e0e0;
}
.extend {
	padding: 4px 16px;
	display: block;
	margin-left: auto;
	margin-right: auto;
	width: calc( 100% - 3px );
	height: calc( 100% - 120px - 2px );
	border: solid 2px #c0c0c0;
	overflow: scroll;
}

/* テーブルのカーソル用  */
.row_data td, .row_data th {
	cursor: default!important;
	white-space: pre;
}

</style>
</head>
<body>
<div id="head">

	<p class="ttl">
		外部IFRAMEの内容を取り出す
	</p>

	<p class="entry">
		<input
			id="act"
			class="ml-4 btn btn-outline-primary"
			type="button"
			value="一覧表示">

		<input
			class="ml-4 btn btn-info btn-sm"
			id="view"
			type="button"
			value="再表示">
	</p>
	<p class="line"></p>

	<h4 class="text-danger"></h4>

</div>
<div class="extend">
	<table class="table table-hover">
		<tbody id="tbl">
		</tbody>
	</table>
<br>
</div>

<iframe class="extend" name="extend" APPLICATION="yes" src="https://lightbox.sakura.ne.jp/demo/iframe_target.html"></iframe>

</body>
</html>


jQuery でテキストノードの文字列を取り出す

以下のような HTML では、テキスト がテキストノードにあたります。テキスト2 はテキストノードでは無いので、a に対するセレクタで取得できますが、テキストと同様の方法で取り出します。

参考 : [Javascript] jQueryでテキストノードを選択するにはどうすればよいですか?
<div id="datalist">
	<p><span>18/07/23</span>テキスト</p>
	<p><span>18/07/22</span>テキスト</p>
	<p><span>18/07/18</span>テキスト</p>
	<p><span>18/07/16</span><a href="URL">テキスト2</a></p>
	<p><span>18/07/15</span><a href="URL">テキスト2</a></p>
	<p><span>18/07/15</span><a href="URL">テキスト2</a></p>
</div></body>


IFRAME 内のドキュメント参照と .clone() と .end()

1) var domdoc = $("iframe[name='extend']").get(0).contentWindow.document で、DOM として IFRAME 内の document を取得します

2) テキストノードを取得する為に span を削除する必要があるので、clone() で同じものを作成してその中から span を削除します

3) 削除した段階で、参照が span に移行しているので、end() で一つ前に戻って、そこから text() でデータを取得します
var domdoc = $("iframe[name='extend']").get(0).contentWindow.document;

$(domdoc).find("#datalist p").each( function(idx){

	row_data = $("<tr></tr>")
		.addClass("row_data")
		.appendTo( "#tbl" );

	// 複製を取得して複製内の span を削除して
	// .end() で参照を p_clone に戻す
	var p_clone = $(this).clone().find("span").remove().end();
	// 複製内の span を削除 
	
	// p 内にある span のテキスト
	$("<td></td>")
		.text($(this).find("span").text())
		.appendTo( row_data );

	// span が削除された p 内のテキスト
	$("<td></td>")
		.text(p_clone.text())
		.appendTo( row_data );

});


WEB ページのデータを HTA で自動的に取得したい場合、x-frame-options: SAMEORIGIN がなければそのまま使えます。しかし、一般的には欲しいページをダウンロードしてローカルに置いて読み込めば全てのページのデータをある程度自動取得できます。




posted by lightbox at 2018-07-24 23:57 | HTA ( HTMLアプリケーション ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

HTA (HTMLアプリケーション) で JavaScript と VBScript を混在させる手法 / GetObject を VBScript 側で使用する



▼ HTA


▼ IE11


ドキュメントモードは IE10 で
<meta http-equiv="x-ua-compatible" content="ie=10" />
JavaScript だけで処理できる場合は、ie="edge" で最新のドキュメントモードで動作します。しかし、VBScript を使う場合は ie="10" でないと動作してくれないので注意が必要です。(省略するとドキュメントモードは 5 のようです) IE11 でも、信頼するサイトに http://localhost を登録して、レベルのカスタマイズで『スクリプトを実行しても安全だとマークされていないActiveX コントロールの初期化とスクリプトの実行』を『有効』にすれば .hta を .html に変更して動作可能です。 SCRIPT 要素の language="VBScript"
<script language="VBScript">
</script>
主体が JavaScript の場合は、VBScript を記述する場所は language="VBScript" を記述する必要があります。但し、ページ上で最初に現れるスクリプトは JavaScript である必要があります。先に、VBScript が定義されていると VBScript がデフォルトの言語になってしまいます。( 一般要素にインラインのイベントで VBScript を書く場合も language="VBScript" が必要です ) WMI を使用する為に GetObject が必要です この為に VBScript が必要になる場合と、JavaScript では Windows で用意されたオブジェクトからの値をうまく取得できない場合もあるので、VBScript を要所に設置する必要があります。このサンプルでは、GetObject で WMI のレジストリ処理を可能にする為に使っているのと、メソッドに変数を渡して戻ってくる値を使えるようにする為に使用しています。 ▼ レジストリのエントリ名の一覧を JavaScript の配列に変換する為の流れ JavaScript から呼び出し => VBScript で処理 => VBArray を引数で JavaScript に引き渡す => JavaScript の配列にする VBArray の扱い Microsoft のドキュメントではピンと来ないのですが、結果的に オブジェクトとのやり取りする場合、配列はほぼ全て safeArray だと思われます。そして、JavaScript 内で受け取った時点で既に、VBArray のようなので、そのまま toArray() で配列化します。( VBScript が JavaScript の関数に引数として渡しても、JavaScript 側では VBArray のようです )
<html>
<head>
<meta http-equiv="x-ua-compatible" content="ie=10" />
<script src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/3.3.1/jquery.min.js"></script>
<link rel="stylesheet" href="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/twitter-bootstrap/4.1.1/css/bootstrap.css" />
<link rel="stylesheet" href="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jqueryui/1.12.1/themes/smoothness/jquery-ui.css">
<script src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jqueryui/1.12.1/jquery-ui.min.js"></script>

<script src="hta.js"></script>

<script language="VBScript">
' *****************************************
' VBScript を使用するには、
' x-ua-compatible で、ie=10 です
' *****************************************

' オブジェクトの取得
Set objRegistry = GetObject("Winmgmts:root\default:StdRegProv")
' *****************************************
' VBScript の関数
' *****************************************
Function GetObjectArray(RegPath)

	Dim aNames,aTypes

	on error resume next
	WMIRet = objRegistry.EnumValues( &H80000002, RegPath, aNames, aTypes )
	if Err.Number <> 0 then
		alert( Err.Description )
		GetObjectArray = False
		Exit Function
	end if
	if WMIRet <> 0 then
		alert( "処理に失敗しました" )
		GetObjectArray = False
		Exit Function
	end if
	on error goto 0
	
	if IsNull( aNames ) then
		alert( "データがありません" )
		GetObjectArray = False
		Exit Function
	end if

	Call setObjRegistry( aNames )

	GetObjectArray = True

End Function
</script>
<script>

	// ウインドウの位置とサイズ
	centerWindow( 1100, 600 );

	// テーブルの行作成用
	var row_data = "";

	// Microsoft Windows 標準オブジェクト作成
	var WshShell = newObject("WScript.Shell");
	var objShell = newObject("Shell.Application");

	$(function(){

		// レジストリキーの値一覧
		$("#act").on("click", function(){

			if ( GetObjectArray( $("#regkey").val() ) == 0 ) {
				return;
			}
			
			// テーブル表示リセット
			$("#tbl .row_data").remove();
			
			// 配列より一覧作成
			var len = regArray.length;
			for( i = 0; i < len; i++ ) {
				row_data = $("<tr></tr>")
					.addClass("row_data")
					.appendTo( "#tbl" );

				$("<td></td>")
					.text(regArray[i])
					.appendTo( row_data );
			
			}

		});

		// 実行
		$("#run").on("click", function(){

			WshShell.Run("ms-settings:windowsupdate");

		});

		// 管理者実行
		$("#admin_run").on("click", function(){

			objShell.ShellExecute("cmd.exe", "", "", "runas", 1);

		});

		// 再表示
		$("#view").on("click", function(){
			location.reload(true);
		});

		// IE のドキュメントモードを表示
		$("<div></div>")
			.text( document.documentMode )
			.css( { "float" : "right", "color": "#808080", "font-size": "8px" } )
			.insertBefore( $("p").eq(0) );

		// 表示位置微調整
		$( ".btn,#regkey" ).css({
			"margin-top": "-4px"
		});
		
	});

</script>

<style>
/* ブロックを左右に表示  */
.ttl {
	display: inline-block;
	width: 300px;
	vertical-align: top;
}
.entry {
	display: inline-block;
}
.line {
	margin-bottom: 0;
}

#head {
	padding: 16px;
}

/* DIV を Window 下部にフィット  */
html,body {
	height: 100%;
}

body {
	margin: 0;
}
#head {
	padding: 16px;
	width: 100%;
	height: 180px;
	background-color: #e0e0e0;
}
#extend {
	padding: 4px 16px;
	display: block;
	margin-left: auto;
	margin-right: auto;
	width: calc( 100% - 3px );
	height: calc( 100% - 180px - 2px );
	border: solid 2px #c0c0c0;
	overflow: scroll;
}

/* テーブルのカーソル用  */
.row_data td, .row_data th {
	cursor: default!important;
	white-space: pre;
}

</style>
</head>
<body>
<div id="head">

	<p class="ttl">
		HKEY_LOCAL_MACHINE レジストリキー
	</p>
	<p class="entry">
		<input
			id="regkey"
			type="text"
			style="width:600px;"
			value="SOFTWARE\ODBC\ODBCINST.INI\ODBC Drivers">
	</p>
	<p class="line"></p>

	<p class="ttl">
	</p>

	<p class="entry">
		<input
			id="act"
			class="ml-4 btn btn-outline-primary"
			type="button"
			value="一覧表示">

		<input
			id="run"
			class="ml-4 btn btn-outline-primary"
			type="button"
			value="実行">

		<input
			id="admin_run"
			class="ml-4 btn btn-outline-primary"
			type="button"
			value="管理者実行">

		<input
			class="ml-4 btn btn-info btn-sm"
			id="view"
			type="button"
			value="再表示">
	</p>
	<p class="line"></p>

	<h4 class="text-danger"></h4>

</div>
<div id="extend">
	<table class="table table-hover">
		<tbody id="tbl">
		</tbody>
	</table>
<br>
</div>

</body>
</html>

※ 画面上右端に、IE のドキュメントモードを表示するようにしました


// IE のドキュメントモードを表示
$("<div></div>")
	.text( document.documentMode )
	.css( { "float" : "right", "color": "#808080", "font-size": "8px" } )
	.insertBefore( $("p").eq(0) );


サンプルとして、外部アプリケーションの二つの実行方法を記述しています。( Shell.Application では管理者権限での実行が可能です )


hta.js

newObject 関数は、VBScript の CreateObject ライクに使えるようにしたので、取得に失敗すると戻り値は null が返ります。
// *************************************
// ウインドウの位置とサイズ
// *************************************
function baseWindow( x, y, w, h ) {

	top.moveTo( x, y );
	top.resizeTo( w, h );

}

// *************************************
// デスクトップ中央
// *************************************
function centerWindow( w, h ) {

	// ウインドウの位置とサイズ
	top.resizeTo( w, h );
	top.moveTo((screen.width-w)/2, (screen.height-h)/2 )

}

// *************************************
// CreateObject
// *************************************
function newObject( className ) {

	var obj;

	try {
		obj = new ActiveXObject( className );
	}
	catch (e) {
		obj = null;
	}

	return obj;

}

// *************************************
// VB より呼びだされる
// VBArray を JS 配列に変換する関数
// *************************************
function setObjRegistry( vbArray ) {

	window.regArray = vbArray.toArray()
	window.regArray.sort();

}

※ window.regArray は、JavaScript でグローバル変数(と同等?)の保存をする為の手法です。

※ 2列以上のデータセット個別の列でソートするには、ADODB.Recordset を使用します。


関連する記事

HTA + Basp21 + jQuery + twitter-bootstrap(4.1.1) でメール受信ツール




posted by lightbox at 2018-07-24 12:56 | HTA ( HTMLアプリケーション ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月12日


HTA + Basp21 + jQuery + twitter-bootstrap(4.1.1) でメール受信ツール

Basp21 は SSL に対応していない(POP3:110番ポートでのアクセスです)ので、運用の範囲内でうまく利用する事が必要です。アプリケーションのテスト用のツールとして使うなどして、実際の重要な文書のやりとりに使うのはおすすめではありません。

このサンプルの趣旨は、HTA でも最新 jQuery + twitter-bootstrap が動作する事の確認です
( ここでは実装していませんが、jQuery UI の Resizable のテストは行いました )

関連する記事

HTA + Basp21 + jQuery + twitter-bootstrap(4.1.1) でメール送信ツール

HTA(HTMLアプリケーション) のコードを html として IE11 でデバッグする方法


▼ 初期画面

画面下部はIFRAME で、ウインドウの大きさを変えてもフィットするようになっています。この実装には CSS の calc 関数を使用しています。

IFRAME 部分には、iframe_in.html を使用していますが、IFRAME に APPLICATION="yes" を指定する事によって、HTA として動作します。
▼ 受信済メールデータ一覧の実行結果
『メール一覧』と同じ結果ですが、『メール一覧』ではパスワードの入力が必要で、実際にインターネットからデータを取得します。

『受信済メールデータ一覧』では、『メール本体を全て受信』でいったんデータを可能な限り(256件)受信し、ディレクトリに保存します。そして、『受信済メールデータ一覧』の実行でディレクトリよりデータを取得して表示します(その際、添付ファイルがあれば分離して保存します)

さらに、データ行をクリックすると、本文のテキストエリアに受信データの本文を表示します
メールサーバーは 『さくらインターネット』を使用しています main.hta( メール送信部分 )
<html>
<head>
<meta http-equiv="x-ua-compatible" content="ie=edge" />
<script src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/3.3.1/jquery.min.js"></script>
<link rel="stylesheet" href="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/twitter-bootstrap/4.1.1/css/bootstrap.css" />
<link rel="stylesheet" href="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jqueryui/1.12.1/themes/smoothness/jquery-ui.css">
<script src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jqueryui/1.12.1/jquery-ui.min.js"></script>
<script>

	// ウインドウの位置とサイズ
	top.moveTo( 30, 30 );
	top.resizeTo( 800, 800 );

	// エラーメッセージ
	var ErrMessage;

	// 
	var WshShell = new ActiveXObject("WScript.Shell");
	var Basp21 = new ActiveXObject("Basp21");

	$(function(){

		$("#send").on("click", function(){

			pass = $("#pass").val();
			if ( pass.trim() == "" ) {
				alert("パスワードを入力して下さい");
				$("#pass").focus();
				return;
			}
			if ( $("#to").val() == "" ) {
				alert("宛先を入力してください");
				$("#to").focus()
				return;
			}

			ErrMessage = Basp21.SendMail( 
				"user.sakura.ne.jp:587", 
				$("#to").val(), 
				"username@user.sakura.ne.jp" + "\t" + "account" + ":" + pass, 
				$("#subject").val(), 
				$("#body").val(), 
				"" 
			);

			// 成功すると空文字列が返り、失敗するとエラメッセージ			
			if ( ErrMessage != "" ) {
				alert(ErrMessage);
			}
			else {
				alert("メール送信が終了しました。");
			}
		});
		
		$("#taskmgr").on("click", function(){

			WshShell.Run("ms-settings:windowsupdate");

		});

	});

</script>
<style>
html,body {
	height: 100%;
}

body {
	margin: 0;
}

/* ブロックを左右に表示  */
.ttl {
	display: inline-block;
	width: 150px;
	vertical-align: top;
}
.entry {
	display: inline-block;
}
.line {
	margin-bottom: 0;
}

#head {
	padding: 16px;
}

/* IFRAMEコントロール用  */
#head {
	padding: 16px;
	width: 100%;
	height: 360px;
	background-color: #e0e0e0;
}
#extend {
	display: block;
	margin-left: auto;
	margin-right: auto;
	width: calc( 100% - 3px );
	height: calc( 100% - 360px - 2px );
	border: solid 2px #c0c0c0;
}

</style>
</head>
<body>
<div id="head">

	<p class="ttl">
		宛先
	</p>
	<p class="entry">
		<input
			id="to"
			type="text">

		<span
			class="ml-5">パスワード</span>
		<input
			class="ml-3"
			style="width:120px;"
			id="pass"
			type="password">
	</p>
	<p class="line"></p>

	<p class="ttl">
		件名
	</p>
	<p class="entry">
		<input
			style='width:500px;'
			type="text"
			id="subject">
	</p>
	<p class="line"></p>

	<p class="ttl">
		本文 
	</p>
	<p class="entry">
		<textarea
			style='width:500px;height:150px;'
			id="body"></textarea>
	</p>
	<p class="line"></p>

	<p>
		<input
			id="send"
			class="btn btn-outline-primary"
			type="button"
			value="メール送信">

		<input
			id="taskmgr"
			class="btn btn-info ml-5"
			type="button"
			value="Windows Update">
	</p>

	<h4 class="text-danger"></h4>

</div>

<iframe id="extend" name="extend" APPLICATION="yes" src="iframe_in.html"></iframe>


</body>
</html>


iframe_in.html

Basp21 の RcvMail メソッドが返す配列は、VBArray なので、toArray() メソッドで JavaScript の配列に変換しています。
<html>
<head>
<meta http-equiv="x-ua-compatible" content="ie=edge" />
<script src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/3.3.1/jquery.min.js"></script>
<link rel="stylesheet" href="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/twitter-bootstrap/4.1.1/css/bootstrap.css" />
<link rel="stylesheet" href="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jqueryui/1.12.1/themes/smoothness/jquery-ui.css">
<script src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jqueryui/1.12.1/jquery-ui.min.js"></script>
<script>

	// 親ウインドウのオブジェクトを使用
	var Basp21 = parent.Basp21;
	var rcv_data;

	// テーブルの行作成用
	var row_data;


	$(function(){

		// *********************************
		// Subject,From,Date の一覧のみ
		// *********************************
		$("#list").on("click", function(){

			// テーブル表示リセット
			$("#tbl .row_data").remove();

			// 親ウインドウの入力チェック
			pass = parent.$("#pass").val();
			if ( pass.trim() == "" ) {
				alert("パスワードを入力して下さい")
				parent.$("#pass").focus();
			return;
			}
			
			// 実行中カーソル
			$("*").css({"cursor": "wait"});
			
			result = Basp21.RcvMail("user.sakura.ne.jp", 
				"username@user.sakura.ne.jp",
				pass,
				"LIST",
				">C:\\temp\\rcvmail")

			// 失敗した場合はエラーメッセージが文字列として戻されます
			if ( typeof result !== "string" ) {
			
				// *********************************
				// result は、VBArray なので、
				// JScript の標準配列に変換
				// *********************************
				rcv_data = result.toArray();

				for( i = rcv_data.length-1; i >= 0; i-- ) {
					headers = rcv_data[i].split("\t")
					
					// IFRAME 内で行を作成して IFRAME 内のテーブルに追加
					row_data = $("<tr></tr>")
						.addClass("row_data")
						.appendTo( "#tbl" );

					// Subject
					$("<td></td>")
						.text(headers[0].substring(9))
						.appendTo( row_data );

					// From
					$("<td></td>")
						.text(headers[1].substring(6))
						.appendTo( row_data );

					// Date
					$("<td></td>")
						.text(headers[2].substring(6))
						.appendTo( row_data );

				}

			}
			else {
				// エラーメッセージ
				alert( result );
			}
			
			// 通常カーソル
			$("*").css({"cursor": "auto"});

		});

		// *********************************
		// メールデータを最大256受信して保存
		// *********************************
		$("#recieve").on("click", function(){

			// 親ウインドウの入力チェック
			pass = parent.$("#pass").val();
			if ( pass.trim() == "" ) {
				alert("パスワードを入力して下さい")
				parent.$("#pass").focus();
				return;
			}

			// 実行中カーソル
			$("*").css({"cursor": "wait"});

			result = Basp21.RcvMail("user.sakura.ne.jp", 
				"username@user.sakura.ne.jp",
				pass,
				"SAVEALL",
				">C:\\temp\\rcvmail")
				
			// 通常カーソル
			$("*").css({"cursor": "auto"});

			// 失敗した場合はエラーメッセージが文字列として戻されます
			// 成功した場合はファイル名の VBArray になります
			if ( typeof result == "string" ) {
				alert( result );
			}
			else {
				alert( "正しくデータを取得しました" )
			}

		});

		// *********************************
		// 受信したデータより一覧を表示
		// *********************************
		$("#datalist").on("click", function(){

			// テーブル表示リセット
			$("#tbl .row_data").remove();

			// 実行中カーソル
			$("*").css({"cursor": "wait"});
			
			// 最新日付順
			result = Basp21.SortMail("C:\\temp\\rcvmail","date:",1)

			if ( typeof result == "string" ) {
				alert( result )
				$("*").css({"cursor": "auto"});
				return;
			}

			// *********************************
			// result は、VBArray なので、
			// JScript の標準配列に変換
			// *********************************
			rcv_data = result.toArray();

			for( i = 0; i < rcv_data.length; i++ ) {
			
				filename = rcv_data[i];
				
				// メールデータ取得
				result = Basp21.ReadMail("C:\\temp\\rcvmail\\" + filename,"subject:from:date:","C:\\temp\\rcvdata")
				if ( typeof result == "string" ) {
					alert( result )
					$("*").css({"cursor": "auto"});
					return;
				}
				
				row_cols = result.toArray();


				// IFRAME 内で行を作成して IFRAME 内のテーブルに追加
				row_data = $("<tr></tr>")
					.addClass("row_data")
					.appendTo( "#tbl" )
					.on("click", function(){
					
						filename = $(this).find("td").eq(0).text();
						// メールデータの本文取得
						result = Basp21.ReadMail("C:\\temp\\rcvmail\\" + filename,"body:","C:\\temp\\rcvdata");
						if ( typeof result == "string" ) {
							alert( result )
							$("*").css({"cursor": "auto"});
							return;
						}
						
						body_data = result.toArray();
						parent.$("#body").val( body_data[0].substring(6));

					})
					;

				// ファイル名(非表示)
				$("<td></td>")
					.text(filename)
					.css({ "display": "none" })
					.appendTo( row_data );

				// Subject
				$("<td></td>")
					.text(row_cols[0].substring(9))
					.appendTo( row_data );

				// From
				$("<td></td>")
					.text(row_cols[1].substring(6))
					.appendTo( row_data );

				// Date
				$("<td></td>")
					.text(row_cols[2].substring(6))
					.appendTo( row_data );

			}

			// 通常カーソル
			$("*").css({"cursor": "auto"});
		});



	});

</script>
<style>
.row_data td {
	cursor: pointer!important;
}

html,body {
	height: 100%;
}

body {
	margin: 0;
}

/* ブロックを左右に表示  */
.ttl {
	display: inline-block;
	width: 150px;
	vertical-align: top;
}
.entry {
	display: inline-block;
}
.line {
	margin-bottom: 0;
}

#head {
	padding: 16px;
}

/* IFRAMEコントロール用  */
#head {
	padding: 16px;
	width: 100%;
	height: 70px;
	background-color: #e0e0e0;
}
#extend {
	display: block;
	margin-left: auto;
	margin-right: auto;
	width: calc( 100% - 3px );
	height: calc( 100% - 70px - 2px );
	border: solid 2px #c0c0c0;
}

</style>
</head>
<body>
<div id="head">

	<p>
		<input
			id="list"
			class="btn btn-outline-primary"
			type="button"
			value="メール一覧">

		<input
			id="recieve"
			class="btn btn-outline-primary ml-5"
			type="button"
			value="メール本体を全て受信">

		<input
			id="datalist"
			class="btn btn-outline-primary ml-5"
			type="button"
			value="受信済メールデータ一覧">

	</p>

	<h4 class="text-danger"></h4>

</div>

<table class="table table-hover">
	<tbody id="tbl">
	</tbody>
</table>


</body>
</html>


関連する記事

HTA(HTMLアプリケーション) のコードを html として IE11 でデバッグする方法





posted by lightbox at 2018-07-12 16:18 | HTA ( HTMLアプリケーション ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月11日


HTA + Basp21 + jQuery + twitter-bootstrap(4.1.1) でメール送信ツール

Basp21 は SSL に対応していないので、運用の範囲内でうまく利用する事が必要です。バッチ処理のログ代わり使うなど、レンタルサーバのメールアカウント等(すぐに変更削除可能なもの)を使って、外部に出ても問題の無いデータに利用しましょう。

また、このサンプルの趣旨は、HTA を使った小回りの効く運用ツールとしての使い方の紹介です。



Basp21 は、32ビットですが、HTA はそもそも 32ビットで動作します。
Basp21 は、Down Load! BASP21-2003-0211.exe (1.44MB) 2003/02/11 Update!  推奨です。


<meta http-equiv="x-ua-compatible" content="ie=edge" /> で、bootstrap(4.1.1) が動作したので、たぶん jQuery も最新版が動作するとは思いますが、IE系で JavaScript の動作確認はいろいろ大変なので古い jQuery を使用しています

※ メールアカウントは、さくらインターネットを使用しています

▼ ソースコード
<html>
<head>
<meta http-equiv="x-ua-compatible" content="ie=edge" />
<script src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.9.1/jquery.min.js"></script>
<link rel="stylesheet" href="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/twitter-bootstrap/4.1.1/css/bootstrap.css" />
<script>

	top.moveTo( 300, 150 );
	top.resizeTo( 800, 600 );

	var ErrMessage

	var WshShell = new ActiveXObject("WScript.Shell");
	var Basp21 = new ActiveXObject("Basp21");

	$(function(){

		$("#send").on("click", function(){
			ErrMessage = Basp21.SendMail( 
				"サーバーアドレス:587", 
				$("#to").val(), 
				"差出人メールアドレス" + "\t" + "アカウント" + ":" + $("#pass").val(), 
				$("#subject").val(), 
				$("#body").val(), 
				"" 
			);
			
			if ( ErrMessage != "" ) {
				alert(ErrMessage);
			}
			else {
				alert("メール送信が終了しました。");
			}
		});

	});

</script>
<style>
html,body {
	height: 100%;
}

body {
	margin: 0;
}

/* ブロックを左右に表示  */
.ttl {
	display: inline-block;
	width: 150px;
	vertical-align: top;
}
.entry {
	display: inline-block;
}
.line {
	margin-bottom: 0;
}

#head {
	padding: 16px;
}

</style>
</head>
<body>
<div id="head">

	<p class="ttl">
		宛先
	</p>
	<p class="entry">
		<input
			id="to"
			type="text">

		<span
			class="ml-5">パスワード</span>
		<input
			class="ml-3"
			style="width:120px;"
			id="pass"
			type="password">
	</p>
	<p class="line"></p>

	<p class="ttl">
		件名
	</p>
	<p class="entry">
		<input
			style='width:500px;'
			type="text"
			id="subject">
	</p>
	<p class="line"></p>

	<p class="ttl">
		本文 
	</p>
	<p class="entry">
		<textarea
			style='width:500px;height:300px;'
			id="body"></textarea>
	</p>
	<p class="line"></p>

	<p>
		<input
			id="send"
			class="btn btn-outline-primary"
			type="button"
			value="メール送信">
	</p>

	<h4 class="text-danger"></h4>

</div>
</body>
</html>


Bootstrap Buttons

Bootstrap Spacing




posted by lightbox at 2018-07-11 16:26 | HTA ( HTMLアプリケーション ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します
container 終わり

フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

CSS ドロップシャドウの参考デモ
BUTTONS (CSS でボタン)
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり