SQLの窓

2017年09月20日


64ビット PC の VBScript で 32ビット ODBC ドライバの一覧を取得する

最初の『管理者として cscript 実行を強制する』は、cscript での実行を強制するついでに実装しています。(なんらかの制限環境でも動くようにとの考慮です。)

目的は、レジストリのキーの一覧ですが、キーの一覧は知る限り、WMI でしか取得できないので、GetObject("Winmgmts:root\default:StdRegProv") でレジストリ処理用のオブジェクトを取得して使用。

一覧表示は、cscript で実行を強制しているので単純に wscript.echo で出力。コマンドプロンプトを新たに作成して実行するので、結果の表示を止めるために、Wscript.StdIn.ReadLine です。
' 管理者として cscript 実行を強制する
Set obj = Wscript.CreateObject("Shell.Application")
if Wscript.Arguments.Count = 0 then
	obj.ShellExecute "cscript.exe", WScript.ScriptFullName & " runas", "", "runas", 1
	Wscript.Quit
end if

const WMI_HKEY_LOCAL_MACHINE = &H80000002

Set objRegistry = GetObject("Winmgmts:root\default:StdRegProv")

strBasePath = "SOFTWARE\Wow6432Node\ODBC\ODBCINST.INI"

Call objRegistry.EnumKey( WMI_HKEY_LOCAL_MACHINE, strBasePath, aKeys )

For Each strKeyPath in aKeys
	Wscript.Echo strKeyPath
Next

Wscript.StdIn.ReadLine

実際は少し変なのが混じっていますが、ODBC 接続のドライバ文字列が欲しい場合を想定しているので、その場合はそれは排除して見れるはすです。



※ コマンドプロンプトのプロパティで、簡易編集モードを ON にして、範囲をドラッグして右クリックでコピーできます。

※ コマンドプロンプトならば、『reg query HKLM\SOFTWARE\Wow6432Node\ODBC\ODBCINST.INI』ですから、リダイレクトしてファイルに表示結果を書き込めばいいでしょう
reg query HKLM\SOFTWARE\Wow6432Node\ODBC\ODBCINST.INI > list.txt
posted by lightbox at 2017-09-20 20:28 | Comment(0) | VBS + WMI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月19日


System.Data.OleDb で select into 構文を使って簡単に Microsoft Access のデータを他の データベースにエクスポートする

結論から言うと、System.Data.OleDb と ADO で Microsoft Access に接続すると同等の処理ができます。元々、ADO で可能だった処理を System.Data.OleDb で可能かどうか確認し、System.Data.Odbc でとこまで同じ事が可能か試してみました。

結果的に、System.Data.Odbc では ODBC の動的接続では処理不可で、DSN を作成すると可能でした。

テスト用コード
using System;
using System.Collections.Generic;
using System.ComponentModel;
using System.Data;
using System.Data.Odbc;
using System.Data.OleDb;
using System.Drawing;
using System.Linq;
using System.Text;
using System.Threading.Tasks;
using System.Windows.Forms;

namespace OdbcAccessTest {
	public partial class Form1 : Form {

		// *************************************
		// System.Data.Odbc
		// *************************************
		private OdbcConnection myCon;
		private OdbcCommand myCommand;
		private OdbcDataReader myReader;

		// *************************************
		// System.Data.OleDb
		// *************************************
		private OleDbConnection myConAccess;

		// *************************************
		// ADO
		// *************************************
		private dynamic objAdoCon;

		public Form1() {
			InitializeComponent();
		}

		// *************************************
		// System.Data.Odbc で Access データの読み込み
		// *************************************
		private void button1_Click(object sender, EventArgs e) {

			string myQuery = "SELECT * from 社員マスタ";

			using (myCommand = new OdbcCommand()) {
				// 実行する為に必要な情報をセット
				myCommand.CommandText = myQuery;
				myCommand.Connection = myCon;

				using (myReader = myCommand.ExecuteReader()) {

					// 読み出し

					while (myReader.Read()) {
						// 文字列
						Console.Write(GetValue(myReader, "社員コード") + " : ");
						Console.Write(GetValue(myReader, "氏名") + " : ");
						Console.Write(GetValue(myReader, "フリガナ") + " : ");
						// 整数
						Console.Write(GetValue(myReader, "給与") + " : ");
						Console.Write(GetValue(myReader, "手当") + " : ");
						// 日付
						Console.Write(GetValue(myReader, "作成日") + " : ");
						Console.Write(GetValue(myReader, "更新日") + " : ");

						Console.WriteLine();

					}

					myReader.Close();
				}

			}

		}

		// *************************************
		// テスト用簡易列データ取得
		// *************************************
		private string GetValue(OdbcDataReader myReader, string p) {

			string ret = "";
			int fld = 0;

			// 指定された列名より、テーブル内での定義順序番号を取得
			fld = myReader.GetOrdinal(p);
			// 定義順序番号より、NULL かどうかをチェック
			if (myReader.IsDBNull(fld)) {
				ret = "";
			}
			else {
				// NULL でなければ内容をオブジェクトとして取りだして文字列化する
				ret = myReader.GetValue(fld).ToString();
			}

			// 列の値を返す
			return ret;
		}

		// *************************************
		// 接続処理
		// *************************************
		private void Form1_Load(object sender, EventArgs e) {

			// *************************************
			// System.Data.Odbc
			// *************************************
			OdbcConnectionStringBuilder builder = new OdbcConnectionStringBuilder();

			builder.Driver = "Microsoft Access Driver (*.mdb, *.accdb)";
			builder.Add("dbq", @"C:\tmp\販売管理C.accdb");
			// 内容を確認
			Console.WriteLine(builder.ConnectionString);

			// 新しい OdbcConnection オブジェクトを作成
			myCon = new OdbcConnection();

			// 接続文字列を設定
			myCon.ConnectionString = builder.ConnectionString;

			// 接続を開く
			try {
				myCon.Open();
			}
			catch (OdbcException ex) {
				MessageBox.Show(this, "接続エラーです:" + ex.Message);
			}

			// *************************************
			// System.Data.OleDb
			// *************************************
			myConAccess = new OleDbConnection();
			myConAccess.ConnectionString = string.Format("Provider=Microsoft.ACE.OLEDB.12.0;Data Source={0};", @"C:\tmp\販売管理C.accdb");
			// 接続を開く
			try {
				myConAccess.Open();
			}
			catch (Exception ex) {
				MessageBox.Show(this, "接続エラーです:" + ex.Message);
			}
	
			// *************************************
			// ADO
			// *************************************
			objAdoCon = Activator.CreateInstance(Type.GetTypeFromProgID("ADODB.Connection"));

			string connectionString = @"Provider=Microsoft.ACE.OLEDB.12.0;Data Source=C:\tmp\001\販売管理C.accdb;";
			try {
				objAdoCon.Open(connectionString);
			}
			catch (Exception ex) {
				MessageBox.Show(this, ex.Message);
			}
		}

		// *************************************
		// 接続解除
		// *************************************
		private void Form1_FormClosed(object sender, FormClosedEventArgs e) {

			myCon.Close();
			myConAccess.Close();
			objAdoCon.Close();

		}

		// *************************************
		// System.Data.OleDb
		// *************************************
		private void button2_Click(object sender, EventArgs e) {

			string myQuery;

			myQuery = @"select * into [Excel 8.0;DATABASE=c:\tmp\販売管理C.xls].商品マスタ_OleDb from 商品マスタ";
			//myQuery = @"select * into [Excel 12.0 xml;DATABASE=c:\tmp\販売管理C.xlsx].商品マスタ_OleDb from 商品マスタ";
			//myQuery = @"select * into [;DATABASE=C:\tmp\データベース1.accdb].商品マスタ_OleDb from 商品マスタ";
			//myQuery = @"select * into [;DATABASE=C:\tmp\データベース1.mdb].商品マスタ_OleDb from 商品マスタ";
			//myQuery = @"select * into [ODBC;DSN=SQS64;Database=lightbox;UID=sa;PWD=password].商品マスタ_OleDb from 商品マスタ";
			//myQuery = @"select * into [ODBC;DSN=SQS32;Database=lightbox;UID=sa;PWD=password].商品マスタ_OleDb from 商品マスタ";
			//myQuery = @"select * into [ODBC;DSN=MYSQL32;Database=lightbox;UID=root;PWD=password].商品マスタ_OleDb from 商品マスタ";
			//myQuery = @"select * into [ODBC;Driver={SQL Server Native Client 11.0};server=layla;database=lightbox;uid=sa;pwd=password].商品マスタ_OleDb from 商品マスタ";
			//myQuery = @"select * into [ODBC;Driver={MySQL ODBC 5.3 Unicode Driver};server=layla;database=lightbox;uid=root;pwd=password].商品マスタ_OleDb from 商品マスタ";

			using (OleDbCommand myCommand = new OleDbCommand()) {

				// *********************
				// 接続
				// *********************
				try {
					// コマンドオブジェクトに接続をセット
					myCommand.Connection = myConAccess;
					myCommand.CommandText = myQuery;
					myCommand.ExecuteNonQuery();

				}
				catch (Exception ex) {
					MessageBox.Show(this, ex.Message);
				}
			}

		}

		// *************************************
		// System.Data.Odbc
		// *************************************
		private void button3_Click(object sender, EventArgs e) {

			string myQuery;

			myQuery = @"select * into [Excel 8.0;DATABASE=c:\tmp\販売管理C.xls].商品マスタ_Odbc from 商品マスタ";
			//myQuery = @"select * into [Excel 12.0 xml;DATABASE=c:\tmp\販売管理C.xlsx].商品マスタ_Odbc from 商品マスタ";
			//myQuery = @"select * into [;DATABASE=C:\tmp\データベース1.accdb].商品マスタ_Odbc from 商品マスタ";
			//myQuery = @"select * into [;DATABASE=C:\tmp\データベース1.mdb].商品マスタ_Odbc from 商品マスタ";
			//myQuery = @"select * into [ODBC;DSN=SQS64;Database=lightbox;UID=sa;PWD=password].商品マスタ_Odbc from 商品マスタ";
			//myQuery = @"select * into [ODBC;DSN=SQS32;Database=lightbox;UID=sa;PWD=password].商品マスタ_Odbc from 商品マスタ";
			//myQuery = @"select * into [ODBC;DSN=MYSQL32;Database=lightbox;UID=root;PWD=password].商品マスタ_Odbc from 商品マスタ";

			using (myCommand = new OdbcCommand()) {

				try {
					// コマンドオブジェクトに接続をセット
					myCommand.Connection = myCon;
					myCommand.CommandText = myQuery;
					myCommand.ExecuteNonQuery();
				}
				catch (Exception ex) {
					MessageBox.Show(this, ex.Message);
				}
			}

		}

		// *************************************
		// ADO を使う場合
		// *************************************
		private void button4_Click(object sender, EventArgs e) {

			string myQuery;

			myQuery = @"select * into [Excel 8.0;DATABASE=c:\tmp\販売管理C.xls].商品マスタ_ADO from 商品マスタ";
			//myQuery = @"select * into [Excel 12.0 xml;DATABASE=c:\tmp\販売管理C.xlsx].商品マスタ_ADO from 商品マスタ";
			//myQuery = @"select * into [;DATABASE=C:\tmp\データベース1.accdb].商品マスタ_ADO from 商品マスタ";
			//myQuery = @"select * into [;DATABASE=C:\tmp\データベース1.mdb].商品マスタ_ADO from 商品マスタ";
			//myQuery = @"select * into [ODBC;DSN=SQS64;Database=lightbox;UID=sa;PWD=password].商品マスタ_ADO from 商品マスタ";
			//myQuery = @"select * into [ODBC;DSN=SQS32;Database=lightbox;UID=sa;PWD=password].商品マスタ_ADO from 商品マスタ";
			//myQuery = @"select * into [ODBC;DSN=MYSQL32;Database=lightbox;UID=root;PWD=password].商品マスタ_ADO from 商品マスタ";
			//myQuery = @"select * into [ODBC;Driver={SQL Server Native Client 11.0};server=layla;database=lightbox;uid=sa;pwd=password].商品マスタ_ADO from 商品マスタ";
			//myQuery = @"select * into [ODBC;Driver={MySQL ODBC 5.3 Unicode Driver};server=layla;database=lightbox;uid=root;pwd=password].商品マスタ_ADO from 商品マスタ";

			try {
				objAdoCon.Execute(myQuery);
			}
			catch (Exception ex) {
				MessageBox.Show(this, ex.Message);
			}

		}

	}
}

ここでは、into 側の表で使用していますが、from 側の表でも使用できるはずです。エクスポートは高速で実行されますが、キーの定義はエクスポートされないので、後から定義する必要があります。

SQL 一覧
@"select * into [Excel 8.0;DATABASE=c:\tmp\販売管理C.xls].商品マスタ_ADO from 商品マスタ";
@"select * into [Excel 12.0 xml;DATABASE=c:\tmp\販売管理C.xlsx].商品マスタ_ADO from 商品マスタ";
@"select * into [;DATABASE=C:\tmp\データベース1.accdb].商品マスタ_ADO from 商品マスタ";
@"select * into [;DATABASE=C:\tmp\データベース1.mdb].商品マスタ_ADO from 商品マスタ";
@"select * into [ODBC;DSN=SQS64;Database=lightbox;UID=sa;PWD=password].商品マスタ_ADO from 商品マスタ";
@"select * into [ODBC;DSN=SQS32;Database=lightbox;UID=sa;PWD=password].商品マスタ_ADO from 商品マスタ";
@"select * into [ODBC;DSN=MYSQL32;Database=lightbox;UID=root;PWD=password].商品マスタ_ADO from 商品マスタ";
@"select * into [ODBC;Driver={SQL Server Native Client 11.0};server=layla;database=lightbox;uid=sa;pwd=password].商品マスタ_ADO from 商品マスタ";
@"select * into [ODBC;Driver={MySQL ODBC 5.3 Unicode Driver};server=layla;database=lightbox;uid=root;pwd=password].商品マスタ_ADO from 商品マスタ";


外部参照部分一覧
[Excel 8.0;DATABASE=c:\tmp\販売管理C.xls].テーブル名
[Excel 12.0 xml;DATABASE=c:\tmp\販売管理C.xlsx].テーブル名
[;DATABASE=C:\tmp\データベース1.accdb].テーブル名
[;DATABASE=C:\tmp\データベース1.mdb].テーブル名
[ODBC;DSN=SQS64;Database=lightbox;UID=sa;PWD=password].テーブル名
[ODBC;DSN=SQS32;Database=lightbox;UID=sa;PWD=password].テーブル名
[ODBC;DSN=MYSQL32;Database=lightbox;UID=root;PWD=password].テーブル名
[ODBC;Driver={SQL Server Native Client 11.0};server=layla;database=lightbox;uid=sa;pwd=password].テーブル名
[ODBC;Driver={MySQL ODBC 5.3 Unicode Driver};server=layla;database=lightbox;uid=root;pwd=password].テーブル名

Excel と Microsoft Access は特殊ですが、ODBC は同じ書式なので他の DB にも使用可能なはずです。接続パラメータは、実際 DSN を作成してから、レジストリを見れば必要なものが全て書かれています。

▼ エクスポートでは使えませんが、以下は Excel を ODBC で定義した場合の例です


PHP で ODBC 接続するとなると、上記データを使って以下のようになります
$ms_excel = "./data/syain.xls";
$ms_excel = realpath($ms_excel);
$excel_dir = dirname($ms_excel);
$connect_string = "Driver={Microsoft Excel Driver (*.xls, *.xlsx, *.xlsm, *.xlsb)};dbq={$ms_excel};DefaultDir={$excel_dir};FIL=Excel 8.0;DriverID=790";$user="";$pass="";




posted by lightbox at 2017-09-19 00:48 | Comment(0) | VS(C#) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月09日


OkHttp を使用した HttpAccess クラスで Web 上の 画像をダウンロードして表示するテンプレート

▼ HttpAccess パッケージのダウンロード


( 解凍して、main\java フォルダの中に コピーして下さい )
※ OkHttp より 最新の Gradle の記述を取得して build.gradle の dependencies の最後に貼り付けて下さい
例) compile 'com.squareup.okhttp3:okhttp:3.8.1'

処理概要

ボタンをクリックした後、HttpAccess クラスでファイルをダウンロードする download メソッドを実行するテンプレートです。サンプルでは画像を使用して、ダウンロードした後に ImageView に表示していますが、ダウンロード処理だけならば、どのようなファイルでもかまいません。

ここでは、パッケージ内に保存していますが、OutputStream を引き渡すので、他の保存場所でも問題はありません。

※ onAsyncTaskListener の引数の文字列は、http のステータスコードなので、通常は 200 が返ります。インターネットのアクセスそのものが成功すれば、null 以外が返ります。

MainActivity
import android.graphics.Bitmap;
import android.graphics.BitmapFactory;
import android.support.v7.app.AppCompatActivity;
import android.os.Bundle;
import android.util.Log;
import android.view.View;
import android.widget.ImageView;
import android.widget.Toast;

import com.example.lightbox.web.HttpAccess;

import java.io.IOException;
import java.io.InputStream;
import java.io.OutputStream;

public class MainActivity extends AppCompatActivity {

	private HttpAccess httpAccess;
	private ImageView imageView;
	private String image_url;
	private OutputStream outputStream;

	private Bitmap bitmap;
	private BitmapFactory.Options options;

	private InputStream inputStream;

	@Override
	protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
		super.onCreate(savedInstanceState);
		setContentView(R.layout.activity_main);

		// ダウンロードでは、URL をメソッドで指定します
		httpAccess = new HttpAccess("");
		imageView = (ImageView) MainActivity.this.findViewById(R.id.imageView);
		image_url = "https://lightbox.sakura.ne.jp/demo/image/sample.jpg";

		// ボタンをクリック
		MainActivity.this.findViewById(R.id.button).setOnClickListener(new View.OnClickListener() {
			@Override
			public void onClick(View view) {

				try {

					// 保存ファイル
					outputStream = MainActivity.this.openFileOutput("save.jpg", MODE_PRIVATE);
					// ダウンロード
					httpAccess.download(image_url,outputStream, new HttpAccess.OnAsyncTaskListener() {
						@Override
						public void onAsyncTaskListener(String s) {

							if ( s != null ) {
								Toast.makeText(MainActivity.this,"画像が保存されました",Toast.LENGTH_SHORT).show();

								// ステータスコード
								Log.i("lightbox", String.format("code = %s",s));

								// 画像を読み込む
								bitmap = null;
								try {
									options = new BitmapFactory.Options();
									inputStream = MainActivity.this.openFileInput("save.jpg");
									bitmap = BitmapFactory.decodeStream(inputStream, null, options);	// ここではオプションは未指定
									inputStream.close();

								} catch (IOException e) {
									e.printStackTrace();
								}

								// 表示
								if ( bitmap != null ) {
									imageView.setImageBitmap(bitmap);
								}
							}
						}
					});

				} catch (Exception e) {
					e.printStackTrace();
				}
			}
		});
	}

}


画面
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<LinearLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
              xmlns:app="http://schemas.android.com/apk/res-auto"
              xmlns:tools="http://schemas.android.com/tools"
              android:layout_width="match_parent"
              android:layout_height="match_parent"
              android:orientation="vertical"
              tools:context=".MainActivity">

    <Button
        android:id="@+id/button"
        android:layout_width="match_parent"
        android:layout_height="wrap_content"
        android:text="Button" />

    <ImageView
        android:id="@+id/imageView"
        android:layout_width="match_parent"
        android:layout_height="wrap_content"/>

</LinearLayout>

※ android.permission.INTERNET が必要です
※ コピーして使いやすいように、ソースコードにパッケージに依存する記述が無いので注意して下さい。
(画面は、.MainActivity なのでそのまま使用可能です)



posted by lightbox at 2017-09-09 16:57 | Comment(0) | 2017 Android Studio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月03日


VBScript : 既存の Excel を PDF に変換する ( Excel 2007以降 )



Excel 2007以降の Excelで名前を付けて保存で PDF に保存できますが、これはスクリプトで行うコードです。Excel 2007 を調べているとメソッド紹介されていたので、引数見た限り、 VBScriptでも動くだろうと試してみました。
( プリンタが使える状態でないと動作しません )

ExportAsFixedFormat メソッド

XlFixedFormatType

最近は、VBScript の単純コードである .vbs は Google Chrome での扱いが悪いので、.wsf で作成しています。もともと、.wsf のほうが簡単に外部ライブラリを参照したり、オブジェクトを最初から定義できるのでコードが簡潔になります。ここでは、Excel.Application 内で定義されている定数も参照して使えるようにしています。

Excel 側では、印刷設定により一行目のタイトルを常に表示するようにしたり、A4 横にして縮小したりしています。シートは二つありますが、PDF に変換すると全て出力されます。
<JOB>
<OBJECT id="Fso" progid="Scripting.FileSystemObject" />
<OBJECT id="ExcelApp" progid="Excel.Application" />
<REFERENCE guid="00020813-0000-0000-C000-000000000046" />
<SCRIPT language="VBScript">
' Wscript.Echo xlTypePDF,xlTypeXPS
Dim strTarget : strTarget = "販売管理B.xlsx"

' **************************************
' スクリプトのあるディレクトリの取得
' **************************************
strCurPath = WScript.ScriptFullName
Set obj = Fso.GetFile( strCurPath )
Set obj = obj.ParentFolder
strCurPath = obj.Path

Dim MyBook

on error resume next
' Workbook を取得( スクリプトと同じディレクトリ )
Set MyBook = ExcelApp.Workbooks.Open( strCurPath & "\" & strTarget )
if Err.Number <> 0 then
	' 終了( 開放 )
	ExcelApp.Quit()
	Wscript.Echo Err.Description & vbCrLf & strCurPath
	' スクリプト終了
	Wscript.Quit()
end if
on error goto 0

Call MyBook.ExportAsFixedFormat( xlTypePDF, strCurPath & "\test.pdf" )

' 終了( 開放 )
ExcelApp.Quit()

' 終了確認
Wscript.Echo "処理が終了しました"

</SCRIPT>
</JOB>


Microsoft の英文の記事

Saving Workbooks to PDF and XPS Formats in Excel 2007



タグ:VBScript EXCEL PDF
posted by lightbox at 2017-09-03 14:15 | VBS + オブジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

VBScript : 新しい Excel の Book を作成する

Excel 2007 以降の場合

VBScript : Excel の新しいBookを作成する
2007 以降の場合、.xls の拡張子で保存時はフォーマットを指定しないと読みだす時に警告が出るようです

サンプルは、.xlsx で保存しています

通常イントラネットのWEBページで利用されるテクニックの基本的な部分です。イントラネットの場合は、フォーマットを事前に作成しておくので、Excel ブックの作成を行う事は稀ですが、簡単な運用に使う場合は新規にブックが必要になると思います

※ 複数回実行すると上書きされます

Excel.Application を初回のみ作成するように記述しているのは、関数化するとこのような記述がいずれ都合が良くなるからです。

昔から、Excel.Application の扱いはけっこう厄介で、実行する毎に Quit しておくとトラブルを最低限に抑える事ができます。しかし、操作方法のルールとリカバリ方法をマニュアル化しておく事が最も重要になります
' **********************************************************
' 新しい Excel の Book を作成する
' **********************************************************

Dim ExcelApp	' アプリケーション
Dim ExcelBook	' ブック
Dim Fso		' ファイルシステムオブジェクト

' このスクリプトが存在するディレクトリ
Set Fso = CreateObject( "Scripting.FileSystemObject" )
strCurPath = WScript.ScriptFullName
Set obj = Fso.GetFile( strCurPath )
Set obj = obj.ParentFolder
strCurPath = obj.Path

' このディレクトリに作成
Dim BookPath : BookPath = strCurPath & "\mybook.xlsx"

' 初回のみオブジェクトを作成
If Not IsObject(ExcelApp) Then
	Set ExcelApp = CreateObject("Excel.Application")
End If

' 警告を出さないようにする
ExcelApp.DisplayAlerts = False

' ブック追加
ExcelApp.Workbooks.Add

' 追加したブックを取得
Set ExcelBook = ExcelApp.Workbooks( ExcelApp.Workbooks.Count )

on error resume next
' 保存
ExcelBook.SaveAs( BookPath )
if Err.Number <> 0 then
	MsgBox( "ERROR:" & Err.Description )
end if
on error goto 0

' Excel をアプリケーションとして終了
ExcelApp.Quit
' Excel を VBScript から開放
Set ExcelApp = Nothing
' オブジェクト変数を初期化( 初期化しないとオブジェクト扱いされる )
ExcelApp = Empty




タグ:VBScript EXCEL
posted by lightbox at 2017-09-03 14:09 | VBS + オブジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
container 終わり

フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

Android SDK ポケットリファレンス
改訂版 Webデザイナーのための jQuery入門
今すぐ使えるかんたん ホームページ HTML&CSS入門
CSS ドロップシャドウの参考デモ
Google Hosted Libraries
cdnjs
BUTTONS (CSS でボタン)
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり