SQLの窓

2017年07月21日


VBA : 一ヶ月の予定リストの作成

概要

"対象" という名前のシートがあればそれを使い、無ければ "テンプレート" シートをコピーして、"対象" と言う名前に変更します。

そのシートに対して、指定した年月の 1日から 末日までの年月表示を縦に作成し、その横に曜日を表示します

▼ ここからボタンをクリックすると


▼ こうなります


ソース
Sub ボタン1_Click()

    ' データ処理をする Sheet
    Dim sheet As Worksheet
    
    ' "対象" Sheet の取得
    On Error Resume Next
    Set sheet = Worksheets("対象")
    On Error GoTo 0
    
    ' "対象" Sheet が無い場合は テンプレート をコピーして作成
    If sheet Is Nothing Then
        Call Worksheets("テンプレート").Copy(, Worksheets("年月入力"))
        ' コピーした Sheet の名前を変更
        Application.ActiveSheet.Name = "対象"
        ' 変数にコピーした Sheet をセット
        Set sheet = Application.ActiveSheet
    End If
    
    ' 曜日文字列の用意
    Dim Youbi(8) As String
    Youbi(1) = "日曜"
    Youbi(2) = "月曜"
    Youbi(3) = "火曜"
    Youbi(4) = "水曜"
    Youbi(5) = "木曜"
    Youbi(6) = "金曜"
    Youbi(7) = "土曜"

    Dim dtValue As Date
    Dim startDate As Date
    Dim endDate As Date
    
    ' 入力値から日付データの作成
    Dim s1 As String
    Dim s2 As String
    s1 = CStr(Worksheets("年月入力").Cells(2, 1).Value)
    s2 = CStr(Worksheets("年月入力").Cells(2, 2).Value)
    dtValue = CDate(s1 & "/" & s2 & "/1")
    
    ' 月のはじめ
    startDate = DateSerial(year(dtValue), month(dtValue), 1)
    ' 月末
    endDate = DateSerial(year(dtValue), month(dtValue) + 1, 0)
    
    ' ひと月ぶんの初期化
    For I = 1 To 31
        
        sheet.Cells(I, 1).Value = ""
        sheet.Cells(I, 2).Value = ""
        
    Next
    
    ' ひと月ぶんのデータの作成
    Dim row As Integer: row = 0
    For dtValue = startDate To endDate

        row = row + 1
        sheet.Cells(row, 1).Value = CStr(dtValue)
        sheet.Cells(row, 2).Value = Youbi(Weekday(dtValue))

    Next

End Sub

On Error Resume Next

VB と名の付く処理では伝統的なエラーの対処方法です。指定した名前のシートを取得する方法としては、シートのコレクションのループ内で一致する名前を探すのが VBA 界隈では一般的なようですが、VB アプリケーションとしてはこのほうが汎用性があります。

Call でシートのコピー

VBA のマクロが作成するコードは、これとは違うものだと思いますが、VB アプリケーションでメソッドの実行は Call で呼び出します。戻り値のある場合は Call を使わずに左辺に変数を置きます。

引数が一つの場合は、Call を使わずに実行でき、その際引数をかっこでは囲いません。しかし、引数が二つ以上の場合は Call を使って引数をかっこで囲います。ここでは、expression.Copy(Before, After) の文法にのっとって、第一引数を省略して、第二引数を指定してコピーしています。





タグ:VBA VB EXCEL
posted by lightbox at 2017-07-21 23:51 | Comment(0) | VBA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月10日


Okhttp を使用した、GET、POST、ファイルアップロードを楽に実装できる HttpAccess クラス

OkHttp
okio

厳密に言うと、GET 時に渡す URL の QueryString 部分はクラス外部で作成するようになっています。仮にデータ部分を日本語で指定しても、UTF8 であれば自動的にエンコードしてくれます。また、set メソッドで URL の変更も可能です。

コンストラクタで渡す URL は、GET では必ず使用されますが、POST では実行時に指定した url KEY を使う事ができます(省略すると、コンストラクタ作成時の url を使用します)

url に関しては、Getter と Setter があります。

ファイルアップロードは1件のみの処理を想定しています。入力データとして InputStream を使い、内部で ByteArray に変換しています。Okhttp のメソッドが InputStream には対応していないので、複数ファイルアップロードは、一度にひとつのファイルになるよう外部でコントロールが必要になるでしょう。
import android.os.AsyncTask;

import java.io.ByteArrayOutputStream;
import java.io.IOException;
import java.io.InputStream;
import java.util.HashMap;
import java.util.Map;

import okhttp3.Call;
import okhttp3.FormBody;
import okhttp3.MediaType;
import okhttp3.MultipartBody;
import okhttp3.OkHttpClient;
import okhttp3.Request;
import okhttp3.RequestBody;
import okhttp3.Response;
import okio.BufferedSink;
import okio.Okio;
import okio.Source;

public class HttpAccess {

	private OkHttpClient okHttpClient;
	private String url;

	public interface OnAsyncTaskListener {
		abstract public void onAsyncTaskListener(String s);
	}

	// url の Getter と Setter
	public String getUrl() {
		return url;
	}
	public void setUrl(String url) {
		this.url = url;
	}

	// *******************************
	// コンストラクタ
	// *******************************
	public HttpAccess(String url) {
		this.okHttpClient = new OkHttpClient();
		this.url = url;
	}

	// *******************************
	// GET
	// *******************************
	public void sendGet(final OnAsyncTaskListener listener ) {

		new AsyncTask<Void,Void,String>(){
			@Override
			protected String doInBackground(Void... params) {
				String result = "[\"error\"]";

				Request.Builder builder = new Request.Builder();
				builder.url(HttpAccess.this.url);
				Request request = builder.build();

				Response response = null;
				try {
					response = HttpAccess.this.okHttpClient.newCall(request).execute();
					result = response.body().string();
				}
				catch (IOException e) {
					e.printStackTrace();
				}

				return result;
			}

			// UI スレッド処理
			@Override
			protected void onPostExecute(String s) {
				super.onPostExecute(s);

				listener.onAsyncTaskListener(s);

			}
		}.execute();

	}

	// *******************************
	// POST
	// *******************************
	public void sendPost(HashMap<String,String> postData, final OnAsyncTaskListener listener ) {

		new AsyncTask<HashMap,Void,String>(){
			@Override
			protected String doInBackground(HashMap... params) {
				String result = "[\"error\"]";

				HashMap<String,String> postData = (HashMap<String,String>)params[0];

				// POST 用 FormBody の内容の作成
				FormBody.Builder formbodyBuilder = new FormBody.Builder();
				for(Map.Entry<String, String> e : postData.entrySet()) {
					if (  !(e.getKey()).equals("url") ) {
						formbodyBuilder.add(e.getKey(), e.getValue());
					}
				}

				// 送信用ユニットの作成
				FormBody formbody = formbodyBuilder.build();
				Request.Builder builder = new Request.Builder();

				// 引数の Map に url が無い場合は、コンストラクタの url を使用する
				if ( postData.get("url") == null ) {
					builder.url(HttpAccess.this.url) ;
				}
				else {
					builder.url( postData.get("url") );
				}

				builder.post(formbody);
				Request request = builder.build();

				Response response = null;
				try {
					response = HttpAccess.this.okHttpClient.newCall(request).execute();
					result = response.body().string();
				}
				catch (IOException e) {
					e.printStackTrace();
				}

				return result;
			}

			// UI スレッド処理
			@Override
			protected void onPostExecute(String s) {

				listener.onAsyncTaskListener(s);

			}
		}.execute(postData);

	}

	// *******************************
	// 1ファイルのアップロード(  Byte 配列使うので一つ )
	// *******************************
	public void sendUpload(String url, String field, String name, InputStream inputStream, String mime, final OnAsyncTaskListener listener ) {

		// 引数は、専用クラス
		UploadParam uploadParam = new UploadParam(url,field,name,inputStream,mime);
		new AsyncTask<UploadParam,Void,String>(){
			@Override
			protected String doInBackground(UploadParam... params) {
				String result = "[\"error\"]";

				UploadParam uploadParam = params[0];
				InputStream inputStream = uploadParam.getInputStream();
				Source source = Okio.source(inputStream);
				ByteArrayOutputStream byteArrayOutputStream = new ByteArrayOutputStream();
				BufferedSink bufferedSink = Okio.buffer(Okio.sink(byteArrayOutputStream));
				try {
					bufferedSink.writeAll(source);
					bufferedSink.close();
					source.close();
				} catch (IOException e) {
					e.printStackTrace();
				}

				MultipartBody.Builder multipartBodyBuilder = new MultipartBody.Builder();
				multipartBodyBuilder.setType(MultipartBody.FORM);
				multipartBodyBuilder.addFormDataPart(
						uploadParam.getField(),
						uploadParam.getName(),
						RequestBody.create(MediaType.parse(uploadParam.getMime()),byteArrayOutputStream.toByteArray())
				);
				RequestBody requestBody = multipartBodyBuilder.build();

				// 送信用のデータを作成
				Request.Builder requestBuilder = new Request.Builder();
				requestBuilder.url(uploadParam.getUrl());
				requestBuilder.post(requestBody);
				Request request = requestBuilder.build();

				// 受信用のオブジェクトの準備
				Call call = HttpAccess.this.okHttpClient.newCall(request);

				// 送信と受信
				try {

					Response response = call.execute();
					result = response.body().string();

				} catch (Exception ex) {
					ex.printStackTrace();
				}

				return result;

			}

			@Override
			protected void onPostExecute(String s) {

				listener.onAsyncTaskListener(s);

			}

		}.execute(uploadParam);


	}

	private class UploadParam {
		private String url;
		private String mime;
		private String field;
		private String name;
		private InputStream inputStream;

		public UploadParam(String url, String field, String name, InputStream inputStream, String mime) {
			this.url = url;
			this.mime = mime;
			this.field = field;
			this.name = name;
			this.inputStream = inputStream;
		}

		public String getUrl() {
			return url;
		}

		public String getMime() {
			return mime;
		}

		public String getField() {
			return field;
		}

		public String getName() {
			return name;
		}

		public InputStream getInputStream() {
			return inputStream;
		}
	}

}


ファイルアップロード呼び出しサンプル
				try {
					InputStream inputStream = assetManager.open("sample.jpg");
					httpAccess.sendUpload(
						"http://10.0.2.2/r101/php_upload/file_upload.php",
						"target",
						"sample.jpg",
						inputStream,
						"image/jpeg",
						new HttpAccess.OnAsyncTaskListener() {
							@Override
							public void onAsyncTaskListener(String s) {

								Log.i("lightbox", s);

							}
						}
					);
				} catch (IOException e) {
					e.printStackTrace();
				}

Post 呼び出しサンプル
					HashMap<String,String> postData = new HashMap<String,String>();
					// localhost の 環境
					postData.put("url", "http://10.0.2.2/r101/login-action/syain/syain_update.php");
					postData.put("fld_code", syain_base.code );
					postData.put("fld_simei", syain_base.name );

					httpAccess.sendPost(postData,new HttpAccess.OnAsyncTaskListener() {
						@Override
						public void onAsyncTaskListener(String s) {

							Log.i("lightbox",s);

							if ( !s.equals("[\"error\"]") ) {
								// 再表示
								listView.setAdapter(arrayAdapter);
							}
							else {
								Toast.makeText(MainActivity.this,"インターネットアクセスに失敗しました",Toast.LENGTH_LONG).show();
							}

						}
					});



posted by lightbox at 2017-07-10 12:04 | Comment(0) | Android Studio 2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月04日


Android の assets フォルダーに保存した 400x320 の画像ファイルの扱い

『Android の drawable フォルダーに保存した 400x320 の画像ファイルの6種類の扱いと Density』では、ファイルでは無く『表示用のリソース』という扱いでした。

それに対して assets フォルダーに保存するファイルは画像である必要も無く、単純に InputStream としてアクセスできます。(但し、assets からは読み込む事のみ可能です)

そこで、直接画像として扱う方法と、一旦別の場所に保存してから画像として扱う方法を試してみました。

前提条件

1) エミュレータとして Nexus 4 ( 768x1280 : xhdpi : 320 ) を使用しています。
2) 画像サイズは 400x320 です。
3) 画像は、assets フォルダのに保存しました。
4) ImageView に表示します
5) 以下の3つの画像です(いずれも 400x320 jpeg)
  

drawable との違い

1) 画像をファイルとして扱えるので、基本的には Bitmap として扱います。

2) ファイルのコピーには okio を使用して InputStream から OutputStream にコピーします。
	// *************************
	// ファイルコピー
	// *************************
	private void streamCopy(InputStream inputStream, OutputStream outputStream) throws Exception {

		Source source = Okio.source(inputStream);
		BufferedSink bufferedSink = Okio.buffer(Okio.sink(outputStream));
		bufferedSink.writeAll(source);

		bufferedSink.close();
		source.close();

	}


Drawable で表示 (27行〜)

ファイルからの読み込みであっても、リソースとして Drawable に読み込む場合はやはり、幅が 200 に設定されて表示は小さくなりました。



Drawable から Bitmap に変換して大きく表示 (47行〜)

Drawable から Bitmap に変換すると本来の横幅(400) になり、Density も 320 でこのまま表示すると正しい大きさで表示されるので、setDensity(160) で大きく表示するようにしました。



Bitmap で表示 (74行〜)

普通に Bitmap として読み込んで、Bitmap として表示します。サイズも密度も思った通りの状態となります。



いったんコピーしてBitmap で表示 (95行〜)

コピー後は書き込み可能なフォルダに環境が変わる事を除いて、assets から読み込むのと変わり無く普通に表示されます。



コピー後のファイルを Bitmap で大きく表示 (123行〜)

setDensity(160) で大きく表示します



コピー後のファイルを Bitmap で小さく表示 (154行〜)

setDensity(640) で小さく表示します



public class MainActivity extends AppCompatActivity {

	AssetManager assetManager;
	ImageView imageView;
	ImageView imageViewSaved;
	Drawable drawable;
	Bitmap bitmap;
	InputStream inputStream;
	OutputStream outputStream;

	@Override
	protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
		super.onCreate(savedInstanceState);
		setContentView(R.layout.activity_main);

		assetManager = MainActivity.this.getResources().getAssets();

		imageView = (ImageView) MainActivity.this.findViewById(R.id.imageView);
		imageViewSaved = (ImageView) MainActivity.this.findViewById(R.id.imageViewSaved);

		// カラー(Drawable)
		MainActivity.this.findViewById(R.id.buttonAsset1).setOnClickListener(new View.OnClickListener() {
			@Override
			public void onClick(View view) {

				try {
					inputStream = assetManager.open("sample.jpg");
					drawable = new BitmapDrawable(MainActivity.this.getResources(), inputStream);
					inputStream.close();

					Log.i("lightbox", drawable.getIntrinsicWidth()+"");		// Nexus 4 : 200, Nexus S : 267

				} catch (IOException e) {
					e.printStackTrace();
				}
				imageView.setImageDrawable(drawable);

			}
		});

		// モノクロ最大(Drawable > Bitmap > DENSITY_DEFAULT)
		MainActivity.this.findViewById(R.id.buttonAsset2).setOnClickListener(new View.OnClickListener() {
			@Override
			public void onClick(View view) {

				try {
					inputStream = assetManager.open("sample_mono.jpg");
					drawable = new BitmapDrawable(MainActivity.this.getResources(), inputStream);
					inputStream.close();

					Log.i("lightbox", drawable.getIntrinsicWidth()+"");		// Nexus 4 : 200, Nexus S : 267

					bitmap = ((BitmapDrawable) drawable).getBitmap();
					Log.i("lightbox", bitmap.getWidth()+"");		// 400
					Log.i("lightbox", bitmap.getDensity()+"");	// Nexus 4 : 320, Nexus S : 240

					// 大きく
					bitmap.setDensity(160);

				} catch (IOException e) {
					e.printStackTrace();
				}
				imageView.setImageBitmap(bitmap);

			}
		});

		// スケッチ、そのまま(Bitmap)
		MainActivity.this.findViewById(R.id.buttonAsset3).setOnClickListener(new View.OnClickListener() {
			@Override
			public void onClick(View view) {

				try {
					inputStream = assetManager.open("sample_sketch.jpg");
					bitmap = BitmapFactory.decodeStream(inputStream);
					inputStream.close();
					Log.i("lightbox", bitmap.getWidth()+"");		// 400
					Log.i("lightbox", bitmap.getDensity()+"");	// Nexus 4 : 320, Nexus S : 240

				} catch (IOException e) {
					e.printStackTrace();
				}
				imageView.setImageBitmap(bitmap);

			}
		});

		// カラーを保存して表示
		MainActivity.this.findViewById(R.id.buttonSave1).setOnClickListener(new View.OnClickListener() {
			@Override
			public void onClick(View view) {

				try {
					// 読み込むファイル
					inputStream = assetManager.open("sample.jpg");
					// 書き込むファイル
					outputStream = MainActivity.this.openFileOutput("sample.jpg", MODE_PRIVATE);
					streamCopy(inputStream,outputStream);

					// コピーしたファイルを読み込む
					inputStream = MainActivity.this.openFileInput("sample.jpg");
					bitmap = BitmapFactory.decodeStream(inputStream);
					inputStream.close();
					Log.i("lightbox", bitmap.getWidth()+"");		// 400
					Log.i("lightbox", bitmap.getDensity()+"");	// Nexus 4 : 320, Nexus S : 240

				} catch (Exception e) {
					e.printStackTrace();
				}

				imageViewSaved.setImageBitmap(bitmap);

			}
		});

		// モノクロを保存して表示
		MainActivity.this.findViewById(R.id.buttonSave2).setOnClickListener(new View.OnClickListener() {
			@Override
			public void onClick(View view) {

				try {
					// 読み込むファイル
					inputStream = assetManager.open("sample_mono.jpg");
					// 書き込むファイル
					outputStream = MainActivity.this.openFileOutput("sample_mono.jpg", MODE_PRIVATE);
					streamCopy(inputStream,outputStream);

					// コピーしたファイルを読み込む
					inputStream = MainActivity.this.openFileInput("sample_mono.jpg");
					bitmap = BitmapFactory.decodeStream(inputStream);
					inputStream.close();
					Log.i("lightbox", bitmap.getWidth()+"");		// 400
					Log.i("lightbox", bitmap.getDensity()+"");	// Nexus 4 : 320, Nexus S : 240

					// 大きく
					bitmap.setDensity(160);

				} catch (Exception e) {
					e.printStackTrace();
				}

				imageViewSaved.setImageBitmap(bitmap);

			}
		});

		// スケッチ
		MainActivity.this.findViewById(R.id.buttonSave3).setOnClickListener(new View.OnClickListener() {
			@Override
			public void onClick(View view) {

				try {
					// 読み込むファイル
					inputStream = assetManager.open("sample_sketch.jpg");
					// 書き込むファイル
					outputStream = MainActivity.this.openFileOutput("sample_sketch.jpg", MODE_PRIVATE);
					streamCopy(inputStream,outputStream);

					// コピーしたファイルを読み込む
					inputStream = MainActivity.this.openFileInput("sample_sketch.jpg");
					bitmap = BitmapFactory.decodeStream(inputStream);
					inputStream.close();
					Log.i("lightbox", bitmap.getWidth()+"");		// 400
					Log.i("lightbox", bitmap.getDensity()+"");	// Nexus 4 : 320, Nexus S : 240

					// 小さく
					bitmap.setDensity(640);

				} catch (Exception e) {
					e.printStackTrace();
				}

				imageViewSaved.setImageBitmap(bitmap);

			}
		});
	}

}





posted by lightbox at 2017-07-04 20:21 | Comment(0) | Android Studio 2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Android の drawable フォルダーに保存した 400x320 の画像ファイルの6種類の扱いと Density

前提条件

1) エミュレータとして Nexus 4 ( 768x1280 : xhdpi : 320 ) を使用しています。
2) 画像サイズは 400x320 です。

3) 画像は、drawable フォルダの直下に置かれています。


4) ImageView に表示します
5) 以下の3つの画像です(いずれも 400x320 jpeg)
  

6) デバイスを変更すると、getWidth()・getDensity() の値は場合によって変化します


リソース ID で表示 (25行〜)

setImageResource で リソース IDを使用するので、Android が自動的に表示する状態です。



これは、Nexus 4 の解像度(768x1280)から言えば大きく拡大して表示されています。

Drawable に変換後、Bitmap に変換して表示  (35行〜)

単純に表示してしまうと、リソース ID で表示したものと同じ大きさになります。ここでは、横幅情報を取得して表示しており、その情報では横幅は 800(Nexus4 の場合) になっています。

そこで、setDensity で密度を倍にする事によって結果的に表示サイズを半分にしています。



これは、Nexus 4 の解像度(768x1280)から言えば正しい大きさで表示されています。

Bitmap に直接変換後表示  (54行〜)

リソースを経由して変換しているので、リソース ID で表示したものと同じ大きさになります。ここでも、横幅情報を取得して表示していますが、その情報では横幅は 800(Nexus4 の場合) になっています。

なので、setDensity で密度を倍にして妥当な大きさで表示するようにしています。



本来のサイズで保存し、そこから読み込んで表示  (70行〜)

リソースを経由した場合倍のサイズになっているので、BitmapFactory.OptionsinScaled を false にして Bitmap に変換します。この Bitmap は本来のサイズになっているので、compress メソッドでこのまま保存します。ただし、元が JPEG であるため、クオリティを保持する為に PNG として保存しています。

そして、再度読み込みむと幅は 400 で Density は 320 になっているので、そのまま表示します。



保存後 Dawable として読込んで Bitmap に変換して表示  (105行〜)

BitmapFactory.OptionsinScaled を false にして Bitmap に変換して保存します(PNG として保存)。

そして、Drawable として読み込みむと幅が 200 になるようです。こちらの思った通りの大きさにする為にさらに Bitmap に変換すると、幅は 400 に戻りました。



しかし、最初の Drawable のまま setImageDrawable で表示すると以下のように小さくなります( 200 )



JPEG 保存後 大きくして表示  (142行〜)

クオリティが劣化しますが、90% クオリティでJPEG として保存して Bitmap として読み込みます

そして、大きく表示する為に Density を小さく(160)して表示しています。




public class MainActivity extends AppCompatActivity {

	ImageView imageView;
	ImageView imageViewSaved;
	Drawable drawable;
	Bitmap bitmap;
	BitmapFactory.Options options;
	InputStream inputStream;
	OutputStream outputStream;

	@Override
	protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
		super.onCreate(savedInstanceState);
		setContentView(R.layout.activity_main);

		imageView = (ImageView) MainActivity.this.findViewById(R.id.imageView);
		imageViewSaved = (ImageView) MainActivity.this.findViewById(R.id.imageViewSaved);

		// カラー
		MainActivity.this.findViewById(R.id.buttonResource1).setOnClickListener(new View.OnClickListener() {
			@Override
			public void onClick(View view) {

				// リソース ID
				imageView.setImageResource(R.drawable.sample);

			}
		});

		// モノクロ
		MainActivity.this.findViewById(R.id.buttonResource2).setOnClickListener(new View.OnClickListener() {
			@Override
			public void onClick(View view) {

				drawable =  MainActivity.this.getDrawable(R.drawable.sample_mono);
				Log.i("lightbox", drawable.getIntrinsicWidth()+"");	// Nexus 4 : 800, Nexus S : 600 (注) setDensity 後変化します

				bitmap = ((BitmapDrawable)drawable).getBitmap();
				Log.i("lightbox", bitmap.getWidth()+"");		// Nexus 4 : 800, Nexus S : 600
				Log.i("lightbox", bitmap.getDensity()+"");	// Nexus 4 : 320, Nexus S : 240

				// 密度を倍にすれば、表示サイズは半分に
				bitmap.setDensity(640);
				imageView.setImageBitmap(bitmap);

			}
		});

		// スケッチ
		MainActivity.this.findViewById(R.id.buttonResource3).setOnClickListener(new View.OnClickListener() {
			@Override
			public void onClick(View view) {

				bitmap = BitmapFactory.decodeResource(MainActivity.this.getResources(), R.drawable.sample_sketch);
				Log.i("lightbox", bitmap.getWidth()+"");		// Nexus 4 : 800, Nexus S : 600
				Log.i("lightbox", bitmap.getDensity()+"");	// Nexus 4 : 320, Nexus S : 240

				// 密度を倍にすれば、表示サイズは半分に
				bitmap.setDensity(640);
				imageView.setImageBitmap(bitmap);

			}
		});

		// カラー
		MainActivity.this.findViewById(R.id.buttonSave1).setOnClickListener(new View.OnClickListener() {
			@Override
			public void onClick(View view) {

				options = new BitmapFactory.Options();
				options.inScaled = false;
				bitmap = BitmapFactory.decodeResource(MainActivity.this.getResources(), R.drawable.sample,options);

				Log.i("lightbox", bitmap.getWidth()+"");		// 400
				Log.i("lightbox", bitmap.getDensity()+"");	// 160

				try {
					// 書き込みするファイル名
					outputStream = MainActivity.this.openFileOutput("sample.png", MODE_PRIVATE);
					// PNG なので quality は無視される( クオリティ維持のため PNG として保存 )
					bitmap.compress(Bitmap.CompressFormat.PNG, 0, outputStream);
					outputStream.close();

					inputStream = MainActivity.this.openFileInput("sample.png");
					bitmap = BitmapFactory.decodeStream(inputStream);
					inputStream.close();

					Log.i("lightbox", bitmap.getWidth()+"");		// 400
					Log.i("lightbox", bitmap.getDensity()+"");	// Nexus 4 : 320, Nexus S : 240

					imageViewSaved.setImageBitmap(bitmap);

				} catch (Exception e) {
					e.printStackTrace();
				}

			}
		});

		// モノクロ
		MainActivity.this.findViewById(R.id.buttonSave2).setOnClickListener(new View.OnClickListener() {
			@Override
			public void onClick(View view) {

				options = new BitmapFactory.Options();
				options.inScaled = false;
				bitmap = BitmapFactory.decodeResource(MainActivity.this.getResources(), R.drawable.sample_mono,options);

				Log.i("lightbox", bitmap.getWidth()+"");		// 400
				Log.i("lightbox", bitmap.getDensity()+"");	// 160

				try {
					// 書き込みするファイル名
					outputStream = MainActivity.this.openFileOutput("sample_mono.png", MODE_PRIVATE);
					// PNG なので quality は無視される( クオリティ維持のため PNG として保存 )
					bitmap.compress(Bitmap.CompressFormat.PNG, 0, outputStream);
					outputStream.close();

					inputStream = MainActivity.this.openFileInput("sample_mono.png");
					drawable = new BitmapDrawable(MainActivity.this.getResources(), inputStream);
					inputStream.close();
					Log.i("lightbox", drawable.getIntrinsicWidth()+"");	// Nexus 4 : 200, Nexus S : 267

					bitmap = ((BitmapDrawable)drawable).getBitmap();
					Log.i("lightbox", bitmap.getWidth()+"");		// 400
					Log.i("lightbox", bitmap.getDensity()+"");	// Nexus 4 : 320, Nexus S : 240

					imageViewSaved.setImageBitmap(bitmap);

				} catch (Exception e) {
					e.printStackTrace();
				}

			}
		});

		// スケッチ
		MainActivity.this.findViewById(R.id.buttonSave3).setOnClickListener(new View.OnClickListener() {
			@Override
			public void onClick(View view) {

				options = new BitmapFactory.Options();
				options.inScaled = false;
				bitmap = BitmapFactory.decodeResource(MainActivity.this.getResources(), R.drawable.sample_sketch,options);

				Log.i("lightbox", bitmap.getWidth()+"");		// 400
				Log.i("lightbox", bitmap.getDensity()+"");	// 160

				try {
					// 書き込みするファイル名
					outputStream = MainActivity.this.openFileOutput("sample_sketch.jpg", MODE_PRIVATE);
					// 90% JPEGとして保存
					bitmap.compress(Bitmap.CompressFormat.JPEG, 90, outputStream);
					outputStream.close();

					inputStream = MainActivity.this.openFileInput("sample_sketch.jpg");
					bitmap = BitmapFactory.decodeStream(inputStream);
					inputStream.close();
					Log.i("lightbox", bitmap.getWidth()+"");		// 400
					Log.i("lightbox", bitmap.getDensity()+"");	// Nexus 4 : 320, Nexus S : 240

					// 大きく
					bitmap.setDensity(160);
					imageViewSaved.setImageBitmap(bitmap);

				} catch (Exception e) {
					e.printStackTrace();
				}

			}
		});

	}

}

関連する記事

Android の assets フォルダーに保存した 400x320 の画像ファイルの扱い



posted by lightbox at 2017-07-04 14:52 | Comment(0) | Android Studio 2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月27日


ファイルを一つアップロード : FORM の target を IFRAME にして、PHP に JavaScript を書き出させて元のページにメッセージを表示させる

昨今、ファイルをアップロードするならば、JavsScript を駆使して UI を作成し、 $.ajax で送信したほうが簡潔になりますが、ベタな FORM の記述のみで送信してそれなりのレスポンスを得ようという処理です。

デモページ


画像をクリックするとデモページへ移動します

当然ですが、デモページで実際のアップロードはできません。しかし、結果を表示するにチェックを入れて送信すると、上の画像のように実際と同じ状態で情報をシミュレートします。

UI の構築を気楽に工夫できるように、twitter-bootstrap の 4.0.0-alpha.6 を組み込んでいます

IFRAME は本来非表示で、ここに JavaScript で右上のメッセージ(toastr.js)を表示するようにしていますが、デバッグ用としても使えるようにしており、その場合は PHP 側の $_FILES の中身が見れるようになっています。

type="file" の name 属性は target で固定して php 側で使用しています。
送信データの制限 データの制限はサーバに対する無意味なアクセスを遮断するアプローチと、アプリから見たデータの制限という二つのアプローチがあります。前者がもっとも重要で、それがなければ php.ini の upload_max_filesize 内であれば結果的にそのサイズまでは送信を許してしまいます。 ※ upload_max_filesize を超えると $_FILES そのものが空になるようです。 後者は、FORM 内の name="MAX_FILE_SIZE" の値で指定できますが、完全な対策ではありません。そこで、対象ページのあるディレクトリの .htaccess 内に 『LimitRequestBody 102400』のように制限値を設定し、さらに『ErrorDocument 413』 を設定してそのページの中でエラー処理の対応をしています ▼ 413.html
<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<style>
* {
	font-size: 32px;
}
</style>
<script>

	try {
		parent.$("iframe").show();
		parent.toastr.info( "ファイル のアップロードに失敗しました");
		parent.toastr.info( "エラー内容 : Request Entity Too Large" );
	}
	catch (e) {}

</script>
</head>
<body>

JavaScript の処理用に IFRAME を定義している場合で、
413 Request Entity Too Large が発生した場合にこのページが IFRAME 内に表示されます。

</body>
</html>


file_upload_html.php

$debug 変数で、実際のアップロードの可否を切り替えています。if ( !$_FILES ) { の部分は、upload_max_filesize を超えてしまった状態の対処ですが、ここでは LimitRequestBody 102400 を設定しているので発生する事はありません。
<?php
session_cache_limiter('nocache');
session_start();

header( "Content-Type: text/html; charset=utf-8" );

// *************************************
// 変数初期値
// *************************************
$debug = 0;
$upload_dir = "./upload";
if ( !$_FILES ) {
	// php.ini の upload_max_filesize を超えて、
	// Apache に制限が無いと $_FILE が空になる
	$_FILES['target']['error'] = 5;	// ユーザエラーメッセージ
}

// *************************************
// アップロード処理
// フィールド名 : target で固定
// *************************************
if ( $_SERVER['REQUEST_METHOD'] == "POST" ) {

	// 公開状態では実行しない
	if ( $debug == 1 ) {

		$upload = realpath ( $upload_dir );
		$upload .= ( DIRECTORY_SEPARATOR . $_FILES['target']['name'] );
		if ( move_uploaded_file(
			$_FILES['target']['tmp_name'], $upload ) ) {
			$_POST['result']  = "アップロードに成功しました";
		}
		else {
			if ( !$_FILES ) {
				$_FILES['target']['error'] = 5;	// ユーザエラーメッセージ
			}
			$_POST['result']  = "アップロードに失敗しました";
		}

	}
	else {
		if ( $_FILES['target']['error'] == 0 ) {
			$_POST['result']  = "アップロードに成功しました";
		}
		else {
			$_POST['result']  = "アップロードに失敗しました";
		}
	}

}
else {
	$_POST['result']  = "POST メソッドを使用して下さい";
}

$_POST['files'] = $_FILES;

// *************************************
// この JSON 文字列を HTML 内の json
// オブジェクト定義として埋め込みます
// *************************************
$json = json_encode($_POST, JSON_PRETTY_PRINT | JSON_UNESCAPED_UNICODE );


// *************************************
// 画面定義
// *************************************
?>
<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<script>
var message = <?php require("error.json.php") ?>
var json = <?= $json ?>;

if ( json.files.target.error == 0 ) {
	parent.toastr.info(json.files.target.name + " がアップロードされました");
	parent.toastr.info("ファイルサイズ : " + json.files.target.size);
}
else {
	parent.toastr.info(json.files.target.name + " のアップロードに失敗しました");
	parent.toastr.info("エラー内容 : " + message.error[json.files.target.error]);
}

<?php if( $_POST["disp_result"] == "1" ) { ?>

	parent.$("iframe[name='upload']")
		.css("border", "1px solid #c0c0c0")
		.show();

<?php } else { ?>

	parent.$("iframe[name='upload']").hide();

<?php } ?>

</script>
</head>
<body>
<?php if( $_POST["disp_result"] == "1" ) { ?>
<textarea style='width:90%;height:350px;'><?= $json ?></textarea>

<?php } ?>
</body>
</html>


error.json.php は、PHP のエラーメッセージです。ここでは部品として埋め込んでいますが、$.ajax バージョンでも使用(error.json.php?type=json)しています。

error.json.php
<?php
if ( $_GET["type"] == "json" ) {
	session_cache_limiter('nocache');
	session_start();
	header( "Content-Type: application/json; charset=utf-8" );
}

?>
{
	"error": [
		"0 - 正常終了",
		"1 - アップロードされたファイルは、php.ini の upload_max_filesize ディレクティブの値を超えています",
		"2 - アップロードされたファイルは、HTML フォームで指定された MAX_FILE_SIZE を超えています",
		"3 - アップロードされたファイルは一部のみしかアップロードされていません",
		"4 - ファイルはアップロードされませんでした",
		"5 - 『アップロードに失敗しました』",
		"6 - テンポラリフォルダがありません。PHP 5.0.3 で導入されました",
		"7 - ディスクへの書き込みに失敗しました。PHP 5.1.0 で導入されました",
		"8 - PHP の拡張モジュールがファイルのアップロードを中止しました"
	]
}


upload.html
<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="utf-8">
<meta content="width=device-width initial-scale=1.0 minimum-scale=1.0 maximum-scale=1.0 user-scalable=no" name="viewport">
<title>HTML の FORM のみでファイルを一つアップロードする</title>

<script src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/3.2.1/jquery.min.js"></script>
<link id="link" rel="stylesheet" href="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jqueryui/1.10.1/themes/base/jquery-ui.css">
<script src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jqueryui/1.11.4/jquery-ui.min.js"></script>
<script src="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/tether/1.4.0/js/tether.js"></script>
<link rel="stylesheet" href="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/twitter-bootstrap/4.0.0-alpha.6/css/bootstrap.css">
<script src="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/twitter-bootstrap/4.0.0-alpha.6/js/bootstrap.js"></script>
<link rel="stylesheet" href="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/toastr.js/2.1.3/toastr.min.css">
<script type="text/javascript" src="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/toastr.js/2.1.3/toastr.min.js"></script>
<script src="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/jquery.qrcode/1.0/jquery.qrcode.min.js"></script>

<!-- 共通の表示 -->
<link rel="stylesheet" href="common.css">

<!-- CSS の指定 -->
<style>
/* PC 用の表示 */
@media screen and ( min-width:480px ) {
	#content {
		margin: 20px;
	}
}
/* スマホ用の表示 */
@media screen and ( max-width:479px ) {
	#content {
		margin: 0px;
	}
	body {
		width: 100%!important;
		margin: 0px;
	}
	.unit {
		width: 100%;
	}
}
</style>
<script>
// 簡易的なスマホチェックを jQuery のプロパティとして登録
jQuery.isMobile = (/android|webos|iphone|ipad|ipod|blackberry|iemobile|opera mini/i.test(navigator.userAgent.toLowerCase()));
if ( $.isMobile ) {
	// スマホの場合は表示画面下の中央
	toastr.options.positionClass = "toast-bottom-center";
}

$(function(){

	// このページ自身の QRコードの表示
	$('#qrcode')
		.css({ "margin" : "20px" })
		.qrcode({width: 160,height: 160,text: location.href });
		

});
</script>
</head>
<body>
<div id="head">
	<div id="title">
		<a href="./">One File アップロード</a>
	</div>
</div>

<div id="content">

	<form target="upload" enctype="multipart/form-data" action="../../php_upload/file_upload_html.php" method="POST">
		<input type="hidden" name="MAX_FILE_SIZE" value="40000">
		<input name="target" type="file" class="btn btn-info">
		<input type="submit" value="ファイルを送信" class="btn btn-success ">

		<br>
		<label for="disp_result">結果を表示する</label> <input id="disp_result" type="checkbox" name="disp_result" value="1" class="mt-5">
	</form>

</div>

<div id="qrcode"></div>

<iframe src="about:blank" name="upload" style="display:none;border:0px solid #c0c0c0;margin-left:20px;width:90%;height:400px;"></iframe>



</body>
</html>


HTML 側のダウンロード



PHP 側のダウンロード





posted by lightbox at 2017-06-27 12:55 | Comment(0) | PHP + 通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
container 終わり

フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

Android SDK ポケットリファレンス
改訂版 Webデザイナーのための jQuery入門
今すぐ使えるかんたん ホームページ HTML&CSS入門
CSS ドロップシャドウの参考デモ
Google Hosted Libraries
cdnjs
BUTTONS (CSS でボタン)
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり