SQLの窓

2014年12月12日


Twitter 上のつぶやきの中で表示されている短縮リンクや一部が省略されたURLをクリップボードへコピーする IE 拡張

▼ インストール(zip書庫)


Twitter 上のつぶやきの中で表示されている短縮リンクや一部が省略されたURLは、属性として展開した URL を持っています( data-expanded-url )。マウスカーソルを置くと、表示されますがそのままでは使え無いのでクリップボードにコピーします。

ie_twitter_expanded_link.wsf をエクスプローラからダブルクリックして下さい。

インストールは AppData\Roaming\laylaClass に行われます。

アンインストールは以下のコマンドをコマンドプロンプトで実行するか、同梱の
uninstall.bat をエクスプローラからダブルクリックして下さい

reg delete "HKCU\Software\Microsoft\Internet Explorer\MenuExt\Twitter 用 URL取得"
▼ 実行用 expanded_link.htm の内容
<meta http-equiv="content-type" content="text/html; charset=SHIFT_JIS">
<SCRIPT language="VBScript">

	Dim WshShell,RegName,strLocation,obj,doc

	Set WshShell = CreateObject("WScript.Shell")
	RegName = "Twitter 用 URL取得"

	' *************************************************
	' ウインドウサイズ
	' *************************************************
'	window.dialogWidth = "900px"
'	window.dialogHeight = "610px"

'	window.dialogTop = "100px"
'	window.dialogLeft = (window.screen.width/2)&"px"

	on error resume next
	ExecuteGlobal "function dummy(): end function"
	on error goto 0

	' SHIFTとCTRL用変数
	Dim keyflg1,keyflg2
	keyflg1 = False
	keyflg2 = False

Function setObj( src )
	Set obj = src
End Function
</SCRIPT>

<SCRIPT language="JavaScript">
setObj(external.menuArguments.event.srcElement);
</SCRIPT>
<html>
<head>
<title>Twitter 用 URL取得</title>
<meta http-equiv="content-type" content="text/html; charset=SHIFT_JIS">
<base target="_self">
</head>
<BODY>
<!--SHIFTとCTRLがおされているかどうかを取得するボタン-->
<INPUT id="btn" type=button onClick='keyflg1=window.event.shiftKey:keyflg2=window.event.ctrlKey'>
</BODY>
</html>
<SCRIPT language="VBScript">

	' ボタンの呼び出し
	document.getElementById("btn").click()

	on error resume next
	' *************************************************
	' アンカーの処理( レジストリ 0x20 )
	' obj は、カーソル下のオブジェクト
	' *************************************************
	tag = obj.tagName
	if Err.Number <> 0 then
		str = "カーソル下のオブジェクトを取得できませんでした"
	else

		tag = Ucase( tag )
		' *************************************************
		' リンクの場合
		' *************************************************
		if tag = "A" then

			stra = obj.getAttribute("data-expanded-url")
			if not IsNull(stra) then

				if Right(stra,1) = "/" then
					stra = Left(stra,Len(stra)-1)
				end if
				stra = Replace(stra,"/?", "?")
				alert(stra)
				Call window.clipboardData.setData("Text", stra )
			end if

		end if

	end if
	on error goto 0

</SCRIPT>




タグ:IE IE拡張
posted by lightbox at 2014-12-12 14:23 | IE拡張メニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月15日


IE拡張メニュー のメンテナンスアプリケーション( HTA )





IE拡張メニューの表示・非表示を切り替える
※ アンインストールをせずに、個別に表示したり表示しないようにします。
※ グループ化して、グループ単位に表示・非表示の設定もできます。
※ 実行すると、IE のツールメニューに登録します
※ メンテナンス画面で、IE のツールメニューから削除できます
※ 個別にIE 拡張メニューを削除できます
※ 個別にアプリケーションを登録したエディタで開く事ができます
※ 個別にレジストリエディタの定義場所を開く事ができます
※ レジストリエディタを使うと、メニューのタイトルを変更できます
posted by lightbox at 2014-07-15 17:34 | IE拡張メニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月16日


IE拡張 : Twitter用埋め込みコードを取得

▼ 以下からダウンロードして、解凍してエクスプローラから『install_ie_twittre_embed.wsf』を実行するとインストールされます




2014/01/16 更新
1) パラメータに lang=ja を追加して日付を日本表記にしました
( GET statuses/oembed は、古い仕様のまま存続されています )
2) アンインストールボタンを削除( Windows のセキュリティ対応 )
3) コードのテストで、クリップボードにコピーしてテストウインドウを表示するのみに変更
( IE のセキュリティ制限の対応 )
2013/01/28 更新
1) パッケージ形式変更
2) オリジナルの取得コードと同じになるように変更(オプション無し)
2013/01/01 更新
Windows7 でサーバーオブジェクトが正しく動作していませんでしたので、クライアントオブジェクトに変更しました。
× Msxml2.serverXMLHTTP
○ Msxml2.XMLHTTP
アンインストールは以下のコマンドを実行して下さい reg delete "HKCU\Software\Microsoft\Internet Explorer\MenuExt\Twitter用埋め込みコード取得" 新しいデザインでは、詳細ページから取得できますが、複数のツイートからいくつも貼り付けコードを取得したい場合は手間がかかります。しかしこれだとタイムラインからすぐ取り出せます。 古いデザイン 実行時のダイアログ コードのテストボタンは、HTMLとJavaScriptを実際に表示テストする為のページを開きます 操作 Twitter のタイムラインの日付部分で右クリックして『Twitter用埋め込みコード取得』で実行します。詳細ページでは、どこのリンクでもいいので右クリックして下さい。 以下は取得した結果を貼り付けています


タグ:twitter IE
posted by lightbox at 2014-01-16 00:34 | IE拡張メニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月07日


IE拡張 : 「このページの情報」そのページの URL やタイトル文字列を使用して様々な文字列を加工しなおして、クリップボードに転送( テキストエリアにもセット ) する

ブラウザの適当な場所で右クリックから、−●このページの情報 を実行してください

SkyDrive へ移動


▼ Windows7( IE9 )


▼ Windows8( IE10 )

左一列のボタン

左端の一列は、そのページの URL と タイトルを使った文字列を作成してメッセージボックスで表示するとともにクリップボードへ転送して、ダイアログ内のテキストエリアへ転送します。

1) メッセージボックスで作成した文字列の確認
2) クリップボードへの転送
3) テキストエリアへの転送

そのメッセージボックスで「OK」ボタンをクリックすると、そのままダイアログを閉じますが、「キャンセル」ボタンの場合は、ダイアログへ戻ってテキストエリアを編集できます。

また、編集後の文字列を再度クリップボードに転送する事も可能です。


中央ボタン

ページ内のボタンに表示してある内容の一覧をテキストエリアへ転送します。「URL のみ」のチェックボックスをチェックすると、チェックボックスより上のボタンでは、URL 部分のみの一覧をテキストエリアに転送します。
その際、クリップボードにも転送されています

bit.ly 短縮URLでは、用意したサイトのアプリを読みだして、URL を短縮 URL に変更して返します


右一列のボタン

ソース表示では、そのページのテキストを innerHTML で取得して表示しているのみです。

クッキーと localStorage は、 key=value の形式で一覧表示します。
( クリップボードにコピーしています )


※ IE10 デスクトップ版でテストしています。

重要 : Windows8 になって、IE拡張からレジストリを削除できなくなっていたので、アンインストーラ用のスクリプトを作成して zip 書庫としてカタログしました。

変更履歴
2012-12-18 : 投稿
2013-04-07
1) 名称変更
2) フォーム要素とSTYLE要素を追加
3) パッケージにインストール場所(レジストリ) を開くスクリプトを付加



posted by lightbox at 2013-04-07 20:06 | IE拡張メニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月01日


Twitter のユーザーリンクを使用して、Twilog に転送する IE 拡張

2013/01/01 更新
Twitter の仕様変更で動かなくなっていたので修正

※ そのユーザへのリンクで右クリックして実行します
※ アンインストール方法は記事の最後の方法で可能ですが、Windows8 では動作しないので、『ファイル名を指定して実行』か、コマンドプロンプトから以下のように。
reg delete "HKCU\Software\Microsoft\Internet Explorer\MenuExt\Twitter 用 Twilog ジャンプ"

▼ ソースコード
IE 拡張 : Twitter 用 Twilog ジャンプ

▼ インストール
Twilog は、Twitter のツイートをユーザー単位で表示するサービスですが、その人が Twilog に登録していなくても、直近の 200 件を表示する事ができます。

Twitter の @ユーザ名のリンクや、左上のユーザーリンクを使用して、Twilog へのリンクを作成して新しいタブを開きます( IEの設定によってはウインドウが開きます )


※ そのリンクのドメインが、twitter.com の時のみ実行されます。
※ Twilog 内の @ユーザーリンクでも動作します

アンインストール方法

ALT を押してから、SHIFT と CTRL をどちらも押して実行します
( 同時に ALT と SHIFT と CTRL がおされている状態 )

確認ダイアログが出るので OK を選択すると削除されます



タグ:IE IE拡張
posted by lightbox at 2013-01-01 23:41 | IE拡張メニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月05日


IE拡張 : リンク再作成(HTML作成)

カーソル下のリンクを HTML に再変換してクリップボードへピーします。

Windows8 の デスクトップの IE10 でも動作します。

ダウンロードして解凍した中の ie_re_anchor をエクスプローラからダブルクリックして実行して下さい。

SkyDrive へ移動




カーソル下のリンクを再度リンク用のHTMLに変換します

【通常】target="_blank" で再構築
【SHIFT】target="_blank" なし

※ リンクを持つ画像の場合は、ALT または TITLE をリンクのテキストにします
( 画像にリンクが無い場合は、画像の URLをHREF にしたHTMLを取得します )

※ ALT または TITLE が無い場合は入力を求めます


※ 画像単独の場合は、画像をリンクにしますが、『画像へのリンク』というテキストになるので後から変更して下さい。





posted by lightbox at 2012-12-05 15:16 | IE拡張メニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月14日


自宅用Twitter投稿ツール / Twitter、bit.ly、Twitpic のAPIを自分で登録して使う : IE拡張

※ アカウントに関わる情報がレジストリに登録されるので、利用は『自宅のみ』を想定しています





Twitter 投稿用は、Twitter の「開発者」から移動してログインし、右上の ユーザーアイコンから
My Applications に入ってからアプリケーションを登録して、
Consumer Key
Consumer Secret
Access Token
Access Token Secret

を登録すると Twitter に投稿できます。

bit.ly Login と bit.ly Apikey を登録すると短縮URLが使える
ようになります。Twitpic Apikey を登録すると、画像を Twitpic
にアップロードできるようになります。

画像は、WEB 上で画像を右クリックして実行すると、アップロード
用に右側部分にその画像が表示されます。

インストール方法

1) openreg.bat を実行
( レジストリエディタを開いて、MenuExt へ移動します )

MenuExt の下にキーを作成します。この文字列が右クリックした
時のポップアップメニューに表示されます



※ @アカウント名 を使うといいと思います
※ いくつでも作る事ができます( 1フォルダ1ユーザ )



2) 作成したキーの「規定」に TwitLink_ex.htm へのフルパスを登録します

( SHIFT キーを押しながら右クリックするとパスをコピーできます )


※ 必ずパスからダブルクォートを削除してください


3) 以下の値を作成したキーの値として登録して下さい

Contexts	REG_DWORD	3f
Flags		REG_DWORD	1


4) TwitLink_ex.htm の 13、14、15 行目を変更します

RegName = "レジストリキー"
HomeUrl = "ホームURL"
strInstall = "インストールディレクトリ"

RegName		: 作成したキー
HomeUrl		: ログ投稿する為の URL( 無くても良い )
		※ ファイル名が無い場合は最後に / が必要です
strInstall	: 2) で登録したファイルのあるディレクトリのフルパス

(例)
	RegName = "@sworc"
	HomeUrl = ""
	strInstall = "C:\laylaClass\sworc"
IE で(画像を)右クリック ※ 設定ボタンをクリックすると設定入力フィールドが表示されます まず Twitter 投稿用に以下を登録します Consumer Key Consumer Secret Access Token Access Token Secret bit.ly の URL 短縮を利用する場合は以下を登録します bit.ly Login bit.ly Apikey 画像を Twitpic に投稿したい場合は以下を登録します Twitpic Apikey Twitpic への画像投稿は、IE 上で画像を右クリックして右サイド部分 でいったん Twitpic に投稿します。投稿が成功すると、Twitpic の URL が左の Twitter 投稿エリアへ転送されるのでそれを利用して Twitter へ投稿します
posted by lightbox at 2012-04-14 02:31 | IE拡張メニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月06日


IE拡張 : 要素の削除( WEBページキャプチャ時の広告削除等の為に )

WEBページをキャプチャする時、広告を消したい時があります。Firefox ですと、Firebug に
「要素の削除」があるのでそれを使いますが、IE開発ツールには「要素の削除」が無いので、開
発者ツールと連携はできませんが、単純なコンテンツならば簡単に削除できます
( SHIFT キーを押しながら実行すると、親コンテンツを削除 )

削除前に、tagName を表示して確認します。


インストール用




アンインストール方法

ALT を押してから、SHIFT と CTRL をどちらも押して実行します
( 同時に ALT と SHIFT と CTRL がおされている状態 )

確認ダイアログが出るので OK を選択すると削除されます


関連する記事

ブックマークレット : idによるエレメント削除( 主に IE用 )


posted by lightbox at 2011-12-06 15:44 | IE拡張メニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月27日


IE拡張 : リンク下の情報を取得

IE拡張メニューです。
ページ上で右クリックして表示されるポップアップメニューから
起動されるアプリケーションです。

▼一例▼
Ieex_menu
リンクのURL
ブラウザでダウンロード

画像、テキストリンク兼用です。

通常は、リンクされている部分の URL を取得します
<a href="url">タイトル</a>
<a href="url"><img src="url"></a>
※ 画像にリンクが無い場合は、画像の URL を取得
<img src="url">

SHIFT キーを押しながらだとリンクの HTML を全て取得します
<a href="url"><b>タイトル</b></a>

CTRL キーを押しながらだと現在のA要素のHTMLを全て取得します
<a href="url"><b>タイトル</b></a>
リンクのテキスト
ブラウザでダウンロード

テキストリンク専用です。

通常は、リンクされている部分のテキストを取得します
<a href="url"><b>タイトル</b></a>

SHIFT キーを押しながらだと URL を取得します
<a href="url">タイトル</a>

CTRL キーを押しながらだと現在のA要素のHTMLを全て取得します
<a href="url"><b>タイトル</b></a>
アンインストールは、IE拡張メニュー/メンテナンス を使用して下さい




posted by lightbox at 2009-09-27 21:17 | IE拡張メニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します


Windows
container 終わり

フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

Android SDK ポケットリファレンス
改訂版 Webデザイナーのための jQuery入門
今すぐ使えるかんたん ホームページ HTML&CSS入門
CSS ドロップシャドウの参考デモ
Google Hosted Libraries
cdnjs
BUTTONS (CSS でボタン)
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり