SQLの窓

2018年08月30日


GD で画像縮小。『1) 単純縮小、2) 幅にあわす 3) 高さにあわす 4) 任意の幅と高さ』をその他の処理も含めてクラスでまとめ( class GD )

読み出す画像は、短縮 URL で動作確認しています。使用目的としては、画像をアップロードして縮小して保存する事ですが、保存前に必要ならば GD を使って修正をする事も想定しています。

デモページ
<?php
# 新しいオブジェクト
$GD = new GD();

# WEB よりイメージを作成
# 短縮url で動作します
$GD->LoadJpeg( "https://bit.ly/2MCYPI0" );

# 赤のパレットを作成
$red = $GD->CreateColor( 255, 0, 0 );

# 線の太さを設定
$GD->SetLineWidth( 3 );

# パラメータの処理
if ( ctype_digit( $_GET['x'] ) ) {
	$x = $_GET['x'];
}
else {
	$x = 135;
}
if ( ctype_digit( $_GET['y'] ) ) {
	$y = $_GET['y'];
}
else {
	$y = 118;
}

# 楕円を描画
$GD->Arc( $x, $y, 60, 35, $red );

# 黒のパレットを作成
$black = $GD->CreateColor( 0, 0, 0 );

# 白のパレットを作成
$white = $GD->CreateColor( 255, 255, 255 );

# 点線のスタイルを作成
$style = array(
	$black,$black,$black,$black,$black,
	$white,$white,$white,$white,$white
);

# 線の太さを設定
$GD->SetLineWidth( 1 );

# スタイルを使用して斜め線を描画
$GD->Line( 20, 30, 200, 100, $style );

# 指定の大きさで新しいオブジェクトを作成
//@$GD->Copy( $GD2, 0.3 );
//@$GD->CopyW( $GD2, 100 );
//@$GD->CopyH( $GD2, 200 );
@$GD->CopyWH( $GD2, 600, 400 );

# 縮小画像をファイルとして保存
$GD2->SaveJpeg( "uf3_001.jpg" );

# ブラウザに表示
$GD2->Response( );

# 後処理
$GD->DestroyColor( $red );
$GD->Destroy( );
$GD2->Destroy( );


# ***********************
# クラス
# ***********************
class GD {

	var $im;
	var $type;

# ***********************
# コンストラクタ
# ***********************
	function GD( ) {
	}

# ***********************
# キャンバス作成
# ***********************
	function CreateCanvas( $Width, $Height, $Type="PNG" ) {
		$this->type = $Type;
		$this->im = imagecreatetruecolor($Width, $Height);
	}

# ***********************
# PNG ロード
# ***********************
	function LoadPng( $Target ) {
		$this->type = "PNG";
		$this->im = @ImageCreateFromPng($Target);
	}
 
# ***********************
# JPEG ロード
# ***********************
	function LoadJpeg( $Target ) {
		$this->type = "JPEG";
		$this->im = @ImageCreateFromJpeg($Target);
	}

# ***********************
# 色リソース作成
# ***********************
	function CreateColor( $Red, $Green, $Blue ) {
		$ret = ImageColorAllocate (
			$this->im,
			$Red, $Green, $Blue );
		return $ret;
	}

# ***********************
# 線幅設定
# ***********************
	function SetLineWidth( $Width ) {
		ImageSetThickness( $this->im, $Width );
	}

# ***********************
# 直線の描画
# ***********************
	function Line( $x1, $y1, $x2, $y2, $Option ) {
		if ( is_array( $Option ) ) {
			ImageSetStyle( $this->im, $Option );
			ImageLine(
				$this->im, $x1, $y1, $x2, $y2, IMG_COLOR_STYLED );
		}
		else {
			ImageLine(
				$this->im, $x1, $y1, $x2, $y2, $Option );
		}
	}

# ***********************
# 矩形の描画
# ***********************
	function Box( $x, $y, $w, $h, $Color, $fill=FALSE ) {
		if ( $fill ) {
			imageFilledRectAngle(
				$this->im, $x, $y, $x+$w, $y+$h, $Color );
		}
		else {
			ImageRectAngle(
				$this->im, $x, $y, $x+$w, $y+$h, $Color );
		}
	}

# ***********************
# 楕円の描画
# ***********************
	function Arc( $x, $y, $w, $h, $Color ) {
		ImageArc( $this->im, $x, $y, $w, $h, 0, 359, $Color );
	}

# ***********************
# ブラウザへ出力
# ***********************
	function Response( ) {
		switch( $this->type ) {
			case "PNG":
				header('Content-Type: image/png');
				ImagePng( $this->im );
				break;
			case "JPEG":
				header('Content-Type: image/jpeg');
				ImageJpeg( $this->im );
				break;
		}
	}

# ***********************
# PNG 保存
# ***********************
	function SavePng( $FilePath ) {
		ImagePng( $this->im, $FilePath );
	}

# ***********************
# JPEG 保存
# ***********************
	function SaveJpeg( $FilePath, $Quality=75 ) {
		ImageJpeg( $this->im, $FilePath, $Quality );
	}

# ***********************
# 色リソース開放
# ***********************
	function DestroyColor( $Color ) {
		ImageColorDeallocate( $this->im, $Color );
	}

# ***********************
# イメージの破棄
# ***********************
	function Destroy( ) {
		ImageDestroy ( $this->im );
	}

# ***********************
# 伸縮された新しいイメージの作成
# ***********************
	function Copy( &$New, $rate ) {
		$w = ImageSx( $this->im );
		$h = ImageSy( $this->im );
		$New = new GD();
		$New->im = ImageCreateTrueColor( $w * $rate, $h * $rate );
		$w2 = ImageSx( $New->im );
		$h2 = ImageSy( $New->im );
		ImageCopyResampled(
			$New->im,
			$this->im,
			0,0,0,0,
			$w2, $h2,
			$w, $h
		);
		$New->type = $this->type;
	}

	function CopyW( &$New, $w_new ) {
		$w = ImageSx( $this->im );
		$rate = $w_new / $w;
		$h = ImageSy( $this->im );
		$New = new GD();
		$New->im = ImageCreateTrueColor( $w_new, $h * $rate );
		$w2 = ImageSx( $New->im );
		$h2 = ImageSy( $New->im );
		ImageCopyResampled(
			$New->im,
			$this->im,
			0,0,0,0,
			$w2, $h2,
			$w, $h
		);
		$New->type = $this->type;
	}

	function CopyH( &$New, $h_new ) {
		$w = ImageSx( $this->im );
		$h = ImageSy( $this->im );
		$rate = $h_new / $h;
		$New = new GD();
		$New->im = ImageCreateTrueColor( $w * $rate, $h_new );
		$w2 = ImageSx( $New->im );
		$h2 = ImageSy( $New->im );
		ImageCopyResampled(
			$New->im,
			$this->im,
			0,0,0,0,
			$w2, $h2,
			$w, $h
		);
		$New->type = $this->type;
	}

	function CopyWH( &$New, $w_new, $h_new ) {
		$w = ImageSx( $this->im );
		$h = ImageSy( $this->im );
		$New = new GD();
		$New->im = ImageCreateTrueColor( $w_new, $h_new );
		$w2 = ImageSx( $New->im );
		$h2 = ImageSy( $New->im );
		ImageCopyResampled(
			$New->im,
			$this->im,
			0,0,0,0,
			$w2, $h2,
			$w, $h
		);
		$New->type = $this->type;
	}
}




タグ:gd PHP
【PHP + WEBアプリの最新記事】
posted by lightbox at 2018-08-30 12:05 | PHP + WEBアプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PHP : 指定ファイル名でダウンロード 『application/octet-stream』 と 『Content-disposition: attachment』

application/octet-stream を使う事によって、通常はブラウザに表示されてしまうようなファイルをダウンロードさせる事ができます。

また、保存時のファイル名を正しくする為に Content-disposition を使用しています。

PHP のオンラインマニュアル にはそのものズバリのサンプルが readfile のページにあります。

例1 readfile() によるダウンロードの強制
<?php
$file = 'monkey.gif';

if (file_exists($file)) {
    header('Content-Description: File Transfer');
    header('Content-Type: application/octet-stream');
    header('Content-Disposition: attachment; filename='.basename($file));
    header('Expires: 0');
    header('Cache-Control: must-revalidate');
    header('Pragma: public');
    header('Content-Length: ' . filesize($file));
    readfile($file);
    exit;
}
?>
リンク先のマニュアルでも説明されていますが、readfile はそもそもこのような目的で使われる事を想定しているようで、『メモリに関する問題はなく、 巨大なファイルを送ってもかまいません。』とあります。特殊な目的で出力する為に内容に加工を加えるような場合は、後述のような内容で読み込めばいいはずです。

但し、キャッシュ制御が有効の場合は際限なく読み込んでしまって out of memory エラーが出る場合があるので、ob_end_clean であらかじめキャンセルしておくといいと思います。

システム書き込みバッファの内容を出力したい場合、キャッシュ制御が有効の場合は flash と ob_flush の両方が必要です

ファイルサイズは無くてもダウンロード可能ですが、ただ、存在しないとクライアント側で何パーセント処理済みかの表示が不可能になります。

fread を使用して読み込む
<?
header( "Content-Type: application/octet-stream" );
header( "Content-disposition: attachment; filename={$_GET['download_target']}" );

$path = '../download/' . $_GET['download_target'];

$size = filesize( $path );

header( "Content-Length: $size" );

$fp = fopen( $path, 'rb' );

if ( $fp ) {

	while( TRUE ) {
		if ( feof( $fp ) ) {
			break;
		}
		$ret = fread( $fp, 1024 );
		print $ret;
	}

	fclose( $fp );
}

?>


ファイルの取得方法では、小さいファイルならば、file_get_contents で十分ですが、大きなファイルではメモリが大量に消費させる可能性を考慮する必要があります。さらに、大きなファイルでは PHP 側のタイムアウトの設定も必要になる可能性があります。また、他のサーバーから取り込む場合は、ファイルサイズを取得するのに cURL 関数が必要になります。( PHP 5.0.0 以降 では filesize がそのまま使えるようなニュアンスですが、stat() を http がサポートしていないので使えません )

※ 参考 : max_execution_time (30/PHP_INI_ALL)

▼ PHP マニュアルの投稿の引用
<?php
$remoteFile = 'http://us.php.net/get/php-5.2.10.tar.bz2/from/this/mirror';
$ch = curl_init($remoteFile);
curl_setopt($ch, CURLOPT_NOBODY, true);
curl_setopt($ch, CURLOPT_RETURNTRANSFER, true);
curl_setopt($ch, CURLOPT_HEADER, true);
curl_setopt($ch, CURLOPT_FOLLOWLOCATION, true); //not necessary unless the file redirects (like the PHP example we're using here)
$data = curl_exec($ch);
curl_close($ch);
if ($data === false) {
  echo 'cURL failed';
  exit;
}

$contentLength = 'unknown';
$status = 'unknown';
if (preg_match('/^HTTP\/1\.[01] (\d\d\d)/', $data, $matches)) {
  $status = (int)$matches[1];
}
if (preg_match('/Content-Length: (\d+)/', $data, $matches)) {
  $contentLength = (int)$matches[1];
}

echo 'HTTP Status: ' . $status . "\n";
echo 'Content-Length: ' . $contentLength;
?>

Result:

HTTP Status: 302
Content-Length: 8808759
cURL を使ったサンプル

PHP : WEBでもコマンドラインでもHTTPでファイルをダウンロードする



タグ:fread readfile PHP
posted by lightbox at 2018-08-30 04:37 | TrackBack(0) | PHP + 特記事項 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月29日


VBScript を使って HTTPプロトコルで PHP へファイルをアップロードする方法


関連する記事

ファイルのアップロード時のデータのダンプ

仕様を確認したわけではありませんが、boundary は、境界識別する為のユニークな文字列であると思われます。http ヘッダで指定した文字列を x とすると --x が境界で、改行コードが付加されます。一番最後の境界は --x-- です。
upload_target.php
<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<title>単純ファイルアップロード</title>
<meta charset="UTF-8">
<link rel="stylesheet" href="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/twitter-bootstrap/4.1.1/css/bootstrap.css">
<style>
#content,#result {
	padding: 20px;
}
#result {
	white-space: pre;
}
</style>
</head>
<body>
<div id="content">
	<form
		enctype="multipart/form-data"
		method="POST">
	
		<p>
			<input name="target" type="file" class="ml-4 btn btn-outline-primary">
			<a
				class="ml-4 btn btn-info btn-sm"
				href="<?= $_SERVER["PHP_SELF"] ?>">GET 再読み込み</a>
		</p>
		<p>
			<input type="submit" name="send" value="アップロード" class="ml-4 btn btn-outline-primary">
		</p>
	 
	</form>
</div>
<div id="result">
<?php
if ( $_SERVER['REQUEST_METHOD'] == "POST" ) {
 
	$upload = realpath("./");
	$upload .= ( DIRECTORY_SEPARATOR . $_FILES['target']['name'] );

	print "$upload\n";

	if ( move_uploaded_file($_FILES['target']['tmp_name'], $upload ) ) {
		print "<p>アップロードに成功しました</p>\n";
	}

	print_r( $_FILES );
}

?>
</div>
</body>
</html>


upload.wsf
<JOB>
<COMMENT>
************************************************************
 URLEncode用
************************************************************
</COMMENT>
<OBJECT id="Stream" progid="ADODB.Stream" />
<OBJECT id="StreamWorkBin" progid="ADODB.Stream" />
<OBJECT id="StreamBin" progid="ADODB.Stream" />
<COMMENT>
************************************************************
 HTTP通信用
************************************************************
</COMMENT>
<OBJECT id="objHTTP" progid="Msxml2.ServerXMLHTTP" />

<SCRIPT language=VBScript>

' **********************************************************
' アップロード用 URL
' **********************************************************
upload_url = "http://localhost/test/001/upload_target.php"
upload_file = "winofsql.png"
upload_type = "image/png"

' *********************************************************
' 送信準備
' *********************************************************
Call objHTTP.Open( "POST",upload_url, False )
' File Upload 用 HTTP ヘッダ
strBoundary = DateDiff("s", "1970/1/1 0:00:00",DateAdd("h",-9,now))
Call objHTTP.setRequestHeader("Content-Type", "multipart/form-data; boundary="&strBoundary)

' バイナリ変換用ストリーム
StreamWorkBin.Open
StreamWorkBin.Type = 1

' 最終バイナリストリーム
StreamBin.Open
StreamBin.Type = 1

' テキストストリーム
Stream.Open
Stream.Charset = "shift_jis"

' 開始セクション
Stream.WriteText "--" & strBoundary & vbLf
Stream.WriteText "Content-Disposition: form-data; name=""target""; filename=""uploadtest.png""" & vbLf
Stream.WriteText "Content-Type: "&upload_type& vbLf
Stream.WriteText vbLf
Stream.Position = 0

' テキストをバイナリに変換
Stream.CopyTo StreamWorkBin

' 第一セクションを書き込み
StreamWorkBin.Position = 0
StreamBin.Write StreamWorkBin.Read(StreamWorkBin.Size)

' 画像を読み込む
StreamWorkBin.LoadFromFile(upload_file)

' 画像を書き込み
StreamBin.Write StreamWorkBin.Read(StreamWorkBin.Size)

' バイナリワークをいったん閉じる
StreamWorkBin.Close
StreamWorkBin.Open
StreamWorkBin.Type = 1

' テキストをいったん閉じる
Stream.Close
Stream.Open
Stream.Charset = "shift_jis"

' 終了セクション
Stream.WriteText vbLf & "--" & strBoundary & "--" & vbLf
Stream.Position = 0

' テキストをバイナリに変換
Stream.CopyTo StreamWorkBin

' 終了セクションを書き込み
StreamWorkBin.Position = 0
StreamBin.Write StreamWorkBin.Read(StreamWorkBin.Size)

' 送信データを取得
nLen = StreamBin.Size
StreamBin.Position = 0
strData = StreamBin.Read(nLen)

Call StreamBin.SaveToFile( "result.dat", 2 )

' *********************************************************
' 投稿データとその長さ
' *********************************************************
Call objHTTP.SetRequestHeader("Content-Length",nLen)

' *********************************************************
' API へ向けて送信
' *********************************************************
Dim lResolve : lResolve = 60 * 1000
Dim lConnect : lConnect = 60 * 1000
Dim lSend : lSend = 60 * 1000
Dim lReceive : lReceive = 60 * 1000
Call objHTTP.setTimeouts(lResolve, lConnect, lSend, lReceive)
Call objHTTP.Send(strData)

Wscript.Echo(objHTTP.responseText)


</SCRIPT>
</JOB>




タグ:Curl
posted by lightbox at 2018-08-29 14:26 | VBS + インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PHP : 超簡易ログ

複雑な処理ですと、画面に表示しづらい場合があります。そんな時、その場限りのログです
file_put_contents( uniqid().".log", $vaiue );

// 以下は配列やオブジェクトを出力したい場合

file_put_contents( uniqid().".log", print_r( $_POST, true ) );







posted by lightbox at 2018-08-29 12:56 | PHP + WEBアプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月26日


ファイルを一つアップロード : FORM の target を IFRAME にして、PHP に JavaScript を書き出させて元のページにメッセージを表示させる

昨今、ファイルをアップロードするならば、JavsScript を駆使して UI を作成し、 $.ajax で送信したほうが簡潔になりますが、ベタな FORM の記述のみで送信してそれなりのレスポンスを得ようという処理です。

デモページ


画像をクリックするとデモページへ移動します

当然ですが、デモページで実際のアップロードはできません。しかし、結果を表示するにチェックを入れて送信すると、上の画像のように実際と同じ状態で情報をシミュレートします。

UI の構築を気楽に工夫できるように、twitter-bootstrap の 4.1.3 を組み込んでいます

IFRAME は本来非表示で、ここに JavaScript で右上のメッセージ(toastr.js)を表示するようにしていますが、デバッグ用としても使えるようにしており、その場合は PHP 側の $_FILES の中身が見れるようになっています。

type="file" の name 属性は target で固定して php 側で使用しています。
送信データの制限 データの制限はサーバに対する無意味なアクセスを遮断するアプローチと、アプリから見たデータの制限という二つのアプローチがあります。前者がもっとも重要で、それがなければ php.ini の upload_max_filesize 内であれば結果的にそのサイズまでは送信を許してしまいます。 ※ upload_max_filesize を超えると $_FILES そのものが空になるようです。 後者は、FORM 内の name="MAX_FILE_SIZE" の値で指定できますが、完全な対策ではありません。 そこで、対象ページのあるディレクトリの .htaccess 内に 『LimitRequestBody 102400』のように制限値を設定し、さらに『ErrorDocument 413』 を設定してそのページの中でエラー処理の対応をしています ▼ 413.html
<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<meta charset="utf-8">
<style>
* {
	font-size: 32px;
}
</style>
<script>

	try {
		parent.$("iframe").show();
		parent.toastr.info( "ファイル のアップロードに失敗しました");
		parent.toastr.info( "エラー内容 : Request Entity Too Large" );
	}
	catch (e) {}

</script>
</head>
<body>

JavaScript の処理用に IFRAME を定義している場合で、
413 Request Entity Too Large が発生した場合にこのページが IFRAME 内に表示されます。

</body>
</html>


file_upload_html.php

$debug 変数で、実際のアップロードの可否を切り替えています。if ( !$_FILES ) { の部分は、upload_max_filesize を超えてしまった状態の対処ですが、ここでは LimitRequestBody 102400 を設定しているので発生する事はありません。
<?php
session_cache_limiter('nocache');
session_start();

header( "Content-Type: text/html; charset=utf-8" );

// *************************************
// 変数初期値
// *************************************
$debug = 0;
$upload_dir = "./upload";
if ( !$_FILES ) {
	// php.ini の upload_max_filesize を超えて、
	// Apache に制限が無いと $_FILE が空になる
	$_FILES['target']['error'] = 5;	// ユーザエラーメッセージ
}

// *************************************
// アップロード処理
// フィールド名 : target で固定
// *************************************
if ( $_SERVER['REQUEST_METHOD'] == "POST" ) {

	// 公開状態では実行しない
	if ( $debug == 1 ) {

		$upload = realpath ( $upload_dir );
		$upload .= ( DIRECTORY_SEPARATOR . $_FILES['target']['name'] );
		if ( move_uploaded_file(
			$_FILES['target']['tmp_name'], $upload ) ) {
			$_POST['result']  = "アップロードに成功しました";
		}
		else {
			if ( !$_FILES ) {
				$_FILES['target']['error'] = 5;	// ユーザエラーメッセージ
			}
			$_POST['result']  = "アップロードに失敗しました";
		}

	}
	else {
		if ( $_FILES['target']['error'] == 0 ) {
			$_POST['result']  = "アップロードに成功しました";
		}
		else {
			$_POST['result']  = "アップロードに失敗しました";
		}
	}

}
else {
	$_POST['result']  = "POST メソッドを使用して下さい";
}

$_POST['files'] = $_FILES;

// *************************************
// この JSON 文字列を HTML 内の json
// オブジェクト定義として埋め込みます
// *************************************
$json = json_encode($_POST, JSON_PRETTY_PRINT | JSON_UNESCAPED_UNICODE );


// *************************************
// 画面定義
// *************************************
?>
<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<style>
/* calc 用 */
html,body {
	height: 100%;
}
body {
	margin: 0;
}

* {
	font-size: 16px;
	font-family: "ヒラギノ角ゴPro W6","Hiragino Kaku Gothic Pro W6","メイリオ",Meiryo,"MS Pゴシック",Verdana,Arial,Helvetica,sans-serif;
}
</style>
<script>
var message = <?php require("error.json.php") ?>
var json = <?= $json ?>;

if ( json.files.target.error == 0 ) {
	parent.toastr.info(json.files.target.name + " がアップロードされました");
	parent.toastr.info("ファイルサイズ : " + json.files.target.size);
}
else {
	parent.toastr.info(json.files.target.name + " のアップロードに失敗しました");
	parent.toastr.info("エラー内容 : " + message.error[json.files.target.error]);
}

<?php if( $_POST["disp_result"] == "1" ) { ?>

	parent.$("iframe[name='upload']")
		.css("border", "1px solid #c0c0c0")
		.show();

<?php } else { ?>

	parent.$("iframe[name='upload']").hide();

<?php } ?>

</script>
</head>
<body>
<?php if( $_POST["disp_result"] == "1" ) { ?>
<textarea style='width:calc(100% - 6px);height:calc(100% - 14px);'><?= $json ?></textarea>

<?php } ?>
</body>
</html>


error.json.php は、PHP のエラーメッセージです。ここでは部品として埋め込んでいますが、$.ajax バージョンでも使用(error.json.php?type=json)しています。

error.json.php
<?php
if ( $_GET["type"] == "json" ) {
	session_cache_limiter('nocache');
	session_start();
	header( "Content-Type: application/json; charset=utf-8" );
}

?>
{
	"error": [
		"0 - 正常終了",
		"1 - アップロードされたファイルは、php.ini の upload_max_filesize ディレクティブの値を超えています",
		"2 - アップロードされたファイルは、HTML フォームで指定された MAX_FILE_SIZE を超えています",
		"3 - アップロードされたファイルは一部のみしかアップロードされていません",
		"4 - ファイルはアップロードされませんでした",
		"5 - 『アップロードに失敗しました』",
		"6 - テンポラリフォルダがありません。PHP 5.0.3 で導入されました",
		"7 - ディスクへの書き込みに失敗しました。PHP 5.1.0 で導入されました",
		"8 - PHP の拡張モジュールがファイルのアップロードを中止しました"
	]
}


upload.html
<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="utf-8">
<meta content="width=device-width initial-scale=1.0 minimum-scale=1.0 maximum-scale=1.0 user-scalable=no" name="viewport">
<title>HTML の FORM のみでファイルを一つアップロードする</title>

<script src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/3.3.1/jquery.min.js"></script>
<link id="link" rel="stylesheet" href="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jqueryui/1.12.1/themes/base/jquery-ui.css">
<script src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jqueryui/1.12.1/jquery-ui.min.js"></script>
<link rel="stylesheet" href="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/twitter-bootstrap/4.1.3/css/bootstrap.css">
<script src="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/twitter-bootstrap/4.1.3/js/bootstrap.min.js"></script>
<link rel="stylesheet" href="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/toastr.js/2.1.4/toastr.min.css">
<script type="text/javascript" src="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/toastr.js/2.1.4/toastr.min.js"></script>
<script src="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/jquery.qrcode/1.0/jquery.qrcode.min.js"></script>

<!-- 共通の表示 -->
<link rel="stylesheet" href="common.css">

<!-- CSS の指定 -->
<style>
#top {
	height: 420px;
}
iframe {
	display: block;
	margin-left: auto;
	margin-right: auto;
	width: calc( 100% - 3px );
	height: calc( 100% - 420px - 2px );
}

/* PC 用の表示 */
@media screen and ( min-width:480px ) {
	#content {
		margin: 16px;
	}
}
/* スマホ用の表示 */
@media screen and ( max-width:479px ) {
	#content {
		margin: 0px;
	}
	body {
		width: 100%!important;
		margin: 0px;
	}
	.unit {
		width: 100%;
	}
	.btn {
		margin-top: 7px;
	}
}
</style>
<script>
// 簡易的なスマホチェックを jQuery のプロパティとして登録
jQuery.isMobile = (/android|webos|iphone|ipad|ipod|blackberry|iemobile|opera mini/i.test(navigator.userAgent.toLowerCase()));
if ( $.isMobile ) {
	// スマホの場合は表示画面下の中央
	toastr.options.positionClass = "toast-bottom-center";
}

$(function(){

	// このページ自身の QRコードの表示
	$('#qrcode')
		.css({ "margin" : "2px" })
		.qrcode({width: 160,height: 160,text: location.href });
		

});
</script>
</head>
<body>
<div id="top">
	<div id="head">
		<div id="title">
			<a href="./">One File アップロード</a>
		</div>
	</div>

	<div id="content">
		<form target="upload" enctype="multipart/form-data" action="../../php_upload/file_upload_html.php" method="POST">
			<input type="hidden" name="MAX_FILE_SIZE" value="40000">
			<input name="target" type="file" class="btn btn-info">
			<input type="submit" value="ファイルを送信" class="btn btn-success ml-2">

			<p>
				<label for="disp_result">結果を表示する</label>
				<input id="disp_result" type="checkbox" name="disp_result" value="1" class="mt-5" checked>
			</p>
		</form>

		<div id="qrcode"></div>

	</div>

</div>


<iframe src="about:blank" name="upload" style="display:none;border:0px solid #c0c0c0;width:100%;"></iframe>



</body>
</html>


common.css
@charset "UTF-8";

/* calc 用 */
html,body {
	height: 100%;
}
body {
	margin: 0;
}

/* 共通の表示 */
* {
	font-size: 16px;
	font-family: "ヒラギノ角ゴPro W6","Hiragino Kaku Gothic Pro W6","メイリオ",Meiryo,"MS Pゴシック",Verdana,Arial,Helvetica,sans-serif;
}
#head {
	background-color: #404040;
	padding: 10px 0 10px 25px;
}
#head * {
	color: #ffffff;
}



HTML 側のダウンロード



PHP 側のダウンロード





posted by lightbox at 2018-08-26 21:35 | PHP + 通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月25日


Oracle : ユーザ(スキーマ)の作成

他のデータベースと違って、Oracle ではユーザを作成する事は、create database と同じ意味になりますが、ユーザだけ作成しても権限が全く無く、利用可能にするには権限を持つユーザが、権限を与える必要があります。

開発環境が一つの Oracle の場合はやみくもに以下の処理を行う事はできませんが、PC 内に自由に使える Oracle をインストールした場合は以下の手順でユーザを作成するといいと思います。

1) 作成するユーザ専用のテーブルスペース作成
 ( テーブルスペースは共有できますが、開発管理上別々のほうが良い )
2) ユーザ作成
3) 権限を与える

※ 一連の作業は SYSTEM ユーザで行って下さい。

create tablespace LIGHTBOX_SPACE
	datafile 'C:\ORACLEXE\ORADATA\XE\LIGHTBOX.DBF'
	size 5M
	autoextend on
	next 1M
	maxsize unlimited
	segment space management AUTO;

create user LIGHTBOX
	identified by LIGHTBOX
	default tablespace LIGHTBOX_SPACE
	temporary tablespace TEMP
	quota unlimited on LIGHTBOX_SPACE
	account UNLOCK;

grant 
	 ALTER PROFILE
	,ALTER SESSION
	,ALTER SYSTEM
	,ALTER TABLESPACE
	,ALTER USER
	,CREATE ANY DIRECTORY
	,CREATE PROCEDURE
	,CREATE PROFILE
	,CREATE PUBLIC SYNONYM
	,CREATE ROLE
	,CREATE ROLLBACK SEGMENT
	,CREATE SEQUENCE
	,CREATE SESSION
	,CREATE SYNONYM
	,CREATE TABLE
	,CREATE TABLESPACE
	,CREATE TRIGGER
	,CREATE VIEW
	,DROP ANY DIRECTORY
	,EXECUTE ANY PROCEDURE
	,SELECT ANY DICTIONARY
	,SELECT ANY SEQUENCE
	,SELECT ANY TABLE
to LIGHTBOX;

TEMP は、Oracle をインストールした時に作成される一般的な一時用表領域です。一つの PC で開発環境を作るのであれば TEMP を使うといいと思います。

datafile の場所は、ハードディスクであればどこでもいいですが、開発管理上、既にインストールされている場所が良いと思います。拡張子は .dbf である必要はありません。ユーザが作成した表領域である事を明示する為に、.ORA のように変更してもかまいません。


関連する記事

Oracle 10g Express Edition のインストール
サービス開始 : Oracle 10g Express
Oracle インストール後の初期設定

Oracle11g + Windows : PC名を変更してしまった場合の対処方法



posted by lightbox at 2018-08-25 23:26 | Oracle : 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
container 終わり

フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

CSS ドロップシャドウの参考デモ
BUTTONS (CSS でボタン)
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり