SQLの窓

2014年12月02日


PATH 環境変数メンテナンス : Redmond Path

Path_06

2009-07-18に最初に記事を書いた時から5年以上経過しており、現在オリジナルサイトは運営されていないような感じ(画像がリンク切れ)ですが、窓の杜からダウンロードできますし、内容が単純なので今でも使えます。

Redmond Path( 窓の杜 )

ソフトそのものはWindows ですが、PATH 環境変数のお世話になるのはコマンドプロンプトで実行されるアプリケーションがメインです。

Windows でも GUI で変更できますが、とても面倒で失敗しやすいのでおすすめできません。でも、これなら非常に簡単です。


操作の概要はこちらのページを参照して下さい


posted by lightbox at 2014-12-02 12:25 | フリーソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月13日


Bandicam の静止画を使って、デスクトップキャプチャを効果的に



ダウンロードページ

Bandicam のいいところは、一般的な他のソフトがウインドウ単位や、ドラッグして範囲指定するのに対して、透過ウインドウを利用しているところです。これだと、上の設定ダイアログのような対処(Excelとの連携プレイ)が可能になります。



1) ウインドウ選択

 まず、透過ウインドウの虫眼鏡アイコンをクリックした後に対象ウインドウを選択すると、透過ウインドウがそのウインドウを囲みます。



この時に、このウインドウのサイズを覚えてくれます。そして、第一段階の画像化として、F11 キーでキャプチャします( F11 は設定ダイアログから変更できます )

2) 画像を 『ペイント』 で読み込んで赤枠を付加

画像は、保存先ディレクトリで設定されたフォルダに書き込まれるので、ペイントの画面上にドラッグ&ドロップするか、ファイルメニューから読み込みます。そしてペイントを使う目的として、注意する場所を赤枠で囲んだ後、クリップボードにコピーします。



3) Excel で吹き出しを追加

さらに、画像に効果として『吹き出し』を追加する為に Excel に貼り付けて、その上に吹き出しを追加します。

4) 透過ウインドウで再び画像化

ここで、最初に使った透過ウインドウが役に立ちます。大きさは最初と同じなので、近い位置に移動して矢印キーで微調整後、F11 で画像化します。

設定画面の扱い

最小化ボタンが二つあり、左側だと常駐になり、右側だとタスクバーに表示されます。



(いずれにしても、常駐用のウインドウの中には表示されます)



※ 右がオプションダイアログで、左が透過ウインドウです

透過ウインドウの扱い

透過ウインドウは、実際の操作用のアイコンがタイトル部分に多くありますが、表示・非表示を切り替えるのは、CTRL + ALT + H キー です。それ以外は、通常の静止画だけならば、F11 キーでこと足りるので特別使用する必要はありませんが、以下のようになっています。

▼ GIF アニメーションによる、概要


カメラアイコンは静止画キャプチャーで、REC アイコンは動画のキャプチャー開始です。動画では、無料版はキャプチャー(録画)した動画にロゴ(ウォーターマーク)が表示されます。無料版ではキャプチャー(録画)時間が10分に制限されています。


posted by lightbox at 2014-10-13 18:09 | フリーソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月15日


VBScript : dump.vbs ( 昔MS-DOS にあった dump.exe を模倣したスクリプトです )



dump.zip の中には、dump.vbs が入っているだけです。dump.vbs を Windows フォルダに保存するのが一番簡単ですが、パスの通ったフォルダならどこでもかまいません。

実行は、
dump ファイルバス
とするか、
dump ファイルバス 出力先
の二通りです。

内部で再び cmd.exe を呼び出して、cscript.exe で実行していますので、新しいコマンドプロンプトが表示されて実行されます。1024 パイトまでのファイルですと、内容が表示されて pause 状態になります。1024 バイトより大きい場合は、more で実行されます。

出力先を指定すると、リダイレクトを使って出力されます。

ソースコード
Dim Fs,Stream
Set Fs = CreateObject( "Scripting.FileSystemObject" )

Crun()

' ****************************************************
' ファイルを16進数でダンプします
' ****************************************************
Dim InFile
Dim Kana
Dim KjFlg
Kana = Array( _
"。","「","」","、","・","ヲ","ァ","ィ","ゥ","ェ","ォ","ャ","ュ","ョ","ッ", _
"ー","ア","イ","ウ","エ","オ","カ","キ","ク","ケ","コ","サ","シ","ス","セ","ソ", _
"タ","チ","ツ","テ","ト","ナ","ニ","ヌ","ネ","ノ","ハ","ヒ","フ","ヘ","ホ","マ", _
"ミ","ム","メ","モ","ヤ","ユ","ヨ","ラ","リ","ル","レ","ロ","ワ","ン","゙","゚" )

Set Stream = CreateObject("ADODB.Stream")

InFile = WScript.Arguments(0)

Dim LineBuffer,DispBuffer,CWork,nCnt,strBuff,i,j

if not Fs.FileExists( InFile ) then
	Wscript.Echo "ファイルが存在しません"
	Wscript.Quit
end if

' ------------------------------------------------------
' Stream のオープン
Stream.Open
 
' ------------------------------------------------------
' Stream タイプの指定
Stream.Type = 1		' StreamTypeEnum の adTypeBinary
 
' ------------------------------------------------------
' 既存ファイルの内容を Stream に読み込む
Stream.LoadFromFile InFile
 
' ------------------------------------------------------
' バイナリ型の Stream オブジェクトからを読み取って加工
Bcnt = 0
nCnt = 0
KjFlg = ""

Do while not Stream.EOS

	if ( nCnt MOD 16 ) = 0 then
		Wscript.Echo "          0  1  2  3  4  5  6  7" _
		& "  8  9  A  B  C  D  E  F"
		Wscript.Echo "--------------------------------" _
		& "------------------------------------------"
	end if

	' 16 バイトの読込
	LineBuffer = Stream.Read(16)

	strBuff = ""
	For i = 1 to LenB( LineBuffer )
		CWork = MidB(LineBuffer,i,1)
		Cwork = AscB(Cwork)
		Cwork = Hex(Cwork)
		Cwork = Ucase(Cwork)
		Cwork = Right( "0" & Cwork, 2 )
		DispBuffer = DispBuffer & Cwork & " "
		strBuff = strBuff & CharConv( Cwork )
	Next

	Wscript.Echo _
		Right( _
			"00000000" & Ucase(Hex( nCnt * 16 )), 8 _
		) & " " & _
		Left(DispBuffer & String(49," "), 49 ) & strBuff
	DispBuffer = ""

	nCnt = nCnt + 1
 
Loop
 
' ------------------------------------------------------
' Stream を閉じる
Stream.Close

Set Stream = Nothing
Stream = Empty
Set Fs = Nothing
Fs = Empty

' ****************************************************
' 生データのテキスト
' ****************************************************
function CharConv( HexCode )

	Dim nCode

	nCode = Cint( "&H" & HexCode )

	if KjFlg = "" then
		if &H81 <= nCode and nCode <= &H84 or _
			&H88 <= nCode and nCode <= &H9f or _
			&HE0 <= nCode and nCode <= &HEA then
			KjFlg = HexCode
			CharConv = ""
			Exit Function
		end if
	else
		if HexCode <> "00" then
			KjFlg = KjFlg & HexCode
			CharConv = Chr( Cint( "&H" & KjFlg ) )
		else
			CharConv = ".."
		end if
		KjFlg = ""
		Exit Function
	end if

	if 0 <= nCode and nCode <= &H1F then
		CharConv = "."
	end if
	if &H20 <= nCode and nCode <= &H7E then
		CharConv = Chr(nCode)
	end if
	if &H7F <= nCode and nCode <= &HA0 then
		CharConv = "."
	end if
	if &HA1 <= nCode and nCode <= &HDF then
		CharConv = Kana(nCode-&HA1)
	end if
	if &HE0 <= nCode and nCode <= &HFF then
		CharConv = "."
	end if

end function

' **********************************************************
' Cscript.exe で実行を強制
' ウィンドウをアクティブにし、最大化ウィンドウとして表示(3)
' Cscript.exe の実行終了後 pause で一時停止
' **********************************************************
Function Crun( )

	Dim str,WshShell

	Set WshShell = CreateObject( "WScript.Shell" )
	str = WScript.ScriptFullName

	if Wscript.Arguments.Count = 0 then
		Wscript.Echo "1) dump ファイルパス" & vbCrLf & "2) dump ファイルパス 出力ファイル"
		WScript.Quit
	end if

	if Wscript.Arguments.Count = 1 then
		if not Fs.FileExists( Wscript.Arguments(0) ) then
			Wscript.Echo "ファイルが存在しません"
			Wscript.Quit
		end if

		Set FileObj = Fs.GetFile( Wscript.Arguments(0) )
		if FileObj.Size <= 1024 then
			Call WshShell.Run( "cmd.exe /c cscript.exe " & Dd(str) & " " & Dd(Wscript.Arguments(0)) & " dummy dummy & pause", 3 )
		else 
			Call WshShell.Run( "cmd.exe /c cscript.exe " & Dd(str) & " " & Dd(Wscript.Arguments(0)) & " dummy dummy | more", 3 )
		end if
		WScript.Quit
	end if
	if Wscript.Arguments.Count = 2 then
		if not Fs.FileExists( Wscript.Arguments(0) ) then
			Wscript.Echo "ファイルが存在しません"
			Wscript.Quit
		end if
		Call WshShell.Run( "cmd.exe /c cscript.exe " & Dd(str) & " " & Dd(Wscript.Arguments(0)) & " dummy dummy > " & Dd(Wscript.Arguments(1)), 3 )
		WScript.Quit
	end if

End Function
' **********************************************************
' 文字列を " で囲む関数
' **********************************************************
Function Dd( strValue )

	Dd = """" & strValue & """"

End function

以下は dump.zip をダンプ実行したコマンドプロンプトの状態です





posted by lightbox at 2014-06-15 17:37 | フリーソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月01日


UltraVNC : 2014/6/1 現在。ひさしぶりに使ってみて変わっていた事( プロジェクタに特化? )

最新バージョンは、1.1.9.6 Monday, 16 December 2013 です。要するにこのバージョンがリリースされて約半年経過しています。



オリジナルサイトからのダウンロードは英文サイトの中でも解りにくい系のもので、日本人ですし広告等のトラップにひっかかりやすいです。ですから、素直に窓の杜からダウンロードするといいと思います( 1.1.9.6 でした )

▼ 窓の杜からインストールしたもの



UltraVNC はとても便利で強力なソフトウェアです。その為、操作には慣れておいて英文のまま使えるようになっておく事が重要です。時々日本語化されていますが、日本語化というのは、オリジナルに変更を加えて、その差分をオリジナルに対して更新する為のプログラムを提供する形になるので、バージョンアップがあると使えなくなります。

過去、何度も見てきましたが、バージョンアップしていい機能が追加されても、そうそう日本語化はされないのでせっかくの機能や、問題が起こりにくくなっていてもその恩恵を受けられません。UltraVNC はほんの少しの設定方法と(殆どデフォルトで動くので)メニューの操作方法さえ知っておけばいいアプリケーションです。根本的なものは、リモートで他の PC を操作する 事なので、そこはそもそも日本語ですし。

サーバー設定



1) パスワードの設定



これは昔から設定すべき場所ですが、設定画面はだいぶ変わってしまって、カテゴリ分けしてタブで表示してますね。昔はもっと大きい画面だった記憶があります。

2) リモートで操作可能にする



Disable Viewers Input のチェックを外すのが重要です。そもそも、リモートで操作する事が目的なのに、デフォルトでできないようになっています。

ただ、プロジェクタ用の PC から目的の PC に入って、いろいろな場所の PC の内容を表示するような目的(操作は向こう側で行います)であれば、リモートで操作するような設定であれば、逆に余計な通信が起こる可能性があるのでデフォルトでもかまわないと思います。

単純なリモートアクセスであれば、Windows で純正機能があるので、それと差別化した結果このようなデフォルトになったのかもしれません。とにかく、プロジェクタに映せる PC は普通一つですが、リモート対象の PC は無制限(地球の裏側でもいい)ですから、いろいろな発表場所で UltraVNC はとても重要で貴重な存在であると思います。

※ あと、ファイル転送とか便利ですよね
※ japanese はチェック。v102 はちょっと特殊なキーボード(多国語用)だと思いますが、普段キーボードからの入力はしないのであまり気にした事がありません( つまり、詳細な仕様を知ろうと思った事がなく、かつ困った記憶が無い )


posted by lightbox at 2014-06-01 16:23 | フリーソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月21日


プレゼンテーション用のズームソフト「梨ズーム」



Windows7 では「StretchBltを使用する」にすれば軽快に使えます。
Windows8 では、StretchBlt を使用しなければ、多少のもたつきを感じはしますが、十分使えます。



このソフトは、拡大鏡のようにデスクトップ内の一つのウインドウとして拡大したものを表示するのでは無く、デスクトップ全体に指定倍率で一気に表示変換するというもので、そのまま操作ができる為、操作の説明にとても適しています。また、プレゼン中にキー操作一つで特定部分の拡大ができるのでとても使いやすいものです。

▼ デスクトップ全体に4倍表示


以前、XP で QZoom というソフトを使っていましたが、Windows7 でカクカクとして全く使える状態では無かったので、他を探していた時に Windows7 でのレビュー記事をみつけました。それによると、「Program Files」内に置いて、StretchBlt を有効にすると使えるとあったので試してみると使えました。

StretchBlt は、Windows Vista 以降でのみ使用でき、XP ではグレー表示で使え無くなっています。この StretchBlt を有効にしないで Windows7 で実行すると、QZoomと同じくカクカクしていました。ですから、これでたぶん問題無いのだろうと思います。

実行すると、最初に設定ダイアログが表示され、最初に閉じた時に設定ファイルを作成します。以降は設定ダイアログは表示されないので、タスクバーのアイコンを右クリックして、メニューから設定を選択します。



設定ファイルのあるフォルダを開くスクリプトはこちらからダウンロードできます。

設定は自由ですが、ホットキーとして 1、2、3、4 倍を設定しておけば当面問題は無いと思います。終了も必要なので、CTRL+Q で設定しました。



テンキーの該当数字にその倍率を設定しています。ホットキー入力フィールドにカーソルを置いて、使いたいキーを押すと設定が表示されますので、設定ボタンを押します。これらは、設定ファイルに保存されますから、それを USB 等に入れて行き先の設定ファイルと交換すれば、慣れたキーですぐ使えるようになります( 元のファイルはリネームして保存しておけばいいです )




posted by lightbox at 2013-11-21 00:59 | フリーソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月13日


PrimoPDF 日本語版4.1 / 英語版だと、現在 5.1 でした。

▼ 5.1 英語版


英語版

日本語版は長い間バージョンアップされていないようです。ただ PDF に変換するだけなので、英語版でもいいと思います。実際、メジャーバージョンが一つ違ったらかなり違うと思います。

▼ 4.1 日本語版
Primo2

最初英語版を使用しはじめたのは、4年以上前だったような記憶があります。

最近はインストール時にユーザ登録を求められたりしますが、基本的には無視できるので問題はありません。ダウンロードもVector からすると良いと思います

アプリケーションから印刷のテストをする場合、実際に紙に出しているとコストや時間がかかりますし、プレビューだと本当の意味でのテストにならないし、そもそもプレビューできない出力もあります。その場合とても重宝するソフトウェアです。

もちろん一般利用では、PDF へのドキュメント変換という使い道があります。


Primo1


更新履歴
2009-10-14 : 記事作成( この時 4.1 で、今も 4.1 )
2013-04-13 : 最新版(英語版) をインストールして動作確認


posted by lightbox at 2013-04-13 06:03 | フリーソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フリーソフト : Autoruns for Windows : 自動起動アプリケーションを一時解除等



Autoruns for Windows ダウンロードページ

HELP を見ると 64ビットでも動くと書いてありました
Autoruns works on Windows XP and higher, including 64-bit Windows.

Autoruns for Windows
Microsoft の TechNet よりダウンロードできます。システム的に登録されたアプリケーションをレジストリレベルで登録したり解除したりするツールで、最も重要な「自動起動」のレジストリエントリをその名前として使用しています。 日本語化パッチは、Autoruns 日本語化 から手に入りますが、本体がけっこう頻繁にアップデートされているようですし、日本語化と言っても特に必要無い程度なので無理に日本語化する必要は無いと思います 更新履歴 2009-11-20 : 記事作成 2013-04-13 : v11.50 を動作確認
posted by lightbox at 2013-04-13 05:40 | フリーソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月04日


FileZilla FTP クライアントのサーバー情報の引っ越し作業

3.3.4 から引っ越ししましたが動作確認しました。
( ダウンロードは zip で十分です )



定義ファイルのあるフォルダは、Windows7 では『C:\Users\ユーザー\AppData\Roaming\FileZilla』ですが、以下のスクリプトで開く事ができます。
open_FileZilla.vbs
Set obj = CreateObject("Shell.Application")
Set objFolder = obj.NameSpace( &h1a )
obj.Explore(objFolder.Self.Path&"\FileZilla")
Set obj = Nothing

※ フォルダ定数の情報はこちらです

sitemanager.xml

このファイルに接続する為のサイトの情報が書かれているので、そのままコピーして引っ越し可能です。

このファイルを見ると解りますが、パスワードがそのままここに保存されているので、FileZilla を利用する場合は、パスワードは常に入力するようにする必要があります。

        <Server>
            <Host>localhost</Host>
            <Port>21</Port>
            <Protocol>0</Protocol>
            <Type>0</Type>
            <User>lightbox</User>
            <Pass>1234567890</Pass>
            <Logontype>1</Logontype>
            <TimezoneOffset>0</TimezoneOffset>
            <PasvMode>MODE_DEFAULT</PasvMode>
            <MaximumMultipleConnections>0</MaximumMultipleConnections>
            <EncodingType>Auto</EncodingType>
            <BypassProxy>0</BypassProxy>
            <Name>ダミー</Name>
            <Comments></Comments>
            <LocalDir></LocalDir>
            <RemoteDir></RemoteDir>
            <SyncBrowsing>0</SyncBrowsing>ダミー
        </Server>

 
 
タグ:FileZilla
posted by lightbox at 2012-05-04 20:25 | フリーソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月15日


phpMyAdmin(2.11.11.3) のインストール



とても簡単になっていました。

Documentation.txt の Quick Install として、以下のような内容を config.inc.php の中に書くだけでその場所(index.php)にアクセスすると動作します。

blowfish_secret は、任意の英数字文字列であれば良いですが、一応手動でconfig.inc.php 作成する方法も書かれてあったので、そちらで作成された文字列を使っています。
<?php

$cfg['blowfish_secret'] = '4da7f82e7d0da9.94927655';

$i=0;
$i++;
$cfg['Servers'][$i]['auth_type']     = 'cookie';

?>

手動で作成する方法は、config ディレクトリを作成して、書き込み可能なように設定をしておいてから、scripts/setup.php にアクセスします。

まず、Server を追加して各所の設定値を変更してから Save で保存すると、config ディレクトリ内に書きこまれるので、それを index.php があるところへコピーして、config.inc.php の書き込み権限を解除します。

内容はすべて必要かどうかは、自分で判断して書き換えます。その時には、ドキュメントの、Documentation.html#cfg_PmaAbsoluteUri から下を読む必要があります
<?php
/*
 * Generated configuration file
 * Generated by: phpMyAdmin 2.11.11.3 setup script by Michal <michal@cihar.com>
 * Version: $Id$
 * Date: Fri, 15 Apr 2011 10:07:18 GMT
 */

/* Servers configuration */
$i = 0;

/* Server localhost (cookie) [1] */
$i++;
$cfg['Servers'][$i]['host'] = 'localhost';
$cfg['Servers'][$i]['extension'] = 'mysqli';
$cfg['Servers'][$i]['connect_type'] = 'tcp';
$cfg['Servers'][$i]['compress'] = false;
$cfg['Servers'][$i]['auth_type'] = 'cookie';

$cfg['Servers'][$i]['AllowDeny']['order'] = '';

$cfg['Servers'][$i]['AllowDeny']['rules'] = array();



/* End of servers configuration */

$cfg['AllowAnywhereRecoding'] = false;
$cfg['DefaultCharset'] = 'utf-8';
$cfg['RecodingEngine'] = 'iconv';
$cfg['IconvExtraParams'] = '//TRANSLIT';
$cfg['blowfish_secret'] = '4da817a9d83755.48807725';
?>




posted by lightbox at 2011-04-15 19:00 | フリーソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月14日


net2ftp : すぐ使える為の WEB ベース FTP クライアント

自分の PC に、WEB サーバーと PHP があればすぐ使えます。WEB サーバーも Apacheである必要は無く、AN HTTPD で動作確認しました。

関連する記事

「AN HTTP Server」 の基本的な開発用設定ガイドライン 


まずはダウンロード。



このページの 左側の赤い枠の中にあるリンクをクリックするとダウンロードできます。解凍して実行するだけで、基本的には使用する事ができます。

右側のログインから、直接自分サーバーへつないで使用する事もできますが、さすがにセキュリティ上よろしくないのでここから実行する場合は、どうしても他に代替え方法が無い場合にしましょう。また、自分の使っている FTPサーバが FTPS や SFTP が使える場合は、きちんとしたクライアントソフトを使用する事をおすすめします。


localhost より実行



解凍したフォルダが localhost からアクセスできるようにして、index.php を実行します。
( index.php は、files_to_upload ディレクトリにあります。)
実行してからまず、「言語」を日本語に変更すると、クッキーに保存されて以降は日本語表示になります。これを最初から設定したい場合は、settings.inc.php 内の変更します。

$net2ftp_settings["default_language"] = "ja";

※ また、通常 passive モードでないと動作するサーバーが少ないと思いますので、チェックしておいて下さい。


一覧画面

接続が完了すると以下のような画面になります。直接 FTP サーバーに対する処理が可能な上に、通常の FTP クライアントには無い、「ファイルの新規作成」や、「編集」機能を実行する事が可能です。




編集画面

※ この画面のテキストエリアは、IEのみ「タブ」キーが有効で、タブが挿入されます。
※ 「CodePress」を選択すると、行番号が表示されます
※ Google Chrome では、CodePress は選択できません。



コンボボックスより、キャラクタセットが選択できます。問題が起きにくいように UTF-8 で統一するといいと思いますが、既にあるファイルは自動的に判断してくれます。


注意事項

■ 前の画面に戻る必要がある場合は、ブラウザの「戻る」を使用しないで下さい。
■ ログアウトすると画面の英語の文章中にログイン画面へのリンクがあります。
( You have logged out from the FTP server. To log back in, follow this link. )
■ Admin はあまり意味無いので利用しなくてもいいと思います。
■ MySQL を使ってログを出力できるようですが、これも特に必要ありません。
■ 「閲覧」リンクは、EUC-JP で固定になっているので、改造できない場合はどれかに統一します
※ ja.inc.php を 目的のキャラクタセットで保存して、以下のいずれかに変更する
$net2ftp_messages["iso-8859-1"] = "utf-8";
$net2ftp_messages["iso-8859-1"] = "euc-jp";
$net2ftp_messages["iso-8859-1"] = "shift_jis";
■ 「表示」リンクはバグっていますので、直接ソースを変更する必要があります

■ レンタルサーバーで使用する場合は、temp ディレクトリに書き込み権限を設定して下さい

skins/blue/browse_main_details.template.php の 253行目
( デフォルトのスキンでのみ確認 )
<?php				if ($net2ftp_settings["functionuse_open"]   == "yes") { ?><td style="cursor: pointer; cursor: hand;" title="<?php echo __("View the file %1\$s from your HTTP web server", $list_files[$i]["dirfilename_html"]); ?> &#13; <?php echo __("(Note: This link may not work if you don't have your own domain name.)"); ?>"><a target="_blank" href="<?php echo $list_links_js[$i]; ?>"><?php echo __("Open"); ?></a></td><?php } ?>
関連する記事

無料ホームページホスティングの「Toypark」が使っている
WEBベースのFTPクライアントは「net2ftp」と言ってとても使いやすいです。


posted by lightbox at 2011-04-14 15:16 | フリーソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月08日


解凍ソフト : +Lhaca 1.24 デラックス版の職人的使い方と知識


+Lhaca 1.24 デラックス版
まとめました。 ただ Vector からダウンロードして使うのでは無く、いろいろ情報を分類して解りやすく並べたつもりです。Vector のコメントを読めば解ると思いますが、lhaplus は、何かと現場運用ではトラブルがあるのでお勧めできません。 自分もいくつか経験していますが、少なくとも Shell 拡張を使いすぎているので、出先では使えません。Lhaca もインストーラはありますが、あれは便宜的なもので別に必要はありません。 とにかく全てにおいて扱いやすく、長年使っていますが特に問題が出た事は無く、特殊な処理は 7-Zip にまかせているのでこの二つでたいていは事足りますし、初心者向けに薦めるのも問題無いし説明もしやすいです。
posted by lightbox at 2010-04-08 12:06 | フリーソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月03日


Windows7 で動作確認 : 解像度を CTRL + SHIFT + 1、2、3 で切り替える常駐ソフト : Resolution Manager

以下の記述は、2010-04-03 の古い記事である上に、対象としているフリーソフトがさらに古いものである事を注意して下さい。

Resolution Manager 

結構用途が特殊なので、必要がある場合は少ないはずですが、Windows7 で運用を始めると XPモードも含めていろいろな事が必要になってきました。

そもそも、XP での経験が無かったので調べて無いのですが、少なくとも Windows7 では、ユーザ単位の解像度設定は無いので、1024x768 でしか動かない昔のソフトを稼働させる為に必要になってしまいました。

XP モードに入れる方法もあったのですが、いろいろ運用上の問題があって Windows7 に入れてしまい、解像度が他のユーザでも変わったまま・・・と言うトラブル対応です。

結論として、Windows7 で動作していますが、少し古いソフトでもありますし、元々ユーザ単位の処理には不具合があるようなので、ユーザー登録は絶対しないほうがいいです。

まず、間違い無く混乱します。アプリ単位はまだ試していませんが、無理に個別にするよりCTRL+SHIFT+(1 or 2 or 3) で切り変えたほうが良いと思います。ただ、常駐していないと動作しませんし、切り替えてから常駐解除すると元へ戻らないと思います。ですから、運用規則をきちんと確立する必要があるでしょう。

※ 1 or 2 or 3 は、テンキーは動作しません

あと、All User でインストールすると全てのユーザで常駐してしまうので、All User のスタートアップから削除したほうがいいと思います。また、その場合、Windows7 の場合は、Program Data というディレクトリ内の関係ディレクトリ内にスタートアップがあります。


posted by lightbox at 2010-04-03 13:05 | フリーソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月24日


32ビット限定(HTA) : コンピューターアイコンを右クリックして表示されるポップアップメニューにユーザメニューを追加・修正・削除するツール

2010/03/24 : 実行タイプ(スケルトン)を選べるようにました

Shell_comp_2



Computer_icon_menu2


機能

1) 追加・修正・削除
2) 位置移動
3) 入力されたコマンドをテストする
4) 登録されているレジストリを regedit.exe で開く


関連する記事

コンピュータアイコンに設定するメニュー ( Windows8 デスクトップでも可 )


タグ:SHELL
posted by lightbox at 2010-03-24 16:01 | フリーソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月17日


RealVNC と UltraVNC のパスワードを表示する

Vncpassview

VNCPassView - Recover the passwords stored by VNC

ダウンロードして、解凍して実行するだけで両方のパスワードを表示してくれますが、どちらがどっちと言うのは表示されないですね。たぶんバージョン的に Real が 4と暗黙の了解でしょうか。

VNC はおそらく、ローカルネットワークで使う事が多いと思いますので、パスワードが解らなくなっても入れなおせばいいのですが、パスワードを勝手に変えれない場合の飛び道具として使えると思います。めったに無いかもしれませんが、エンドユーザの了解のもとで、「なんとかして下さい」と言われるかもしれません。


関連する記事

IEのオートコンプリートでパスワードが登録されなくなった場合の対処


タグ:パスワード
posted by lightbox at 2010-03-17 13:12 | フリーソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月10日


IEのオートコンプリートでパスワードが登録されなくなった場合の対処

IE PassView というソフトでそのページのエントリを削除して下さい
( 右クリックしてポップアップメニューから )
Iepassview

同じ行が二つある場合がありますが、二つとも削除されると思います。良くみると、いくつか空白のパスワードで登録されていましたし、パスワードを変更する前のエントリも残っていたので、オートコンプリートそのものの動作がいろいろ問題あるようです。

Microsoft のドキュメントでは、Protected Storage サービスが停止していないかとか、新しいユーザを作れとか解決にならない事が書いているのをみかけましたが、この方法で問題無いと思います。


※ パスワードはそのまま全て表示されます


関連する記事

RealVNC と UltraVNC のパスワードを表示する


タグ:トラブル
posted by lightbox at 2010-03-10 09:32 | フリーソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します


Windows
container 終わり

フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

Android SDK ポケットリファレンス
改訂版 Webデザイナーのための jQuery入門
今すぐ使えるかんたん ホームページ HTML&CSS入門
CSS ドロップシャドウの参考デモ
PHP正規表現チェッカー
Google Hosted Libraries
cdnjs
BUTTONS (CSS でボタン)
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり