SQLの窓

2018年04月20日


キーボードに触るとWindows10 が起動する。シャットダウンしたのに勝手に電源が入った上に立ち上がらない。

マイクロソフト コミュニティで普通に対処方法を発見。質問者さんは、『ネコが起動させてしまう』とおっしゃってて印象に残りました。
デバイスマネージャーからキーボードのプロパティを開いて

「電源の管理」タブのチェックを全部外してみてください。
で、今日は職場の PC で、シャットダウンしたのにもかかわらず、 PC が起動を続けて DHCP がなんとかっていう英文が出てキャラクタがくるくる回って起動しないという状況。いったん、電源コードを抜いて完全に終了させてから立ち上げると正常に動くので、この時点で WEB で調べてみると、LAN カードの Wake on 関連の設定を OFF にしろという事でした。 ▼ これは自宅のものですが、同じプロパティがありました OFF にしたら治ったみたいです。 結論 Windows10 はロクでもない。
【Windows10の最新記事】
posted by lightbox at 2018-04-20 19:29 | Windows10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月17日


Ruby 2.4 で GET/POST メソッドを想定した CGI 用の簡易テンプレートを作成してみました


Python 3.6 で GET/POST メソッドを想定した CGI 用の簡易テンプレートを作成してみました と同様です。HTML 部分はヒアドキュメント作成し、GET でも POST でも動作します。

require "cgi"
cgi = CGI.new

puts "Content-Type: text/html; charset=utf-8"
puts  "Expires: Thu, 19 Nov 1981 08:52:00 GMT"
puts "Cache-Control: no-store, no-cache, must-revalidate, post-check=0, pre-check=0"
puts "Pragma: no-cache"
puts

params = cgi.params

fld_names = {"氏名" => "field1", "フリガナ" => "field2"}
fld_names.each { |key, value|
	if params[value].empty? then
		params[value] = ""
	end
}

out_client = <<HTML
<html>
<head>
</head>
<body>
	<form>
		<p>氏名 : <input type="text" name="#{fld_names["氏名"]}" value="#{params[fld_names["氏名"]][0]}"></p>
		<p>フリガナ : <input type="text" name="#{fld_names["フリガナ"]}" value="#{params[fld_names["フリガナ"]][0]}"></p>
		<p>送信 : <input type="submit" name="send" value="送信"></p>
	</form>
</body>
</html>
HTML

print out_client

AN HTTP Server の設定




テストにはまだまだ使える(重宝する) AN HTTP Server の正しい使用方法



posted by lightbox at 2018-04-17 20:56 | Ruby | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月14日


Python 3.6 で GET/POST メソッドを想定した CGI 用の簡易テンプレートを作成してみました

Eclipse で実行させるのと、WWWサーバー( ここでは AN HTTP Server )で実行させるのとでは、やはりもっといろいろな切り口の理解が必要になります。

とにかく、CGI としてベタな QUERY_STRING を使用してベタな format で作成後、f-stringヒアドキュメントで HTML 部分を簡潔にして、最後に cgi モジュールで GETとPOST を兼用にしました。(FieldStorage() の戻りの内容が変更できないようなので、単純な dict に入れ替えています。)

▼ GET/POST 共用 : 結局 cgi モジュール で作成 : f-string ヒアドキュメント埋め込み
import cgi
import cgitb
cgitb.enable()

import sys
import io
import os
import urllib.parse

sys.stdout = io.TextIOWrapper(sys.stdout.buffer, encoding='utf-8')

print("Content-Type: text/html; charset=utf-8")
print( "Expires: Thu, 19 Nov 1981 08:52:00 GMT" )
print( "Cache-Control: no-store, no-cache, must-revalidate, post-check=0, pre-check=0" )
print( "Pragma: no-cache" )
print()

form = cgi.FieldStorage()

fields = {}
fld_names = {"氏名": "field1", "フリガナ":"field2"}
for value in fld_names.values():
	if value not in form:
		fields[value] = ""
	else:
		fields[value] = form[value].value

out_client = f"""<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
</head>
<body>
	<form method="post">
		<p>氏名 : <input type="text" name="{fld_names["氏名"]}" value="{fields[fld_names["氏名"]]}"></p>
		<p>フリガナ : <input type="text" name="{fld_names["フリガナ"]}" value="{fields[fld_names["フリガナ"]]}"></p>
		<p>送信 : <input type="submit" name="send" value="送信"></p>
	</form>
</body>
</html>"""

print(out_client)

▼ GET のみ f-string を使った、ヒアドキュメント埋め込み
import cgitb
cgitb.enable()

import sys
import io
import os
import urllib.parse

sys.stdout = io.TextIOWrapper(sys.stdout.buffer, encoding='utf-8')

print("Content-Type: text/html; charset=utf-8")
print( "Expires: Thu, 19 Nov 1981 08:52:00 GMT" )
print( "Cache-Control: no-store, no-cache, must-revalidate, post-check=0, pre-check=0" )
print( "Pragma: no-cache" )
print()

try:
	qs = os.environ["QUERY_STRING"]
except KeyError as e:
	qs = ""

get =  urllib.parse.parse_qs(qs)

fld_names = {"氏名": "field1", "フリガナ":"field2"}
for value in fld_names.values():
	if get.get(value) is None:
		get[value] = [""]

out_client = f"""<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
</head>
<body>
	<form>
		<p>氏名 : <input type="text" name="{fld_names["氏名"]}" value="{get.get(fld_names["氏名"])[0]}"></p>
		<p>フリガナ : <input type="text" name="{fld_names["フリガナ"]}" value="{get.get(fld_names["フリガナ"])[0]}"></p>
		<p>送信 : <input type="submit" name="send" value="送信"></p>
	</form>
</body>
</html>"""

print(out_client)

▼ GET のみ : format を使った、クォートの作成が面倒な埋め込み
import cgitb
cgitb.enable()

import sys
import io
import os
import urllib.parse

sys.stdout = io.TextIOWrapper(sys.stdout.buffer, encoding='utf-8')

print("Content-Type: text/html; charset=utf-8")
print( "Expires: Thu, 19 Nov 1981 08:52:00 GMT" )
print( "Cache-Control: no-store, no-cache, must-revalidate, post-check=0, pre-check=0" )
print( "Pragma: no-cache" )
print()

try:
	qs = os.environ["QUERY_STRING"]
except KeyError as e:
	qs = ""

get =  urllib.parse.parse_qs(qs)

fld_names = {"氏名": "field1", "フリガナ":"field2"}
for value in fld_names.values():
	if get.get(value) is None:
		get[value] = [""]

out_client = """<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
</head>
<body>
	<form>
		<p>氏名 : <input type="text" name=\"""" + fld_names["氏名"] + """\" value="{""" + fld_names["氏名"] + """}"></p>
		<p>フリガナ : <input type="text" name=\"""" + fld_names["フリガナ"] + """\" value="{""" + fld_names["フリガナ"] + """}"></p>
		<p>送信 : <input type="submit" name="send" value="送信"></p>
	</form>
</body>
</html>"""

out_client = out_client.format(
	field1=get.get(fld_names["氏名"])[0],
	field2=get.get(fld_names["フリガナ"])[0]
)

print(out_client)

AN HTTP Server の設定



テストにはまだまだ使える(重宝する) AN HTTP Server の正しい使用方法



タグ:CGI Python
posted by lightbox at 2018-04-14 21:19 | Python | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
container 終わり

フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

CSS ドロップシャドウの参考デモ
BUTTONS (CSS でボタン)
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり