SQLの窓

2014年04月16日


エクスプローラを再起動して、ショートカットの拡張子( .LNK ) を表示するようにする

このレジストリキー内の NeverShowExt の名称を変更する( とりあえず、最後に _ を付加 ) と、.LNK 拡張子が表示されるようになります。

※ ダウンロードされるスクリプトでレジストリの該当場所が開かれます。
( HKEY_CLASSES_ROOT\lnkfile )
※ 他にも HKEY_CLASSES_ROOT\InternetShortcut があります

但し、変更してもすぐには反映されないので、エクスプローラを再起動する必要があります。まともにそれを行うには、いったんログオフする必要がありますが、以下のスクリプトで再起動できます。

エクスプローラを再起動するスクリプト
' 起動用
Set WshShell = CreateObject( "WScript.Shell" )
' WMI用
Set objWMIService = GetObject("winmgmts:{impersonationLevel=impersonate}!\\.\root\cimv2")

' いったん終了させます
Set colProcessList = objWMIService.ExecQuery _ 
	("Select * from Win32_Process Where Name = 'explorer.exe'") 
For Each objProcess in colProcessList
	on error resume next
	objProcess.Terminate() 
	on error goto 0
Next 

' 少し待ちます
Wscript.Sleep(500)
Call WshShell.Run( "explorer.exe" )
手作業で行うには、タスクマネージャでエクスプローラを終了させて、ファイルメニューの新しいタスクの実行で、explorer.exe 実行しても可能ですが、少し面倒です。



タグ:Windows howto
posted by lightbox at 2014-04-16 12:37 | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ちょうどいいデスクトップ色

昔々の Windows の標準のデスクトップ色です。個人の PC に画像を使うのは当たり前ですが、仕事場の PC のように、沢山の PC を管理する立場からすると、このような単色を望んでいます。 



▼ Windows7


▼ Windows8

( Classic Shell を使用しています )

posted by lightbox at 2014-04-16 10:17 | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月05日


レジストリ : ごみ箱を無効にする

Windows7 の設定

▼ ユーザ単位
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\Explorer
NoRecycleFiles(DWORD) を 1 に設定

NoRecycleFiles の設定も有効ですが、ドライブ単位で NukeOnDelete の設定が可能です。これは、レジストリからでは無く、「ごみ箱」のプロパティより設定できます。 NoRecycleFiles を設定すると、この設定変更が使用できなくなって、規定でごみ箱が使えない事を示しています( 削除と同時にファイルを消去する設定になっています ) この変更(NoRecycleFiles=1)は、エクスプローラを再起動すると反映されます( またはログオフ ) ▼ エクスプローラを再起動するスクリプト
' 起動用
Set WshShell = CreateObject( "WScript.Shell" )
' WMI用
Set objWMIService = GetObject("winmgmts:{impersonationLevel=impersonate}!\\.\root\cimv2")

' いったん終了させます
Set colProcessList = objWMIService.ExecQuery _ 
	("Select * from Win32_Process Where Name = 'explorer.exe'") 
For Each objProcess in colProcessList
	on error resume next
	objProcess.Terminate() 
	on error goto 0
Next 

' 少し待ちます
Wscript.Sleep(500)
Call WshShell.Run( "explorer.exe" )


Windows XP

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\Explorer
NoRecycleFiles(DWORD) を 1 に設定

ユーザ単位の設定場所 上のリンクからダウンロードできるスクリプトを実行すると開く場所に、DWORD で NoRecycleFiles として 1 を設定。( Explorer キーが無い場合は作成します ) Windows 全体で設定 上のリンクからダウンロードできるスクリプトを実行すると開く場所に、DWORD で NukeOnDelete として 1 を設定。これは以下の設定でセットされます。 Gomibako3
タグ:Windows ごみ箱
posted by lightbox at 2014-04-05 15:37 | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月07日


フォルダオプションダイアログを表示する

RUNDLL32.EXE shell32.dll,Options_RunDLL 7


▼ スクリプトで強引に開く方法
Set WshShell = CreateObject("WScript.Shell")
Call WshShell.Run("control.exe folders"	 )

WScript.Sleep(500)
WshShell.AppActivate("フォルダ オプション")
WScript.Sleep(500)
WshShell.SendKeys ("+{TAB}{RIGHT}")

※ control.exe folders は、昔からの方法で、RUNDLL32.EXE shell32.dll,Options_RunDLL でも開きます。



キーストロークを変更すれば、好きなタブを開く事ができます

※ キーストロークの送信は環境や状況によっては、うまく動作しないかもしれません。その場合は適宜変更して下さい(キーストローク詳細)

関連する Microsoft ドキュメント

control.exe の引数

※ 特に、『control.exe /name Microsoft.WindowsUpdate』が有用です


タグ:VBScript
posted by lightbox at 2014-01-07 20:28 | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月28日


かな/ローマ字入力を切り替える

簡単変更は、CTRL+SHIFT+カタカナ・ひらがな

正式には、ALT+カタカナ・ひらがな

OSバージョンやIMEバージョンに依存するかもですが、正式文書はこちらです。

Windows 8 での情報

「ローマ字入力」 と 「かな入力」 の切り替え方法( プロパティ設定 )

※ ▲には、『Windows 8 のタッチ キーボードで「かな入力」をする場合の手順が掲載されています。



posted by lightbox at 2013-12-28 09:40 | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペイント(mspaint) の線幅を変えるショートカット


描画確定前の状態で、Ctrl を押しながら + で太くなり、Ctrl を押しながら - で細くなります( + と - はテンキーです )







posted by lightbox at 2013-12-28 09:30 | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します
container 終わり

フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

CSS ドロップシャドウの参考デモ
BUTTONS (CSS でボタン)
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり