SQLの窓

2019年01月12日


コマンドプロンプト : テキストファイルの初期化と FOR でファイル列挙の方法

FOR : カレントのファイル列挙 FOR /D : カレントのディレクトリ列挙 FOR /F : テキストファイル内を列挙 FOR /R : 全てのファイル( サブディレクトリ内全て )列挙 実行内容 カレントファイル一覧 オプションなしの FOR コマンドで、カレントファイルの一覧を *.* のワイルドカードで列挙しています ファイル初期化 > による リダイレクトの左辺に type nul という nul を表示するという結果を置いて、初期化しています。 1階層 ディレクトリ一覧作成 /D オプションで、カレントのディレクトリの一覧を列挙し、dir.txt に >> で追加書き込みをしています。( 本来実行するたびに追加されますが、実行前に初期化しています ) dir.txt 内列挙 /F オプションで列挙の対象をファイルにし、DO でファイル名を指定しています 全階層 ファイル一覧 /R オプションで下位階層の全てのフォルダ内のファイル一覧を列挙して、all.txt に書き込んでいます。
@echo off
echo -----------------------------------

REM ************************************
echo カレントファイル一覧
REM ************************************

FOR %%i IN (*.*) DO (
	echo %%i
)

echo -----------------------------------

REM ************************************
echo ファイル初期化
REM ************************************

type nul > dir.txt
type nul > all.txt

echo -----------------------------------

REM ************************************
echo 1階層 ディレクトリ一覧作成
REM ************************************

FOR /D %%i IN (*.*) DO (
	echo %%i >> dir.txt
)

echo -----------------------------------

REM ************************************
echo dir.txt 内列挙
REM ************************************

FOR /F %%i IN (dir.txt) DO (
	echo %%i
)

echo -----------------------------------

REM ************************************
echo 全階層 ファイル一覧
REM ************************************
FOR /R %%i IN (*.*) DO (
	echo %%i >> all.txt
)

echo -----------------------------------


関連する記事




posted by lightbox at 2019-01-12 19:38 | コマンドプロンプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

VBScript : XCOPYで新しいファイルのみバックアップする為のスクリプトを作成するスクリプト

⭕ 1) ディレクトリ選択でバックアップするフォルダを決定 ⭕ 2) カレント(このスクリプトを実行したフォルダ)にスクリプトが作成されます ⭕ 3) 新しいスクリプトを実行 ⭕ 4) カレントにバックアップ用のフォルダが作成されます ⭕ 5) バックアップするフォルダ内をそのフォルダ内に全てコピーします ▼ 実行時に表示されるフォルダ選択 XCOPY なので、2回目以降は新しいファイルのみコピーします ▼ 作成されたスクリプトのサンプルです
strName = "BK_C_temp_lightbox"
strTarget = "C:\temp\lightbox"
strBackupFolder = "C:\tmp\vbs"
if MsgBox( strTarget & vbCrLf & "のバックアップを開始します。よろしいですか? (保存先:" & strBackupFolder & "\" & strName & ")", 1 ) = 2 then
	Wscript.Quit
end if
Set WshShell = Wscript.CreateObject( "WScript.Shell" )
ExecCommand = "cmd.exe /C ""xcopy.exe """ & strTarget & """ """ & strBackupFolder & "\" & strName & "\"" /D /E /C /S /Y & PAUSE"""
Call WshShell.Run( ExecCommand )


▼ 使用するオプション
/D : コピー元の日付がコピー先の日付より新しいファイルだけをコピーします
/E : ディレクトリまたはサブディレクトリが空であってもコピーします
/C : エラーが発生してもコピーを続けます
/S : 空の場合を除いて、ディレクトリとサブディレクトリをコピーします
/Y : 既存のファイルを上書きする前に確認のメッセージを表示しません
一番重要なのは、/D です。/S /E で、存在するディリクトリはすべてコピーされます。/E /Y によって、最後まで停止する事なく実行されます。 追加で使う事が想定されるオプション コピーしたくないディレクトリやファイルがある場合、以下のように指定します。 /EXCLUDE:ファイルのパス ファイルのパスが示すテキストファイル内に、除外するディレクトリやファイルにある文字列の一部を1 行に 1 つずつ記述します。 その文字列が、コピー対象ファイルの絶対パスの一部と一致した場合、そのファイルはコピーから除外されます。 ▼ 例 ⭕ "\obj\" という文字列を指定するとディレクトリ obj の下の全ファイルが除外 されます。 ⭕ ".obj" という文字列を指定すると .obj という拡張子のファイルがすべて除外されます ソースコード
' ***********************************************************
' 処理開始
' ***********************************************************
Set Fso = Wscript.CreateObject( "Scripting.FileSystemObject" )
Set Shell = Wscript.CreateObject( "Shell.Application" )

' ***********************************************************
' 実行中ディレクトリの取得
' ***********************************************************
strPath = Wscript.ScriptFullName 
Set objFile = Fso.GetFile( strPath )
strBackupFolder = Fso.GetParentFolderName( objFile )

' ***********************************************************
' バックアップ対象ディレクトリの取得
' ***********************************************************
' @ 省略すると、ルートはデスクトップ
Set objFolder = Shell.BrowseForFolder( 0, "バックアップするフォルダを選択してください", &H4B )

' A 文字列による直接指定
' strRoot = "c:\"
' Set objFolder = Shell.BrowseForFolder( 0, "バックアップするフォルダを選択してください", &H4B, strRoot )

' B ルートを番号で指定( この場合は C:\Users\username\AppData\Local )
' ※ あまり現実的ではない特殊ディレクトリの選択
' nRoot = &h1c
' Set objFolder = Shell.BrowseForFolder( 0, "バックアップするフォルダを選択してください", &H4B, nRoot )

if objFolder is nothing then
	WScript.Quit
end if
if not objFolder.Self.IsFileSystem then
	WScript.Echo "ファイルシステムではありません"
	WScript.Quit
end if

strTargetFolder = objFolder.Self.Path
strName = Replace( strTargetFolder, ":", "" )
strName = Replace( strName, "\", "_" )
strName = Replace( strName, " ", "" )
strName = "BK_" & strName

' ***********************************************************
' スクリプト作成
' ***********************************************************
Set OutFile = Fso.OpenTextFile( strBackupFolder & "\" & strName & ".vbs", 2, True )

OutFile.WriteLine "strName = """ & strName & """"
OutFile.WriteLine "strTarget = """ & strTargetFolder & """"
OutFile.WriteLine "strBackupFolder = """ & strBackupFolder & """"
OutFile.Write "if MsgBox( strTarget & vbCrLf & ""のバックアップを開始します。よろしいですか? (保存先:"" & strBackupFolder & ""\"" & strName & "")"""
OutFile.WriteLine ", 1 ) = 2 then"
OutFile.WriteLine "	Wscript.Quit"
OutFile.WriteLine "end if"

OutFile.WriteLine "Set WshShell = Wscript.CreateObject( ""WScript.Shell"" )"
OutFile.Write "ExecCommand = ""cmd.exe /C """"xcopy.exe """""" & strTarget & """""" """""" & strBackupFolder & ""\"" & strName & ""\"""""
OutFile.WriteLine " /D /E /C /S /Y & PAUSE"""""""
OutFile.WriteLine "Call WshShell.Run( ExecCommand )"

OutFile.Close

WScript.Echo "バックアップスクリプト : " &  strName & ".vbs" & " を作成しました"


' ***********************************************************
' ディレクトリ指定用番号
' https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows/desktop/api/shldisp/ne-shldisp-shellspecialfolderconstants
' typedef enum {
' 	ssfALTSTARTUP = 0x1d,
' 	ssfAPPDATA = 0x1a,
' 	ssfBITBUCKET = 0x0a,
' 	ssfCOMMONALTSTARTUP = 0x1e,
' 	ssfCOMMONAPPDATA = 0x23,
' 	ssfCOMMONDESKTOPDIR = 0x19,
' 	ssfCOMMONFAVORITES = 0x1f,
' 	ssfCOMMONPROGRAMS = 0x17,
' 	ssfCOMMONSTARTMENU = 0x16,
' 	ssfCOMMONSTARTUP = 0x18,
' 	ssfCONTROLS = 0x03,
' 	ssfCOOKIES = 0x21,
' 	ssfDESKTOP = 0x00,
' 	ssfDESKTOPDIRECTORY = 0x10,
' 	ssfDRIVES = 0x11,
' 	ssfFAVORITES = 0x06,
' 	ssfFONTS = 0x14,
' 	ssfHISTORY = 0x22,
' 	ssfINTERNETCACHE = 0x20,
' 	ssfLOCALAPPDATA = 0x1c,
' 	ssfMYPICTURES = 0x27,
' 	ssfNETHOOD = 0x13,
' 	ssfNETWORK = 0x12,
' 	ssfPERSONAL = 0x05,
' 	ssfPRINTERS = 0x04,
' 	ssfPRINTHOOD = 0x1b,
' 	ssfPROFILE = 0x28,
' 	ssfPROGRAMFILES = 0x26,
' 	ssfPROGRAMFILESx86 = 0x30,
' 	ssfPROGRAMS = 0x02,
' 	ssfRECENT = 0x08,
' 	ssfSENDTO = 0x09,
' 	ssfSTARTMENU = 0x0b,
' 	ssfSTARTUP = 0x07,
' 	ssfSYSTEM = 0x25,
' 	ssfSYSTEMx86 = 0x29,
' 	ssfTEMPLATES = 0x15,
' 	ssfWINDOWS = 0x24
' } ShellSpecialFolderConstants;
' ***********************************************************



更新履歴
2009-06-28 : 記事作成
2013-04-02 : ダウンロード追加
2015-08-07 : ダウンロードを zip 化( Google Chrome 対応 )
2018-04-21 : 作成したスクリプト内の保存するフォルダ名を固定化( 変更を容易にするため )


関連する Microsoft ドキュメント

Shell Reference
Shell Objects for Scripting and Microsoft Visual Basic
Shell object
Shell.BrowseForFolder method



posted by lightbox at 2019-01-12 14:42 | VBScript | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月11日


.regファイルでレジストリのキーや値を削除

ファイルには、Unicode(UTF-16)で保存して下さい。( レジストリエディタからエクスポートすると、Unicode で出力されます )
※ 経験から言うと、SHIFT_JIS で問題無いようですが

Microsoft のドキュメントはこちらです

たとえば、以下のような .reg ファイルでキーとデータを追加します
Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_CURRENT_USER\Software\001]
"data"="abc"

データ型が REG_SZ の場合は、"名前"="値" で記述されます。REG_SZ は通常の文字列で、その他のデータ型の場合は、"名前"="データ型:値" とする必要があり、データ型によって値の記述方法が変わります。

例)
REG_BINARY => "名前"=hex:80,00,00,00,00,00,00,00
REG_DWORD => "名前"=dword:00000000

REG_EXPAND_SZ は、環境変数を % で挟んで記述する事によって、システムが置き換えて使用しますが、値の表現はバイナリと同じで16進数表現になります。但し、データ型としては hex(2) が使用されて、Unicode 文字のバイト表現になっています。

例)
"ServiceControlManagerExtension"=hex(2):25,00,73,00,79,00,73,00,74,00,65,00,6d,\
  00,72,00,6f,00,6f,00,74,00,25,00,5c,00,73,00,79,00,73,00,74,00,65,00,6d,00,\
  33,00,32,00,5c,00,73,00,63,00,65,00,78,00,74,00,2e,00,64,00,6c,00,6c,00,00,\
  00

キーの削除と値の削除です
Windows Registry Editor Version 5.00

[-HKEY_CURRENT_USER\Software\001]



Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_CURRENT_USER\Software\001]
"data"=-




レジストリのキーおよび値の名前の変更

キーまたは値を削除し、新しいキーまたは値を新しい名前で作成します



タグ:レジストリ
posted by lightbox at 2019-01-11 13:23 | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月10日


IE11 で VBScript のクラスを使用して Excel(Excel.Application) の処理を検証

通常の「インターネット」では行いません。「信頼済みサイト」でのみ ActiveX を実行可能にしてから対象ページを登録して、WEB ページのデータを Excel のブックに転送して保存します。

業務アプリケーションとして「運用ルール」がきちんと決められ、システム管理者が居られると言う前提で通常は利用されます。

▼ 以下、前提となる設定




画像では、「localhost」ですが、イントラネットですと、単純にサーバー名になります

以下ソースコード
<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=10">
<meta http-equiv="Content-type" content="text/html; charset=utf-8">
<script language="VBScript">

Const xlMaximized = -4137

Function Creata_Excel_Book() 

	Dim ExcelPath : ExcelPath = "c:\temp\test.xlsx"

	' 処理前の確認
	alert("OK")
	console.log( "OK" )

	' オブジェクト
	Dim MyExcel

	' オブジェクト作成
	Set MyExcel = new CExcel

	' 空の Book 作成 / 引数にパスが指定されているので、
	' そのパスで上書き保存する
	Set Workbook = MyExcel.Create( ExcelPath )

	' セルにデータをセット
	Workbook.ActiveSheet.Cells(2, 1) = "IE11+Excelです"

	' 変更内容を上書き
	Workbook.Save

	' オブジェクト情報の表示
	console.dir( MyExcel )
	console.dir( Workbook )

	' Excel オブジェクトの終了
	MyExcel.Quit

	' Windows アプリケーションとして開く
	MyExcel.Load( ExcelPath )

	' 解放
	Set MyExcel = Nothing

End Function

Class CExcel

	Public App
	Public WshShell
	Public ErrDescription
	Private WorkBook
	Public CurBook

' ************************************************
' インスタンスが作成されたときの処理
' ************************************************
	Private Sub Class_Initialize()

		Call InitSetting()
		console.log( "Class_Initialize" )

	End Sub

' ************************************************
' インスタンスが終了したときの処理
' ( Set インタンス変数 = Nothing で発生 )
' ************************************************
	Private Sub Class_Terminate()

		Call Quit()
		console.log( "Class_Terminate" )

	End Sub

' ************************************************
' 初期処理
' ************************************************
	Public Default Function InitSetting()

		if IsEmpty( App ) then
			Set App = CreateObject("Excel.Application")
		end if 
		if IsEmpty( WshShell ) then
			Set WshShell = CreateObject("WScript.Shell")
		end if 

		' ユーザーに入力を促すメッセージを表示させないようにする
		App.DisplayAlerts = False

		Set CurBook = Nothing

	end function

' ************************************************
' 終了
' ************************************************
	Public Function Quit()

		If not IsEmpty( App ) Then
			For Each Workbook In App.Workbooks
				' 全てのブックを保存した事にする
				WorkBook.Saved = True
			Next
			App.Quit
			Set App = Nothing
			App = Empty
			Set CurBook = Nothing
		End If

	End Function

' ************************************************
' 表示・非表示
' ************************************************
	Public Property Let Visible( bFlg )
		App.Visible = bFlg
	End Property 
	Public Property Get Visible
		Visible = App.Visible
	End Property

' ************************************************
' 開く
' ************************************************
	Public Function Open( strPath )

		on error resume next
		Set Open = App.Workbooks.Open(strPath)
		if Err.Number <> 0 then
			Set Open = Nothing
			ErrDescription = Err.Description
			Exit Function
		end if
		on error goto 0
		Set CurBook = Open

		' アクティブなウィンドウを最大化
		App.ActiveWindow.WindowState = xlMaximized

	End Function

' ************************************************
' 新規ブック作成
' ************************************************
	Public Function Create( strPath )

		Dim nBooks

		App.Workbooks.Add
		nBooks = App.Workbooks.Count

		' 戻り値セット
		Set Create = App.Workbooks( nBooks )

		' 処理
		Set CurBook = Create
		CurBook.Activate

		' アクティブなウィンドウを最大化
		App.ActiveWindow.WindowState = xlMaximized

		if strPath <> "" then
			on error resume next
			CurBook.SaveAs( strPath )
			if Err.Number <> 0 then
				MsgBox( Err.Description )
				Exit Function
			end if
			on error goto 0
		end if

	End Function

' ************************************************
' 閉じる
' ************************************************
	Public Function Close( MyBook )

		if IsObject( MyBook ) then
			MyBook.Saved = True
			MyBook.Close
			Set MyBook = Nothing
			MyBook = Empty
		else
			if CurBook is Nothing then
			else
				CurBook.Saved = True
				CurBook.Close
				Set CurBook = Nothing
			end if
		end if

	End Function

' ******************************************************
' 上書き保存
' ******************************************************
	Function Save( MyBook )

		if IsObject( MyBook ) then
			MyBook.Save
		else
			CurBook.Save
		end if

	End Function

' ******************************************************
' 名前を付けて保存
' ******************************************************
	Function SaveAs( MyBook, strPath )

		if IsObject( MyBook ) then
			MyBook.SaveAs strPath
		else
			CurBook.SaveAs strPath
		end if

	End Function

' ******************************************************
' 通常アプリケーションとして開く
' ******************************************************
	Function Load( strPath )

		if not IsEmpty( App ) then
			MsgBox( "Excel をロードする前に、Quitを実行して下さい   " )
			Exit Function
		end if

		Call WshShell.Run( _
			"RunDLL32.EXE shell32.dll,ShellExec_RunDLL " & _
			strPath _
		)

	End Function

End Class

</script>
</head>
<body>

<input type="button" value="実行" onclick="Call Creata_Excel_Book()" language="VBScript">

</body>
</html>





posted by lightbox at 2019-01-10 16:03 | IE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

IE 専用 : 「信頼済みサイト」でのみ行う、WEBページのデータの Excel への転送



通常の「インターネット」では行いません。「信頼済みサイト」でのみ ActiveX を実行可能にしてから対象ページを登録して、WEB ページのデータを Excel のブックに転送して保存します。

業務アプリケーションとして「運用ルール」がきちんと決められ、システム管理者が居られると言う前提で通常は利用されます。

▼ 以下、前提となる設定




画像では、「localhost」ですが、イントラネットですと、単純にサーバー名になります

以下ソースコード
<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=10">
<meta http-equiv="Content-type" content="text/html; charset=utf-8">
<script language="VBScript">

Dim WSH
Dim ExcelApp

' ******************************************************
' Excel 実行
' ******************************************************
Function LoadExcel(strPath)

	If Not IsObject(WSH) Then
		Set WSH = CreateObject("WScript.Shell")
	End If

	Call WSH.Run( "RunDLL32.EXE shell32.dll,ShellExec_RunDLL " & _
		strPath )

End Function

' ******************************************************
' Excel 処理
' ******************************************************
Function ExcelAction()

	' 読み込む Excel のパス
	Dim FilePath : FilePath = "C:\temp\Book1.xlsx"
	' 書き込む Excel のパス
	Dim FilePathResult : FilePathResult = "C:\temp\Book1_result.xlsx"

	' Excel.Application
	Dim ExcelApp
	' ブック
	Dim MyBook
	' シート
	Dim Sheet

	Set ExcelApp = CreateObject("Excel.Application")

	' 表示状態にする( 非表示にしても良いが、
	' 処理が長い場合は表示しておいたほうが良い
	ExcelApp.Visible = True
	' 確認ダイアログを出さない
	ExcelApp.DisplayAlerts = False

	' ブックを読み込む
	Set MyBook = ExcelApp.Workbooks.Open(FilePath)

	' 対象シート
	Set Sheet = MyBook.Sheets("Sheet1")

	' セルにデータをセット
	Dim tbl,rows,I,cols

	' テーブルオブジェクトを取得
	' ※ VB で配列は、() で参照する
	Set tbl = document.getElementsByTagName("table")(0)

	' 行のコレクション
	Set rows = tbl.getElementsByTagName("tr")

	' th は読み飛ばすので、1 から開始
	For I = 1 to ( rows.length - 1 )
		' 列のコレクション
		Set cols = rows(I).getElementsByTagName("td")
		For J = 0 to ( cols.length - 1 )
			if J = 0 or J = 3 then
				' 数字データを文字列としてセルにセットする
				Sheet.Cells(I+5, J+1) = "'" & cols(J).innerText
			else
				Sheet.Cells(I+5, J+1) = cols(J).innerText
			end if
		Next
	Next

	' 上書き保存
	MyBook.SaveAs FilePathResult

	' Excel を終了
	ExcelApp.Quit

	' Excel 解放
	Set ExcelApp = Nothing

	' 保存したブックを Excel で実行
	Call LoadExcel( FilePathResult )

End Function

</script>
</head>
<body>
<input type="button" value="Excel起動" language="VBScript" onclick='Call ExcelAction()'>

<style>
#lboxtable * {
	font-family: 'メイリオ','MS Pゴシック';
	font-size: 12px;
}
#lboxtable table {
	border-collapse: collapse;
	border: solid #000000 1px;
	background-color: #ffffff;
}
#lboxtable td{
	padding: 5px;
	border: solid #000000 1px;
	white-space: nowrap;
}
#lboxtable th {
	padding: 5px;
	border: solid #000000 1px;
	background-color: silver;
	white-space: nowrap;
}
</style>
<div id="lboxtable">
	<table>
		<tr>
			<th>社員コード</th>
			<th>氏名</th>
			<th>フリガナ</th>
			<th>所属</th>
			<th>性別</th>
			<th>給与</th>
		</tr>
		<tr>
			<td>0001</td>
			<td>浦岡 友也</td>
			<td>ウラオカ トモヤ</td>
			<td>0003</td>
			<td>0</td>
			<td>270000</td></tr>
			<tr>
			<td>0002</td>
			<td>山村 洋代</td>
			<td>ヤマムラ ヒロヨ</td>
			<td>0003</td>
			<td>1</td>
			<td>300000</td></tr>
			<tr>
			<td>0003</td>
			<td>多岡 冬行</td>
			<td>タオカ フユユキ</td>
			<td>0002</td>
			<td>0</td>
			<td>250000</td></tr>
			<tr>
			<td>0004</td>
			<td>高田 冬美</td>
			<td>タカタ フユミ</td>
			<td>0003</td>
			<td>1</td>
			<td>250000</td>
		</tr>
	</table>
</div>

</body>
</html>

IE 専用なので、スクリプトは VBScript を使用しています。Windows のオブジェクトなので、VBScript で使うほうがいろいろ都合が良く、VB や VBA の情報が参考にできます

⭐ 元になるブックは、C:\temp\Book1.xlsx としていますが、場所に制限はありません
⭐ 転送後、別のブックに保存してから、再度 Excel を普通に呼び出して開いています
⭐ 元になるブックを書式として完成させておいて、データのみ転送するのが本来の方法です
⭐ Excel に対する操作はもっといろいろ可能です





タグ:VBScript excle IE
posted by lightbox at 2019-01-10 14:34 | IE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月09日


VBScript のコードを書いた HTML を IEのツールメニューにアドオンする



IE拡張メニューとほぼ近いものですが、現在表示されているページ全体に対して「何かをする」という機能に合っています。
Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Internet Explorer\Extensions\{7D4A0D6B-9722-4106-8D10-6E3684F04594}]
"CLSID"="{1FBA04EE-3024-11D2-8F1F-0000F87ABD16}"
"MenuText"="テストメニュー"
"MenuStatusBar"="ステータスバーに表示される文字列"
"Script"="C:\\TEMP\\menuex_location.html"



(HKEY_CURRENT_USER にするとユーザ単位です)
<SCRIPT language="VBScript">

	on error resume next
	' *************************************************
	' URLの表示
	' *************************************************
	str = external.menuArguments.document.URL
	if Err.Number <> 0 then
		str = "URL を取得できませんでした"
	else
		' 取得できたらクリップボードにセット
		Call window.clipboardData.setData("Text",str)
	end if
	on error goto 0

	alert(str)

</SCRIPT>

これはあくまでサンプルなので、レジストリをインポートした後、C:\TEMP\menuex_location.html を作成して上記 VBScript のコードを書き込む必要があります

※ 7D4A0D6B-9722-4106-8D10-6E3684F04594 は、任意のGUID なので、WSH : GUID取得 で個別に作成します

※ 以下のコマンドを実行するとクリップボードに GUID を取得できます
cmd /c echo Set TypeLib=CreateObject("Scriptlet.TypeLib"):Wscript.echo TypeLib.Guid>%temp%\_.vbs&cscript.exe /NOLOGO %temp%\_.vbs | clip

Adding Menu Items にこれらの設定に関する仕様があります(英文)

Exec エントリを使用すると実行ファイルを使用可能です 


▼ アドオンの管理で確認できます





posted by lightbox at 2019-01-09 16:34 | IE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
container 終わり

フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

CSS ドロップシャドウの参考デモ
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり