SQLの窓

2017年04月15日


Tools クラスを使って Livedoor の お天気Webサービスを呼び出して Google gson でリストビューに一括で投入するとこうなります

関連する記事

13行目の Tools クラスに関しては以下を参照して下さい

Android Studio のテストの時間を短縮する為のいくつかの static メソッドをまとめた Tools クラス

簡単に使える API

Livedoor の お天気Webサービスは、特別な制限無く使える API で、しかもリストビューのテストには都合のいい、各地域の名前とその地域の天気の情報を表示する URL の配列を JSON 文字列から手に入れる事ができます。

リストビューは、オブジェクトの配列を addAll するだけで表示可能な手順があるので、そのオブジェクトを JSON 文字列から Google Gson に自動的に作ってもらっています。( Google Gson にとって、クラスのコンストラクタは必要ありません。この実装では、Google Gson 以外から追加する事を想定しています )

Google Gson

ダウンロード(GitHub)
Gson Download and Maven => Gson Download => Browse Central For => gson-x.x.x.jar  

オンラインドキュメント

Google Gson 用のクラス定義

Google Gson は、fromJson メソッドで、文字列の JSON と一致するクラス定義を使ってそのクラスのインスタンスを作成してくれます。クラス定義は必要な部分だけでよく、他のものは省略してかまいません。ここでは、PinpointLocation というクラスを定義して、その配列を JSON 文字列が対応しています。

PinpointLocation で注意するのは、ListView で表示して欲しい内容を toString メソッドを Override して定義しておく事です。

表示する以外の内容は、ListView をクリックした時のイベントで取得可能です。(97 〜 100 行)
package app.lightbox.winofsql.jp.listviewa;

import android.app.Activity;
import android.os.Bundle;
import android.util.Log;
import android.view.View;
import android.widget.AdapterView;
import android.widget.ArrayAdapter;
import android.widget.Button;
import android.widget.ListView;

import com.google.gson.Gson;
import jp.android.work.Tools;

public class MainActivity extends Activity {

	// Livedoor の お天気Webサービス用 (配列データ用)
	class PinpointLocation {
		String link;
		String name;
		public PinpointLocation(String myLink, String myName) {
			name = myName;
			link = myLink;
		}

		@Override
		public String toString() {
			return name;
		}
	}
	// Livedoor の お天気Webサービス用 (JSON用)
	class Weather {
		PinpointLocation[] pinpointLocations;
	}

	ListView listView = null;
	ArrayAdapter<PinpointLocation> adapter = null;

	@Override
	protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
		super.onCreate(savedInstanceState);
		setContentView(R.layout.activity_main);

		// リストビュー(PinpointLocation)用のアダプターを作成
		adapter =
			new ArrayAdapter<PinpointLocation>(
					MainActivity.this,
					android.R.layout.simple_list_item_1
			);

		// ボタンがクリックされたら読み込み
		Button button = (Button) this.findViewById(R.id.button);
		button.setOnClickListener(new View.OnClickListener() {
			@Override
			public void onClick(View v) {

				// 単純確認メッセージボックス
				Tools.messageBox(MainActivity.this, "API呼び出し", "実行しますか?", new Tools.OnMessageBoxListener() {
					@Override
					public void onMessageBoxYesListener() {

						// データをセット
						Tools.callHttpGet(
							"http://weather.livedoor.com/forecast/webservice/json/v1?city=270000",
							"utf-8",
							new Tools.OnAsyncTaskListener() {
								@Override
								public void onAsyncTaskListener(String s) {

									Gson gson = new Gson();
									Weather weatherData = gson.fromJson(s, Weather.class);
									adapter.clear();
									adapter.addAll(weatherData.pinpointLocations);
									// リストビューに適用
									listView.setAdapter(adapter);

								}
							}
						);
					}

					@Override
					public void onMessageBoxNoListener() {
						Log.i("lightbox","キャンセルしました");
					}
				});

			}
		});

		// リストビューのアイテムがクリックされた時の処理
		listView = (ListView) MainActivity.this.findViewById(R.id.listView);
		listView.setOnItemClickListener(new AdapterView.OnItemClickListener() {
			public void onItemClick(AdapterView<?> parent, View view, int position, long id) {

				// クリックされたアイテムを取得
				PinpointLocation mydata = (PinpointLocation) parent.getItemAtPosition(position);
				// LogCatに表示
				Log.i("lightbox", mydata.name);
				Log.i("lightbox", mydata.link);

				// URL を開く
				Tools.callBrowser(MainActivity.this, mydata.link);

			}
		});
	}

}


関連する記事

Android の単純な ListView の ArrayAdapter による応用の効く 4バリエーション と複数項目に即対応できる SimpleAdapter による実装



【Android Studioの最新記事】
posted by lightbox at 2017-04-15 01:37 | Android Studio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月11日


デスクトップのコンピュータアイコンにメニューを追加する

新規インストールの Windows10 の場合(たぶん Windows8 からのアップグレードでは事情が違うかも)、レジストリの該当場所の所有者が SYSTEM となっており、Administrators グループに限現が無いと思います。その場合は、いったん所有者を Administrators グループ に変更してから、Administrators グループ にアクセス権限を与えないと、レジストリのインポートはできないです。

▼ 解凍後の内容 ▼ Windows7 ▼ Windows10 ▼ README
************************************************************
コンピュータアイコンメニュー設定レジストリデータ

■ インストール

	computer_menu をエクスプローラからタブルクリック
	してインポートして下さい

■ アンインストール

	uninstall_computer_menu をエクスプローラからタブル
	クリックして下さい


■ 登録された場所でレジストリエディタを開く
	インストール場所を開く.bat をエクスプローラからタブ
	ルクリックして下さい

■著作権その他

このプログラムはフリーです。どうぞ自由に御使用ください。
著作権は作者である私(lightbox)が保有しています。
また、本ソフトを運用した結果については、作者は一切責任を
負えせんのでご了承ください。
************************************************************
computer_menu.reg
Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{20D04FE0-3AEA-1069-A2D8-08002B30309D}\shell\001]
@="   サービス"

[HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{20D04FE0-3AEA-1069-A2D8-08002B30309D}\shell\001\command]
@=hex(2):6d,00,6d,00,63,00,2e,00,65,00,78,00,65,00,20,00,22,00,25,00,53,00,79,\
  00,73,00,74,00,65,00,6d,00,52,00,6f,00,6f,00,74,00,25,00,5c,00,73,00,79,00,\
  73,00,74,00,65,00,6d,00,33,00,32,00,5c,00,73,00,65,00,72,00,76,00,69,00,63,\
  00,65,00,73,00,2e,00,6d,00,73,00,63,00,22,00,20,00,2f,00,73,00,00,00

[HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{20D04FE0-3AEA-1069-A2D8-08002B30309D}\shell\002]
@="   システム情報"

[HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{20D04FE0-3AEA-1069-A2D8-08002B30309D}\shell\002\command]
@=hex(2):22,00,25,00,50,00,72,00,6f,00,67,00,72,00,61,00,6d,00,46,00,69,00,6c,\
  00,65,00,73,00,25,00,5c,00,43,00,6f,00,6d,00,6d,00,6f,00,6e,00,20,00,46,00,\
  69,00,6c,00,65,00,73,00,5c,00,4d,00,69,00,63,00,72,00,6f,00,73,00,6f,00,66,\
  00,74,00,20,00,53,00,68,00,61,00,72,00,65,00,64,00,5c,00,4d,00,53,00,49,00,\
  6e,00,66,00,6f,00,5c,00,6d,00,73,00,69,00,6e,00,66,00,6f,00,33,00,32,00,2e,\
  00,65,00,78,00,65,00,22,00,00,00

[HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{20D04FE0-3AEA-1069-A2D8-08002B30309D}\shell\003]
@="   プログラムと機能"

[HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{20D04FE0-3AEA-1069-A2D8-08002B30309D}\shell\003\command]
@="RunDLL32.EXE shell32.dll,Control_RunDLL appwiz.cpl"

[HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{20D04FE0-3AEA-1069-A2D8-08002B30309D}\shell\004]
@="   ODBC アドミニストレータ"

[HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{20D04FE0-3AEA-1069-A2D8-08002B30309D}\shell\004\command]
@="RunDLL32.EXE shell32.dll,Control_RunDLL odbccp32.cpl"

[HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{20D04FE0-3AEA-1069-A2D8-08002B30309D}\shell\005]
@="   レジストリエディタ"

[HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{20D04FE0-3AEA-1069-A2D8-08002B30309D}\shell\005\command]
@="regedit.exe"

[HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{20D04FE0-3AEA-1069-A2D8-08002B30309D}\shell\006]
@="   コマンドプロンプト"

[HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{20D04FE0-3AEA-1069-A2D8-08002B30309D}\shell\006\command]
@=hex(2):25,00,53,00,79,00,73,00,74,00,65,00,6d,00,52,00,6f,00,6f,00,74,00,25,\
  00,5c,00,73,00,79,00,73,00,74,00,65,00,6d,00,33,00,32,00,5c,00,63,00,6d,00,\
  64,00,2e,00,65,00,78,00,65,00,00,00

[HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{20D04FE0-3AEA-1069-A2D8-08002B30309D}\shell\007]
@="   UAC"

[HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{20D04FE0-3AEA-1069-A2D8-08002B30309D}\shell\007\command]
@=hex(2):55,00,73,00,65,00,72,00,41,00,63,00,63,00,6f,00,75,00,6e,00,74,00,43,\
  00,6f,00,6e,00,74,00,72,00,6f,00,6c,00,53,00,65,00,74,00,74,00,69,00,6e,00,\
  67,00,73,00,2e,00,65,00,78,00,65,00,00,00

[HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{20D04FE0-3AEA-1069-A2D8-08002B30309D}\shell\008]
@="   イベント ビューアー"

[HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{20D04FE0-3AEA-1069-A2D8-08002B30309D}\shell\008\command]
@=hex(2):6d,00,6d,00,63,00,2e,00,65,00,78,00,65,00,20,00,22,00,25,00,77,00,69,\
  00,6e,00,64,00,69,00,72,00,25,00,5c,00,73,00,79,00,73,00,74,00,65,00,6d,00,\
  33,00,32,00,5c,00,65,00,76,00,65,00,6e,00,74,00,76,00,77,00,72,00,2e,00,6d,\
  00,73,00,63,00,22,00,20,00,2f,00,73,00,00,00

[HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{20D04FE0-3AEA-1069-A2D8-08002B30309D}\shell\009]
@="   ユーザーアカウント"

[HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{20D04FE0-3AEA-1069-A2D8-08002B30309D}\shell\009\command]
@="rundll32.exe netplwiz.dll,UsersRunDll"

[HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{20D04FE0-3AEA-1069-A2D8-08002B30309D}\shell\010]
@="   環境変数"

[HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{20D04FE0-3AEA-1069-A2D8-08002B30309D}\shell\010\command]
@="rundll32.exe sysdm.cpl,EditEnvironmentVariables"

[HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{20D04FE0-3AEA-1069-A2D8-08002B30309D}\shell\011]
@="   HOSTS"

[HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{20D04FE0-3AEA-1069-A2D8-08002B30309D}\shell\011\command]
@=hex(2):6e,00,6f,00,74,00,65,00,70,00,61,00,64,00,2e,00,65,00,78,00,65,00,20,\
  00,22,00,25,00,53,00,79,00,73,00,74,00,65,00,6d,00,52,00,6f,00,6f,00,74,00,\
  25,00,5c,00,73,00,79,00,73,00,74,00,65,00,6d,00,33,00,32,00,5c,00,64,00,72,\
  00,69,00,76,00,65,00,72,00,73,00,5c,00,65,00,74,00,63,00,5c,00,68,00,6f,00,\
  73,00,74,00,73,00,22,00,00,00

[HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{20D04FE0-3AEA-1069-A2D8-08002B30309D}\shell\012]
@="   フォルダオプション"

[HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{20D04FE0-3AEA-1069-A2D8-08002B30309D}\shell\012\command]
@="RUNDLL32.EXE shell32.dll,Options_RunDLL 7"

[HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{20D04FE0-3AEA-1069-A2D8-08002B30309D}\shell\013]
@="   タスク スケジューラ"

[HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{20D04FE0-3AEA-1069-A2D8-08002B30309D}\shell\013\command]
@=hex(2):6d,00,6d,00,63,00,2e,00,65,00,78,00,65,00,20,00,22,00,25,00,77,00,69,\
  00,6e,00,64,00,69,00,72,00,25,00,5c,00,73,00,79,00,73,00,74,00,65,00,6d,00,\
  33,00,32,00,5c,00,74,00,61,00,73,00,6b,00,73,00,63,00,68,00,64,00,2e,00,6d,\
  00,73,00,63,00,22,00,20,00,2f,00,73,00,00,00

[HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{20D04FE0-3AEA-1069-A2D8-08002B30309D}\shell\014]
@="   ローカル グループ ポリシーエディタ"

[HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{20D04FE0-3AEA-1069-A2D8-08002B30309D}\shell\014\command]
@=hex(2):6d,00,6d,00,63,00,2e,00,65,00,78,00,65,00,20,00,22,00,25,00,53,00,79,\
  00,73,00,74,00,65,00,6d,00,52,00,6f,00,6f,00,74,00,25,00,5c,00,73,00,79,00,\
  73,00,74,00,65,00,6d,00,33,00,32,00,5c,00,67,00,70,00,65,00,64,00,69,00,74,\
  00,2e,00,6d,00,73,00,63,00,22,00,00,00

[HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{20D04FE0-3AEA-1069-A2D8-08002B30309D}\shell\015]
@="   リモートデスクトップ"

[HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{20D04FE0-3AEA-1069-A2D8-08002B30309D}\shell\015\command]
@="mstsc.exe"

[HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{20D04FE0-3AEA-1069-A2D8-08002B30309D}\shell\016]
@="   Windows Update"

[HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{20D04FE0-3AEA-1069-A2D8-08002B30309D}\shell\016\command]
@="control.exe /name Microsoft.WindowsUpdate"






▼ インストール場所






posted by lightbox at 2017-04-11 20:38 | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PHP : ${'日本語表示'} という可変変数と、${hello . "X"} という連結可変変数

※ hello という定数が無いという通知が出る環境では、error_reporting 関数で抑制できます
※ 結果が PHP の認識できる文字列であればいいので、"hello" . (10 * 4) もありです。
※ PHP の可変変数

以下のコードは全て正しく動作しますが、最後の連想配列を除いて、変数名を可変で表現する可変変数のサンプルです。

PHP が変数として許している文字は制限がありますので、$2011/07/08 と言う変数はエラーになりますが、${'2011/07/08'} という変数は正しく動作します。
JavaScript で var a = {}; a["2017/01/01"] = "001"; として、参照が a.2017/01/01 ができないのと同様で、JSON を PHP 内で変換して使う時にも意識するといいです
つまり、日本語を変数として使いたい場合は、${'日本語表示'} という書き方で確実に使える事になります。 日本語は、その構成文字が「キャラクタセット」によって変わるので、どの文字が実際 PHP で変数として使えるかどうかは、はっきり言えませんが、実際使えるものもたくさんあります。しかし、確実では無いので${'日本語表示'}という表現は選択肢のうちの一つです。 また、PHP のマニュアルの投稿内容にありましたが、${文字 . "文字列"} という書き方が何故か正常に動作します。
<?php
error_reporting(E_ALL ^ E_NOTICE);

// $a に値をセット
$a = 'hello';

// $a を変数名として利用
${$a} = 'world (1)';

// world (1) が表示されます
print $hello . "<br>";


// ★ もう少し複雑な場合(1)

// $b[1] に値をセット
$b[1] = 'hello';

// $b[1] を変数名として利用
${$b[1]} = 'world (2)';

// world (2) が表示されます
print $hello . "<br>";


// ★ もう少し複雑な場合(2)

// $c に値をセット
$c = 'hello2';

// $c を変数名として利用
${$c}[1] = 'world (3)';

// world (3) が表示されます
print $hello2[1] . "<br>";


// ★ 文字列の接続

${hello . "X"} = 'world (4)';

// world (4) が表示されます
print $helloX . "<br>";


// ★ エラーにならない特殊な変数
// ※ $2011/07/08 という変数は作れません

$d = '2011/07/08';
${$d} = 'world (5)';

// world (5) が表示されます
print ${'2011/07/08'} . "<br>";


// ★ 日本語変数
// キャラクタセットによって、PHPが使える文字なら
// $日本語表示 でもエラーにはなりません 

$e = '日本語表示';
${$e} = 'world (6)';

// world (6) が表示されます
print ${'日本語表示'} . "<br>";

${'日本語表示'} .= " 追加OK";
print $$e . "<br>";

// ★ 連想配列による日本語表現

$f['日本語表示'] = 'world (7)';

// world (7) が表示されます
print $f['日本語表示'] . "<br>";

?> 




posted by lightbox at 2017-04-11 15:22 | PHP + 特記事項 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月31日


Android Studio の .android .AndroidStudio2.x .gradle フォルダの場所を『ほぼ変更』する

変更した後、プロジェクトをロードすると、エラーが出たりしましたが、プロジェクト内のキャッシュが元のどこかを指してるようだったので、clean project(build) で対応できました。

前提条件

Windwos7 64ビットです。

検証環境は、Android Studio 2.3 ( Windows ) です。インストールファイルは、『android-studio-bundle-162.3764568-windows.exe Android SDK を含む(推奨)』です。

まずインストールフォルダを 『D:\Android Studio』にして、SDK フォルダを 『D:\sdk』で開始しています。

※ 過去バージョンのダウンロードはこちらです

結論から言うと

.AndroidStudio2.3 フォルダと、.gradle フォルダは消えてくれません。中身はそっくり D に移ったのですが、とてもバグっぽい挙動で勝手にフォルダを作成してしまうようです。

▼ こんな記録もありますし
Android Studio creates empty system directory in the default location after idea.system.path is set to a new location

.android フォルダは、インストール時に使うようで、それらしいファイルが残ってましたので、何かあった時の為に残していますが、詳しい検証・調査は行っていません。



.android フォルダは、エミュレータフォルダが作成される場所なので、それは完全に移動されています。

.android フォルダ

これはたぶん一般的なもので、ANDROID_SDK_HOME=D:\sdkhome という環境変数を作成して移動しました。D:\sdkhome は事前に作成して実行すると、設定する前に作成したエミュレータは AVD マネージャから見えなくなりました。元々のファイル郡は、.android\avd の中にありましたが、トラブルは嫌なので新規で作成しました。



※ エミュレータが作成されるので、ここが容量をとても喰うと思います。

.AndroidStudio2.3 フォルダ

これを実行するとこんなダイアログが出ました。



Android Studio がバージョンアップ時にいつも表示するアレです。


ここの中身を移動したい場合は、Android Studio\bin\idea.properties の中の設定を変更します
#
# *DO NOT* modify this file directly. If there is a value that you would like to override,
# please add it to your user specific configuration file.
#
# See http://tools.android.com/tech-docs/configuration
#
# Use ${idea.home.path} macro to specify location relative to IDE installation home.
# Use ${xxx} where xxx is any Java property (including defined in previous lines of this file) to refer to its value.
# Note for Windows users: please make sure you're using forward slashes (e.g. c:/idea/system).

#---------------------------------------------------------------------
# Uncomment this option if you want to customize path to IDE config folder. Make sure you're using forward slashes.
#---------------------------------------------------------------------
# idea.config.path=${user.home}/.AndroidStudio/config
idea.config.path=D:/sdkhome/idea/.AndroidStudio2.3/config

#---------------------------------------------------------------------
# Uncomment this option if you want to customize path to IDE system folder. Make sure you're using forward slashes.
#---------------------------------------------------------------------
# idea.system.path=${user.home}/.AndroidStudio/system
idea.system.path=D:/sdkhome/idea/.AndroidStudio2.3/system


idea.config.path と idea.system.path を直接変更しています。何も指定しないと、user.home は USERPROFILE 環境変数の値になるようです(${xxx} where xxx is any Java property)。で、その場所に、studio64.exe.vmoptions ファイルの中にある、-Didea.paths.selector=AndroidStudio2.3 と言う設定を使っていました。
#
# *DO NOT* modify this file directly. If there is a value that you would like to override,
# please add it to your user specific configuration file.
#
# See http://tools.android.com/tech-docs/configuration
#
-Xms256m
-Xmx1280m
-XX:ReservedCodeCacheSize=240m
-XX:+UseConcMarkSweepGC
-XX:SoftRefLRUPolicyMSPerMB=50
-da
-Djna.nosys=true
-Djna.boot.library.path=

-Djna.debug_load=true
-Djna.debug_load.jna=true
-Dsun.io.useCanonCaches=false
-Djava.net.preferIPv4Stack=true
-Didea.paths.selector=AndroidStudio2.3
-Didea.platform.prefix=AndroidStudio
-Didea.jre.check=true


これは、単純に文字列を結合するようです。-Didea.paths.selector=D:/sdkhome/idea/.AndroidStudio2.3 としたら、C:\Users\lightbox\.D:/sdkhome/idea/.AndroidStudio2.3 というパスでエラーが出ました。

idea.config.path と idea.system.path を指定した上で、-Didea.paths.selector=D:/sdkhome/idea/.AndroidStudio2.3 ならば、エラーは起こらずに .AndroidStudio2.3 フォルダは作成されません。が、これはたまたまエラー処理がスルーされただけなので、しないほうがいいでしょう。

面倒なので、idea.config.path と idea.system.path の指定のみにする事にしました。

.gradle フォルダ

これは、Android Studio の設定で指定します。



ただ、これも勝手に C:\Users\ユーザ名\.gradle\daemon\3.3 という空のフォルダを作成しちゃってますので注意して下さい。

参考にした記事

Changing IDE default directories used for config, plugins, and caches storage



タグ:Android Studio
posted by lightbox at 2017-03-31 18:53 | Comment(0) | Android Studio 2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月16日


IE11 で VBScript を使う場合の注意事項 ( 古い社内アプリ移行時必見 )

2015/07/31
この記事書いてから一年以上経過しましたが、問題なくシステムは動作しています。ただ、最近は『互換表示設定』によって自動的にうまく行く方向ですが、いくつかバリエーションがあるので、それは記事最後に記述します

追記(2017/03/16)
VBScript の スクリプト要素の置く位置で、VBScript をデフォルトにできるのは、<meta http-equiv="x-ua-compatible" content="IE=8"> までです(かつ互換表示設定で動いています)。IE=9、IE=10 ではデフォルトにできないです。IE9 以降のテクノロジを使うには、いっその事、VBScript 関連のオブジェクト処理を JavaScript で書くか、実行単位で language="VBScript" を書くかの選択になると思います。(ウチでは当分 IE8 で運用予定ですが)

※ さらに、自分の環境では開発者ツール開いてると何故かデフォルトにできないのが現状です
【2014年03月07日】
XP から Windows7 への移行がいずれ余儀なくされます。今、実際に移行作業中なのですが、元々は10年前に作成していたので、ここに書いて無い事以外にも注意事項がたくさんあります( 極端なのは document.all だったり、css の単位無し定義だったり )
しかし、IE11 はなにもしなければ、VBScript が動かなくなるので、Excel と連携するようなアプリが壊滅してしまいます。その際のテコ入れ時に知っておいたほうが幸せになれる内容です。 まず、以下のコードは JavaScript が IE のデフォルトのスクリプトなので、IE8 でもエラーになります。
<html>
<head>
<meta http-equiv="Content-type" content="text/html; charset=utf-8">
<link rel="stylesheet" type="text/css" href="style.css">

</head>
<body>
<input type="button" value="実行" onclick='call alert("OK")'>
</body>
</html>

これは基本的な事ではありますが、IE のデフォルトのスクリプトを変更する方法がある事を知る為の事実の前振りでもあります。

最初は、この INPUT だけを IE11 でVBSCript 扱いするには以下のように記述します。
<html>
<head>
<meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=8">
<meta http-equiv="Content-type" content="text/html; charset=utf-8">
<link rel="stylesheet" type="text/css" href="style.css">

</head>
<body>
<input type="button" value="実行" onclick='call alert("OK")' language="VBScript">
</body>
</html>

これは通常の Microsoft のドキュメントでも書かれていますが、これではデフォルトにはなりません。そこで、以下のようにして VBScript を IE のデフォルトスクリプトに変更します
<html>
<head>
<meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=8">
<script language="VBScript"></script>
<meta http-equiv="Content-type" content="text/html; charset=utf-8">
<link rel="stylesheet" type="text/css" href="style.css">

</head>
<body>
<input type="button" value="実行" onclick='call alert("OK")'>
<input type="button" value="実行" onclick='alert("OK");'>
</body>
</html>

※ 11 行目はセミコロンがあるのでエラーになります


つまり、ページの最初に認識されるスクリプト要素が VBScript であれば、デフォルトが VBScript に変更されます。但し、X-UA-Compatible と両方書く場合は、X-UA-Compatible のほうが先でなければなりません。以下のコードは、IE8 のドキュメントモードに変更されずに、IE11 となり、そもそも VBScript が動作しません。
<html>
<head>
<script language="VBScript"></script>
<meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=8">
<meta http-equiv="Content-type" content="text/html; charset=utf-8">
<link rel="stylesheet" type="text/css" href="style.css">

</head>
<body>
<input type="button" value="実行" onclick='call alert("OK")'>
<input type="button" value="実行" onclick='alert("OK");'>
</body>
</html>



META 要素による、X-UA-Compatible の設定は、それより前に IE の判断の邪魔になるようなものがあると、設定しない動作になるので、X-UA-Compatible はできるだけ先頭にする必要があります。これは、VBScript 以外の対応においてもきちんと対応すべき重要な仕様です。

※ これに関して、Microsoft の開発者ツール(F12)のドキュメントに説明があります
【HTML1115】
一般に、"META" タグが "Script" または "Style" 宣言の後に置かれ、それによりページのドキュメント モードが修正されたことを表します。

X-UA-Compatible META タグをヘッダー内のできるだけ前の位置に移動します。"<title>" と charset の値の直後に配置することをお勧めします。
さらに、Quirks モード( 互換モード / IE6 の時代の過去の互換なので、正確には IE5 ) は、IE5 と指定すると設定されるようです。
<meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=5">

『互換表示設定』について



IEの、右上の歯車アイコンで開くメニューの中に、『互換表示設定』という項目がありますが、これは意図的にある条件にあてはまるページを IE8 より前のIE 互換で表示するものですが、その条件が大きく分けて2通りあります。

1) 登録したサイト
2) イントラネット

これによって自動的に古い IE とコンパチブルになるようになっていて、しかもこれで運用したほうがサーバーに渡されるユーザーエージェント文字が完全であるという事を最近確かめました。

そして、HTML の書かれ方によって、コンパチブルになるIE のバージョンが2段階になる事も今回確認しました。
( 他のパターンは未確認です )

1) <!DOCTYPE html> が書かれていると IE7 互換になる
2) 何も無い <html> 始まりだと、IE5(Quirks モード) 互換になる

いずれにしても、VBScript は昔どおり動作しますので、イントラネットで運用されていた旧システムは何もしなくてもほぼ動く事になっています。( 一年前は違ったはずですが・・・ )

関連する記事

IE11 でVBScript が動作しないので、x-ua-compatible を使用して Excel(Excel.Application) の処理を検証




posted by lightbox at 2017-03-16 15:23 | IE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
container 終わり

フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

Android SDK ポケットリファレンス
改訂版 Webデザイナーのための jQuery入門
今すぐ使えるかんたん ホームページ HTML&CSS入門
CSS ドロップシャドウの参考デモ
PHP正規表現チェッカー
Google Hosted Libraries
cdnjs
BUTTONS (CSS でボタン)
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり