SQLの窓

2018年03月29日


デスクトップのコンピュータアイコンにメニューを追加する

2018/03/29 更新

HOSTS を開く notepad を管理者権限で開くようにしました。
cmd.exe /c powershell -NoProfile -ExecutionPolicy unrestricted -WindowStyle hidden -Command "start notepad.exe %SystemRoot%\system32\drivers\etc\hosts -verb runas"
▼ インストールするレジストリのキー
HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{20D04FE0-3AEA-1069-A2D8-08002B30309D}\shell

新規インストールの Windows10 の場合(たぶん Windows8 からのアップグレードでは事情が違うかも)、レジストリの該当場所の所有者が SYSTEM となっており、Administrators グループに権限が無いと思います。その場合は、いったん所有者を Administrators グループ に変更してから、Administrators グループ にアクセス権限を与えないと、レジストリのインポートはできないです。


アクセス許可を選択して表示されたダイアログの詳細設定ボタンをクリックして、表示された『shell のセキュリティの詳細設定』というダイアログの先頭にある『変更リンク』で所有者を変更します。

Administrators に変更した後、アクセス許可で Administrators にフルコントロールを設定します。
▼ 解凍後の内容 ▼ Windows7 ▼ Windows10 ▼ README
************************************************************
コンピュータアイコンメニュー設定レジストリデータ

■ 事前準備

	インストール場所を開く.bat をエクスプローラからダブル
	クリックしてレジストリエディタを起動し、選択されている
	キーの所有者を自分が所属する Administrators グループに
	変更して、Administrators にフルコントロールを設定します

■ インストール

	computer_menu をエクスプローラからタブルクリック
	してインポートして下さい

■ アンインストール

	uninstall_computer_menu をエクスプローラからタブル
	クリックして下さい


■ 登録された場所でレジストリエディタを開く
	インストール場所を開く.bat をエクスプローラからタブ
	ルクリックして下さい

■著作権その他

このプログラムはフリーです。どうぞ自由に御使用ください。
著作権は作者である私(lightbox)が保有しています。
また、本ソフトを運用した結果については、作者は一切責任を
負えせんのでご了承ください。
************************************************************
computer_menu.reg
cmd.exe /c powershell -NoProfile -ExecutionPolicy unrestricted -WindowStyle hidden -Command "start nWindows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{20D04FE0-3AEA-1069-A2D8-08002B30309D}\shell\001]
@="   サービス"

[HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{20D04FE0-3AEA-1069-A2D8-08002B30309D}\shell\001\command]
@=hex(2):6d,00,6d,00,63,00,2e,00,65,00,78,00,65,00,20,00,22,00,25,00,53,00,79,\
  00,73,00,74,00,65,00,6d,00,52,00,6f,00,6f,00,74,00,25,00,5c,00,73,00,79,00,\
  73,00,74,00,65,00,6d,00,33,00,32,00,5c,00,73,00,65,00,72,00,76,00,69,00,63,\
  00,65,00,73,00,2e,00,6d,00,73,00,63,00,22,00,20,00,2f,00,73,00,00,00

[HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{20D04FE0-3AEA-1069-A2D8-08002B30309D}\shell\002]
@="   システム情報"

[HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{20D04FE0-3AEA-1069-A2D8-08002B30309D}\shell\002\command]
@=hex(2):22,00,25,00,50,00,72,00,6f,00,67,00,72,00,61,00,6d,00,46,00,69,00,6c,\
  00,65,00,73,00,25,00,5c,00,43,00,6f,00,6d,00,6d,00,6f,00,6e,00,20,00,46,00,\
  69,00,6c,00,65,00,73,00,5c,00,4d,00,69,00,63,00,72,00,6f,00,73,00,6f,00,66,\
  00,74,00,20,00,53,00,68,00,61,00,72,00,65,00,64,00,5c,00,4d,00,53,00,49,00,\
  6e,00,66,00,6f,00,5c,00,6d,00,73,00,69,00,6e,00,66,00,6f,00,33,00,32,00,2e,\
  00,65,00,78,00,65,00,22,00,00,00

[HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{20D04FE0-3AEA-1069-A2D8-08002B30309D}\shell\003]
@="   プログラムと機能"

[HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{20D04FE0-3AEA-1069-A2D8-08002B30309D}\shell\003\command]
@="RunDLL32.EXE shell32.dll,Control_RunDLL appwiz.cpl"

[HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{20D04FE0-3AEA-1069-A2D8-08002B30309D}\shell\004]
@="   ODBC アドミニストレータ"

[HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{20D04FE0-3AEA-1069-A2D8-08002B30309D}\shell\004\command]
@="RunDLL32.EXE shell32.dll,Control_RunDLL odbccp32.cpl"

[HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{20D04FE0-3AEA-1069-A2D8-08002B30309D}\shell\005]
@="   レジストリエディタ"

[HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{20D04FE0-3AEA-1069-A2D8-08002B30309D}\shell\005\command]
@="regedit.exe"

[HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{20D04FE0-3AEA-1069-A2D8-08002B30309D}\shell\006]
@="   コマンドプロンプト"

[HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{20D04FE0-3AEA-1069-A2D8-08002B30309D}\shell\006\command]
@=hex(2):25,00,53,00,79,00,73,00,74,00,65,00,6d,00,52,00,6f,00,6f,00,74,00,25,\
  00,5c,00,73,00,79,00,73,00,74,00,65,00,6d,00,33,00,32,00,5c,00,63,00,6d,00,\
  64,00,2e,00,65,00,78,00,65,00,00,00

[HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{20D04FE0-3AEA-1069-A2D8-08002B30309D}\shell\007]
@="   UAC"

[HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{20D04FE0-3AEA-1069-A2D8-08002B30309D}\shell\007\command]
@=hex(2):55,00,73,00,65,00,72,00,41,00,63,00,63,00,6f,00,75,00,6e,00,74,00,43,\
  00,6f,00,6e,00,74,00,72,00,6f,00,6c,00,53,00,65,00,74,00,74,00,69,00,6e,00,\
  67,00,73,00,2e,00,65,00,78,00,65,00,00,00

[HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{20D04FE0-3AEA-1069-A2D8-08002B30309D}\shell\008]
@="   イベント ビューアー"

[HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{20D04FE0-3AEA-1069-A2D8-08002B30309D}\shell\008\command]
@=hex(2):6d,00,6d,00,63,00,2e,00,65,00,78,00,65,00,20,00,22,00,25,00,77,00,69,\
  00,6e,00,64,00,69,00,72,00,25,00,5c,00,73,00,79,00,73,00,74,00,65,00,6d,00,\
  33,00,32,00,5c,00,65,00,76,00,65,00,6e,00,74,00,76,00,77,00,72,00,2e,00,6d,\
  00,73,00,63,00,22,00,20,00,2f,00,73,00,00,00

[HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{20D04FE0-3AEA-1069-A2D8-08002B30309D}\shell\009]
@="   ユーザーアカウント"

[HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{20D04FE0-3AEA-1069-A2D8-08002B30309D}\shell\009\command]
@="rundll32.exe netplwiz.dll,UsersRunDll"

[HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{20D04FE0-3AEA-1069-A2D8-08002B30309D}\shell\010]
@="   環境変数"

[HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{20D04FE0-3AEA-1069-A2D8-08002B30309D}\shell\010\command]
@="rundll32.exe sysdm.cpl,EditEnvironmentVariables"

[HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{20D04FE0-3AEA-1069-A2D8-08002B30309D}\shell\011]
@="   HOSTS"

[HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{20D04FE0-3AEA-1069-A2D8-08002B30309D}\shell\011\command]
@=hex(2):63,00,6d,00,64,00,2e,00,65,00,78,00,65,00,20,00,2f,00,63,00,20,00,70,\
  00,6f,00,77,00,65,00,72,00,73,00,68,00,65,00,6c,00,6c,00,20,00,2d,00,4e,00,\
  6f,00,50,00,72,00,6f,00,66,00,69,00,6c,00,65,00,20,00,2d,00,45,00,78,00,65,\
  00,63,00,75,00,74,00,69,00,6f,00,6e,00,50,00,6f,00,6c,00,69,00,63,00,79,00,\
  20,00,75,00,6e,00,72,00,65,00,73,00,74,00,72,00,69,00,63,00,74,00,65,00,64,\
  00,20,00,2d,00,57,00,69,00,6e,00,64,00,6f,00,77,00,53,00,74,00,79,00,6c,00,\
  65,00,20,00,68,00,69,00,64,00,64,00,65,00,6e,00,20,00,2d,00,43,00,6f,00,6d,\
  00,6d,00,61,00,6e,00,64,00,20,00,22,00,73,00,74,00,61,00,72,00,74,00,20,00,\
  6e,00,6f,00,74,00,65,00,70,00,61,00,64,00,2e,00,65,00,78,00,65,00,20,00,25,\
  00,53,00,79,00,73,00,74,00,65,00,6d,00,52,00,6f,00,6f,00,74,00,25,00,5c,00,\
  73,00,79,00,73,00,74,00,65,00,6d,00,33,00,32,00,5c,00,64,00,72,00,69,00,76,\
  00,65,00,72,00,73,00,5c,00,65,00,74,00,63,00,5c,00,68,00,6f,00,73,00,74,00,\
  73,00,20,00,2d,00,76,00,65,00,72,00,62,00,20,00,72,00,75,00,6e,00,61,00,73,\
  00,22,00,00,00

[HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{20D04FE0-3AEA-1069-A2D8-08002B30309D}\shell\012]
@="   フォルダオプション"

[HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{20D04FE0-3AEA-1069-A2D8-08002B30309D}\shell\012\command]
@="RUNDLL32.EXE shell32.dll,Options_RunDLL 7"

[HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{20D04FE0-3AEA-1069-A2D8-08002B30309D}\shell\013]
@="   タスク スケジューラ"

[HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{20D04FE0-3AEA-1069-A2D8-08002B30309D}\shell\013\command]
@=hex(2):6d,00,6d,00,63,00,2e,00,65,00,78,00,65,00,20,00,22,00,25,00,77,00,69,\
  00,6e,00,64,00,69,00,72,00,25,00,5c,00,73,00,79,00,73,00,74,00,65,00,6d,00,\
  33,00,32,00,5c,00,74,00,61,00,73,00,6b,00,73,00,63,00,68,00,64,00,2e,00,6d,\
  00,73,00,63,00,22,00,20,00,2f,00,73,00,00,00

[HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{20D04FE0-3AEA-1069-A2D8-08002B30309D}\shell\014]
@="   ローカル グループ ポリシーエディタ"

[HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{20D04FE0-3AEA-1069-A2D8-08002B30309D}\shell\014\command]
@=hex(2):6d,00,6d,00,63,00,2e,00,65,00,78,00,65,00,20,00,22,00,25,00,53,00,79,\
  00,73,00,74,00,65,00,6d,00,52,00,6f,00,6f,00,74,00,25,00,5c,00,73,00,79,00,\
  73,00,74,00,65,00,6d,00,33,00,32,00,5c,00,67,00,70,00,65,00,64,00,69,00,74,\
  00,2e,00,6d,00,73,00,63,00,22,00,00,00

[HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{20D04FE0-3AEA-1069-A2D8-08002B30309D}\shell\015]
@="   リモートデスクトップ"

[HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{20D04FE0-3AEA-1069-A2D8-08002B30309D}\shell\015\command]
@="mstsc.exe"

[HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{20D04FE0-3AEA-1069-A2D8-08002B30309D}\shell\016]
@="   Windows Update"

[HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{20D04FE0-3AEA-1069-A2D8-08002B30309D}\shell\016\command]
@="control.exe /name Microsoft.WindowsUpdate"




otepad.exe %SystemRoot%\system32\drivers\etc\hosts -verb runas"

▼ インストール場所






posted by lightbox at 2018-03-29 15:00 | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月01日


Windows でパスワードを忘れた場合はインストールディスクがあれば簡単に復旧できるのは解った。

こういうシチュエーションに遭遇するのはどちらかと言うと不幸なので微妙な気持ちですが、やり方としてはそれなりの経験のある技術者が真剣に対処すれば思い付きそうな内容なので、何だか身近に感じてしまいました。

インストールディスク

これが無いと、Microsoft からダウンロードしてディスク作成しないといけないので面倒ですが、会社組織なら比較的ありそうな気もします。個人の場合は、知り合いに電話しまくって手に入れるとか方法はあると思います。

インストールが目的では無く、インストールの開始ダイアログが表示された状態で、Shift + F10 でコマンドプロンプトが表示されます。これを知ってる時点で技術者であれば、ほぼ問題は解決したようなものです。(自分は知らなかったですけれど)

知っておく必要があるのは、コマンドプロンプトが x ドライブになってたという事。それで、c ドライブを探したら、何故か作業した環境では e ドライブでした。x 内にも windows フォルダがありますが、その中の system32 には、utilman.exe は居ないです。...なんか意図を感じますよね。

utilman.exe のおかげ

Microsoft がこんな時の為に用意した穴だとさえ思える仕様です。ログイン画面で左下のアイコンをクリックすると、このアプリケーションが起動します。しかも、管理者権限(?)で起動するところが素敵です。なので、utilman.exe の代りに、cmd.exe を utilman.exe という名前で置いておけば、もう後は net user ユーザ名 パスワード でパスワードをリセットできます。これができれば、後の作業は他人にまかせてもいいぐらいの平常運転になるわけです。

この一連の処理は、インターネットで探せばイヤと言うほど出て来ます。ここまで読んで理解してしまった人ならわざわざ探さなくても何をどうすればいいかは自明の理ですが。

注意するのは、たいていにおいて対象が自分では無い事

要するに、Administrator が有効になって無い事が多々あります(こういう事が起きる PC なので)。なので、その場合は、net user ユーザ名 パスワード /active:yes で有効にしてかつパスワードリセットです。

ここまで終わると、ログインからすぐ administrator からログインできます。utilman.exe を元に戻す場合は、コマンドプロンプトを管理者権限で開いて作業します。

簡単な管理者権限の cmd.exe の開け方は、いったん cmd.exe 実行しておいて、タスクバーの cmd.exe を CTRL+SHIFT+クリックです。


おまけ : 別ユーザに元ユーザの Thunderbird 復旧

profiles.ini と C:\Users\<username>\AppData\Roaming\Thunderbird\Profiles\xxxxxxxx.default\ フォルダを新しいユーザのほうにコピーして復旧しました。

このトラブルで過去の問題が再燃

Access から SQLServer 認証の ODBC DSN で接続しているのに、Windows 認証で勝手に接続しようとして失敗するトラブルの解決方法



posted by lightbox at 2018-03-01 16:14 | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月07日


VBScript : めんどくさいフォルダを開く

スクリプトです。ダウンロードして使用して下さい。

1) デスクトップ
Set obj = CreateObject("Shell.Application")
Set objFolder = obj.NameSpace( &h0 )
obj.Explore(objFolder.Self.Path)


2) HOSTS のあるディレクトリ
Set obj = CreateObject("Shell.Application")
Set objFolder = obj.NameSpace( &h25 )
obj.Explore(objFolder.Self.Path&"\drivers\etc")

3) コントロールパネル
Set obj = CreateObject("Shell.Application")
Set objFolder = obj.NameSpace( &h3 )
obj.Explore(objFolder.Self.Path)


4) 最近盛った項目
Set obj = CreateObject("Shell.Application")
Set objFolder = obj.NameSpace( &h8 )
obj.Explore(objFolder.Self.Path)


5) SysWOW64
Set obj = CreateObject("Shell.Application")
Set objFolder = obj.NameSpace( &h29 )
obj.Explore(objFolder.Self.Path)


6) Microsoft Framework
Set obj = CreateObject("Shell.Application")
Set objFolder = obj.NameSpace( &h24 )
obj.Explore(objFolder.Self.Path & "\Microsoft.NET\Framework" )


以下の番号を 1) のスクリプトの &h0 に置き換えると、それぞれの特殊フォルダを開きます。ですから、そのパスを基点とした良く使うけれど、面倒な場所にあるフォルダの位置をスクリプトに追加で書き込むといいです。( 例: HOSTS のあるディレクトリ )

DESKTOP0x00
PROGRAMS0x02
CONTROLS0x03
PRINTERS0x04
PERSONAL0x05
FAVORITES0x06
STARTUP0x07
RECENT0x08
SENDTO0x09
BITBUCKET0x0a
STARTMENU0x0b
DESKTOPDIRECTORY0x10
DRIVES0x11
NETWORK0x12
NETHOOD0x13
FONTS0x14
TEMPLATES0x15
COMMONSTARTMENU0x16
COMMONPROGRAMS0x17
COMMONSTARTUP0x18
COMMONDESKTOPDIR0x19
APPDATA0x1a
PRINTHOOD0x1b
LOCALAPPDATA0x1c
ALTSTARTUP0x1d
COMMONALTSTARTUP0x1e
COMMONFAVORITES0x1f
INTERNETCACHE0x20
COOKIES0x21
HISTORY0x22
COMMONAPPDATA0x23
WINDOWS0x24
SYSTEM0x25
PROGRAMFILES0x26
MYPICTURES0x27
PROFILE0x28
SYSTEMx860x29
PROGRAMFILESx860x30



タグ:VBScript
posted by lightbox at 2018-02-07 21:57 | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します
container 終わり

フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

CSS ドロップシャドウの参考デモ
BUTTONS (CSS でボタン)
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり