SQLの窓

2018年08月10日


IE11 で『安全だとマークされていないActiveX』を使用可能にして実行可能な Windows 処理のサンプル

HTA(HTMLアプリケーション) のコードを html として IE11 でデバッグする方法 を行って、localhost や イントラネットのサーバを信頼するサイトに登録すると使えます。

実行は JavaScript で簡単な関数を用意して実行します。
ごみ箱 explorer.exe /n,::{645FF040-5081-101B-9F08-00AA002F954E}
ファイル名を指定して実行 rundll32.exe shell32.dll,#61
インイストールされたソフトウェア(プログラムと機能) rundll32.exe shell32.dll,Control_RunDLL appwiz.cpl
ネットワーク接続 rundll32.exe shell32.dll,Control_RunDLL ncpa.cpl
環境変数ダイアログ rundll32.exe sysdm.cpl,EditEnvironmentVariables
Windows Update control.exe /name Microsoft.WindowsUpdate
デバイスマネージャ control.exe /name Microsoft.DeviceManager
フォルダオプション rundll32.exe shell32.dll,Options_RunDLL 7
ネットワークドライブの割り当てダイアログ rundll32.exe shell32.dll,SHHelpShortcuts_RunDLL Connect
デスクトップアイコンの設定 control.exe desk.cpl,,0
メモ帳 notepad.exe
ペイント mspaint.exe
電卓 calc.exe
プリンタ一覧 control.exe /name Microsoft.DevicesAndPrinters
Microsoft Excel excel.exe
Microsoft Word winword.exe
マイドキュメント explorer C:\Users\%USERNAME%\Documents
リソープリンタ 管理ページ rundll32.exe url.dll,FileProtocolHandler http://192.168.10.37/
デスクトップの アプリケーション.mde C:\Users\%USERNAME%\Desktop\アプリケーション.mde
デスクトップの Book1.xlsx C:\Users\%USERNAME%\Desktop\Book1.xlsx
\\コンピューター名\共有 \\pc01\mydata\2018

用意する JavaScript の処理
<script>
function newObject( className ) {

	var obj;

	try {
		obj = new ActiveXObject( className );
	}
	catch (e) {
		obj = null;
	}

	return obj;

}

var wsh = newObject("WScript.Shell");

function wshRun( strPath ) {

	wsh.Run( "RunDLL32.EXE url.dll,FileProtocolHandler " + "\"" + strPath + "\"" )

}

function wshRunExe( strPath ) {

	wsh.Run( strPath )

}

</script>

Windows の一般アプリケーション(.exe) は、wshRunExe を使用します。拡張子による実行には、ファイルのパスを渡して wshRun を使用します。( strPath に渡すパス内の文字列は HTML 上に文字列として置く場合、 \ が \\ となるようにします )

\\コンピューター名\共有 のネットワーク参照は、A 要素で href に指定してエクスプローラで開く事ができます。




【IEの最新記事】
posted by lightbox at 2018-08-10 16:38 | IE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月31日


HTA (または IE11) で フォルダ選択ダイアログからフォルダとファイルの一覧


IE11 での実行には設定が必要です => HTA(HTMLアプリケーション) のコードを html として IE11 でデバッグする方法
※ newObject 関数は、hta.js で定義しています。 ▼ BrowseForFolder メソッド
var objFolder = objShell.BrowseForFolder( 0, "フォルダ選択", 1, 0 );
フォルダ参照 第1引数は、本来はウインドウハンドルを渡すものですが、こでは 0 を設定します。 第2引数は、タイトルの下に表示される文字列です。 第3引数は、BROWSEINFO structure の ulFlags の内容ですが実際はここに書いてある通りになはならないので試してみる他ありません。ここでは、1 を渡しており、意味は( Only return file system directories. If the user selects folders that are not part of the file system, the OK button is grayed ) です。=> ファイルシステム以外だと OK ボタンが 灰色になって使用できません 第4引数は、ShellSpecialFolderConstants のフォルダを渡して、そのフォルダを一番上のフォルダにします。=> ここでは、0 なのでデスクトップです。 一覧作成 フォルダオブジェクトを取得して、Items メソッドで下位のファイルとフォルダのコレクション( FolderItems オブジェクト )を取得します。 さらに、FolderItems オブジェクト の Item メソッドFolderItem オブジェクトを取得します。 IsFolder プロパティName プロパティを使用して一覧を作成します Name プロパティは、配列にセットして sort メソッドでソートしてから、区切りとルートフォルダのパスをセットしてテーブル要素に表示します Self プロパティは 仕様上は Folder2 オブジェクトとなります ▼ HTA(HTML アプリケーション) : pcname-from-stdout.hta ▼ IE11 : pcname-from-stdout.html
<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<meta http-equiv="x-ua-compatible" content="ie=edge" />
<script src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/3.3.1/jquery.min.js"></script>
<link rel="stylesheet" href="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/twitter-bootstrap/4.1.1/css/bootstrap.css" />
<link rel="stylesheet" href="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jqueryui/1.12.1/themes/smoothness/jquery-ui.css">
<script src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jqueryui/1.12.1/jquery-ui.min.js"></script>

<script src="https://winofsql.jp/hta.js"></script>

<script>

	// ウインドウの位置とサイズ
	centerWindow( 1100, 600 );

	// Windows Shaell
	var objShell = newObject("Shell.Application");

	$(function(){
	
		// ***************************
		// ボタン表示位置微調整
		// ***************************
		$( ".btn" ).css({
			"margin-top": "-4px"
		});
	
		// ***************************
		// フォルダの選択後
		// フォルダ内の一覧
		// ***************************
		$("#act1").on("click", function(){

			// 1:0固定, 2:タイトル, 3:ファイルシステムのみ, 4:ルートがデスクトップ
			var objFolder = objShell.BrowseForFolder( 0, "フォルダ選択", 1, 0 );
			if ( objFolder == null ) {
				alert("フォルダの選択がキャンセルされました");
				return;
			}
			if ( !objFolder.Self.IsFileSystem ) {
				alert("ファイルシステムではありません");
				return;
			}
			
			var objFolderItems = objFolder.Items();
			
			var arrData = [];

			var nFiles = objFolderItems.Count;
			for( i = 0; i < nFiles; i++ ) {
				var objItem = objFolderItems.Item(i)
				if ( objItem.isFolder ) {
					arrData.push( " [" + objItem.Name +"]" );
				}
				else {
					arrData.push( objItem.Name );
				}
			}

			arrData.sort();
			arrData.unshift("-------------------------------------------------------------");
			arrData.unshift(objFolder.Self.Path);
			
			loadTable( arrData );

		});

	});

</script>

<style>
html,body {
	height: 100%;
}

body {
	margin: 0;
}

/* ブロックを左右に表示  */
.ttl {
	display: inline-block;
	width: 120px;
	vertical-align: top;
}
.entry {
	display: inline-block;
}
.line {
	margin-bottom: 0;
}

#head {
	padding: 16px;
}

/* IFRAMEコントロール用  */
#head {
	padding: 16px;
	width: 100%;
	height: 120px;
	background-color: #e0e0e0;
}
#extend {
	padding: 4px 16px;
	display: block;
	margin-left: auto;
	margin-right: auto;
	width: calc( 100% - 3px );
	height: calc( 100% - 120px - 2px );
	border: solid 2px #c0c0c0;
	overflow: scroll;
}
.row_data td {
	cursor: default!important;
}

</style>

</head>
<body>
<div id="head">

	<p class="ttl">
		処理
	</p>
	<p class="entry">

		<input
			id="act1"
			class="ml-4 btn btn-outline-primary"
			type="button"
			value="フォルダ選択(Shell.Application)">

	</p>
	<p class="line"></p>

	<h4 class="text-danger"></h4>

</div>
<div id="extend">
	<table class="table table-hover">
		<tbody id="tbl">
		</tbody>
	</table>
<br>
</div>

</body>
</html>


hta.js




posted by lightbox at 2018-07-31 20:03 | HTA ( HTMLアプリケーション ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月28日


HTA (または IE11) で hostname を実行して標準出力からPC名の取得


IE11 での実行には設定が必要です => HTA(HTMLアプリケーション) のコードを html として IE11 でデバッグする方法
コマンドプロンプトベースのアプリケーションを実行するので、一瞬コマンドプロンプトが現れます。その後、コマンドプロンプトに表示された内容を取得する方法です。 ※ StdOut は、TextStream オブジェクトのメソッドで処理に該当するものが使えます。 ※ WshScriptExec オブジェクト ▼ HTA(HTML アプリケーション) : pcname-from-stdout.hta ▼ IE11 : pcname-from-stdout.html
<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<meta http-equiv="x-ua-compatible" content="ie=edge" />
<script src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/3.3.1/jquery.min.js"></script>
<link rel="stylesheet" href="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/twitter-bootstrap/4.1.1/css/bootstrap.css" />
<link rel="stylesheet" href="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jqueryui/1.12.1/themes/smoothness/jquery-ui.css">
<script src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jqueryui/1.12.1/jquery-ui.min.js"></script>

<script src="hta.js"></script>

<script>

	// ウインドウの位置とサイズ
	centerWindow( 1100, 600 );

	// WSH 標準
	var WshShell = newObject("WScript.Shell");

	$(function(){
	
		// ***************************
		// ボタン表示位置微調整
		// ***************************
		$( ".btn" ).css({
			"margin-top": "-4px"
		});
	
		// ***************************
		// hostname を実行して
		// 結果を取得する
		// ***************************
		$("#act1").on("click", function(){

			var oExec = WshShell.Exec("hostname");
			var str = "";
			str += oExec.StdOut.ReadAll();

			var arrData = [ str ];
			loadTable( arrData );

		});


	});

</script>

<style>
html,body {
	height: 100%;
}

body {
	margin: 0;
}

/* ブロックを左右に表示  */
.ttl {
	display: inline-block;
	width: 120px;
	vertical-align: top;
}
.entry {
	display: inline-block;
}
.line {
	margin-bottom: 0;
}

#head {
	padding: 16px;
}

/* IFRAMEコントロール用  */
#head {
	padding: 16px;
	width: 100%;
	height: 120px;
	background-color: #e0e0e0;
}
#extend {
	padding: 4px 16px;
	display: block;
	margin-left: auto;
	margin-right: auto;
	width: calc( 100% - 3px );
	height: calc( 100% - 120px - 2px );
	border: solid 2px #c0c0c0;
	overflow: scroll;
}
.row_data td {
	cursor: default!important;
}

</style>

</head>
<body>
<div id="head">

	<p class="ttl">
		処理
	</p>
	<p class="entry">

		<input
			id="act1"
			class="ml-4 btn btn-outline-primary"
			type="button"
			value="hostname を実行して標準出力からPC名の取得">

	</p>
	<p class="line"></p>

	<h4 class="text-danger"></h4>

</div>
<div id="extend">
	<table class="table table-hover">
		<tbody id="tbl">
		</tbody>
	</table>
<br>
</div>

</body>
</html>


hta.js
// *************************************
// ウインドウの位置とサイズ
// *************************************
function baseWindow( x, y, w, h ) {

	top.moveTo( x, y );
	top.resizeTo( w, h );

}

// *************************************
// デスクトップ中央
// *************************************
function centerWindow( w, h ) {

	// ウインドウの位置とサイズ
	top.resizeTo( w, h );
	top.moveTo((screen.width-w)/2, (screen.height-h)/2 )

}

// *************************************
// CreateObject
// *************************************
function newObject( className ) {

	var obj;

	try {
		obj = new ActiveXObject( className );
	}
	catch (e) {
		obj = null;
	}

	return obj;

}

// *************************************
// テーブル作成
// *************************************
function loadTable( arrayData ) {

	var row_data = "";

	// テーブル表示リセット
	$("#tbl .row_data").remove();
	
	var len = arrayData.length;
	for( i = 0; i < len; i++ ) {
		row_data = $("<tr></tr>")
			.addClass("row_data")
			.appendTo( "#tbl" );

		$("<td></td>")
			.text(arrayData[i])
			.appendTo( row_data );
	
	}

}





posted by lightbox at 2018-07-28 22:28 | HTA ( HTMLアプリケーション ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月24日


HTA : 『x-frame-options: SAMEORIGIN』の設定されていないページの情報を IFRAME 内に表示して jQuery で取り出す / iframe内 参照と .clone() と .end()

レスポンスヘッダーに x-frame-options: SAMEORIGIN が設定されているとそのページは同一ドメインでないと IFRAME に読み込んで表示する事ができません。

さらに、x-frame-options: SAMEORIGIN が設定されていなくても、通常のブラウザであれば表示する事はできても、JavaScript でアクセスする事ができません。

IFRAME 内に x-frame-options: SAMEORIGIN の設定されていない WEB ページを表示してかつ、JavaScript で値を取り出せるのは HTA だけです。





<html>
<head>
<meta http-equiv="x-ua-compatible" content="ie=edge" />
<script src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/3.3.1/jquery.min.js"></script>
<link rel="stylesheet" href="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/twitter-bootstrap/4.1.1/css/bootstrap.css" />
<link rel="stylesheet" href="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jqueryui/1.12.1/themes/smoothness/jquery-ui.css">
<script src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jqueryui/1.12.1/jquery-ui.min.js"></script>

<script>
// *************************************
// デスクトップ中央
// *************************************
function centerWindow( w, h ) {

	// ウインドウの位置とサイズ
	top.resizeTo( w, h );
	top.moveTo((screen.width-w)/2, (screen.height-h)/2 )

}
</script>

<script>

	// ウインドウの位置とサイズ
	centerWindow( 860, 600 );

	// テーブルの行作成用
	var row_data = "";

	$(function(){

		// レジストリキーの値一覧
		$("#act").on("click", function(){
		
			var domdoc = $("iframe[name='extend']").get(0).contentWindow.document;

			$(domdoc).find("#datalist p").each( function(idx){
			
				row_data = $("<tr></tr>")
					.addClass("row_data")
					.appendTo( "#tbl" );

				// 複製を取得して複製内の span を削除して
				// .end() で参照を p_clone に戻す
				var p_clone = $(this).clone().find("span").remove().end();
				// 複製内の span を削除 
				
				// p 内にある span のテキスト
				$("<td></td>")
					.text($(this).find("span").text())
					.appendTo( row_data );

				// span が削除された p 内のテキスト
				$("<td></td>")
					.text(p_clone.text())
					.appendTo( row_data );

			});

		});

		// 再表示
		$("#view").on("click", function(){
			location.reload(true);
		});

		// IE のドキュメントモードを表示
		$("<div></div>")
			.text( document.documentMode )
			.css( { "float" : "right", "color": "#808080", "font-size": "8px" } )
			.insertBefore( $("p").eq(0) );
			

		// ボタン表示位置微調整
		$( ".btn" ).css({
			"margin-top": "-4px"
		});
			
		
	});

</script>

<style>
/* ブロックを左右に表示  */
.ttl {
	display: inline-block;
	width: 230px;
	vertical-align: top;
}
.entry {
	display: inline-block;
}
.line {
	margin-bottom: 0;
}

#head {
	padding: 16px;
}

/* DIV を Window 下部にフィット  */
html,body {
	height: 100%;
}

body {
	margin: 0;
}
#head {
	padding: 16px;
	width: 100%;
	height: 120px;
	background-color: #e0e0e0;
}
.extend {
	padding: 4px 16px;
	display: block;
	margin-left: auto;
	margin-right: auto;
	width: calc( 100% - 3px );
	height: calc( 100% - 120px - 2px );
	border: solid 2px #c0c0c0;
	overflow: scroll;
}

/* テーブルのカーソル用  */
.row_data td, .row_data th {
	cursor: default!important;
	white-space: pre;
}

</style>
</head>
<body>
<div id="head">

	<p class="ttl">
		外部IFRAMEの内容を取り出す
	</p>

	<p class="entry">
		<input
			id="act"
			class="ml-4 btn btn-outline-primary"
			type="button"
			value="一覧表示">

		<input
			class="ml-4 btn btn-info btn-sm"
			id="view"
			type="button"
			value="再表示">
	</p>
	<p class="line"></p>

	<h4 class="text-danger"></h4>

</div>
<div class="extend">
	<table class="table table-hover">
		<tbody id="tbl">
		</tbody>
	</table>
<br>
</div>

<iframe class="extend" name="extend" APPLICATION="yes" src="https://lightbox.sakura.ne.jp/demo/iframe_target.html"></iframe>

</body>
</html>


jQuery でテキストノードの文字列を取り出す

以下のような HTML では、テキスト がテキストノードにあたります。テキスト2 はテキストノードでは無いので、a に対するセレクタで取得できますが、テキストと同様の方法で取り出します。

参考 : [Javascript] jQueryでテキストノードを選択するにはどうすればよいですか?
<div id="datalist">
	<p><span>18/07/23</span>テキスト</p>
	<p><span>18/07/22</span>テキスト</p>
	<p><span>18/07/18</span>テキスト</p>
	<p><span>18/07/16</span><a href="URL">テキスト2</a></p>
	<p><span>18/07/15</span><a href="URL">テキスト2</a></p>
	<p><span>18/07/15</span><a href="URL">テキスト2</a></p>
</div></body>


IFRAME 内のドキュメント参照と .clone() と .end()

1) var domdoc = $("iframe[name='extend']").get(0).contentWindow.document で、DOM として IFRAME 内の document を取得します

2) テキストノードを取得する為に span を削除する必要があるので、clone() で同じものを作成してその中から span を削除します

3) 削除した段階で、参照が span に移行しているので、end() で一つ前に戻って、そこから text() でデータを取得します
var domdoc = $("iframe[name='extend']").get(0).contentWindow.document;

$(domdoc).find("#datalist p").each( function(idx){

	row_data = $("<tr></tr>")
		.addClass("row_data")
		.appendTo( "#tbl" );

	// 複製を取得して複製内の span を削除して
	// .end() で参照を p_clone に戻す
	var p_clone = $(this).clone().find("span").remove().end();
	// 複製内の span を削除 
	
	// p 内にある span のテキスト
	$("<td></td>")
		.text($(this).find("span").text())
		.appendTo( row_data );

	// span が削除された p 内のテキスト
	$("<td></td>")
		.text(p_clone.text())
		.appendTo( row_data );

});


WEB ページのデータを HTA で自動的に取得したい場合、x-frame-options: SAMEORIGIN がなければそのまま使えます。しかし、一般的には欲しいページをダウンロードしてローカルに置いて読み込めば全てのページのデータをある程度自動取得できます。




posted by lightbox at 2018-07-24 23:57 | HTA ( HTMLアプリケーション ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

無料SSL(Let's Encrypt) : [さくらインターネット]SSLサーバ証明書発行のお知らせ

https://winofsql.jp/info.php


さくらインターネットやその他のレンタルサーバで、無料SSL が使用可能である事を知り、インストールしました。インストール後、[さくらインターネット]SSLサーバ証明書発行のお知らせ というメールが来ましたが、手順はほぼボタンをクリックするだけです。

【無料SSL】サーバコントロールパネルからの導入手順

最初に、さくらインターネットで取得・管理しているドメインを利用する他社で取得・管理しているドメインを利用するを確認します。

自分は、さくらインターネットで取得・管理しているドメインを利用しています。

▼ 確認事項

さくらインターネットにて2004年7月15日以降に取得・移管された独自ドメインに限る。
( 会員メニューの契約情報の下のほうにある サービス利用期間 で確認できます )

さくらインターネットのネームサーバを利用する事
プライマリネームサーバ:ns1.dns.ne.jp
セカンダリネームサーバ:ns2.dns.ne.jp
対象となるドメインのAレコードの値がさくらのレンタルサーバに向いている必要がある。

以上の情報は、会員メニュー > ドメインメニュー > ゾーン編集 で確認できます。
( エントリ名 が @ の部分で確認ができます / ドメインで ping を実行して取得できた IP が A レコードに対応 )

おそらく、たいていの場合は問題無く、そのまま SSL の設定手順に基づいてクリックしていくだけです。

設定・お申し込み手順

1) SSL設定を有効にする

2) 確認

2) の確認は要するにまず、http:// ではなく https:// で表示されるかどうかです。

▼ ページの編集

問題は、そのページから読み込んでいる、.css .js 及び 画像が https:// でアクセスされていないと、Google Chrome の場合 URL の左に『保護された通信』と表示されません。

css 内に記述されている URL や、js 内より動的に作成されるものも全て変更する必要があります。特に、画像類も全て対象になるので細かくチェックします( ファイル名や画像名は、F12 のデベロッパーツールのコンソールで確認できます )

▼ 変更が不十分だとこうなります


▼ 証明書の更新について

メールの中に以下のように書かれています
今回お申し込みいただいた無料SSLについては証明書は有効期間が90日となりますが、サーバで自動更新いたしますので今後更新作業を行う必要はございません。ご利用を停止したい場合は「秘密鍵を含む設定の削除」から証明書を削除してください。
※ レンタルサーバ側で自動更新してくれるので、特別な配慮は不必要のようです。 http から https へのリダイレクトについて 暗号化(SSL)を有効としている場合、暗号化しているページへ誘導したい に以下のような .htaccess 用の記述が書かれています。
SetEnvIf REDIRECT_HTTPS (.*) HTTPS=$1 
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine on 
RewriteCond %{ENV:HTTPS} !on 
RewriteRule .* https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L] 
</IfModule>
ですが、自分はすでに .htaccess を配置していろいろやっているので、該当するフォルダ内の .htaccess の最後に以下を追加しました。
RewriteEngine on 
RewriteCond %{ENV:HTTPS} !on 
RewriteRule .* https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L] 
※ もう少しきちんと記述方法を調べれば、もっと限定した処理も書けると思います ▼ 昔設置した、小文字から大文字のリダイレクト
RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteRule va003334/(.*) VA003334/$1 [R,L]
posted by lightbox at 2018-07-24 21:53 | WEBサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

HTA (HTMLアプリケーション) で JavaScript と VBScript を混在させる手法 / GetObject を VBScript 側で使用する



▼ HTA


▼ IE11


ドキュメントモードは IE10 で
<meta http-equiv="x-ua-compatible" content="ie=10" />
JavaScript だけで処理できる場合は、ie="edge" で最新のドキュメントモードで動作します。しかし、VBScript を使う場合は ie="10" でないと動作してくれないので注意が必要です。(省略するとドキュメントモードは 5 のようです) IE11 でも、信頼するサイトに http://localhost を登録して、レベルのカスタマイズで『スクリプトを実行しても安全だとマークされていないActiveX コントロールの初期化とスクリプトの実行』を『有効』にすれば .hta を .html に変更して動作可能です。 SCRIPT 要素の language="VBScript"
<script language="VBScript">
</script>
主体が JavaScript の場合は、VBScript を記述する場所は language="VBScript" を記述する必要があります。但し、ページ上で最初に現れるスクリプトは JavaScript である必要があります。先に、VBScript が定義されていると VBScript がデフォルトの言語になってしまいます。( 一般要素にインラインのイベントで VBScript を書く場合も language="VBScript" が必要です ) WMI を使用する為に GetObject が必要です この為に VBScript が必要になる場合と、JavaScript では Windows で用意されたオブジェクトからの値をうまく取得できない場合もあるので、VBScript を要所に設置する必要があります。このサンプルでは、GetObject で WMI のレジストリ処理を可能にする為に使っているのと、メソッドに変数を渡して戻ってくる値を使えるようにする為に使用しています。 ▼ レジストリのエントリ名の一覧を JavaScript の配列に変換する為の流れ JavaScript から呼び出し => VBScript で処理 => VBArray を引数で JavaScript に引き渡す => JavaScript の配列にする VBArray の扱い Microsoft のドキュメントではピンと来ないのですが、結果的に オブジェクトとのやり取りする場合、配列はほぼ全て safeArray だと思われます。そして、JavaScript 内で受け取った時点で既に、VBArray のようなので、そのまま toArray() で配列化します。( VBScript が JavaScript の関数に引数として渡しても、JavaScript 側では VBArray のようです )
<html>
<head>
<meta http-equiv="x-ua-compatible" content="ie=10" />
<script src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/3.3.1/jquery.min.js"></script>
<link rel="stylesheet" href="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/twitter-bootstrap/4.1.1/css/bootstrap.css" />
<link rel="stylesheet" href="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jqueryui/1.12.1/themes/smoothness/jquery-ui.css">
<script src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jqueryui/1.12.1/jquery-ui.min.js"></script>

<script src="hta.js"></script>

<script language="VBScript">
' *****************************************
' VBScript を使用するには、
' x-ua-compatible で、ie=10 です
' *****************************************

' オブジェクトの取得
Set objRegistry = GetObject("Winmgmts:root\default:StdRegProv")
' *****************************************
' VBScript の関数
' *****************************************
Function GetObjectArray(RegPath)

	Dim aNames,aTypes

	on error resume next
	WMIRet = objRegistry.EnumValues( &H80000002, RegPath, aNames, aTypes )
	if Err.Number <> 0 then
		alert( Err.Description )
		GetObjectArray = False
		Exit Function
	end if
	if WMIRet <> 0 then
		alert( "処理に失敗しました" )
		GetObjectArray = False
		Exit Function
	end if
	on error goto 0
	
	if IsNull( aNames ) then
		alert( "データがありません" )
		GetObjectArray = False
		Exit Function
	end if

	Call setObjRegistry( aNames )

	GetObjectArray = True

End Function
</script>
<script>

	// ウインドウの位置とサイズ
	centerWindow( 1100, 600 );

	// テーブルの行作成用
	var row_data = "";

	// Microsoft Windows 標準オブジェクト作成
	var WshShell = newObject("WScript.Shell");
	var objShell = newObject("Shell.Application");

	$(function(){

		// レジストリキーの値一覧
		$("#act").on("click", function(){

			if ( GetObjectArray( $("#regkey").val() ) == 0 ) {
				return;
			}
			
			// テーブル表示リセット
			$("#tbl .row_data").remove();
			
			// 配列より一覧作成
			var len = regArray.length;
			for( i = 0; i < len; i++ ) {
				row_data = $("<tr></tr>")
					.addClass("row_data")
					.appendTo( "#tbl" );

				$("<td></td>")
					.text(regArray[i])
					.appendTo( row_data );
			
			}

		});

		// 実行
		$("#run").on("click", function(){

			WshShell.Run("ms-settings:windowsupdate");

		});

		// 管理者実行
		$("#admin_run").on("click", function(){

			objShell.ShellExecute("cmd.exe", "", "", "runas", 1);

		});

		// 再表示
		$("#view").on("click", function(){
			location.reload(true);
		});

		// IE のドキュメントモードを表示
		$("<div></div>")
			.text( document.documentMode )
			.css( { "float" : "right", "color": "#808080", "font-size": "8px" } )
			.insertBefore( $("p").eq(0) );

		// 表示位置微調整
		$( ".btn,#regkey" ).css({
			"margin-top": "-4px"
		});
		
	});

</script>

<style>
/* ブロックを左右に表示  */
.ttl {
	display: inline-block;
	width: 300px;
	vertical-align: top;
}
.entry {
	display: inline-block;
}
.line {
	margin-bottom: 0;
}

#head {
	padding: 16px;
}

/* DIV を Window 下部にフィット  */
html,body {
	height: 100%;
}

body {
	margin: 0;
}
#head {
	padding: 16px;
	width: 100%;
	height: 180px;
	background-color: #e0e0e0;
}
#extend {
	padding: 4px 16px;
	display: block;
	margin-left: auto;
	margin-right: auto;
	width: calc( 100% - 3px );
	height: calc( 100% - 180px - 2px );
	border: solid 2px #c0c0c0;
	overflow: scroll;
}

/* テーブルのカーソル用  */
.row_data td, .row_data th {
	cursor: default!important;
	white-space: pre;
}

</style>
</head>
<body>
<div id="head">

	<p class="ttl">
		HKEY_LOCAL_MACHINE レジストリキー
	</p>
	<p class="entry">
		<input
			id="regkey"
			type="text"
			style="width:600px;"
			value="SOFTWARE\ODBC\ODBCINST.INI\ODBC Drivers">
	</p>
	<p class="line"></p>

	<p class="ttl">
	</p>

	<p class="entry">
		<input
			id="act"
			class="ml-4 btn btn-outline-primary"
			type="button"
			value="一覧表示">

		<input
			id="run"
			class="ml-4 btn btn-outline-primary"
			type="button"
			value="実行">

		<input
			id="admin_run"
			class="ml-4 btn btn-outline-primary"
			type="button"
			value="管理者実行">

		<input
			class="ml-4 btn btn-info btn-sm"
			id="view"
			type="button"
			value="再表示">
	</p>
	<p class="line"></p>

	<h4 class="text-danger"></h4>

</div>
<div id="extend">
	<table class="table table-hover">
		<tbody id="tbl">
		</tbody>
	</table>
<br>
</div>

</body>
</html>

※ 画面上右端に、IE のドキュメントモードを表示するようにしました


// IE のドキュメントモードを表示
$("<div></div>")
	.text( document.documentMode )
	.css( { "float" : "right", "color": "#808080", "font-size": "8px" } )
	.insertBefore( $("p").eq(0) );


サンプルとして、外部アプリケーションの二つの実行方法を記述しています。( Shell.Application では管理者権限での実行が可能です )


hta.js

newObject 関数は、VBScript の CreateObject ライクに使えるようにしたので、取得に失敗すると戻り値は null が返ります。
// *************************************
// ウインドウの位置とサイズ
// *************************************
function baseWindow( x, y, w, h ) {

	top.moveTo( x, y );
	top.resizeTo( w, h );

}

// *************************************
// デスクトップ中央
// *************************************
function centerWindow( w, h ) {

	// ウインドウの位置とサイズ
	top.resizeTo( w, h );
	top.moveTo((screen.width-w)/2, (screen.height-h)/2 )

}

// *************************************
// CreateObject
// *************************************
function newObject( className ) {

	var obj;

	try {
		obj = new ActiveXObject( className );
	}
	catch (e) {
		obj = null;
	}

	return obj;

}

// *************************************
// VB より呼びだされる
// VBArray を JS 配列に変換する関数
// *************************************
function setObjRegistry( vbArray ) {

	window.regArray = vbArray.toArray()
	window.regArray.sort();

}

※ window.regArray は、JavaScript でグローバル変数(と同等?)の保存をする為の手法です。

※ 2列以上のデータセット個別の列でソートするには、ADODB.Recordset を使用します。


関連する記事

HTA + Basp21 + jQuery + twitter-bootstrap(4.1.1) でメール受信ツール




posted by lightbox at 2018-07-24 12:56 | HTA ( HTMLアプリケーション ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
container 終わり

フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

CSS ドロップシャドウの参考デモ
BUTTONS (CSS でボタン)
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり