SQLの窓

2017年12月20日


いまさらですが、『クリーンアップ』を管理者権限で起動して、Windows Update 関連やシステム関連の比較的大きなファイルを削除する

▼ 通常起動からも実行できますが、管理者権限で再起動するので二度手間です


通常起動では、Windows Update のクリーンアップは対象になりません。Windows の設定にもよるかもしれませんが、普通はそうです。そして、場合によったらギガ台に乗ってる巨大なファイルが必要も無いのにディスクに居座ってしまいます。しょっちゅうする必要も無い事ですが、実は管理者権限で実行するのは Windows7 と Windows 10 では違うようなので一応心に留めておく必要があると思います。

さらに、管理者権限の場合は『詳細オプション』というタブがあり、必要無いと思われる復元ポイント以前のリソースも削除できます(但し、トラブル時には復元ポイントが重要になるのでむやみに削除は禁物です )




Windows7 の場合



スタートメニューがあるので比較的簡単。メニューから『プログラムとファイルの検索』から『クリーン』と入力すればクリーンアップアプリが表示されて、CTRL+SHIFT+Enter で起動すると管理者権限による起動です。

地道にメニューから探すのであれば、アクセサリ > システムツール で『ディスク クリーンアップ』を右クリックしてポップアップメニューから『管理者として実行』すればいいです。近いうちにもう一回する予定があれば、そのまま右ドラッグしてショートカットをデスクトップに作成して、プロパティの詳細設定で『管理者として実行』にチェックしておけばいいです。

Windows10 の場合

Windows10 は、Creators Update がかかっていると、『コマンドプロンプト(管理者)』がメニューから消えています(設定で戻せます)。



かわりに Power Shell(管理者)があるので、その中で cmd と入力した後 cleanmgr と入力しましょう



あるいは、以下のように入力して、CTRL+SHIFT+Enter で管理者権限で実行できます


(clean だけでもいいですね)


で、いずれ(Windows 一般)にしても通常コマンドラインから実行したい場合(バッチファイルにしておけば簡単)は以下のようになります。
cmd "/c echo set o=CreateObject("Shell.Application"):o.ShellExecute "cleanmgr","","","runas",1 > %TEMP%\_.vbs & wscript.exe %TEMP%\_.vbs"




posted by lightbox at 2017-12-20 13:29 | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月01日


ファイル名を指定して実行と、『管理者権限』



このウインドウは、コマンドをタイプまたは参照して実行するものですが、一般的には『スタートメニュー』から表示させます。但し、設定として以下のようにスタートメニーに表示させるようにしている必要があります。



もし、スタートメニューに無い場合は、『Windows キー + R』で表示する事ができます。しかし、このウインドウに『管理者権限』を持たせると以下、のように表示されます。



このようにする最も簡単な方法は、『rundll32.exe shell32.dll,#61』と言うコマンドを使ってショートカットを作成し、ショートカットの設定で『管理者として実行する』にチェックする事です。



この時、ショートカットに『ショートカットキー』を設定しておくとすぐ呼び出す事ができます( ここでは CTRL + SHIFT + G )

また、『ファイル名を指定して実行』ウインドウは、VBScript を使った、たった2行のコードでも開く事ができます
Set obj = CreateObject("Shell.Application")
obj.FileRun

この事を利用すれば、コマンドプロンプトからも開く事ができます。( rundll32.exe shell32.dll,#61 を使えばいいのですが、rundll32.exe はいつ使えなくなるか解らないので )
cmd /c echo Set obj=CreateObject("Shell.Application"):obj.FileRun>%temp%\_.vbs&wscript.exe %temp%\_.vbs
さらに、Windows には、もう一つ『ファイル名を指定して実行』を開く場所があります。それは、タスクマネージャのファイルメニューにある『新しいタスクの実行』です。



タスクマネージャは、CTRL + SHIFT + ESC か、タスクバーを右クリックして表示されるメニューからか、CTRL + ALT + DEL で画面を切り替えてからメニューから呼び出すというのが一般的ですが、コマンドとして taskmgr を実行してもいいので、スタートメニューの『プログラムとファイルの検索』に入力して、CTRL + SHIFT + ENTER で呼び出すと、『管理者権限』で呼び出されるので、そこから『新しいタスクの実行』を開くと以下のようになります。





※ Windows8 では、最初から管理者権限を選択するチェックボックスが表示されています

▼ Windows8.1






タグ:管理者権限
posted by lightbox at 2017-09-01 13:06 | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月29日


日本語入力で、変換ができなくなったら『辞書を修復』

プロパティから、『辞書/学習』タブ


で一発で元通りになりました。経験無かったのでびっくりしました。

今日は 7/29 日なので、Microsoft の嫌がらせかとも思いました。

すぐに Google で検索して見つかったのが以下です。
漢字変換の謎、教えてください

Yahoo! 知恵袋ですが、他の記事より、欲しい事が最初に書かれてあります。他のページはやたらと前振りが長すぎて良質とは言えませんでした。なので、こんな記事にしました。



posted by lightbox at 2016-07-29 22:50 | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月07日


広告から感染するウィルスに対する具体的な対処法について

そもそも感染する原因は、以下の3つのソフトウェアの脆弱性が原因です。

Flash
Adobe リーダ
Java

これらのソフトウェアは、ブラウザが使用するので、ブラウザで広告を表示している時に感染します。脆弱性は日々発生するので、常に最新にする必要がありますが、どこをどうすれば最新になるかという事を認識して、日々意識して対応する必要があります。

自分は、Google Chrome を使う事を前提としているので、以下のような対処方法を取っています。

◎ Flash は Google Chrome 内臓のものを使い、Google Chrome を常に最新にする。

これは、Adobe リーダも同様で、Google Chrome は内臓で PDF ビュアーを持っているので、( chrome://plugins/ で確認できます ) Flash と Adobe Reader は Windows にインストールしていません
( Flash 使わないのであれば、この Flash も無効にするといいです )

◎ Java は、コントロールパネルから、WEB で使用しない設定にする



Java のプラグインを使ったアプリケーションは、現在では殆ど存在しないのですが、PC を購入時には古い Java がインストールされて、ブラウザで使用可能になっているおそれがあります。自分が確認した PC では、Java 7 の古いバージョンがインストールされており、『ブラウザから使用しない設定』そのものが無く、Java そのものをアンインストールしました。( 必要ならば最新をインストールしなおして、自動更新かつ WEB で使用しない設定 にします )

◎ Windows Update の新しいものは常に自分で更新をこころがける

Windows アップデートは、コントロールパネルより開いて、『更新プログラムの確認』を自分で実行します(その後、重要な更新があれば更新を実行)。これをしないと、タイムラグで更新が少々遅れる可能性もあります

◎ IE の扱いも注意する

たとえ、Google Chrome を使用していても、Windows である以上 IE を削除はできないので、IE 用の Flash がインストールされている可能性があります。Google Chrome を使用するのであれば、IE 用の Flash は削除します。ただ、Windows8 の場合だと、最初から Flash が組み込まれていて削除できないようなので、IE の アドオンの管理で無効にします。
( Windows 側から自動的に IE が開く場合もあるので管理が必要です )



なので、Windows10 は経験が無いので不明です

※ Firefox を使用する場合は、Google Chrome に準じるようなソフトウェアに対する理解が必要です


あと、効果があるかどうかは解りませんが、Windows Defender がコントロールパネルにあるのならば、『リアルタイム保護』が有効かどうかチェックします

Adobe の更新とか対応は昔からおもいっきり胡散臭いです。Adobe からの更新に期待するのではなく、ブラウザの更新を主体に考える必要があります

▼ Gigazine
2015年07月15日 10時55分00秒
凶悪な脆弱性が発見されたFlash PlayerをFirefoxが標準でブロック開始


ちなみに

自分は、過去 Flash の更新を怠って普通に普通のサイトを閲覧してウィルスに感染した事が一度だけあります。つまり、『脆弱性』をなめているととんでも無い事になります。

その時は、しょぼいウィルスだったので手作業で駆除して、現在その PC は他の OS から隔離して運用しています。( 基本的に感染してもかまわないという運用です )

あと、定期的に トレンドマイクロ オンラインスキャン を実行してウイルスの有無を確認していますが、幸運にも今まで感染した事はありません。(もし、感染したらそのまま購入して駆除するつもりです)

あともう一つウィルスの大きな感染経路

メールの添付ファイルには注意です。そもそも、こういったメールが送られて来るのは日常茶飯事なので、メール自体も WEB メールを使って上記のいままでの運用でカバーしています。

最後に

UAC は一番上です。


そして、とにかく一般的に、PC と普段接続していない媒体にバックアップしておけば被害を最小限にはできます。オンラインストレージの場合は自動ではなく意図的に定期的に自分でバックアップを取ります。リムーバル HDD があるのならば大きなファイルを対象に利用して、普段は接続しない事です。

※ DVD等の媒体は壊れる可能性があるし時間がかかるので HDD が良いですね



posted by lightbox at 2015-12-07 13:35 | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月14日


ファイル名を指定して実行(管理者)

C:\Windows\System32\rundll32.exe shell32.dll,#61

をショートカットに登録して、『詳細設定ボタン』で管理者として実行しておくようにします。





そうすると、見慣れた実行ダイアログに『このタスクは管理者特権で作成されます』と表示が出ます。



例えばここから、コマンドブロンプトを開く為に、cmd と入力して実行すると



タイトル部分に『管理者』の表示がされています



posted by lightbox at 2015-08-14 15:58 | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フォルダのセキュリティ設定

Windows のデフォルトでは、隠しフォルダーや隠しファイルがあります。PC に深い理解がある場合は、通常この設定で表示するようにしますが、一般的な使用者の場合、セキュリティ以前にトラブルにならないよう非表示のままにしておきます。

フォルダーオプションの表示
RUNDLL32.EXE shell32.dll,Options_RunDLL 7


▼ フォルダ単位のセキュリティ設定

表示されているフォルダにもそれぞれセキュリティ設定がされており、システム的な理由で設定のレベルや内容の違うフォルダが存在します。それぞれ、変更等が可能ですが、専門的な知識をかなり要するのでうかつに変更する事は避ける必要があります



しかし、フォルダの中のファイルを更新しようとして更新できないというトラブルは、発生する事もあるので、そのような場合は Everyone を追加して全ての権限を与えて対処する事が必要な場合があります。その場合は、上のボタンから編集ダイアログを開いて、『追加』ボタンでユーザを検索して Everyone 等をセットする必要があります( その後権限を設定します )

関連する技術情報

"Users" と "Authenticated Users" の違いは?
既定のセキュリティ設定の違い
セキュリティ識別子
匿名ログオン ユーザーがアクセスできる情報の制限



posted by lightbox at 2015-08-14 13:58 | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します
container 終わり

フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

CSS ドロップシャドウの参考デモ
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり