SQLの窓

2021年01月14日


Explorer.exe コマンドライン 引数(オプション)

※ /n と /e は通常意味味無いようですが、オリジナルの記述なので置いておきます

Explorer.exe [/n],[/e] [(,)/root,[object]] [/select,[object]]

/n

表示枠が 1 つの新しいウィンドウを開き,デフォルトの場所 (通常Cドライブ)を表示する.(explorer.exe /n :フォルダツリーが付かない,explorer.exe /n,/e :フォルダツリーが付く).通常は,Windowsがインストールされているドライブのルートが表示され,ウィンドウが既に開いている場合は,別のウィンドウを開く.

/e

Windows エクスプローラをデフォルトの表示設定(フォルダツリーもつく)で新しいウィンドウを開く. ","に続いて,表示したいフォルダを書かなければ,標準でCドライブが表示される.

/root,[オブジェクト]

オブジェクトに指定した所をrootのように見せて表示する.この場合,オブジェクトのフォルダより上位のフォルダを表示しないので,そこには移れない. オブジェクトの所を半角スペースのみにすると,デスクトップがルートになる.

/select,[オブジェクト]

ウィンドウに,指定したフォルダ,ファイル,またはアプリケーションが選択された状態で表示する. ※ Microsoft からは消失しているし、ネット上で見つけたのも geocities なので消失予定なので持って来ました。 ▼ 消失 support.microsoft.com/en-us/help/314853 デフォルトの表示設定で開く
Explorer /e,%USERPROFILE%


ファイルを選択して開く
Explorer /e,/select,%SystemRoot%\notepad.exe





タグ:引数
【Windowsの最新記事】
posted by lightbox at 2021-01-14 19:34 | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

VBScriptの関数定義をWEB上に置いて、Msxml2.ServerXMLHTTP で読みだして PCで使用する

VBScriptの関数定義をWEB上に置いて、PCで使用する の発展版です。
※ WEB 上に置くソースコードは、上記リンク先を参照して下さい。

Msxml2.ServerXMLHTTP で読み出すコードの作成方法

Msxml2.ServerXMLHTTP は昔はバグがありましたが、今はとても優秀なオブジェクトです。ただ、相手側が静的ファイルの場合は UTF-8 扱いになるはずなので、PHP 側でキャラクタセットを明示しています。( 以下のサンプルの PHP / https://toolbox.winofsql.jp/vbs/regtrim.php は SHIFT_JIS です )
REM **********************************************************
REM 正規表現のトリム
REM **********************************************************
Function RegTrim( strValue )

	Dim regEx, str

	Set regEx = New RegExp
	regEx.IgnoreCase = True
	regEx.Pattern = "^[ \s]+"
	str = regEx.Replace( strValue, "" )
	regEx.Pattern = "[ \s]+$"
	RegTrim = regEx.Replace( str, "" )

End Function
このコードを regtrim.vbs や regtrim.txt としてWEB上のどこかに置く場合は、UTF8N で保存します


ExecuteGlobal による動的な関数の登録

読みだした後、ExecuteGlobal で文字列を実行してしまうのが特徴です。Global スコープで実行されるため、最初から定義していたのと同じ事になります。 但し、この処理を行う為に読みだされるソースコード側で注意する事があります 1) コメントにシングルクォートを使わないで REM を使う 2) 条件文で = を使わないで <> の else で表現する これらは、ExecuteGlobal が正しく VBScript の構文を解析する為に重要な準備事項になるので注意して下さい
<job>
<object id="http" progid="Msxml2.ServerXMLHTTP" /> 
<script language="VBScript">

' 関数のソースコードを読みだして、関数として定義
strResult = HTTPGet( "https://toolbox.winofsql.jp/vbs/regtrim.php" )
if not IsEmpty( strResult ) and Left( strResult, 3 ) = "REM" then
	' 関数定義の実行
	ExecuteGlobal strResult
else
	MsgBox( "処理できませんでした" )
	Wscript.Quit
end if

str = RegTrim( getResource( "mydata" ) )
MsgBox( "/" & str & "/" )

Function HTTPGet( strUrl )

	on error resume next
	Call http.Open("GET", strUrl, False )
	if Err.Number <> 0 then
		MsgBox(Err.Description)
		HTTPGet = Empty
		Exit Function
	end if
	on error goto 0

	Call http.Send()

	HTTPGet = http.responseText

End Function
</script>
<resource id="mydata">


    この部分のみ取り出します    


</resource>
</job>



posted by lightbox at 2021-01-14 12:48 | VBS + インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FileZilla のインストール時のポイント

ダウンロード時に、グリーンのボタンをクリックするとインストーラバージョンがダウンロードできますが、それを実行すると他のセキュリティソフトをインストールさせようとするので、グリーンのボタンの下から ( recommended ) をダウンロードして実行すれば普通に使えます。






▼ グリーンのボタンを押すと



▼ 右側をダウンロードしてインストールしようとすると...






設定

▼ ファイルの編集 直接サーバを編集するような感じでアップロードできるようになっています。( このエディタで開く場合、テンポラリを使用してダウンロードして開きます ) ▼ UTF-8 にしておくと 間違って日本語ファイルをアップロードしてしまっても化けません ▼ パスワードを保存してしまうと 設定ファイルに BASE64 で保存されるので、自宅以外では避けたほうがいいです
定義ファイルのあるフォルダは、『C:\Users\ユーザー\AppData\Roaming\FileZilla』ですが、以下のスクリプトで開く事ができます。
Set obj = CreateObject("Shell.Application")
Set objFolder = obj.NameSpace( &h1a )
obj.Explore(objFolder.Self.Path&"\FileZilla")
Set obj = Nothing


サイトの情報は、この場所の sitemanager.xml に書き込まれており、他の PC で書き換えてそのまま使用できます



posted by lightbox at 2021-01-14 10:00 | フリーソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月13日


デバイスを探す / Find My Device - Google / Android Find



デバイスを探す

https://www.google.com/android/find

URL が android find と分かりやすいので、これで Google 検索すればいいと思います。

Android でログインしているアカウントでブラウザからログインする

すぐにマップで場所が特定できて、充電状態も解ります。単に身の回りのどこかを探したい場合は『音を鳴らす』でマナーモードとは関係無く音が鳴ります。

紛失または盗難の場合は、ロックをかけます

忘れる事が無いパスワードを設定します。普段ロックをかけていなくてもこれでロックが間に合えば、登録しているアプリを通じた問題は避けれるはずです。

データを全て消去も可能

状況によってすぐに全ての安全を確保したいのであれば、データを全て削除してしまえば『廃棄』という最後の手段が使えますね。
posted by lightbox at 2021-01-13 16:07 | Android | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月28日


Java : Apache POI で最低限の処理を標準化( ここではワークブックは新規作成 )

最新の Excel( .xslx ) 用 XSSF に必要な jar

Apache POI Apache Commons Collections Apache Commons Compress 4.1 ドキュメント

サンプル

オーバーロードを使用して、できるだけ cell というメソッドでできるようにしてみました。Microsoft の仕様に合わせて行や列を 1 始まりにしたかったという意図もあります。
import java.io.FileOutputStream;
import java.text.SimpleDateFormat;
import java.util.Date;

import org.apache.poi.ss.usermodel.BorderStyle;
import org.apache.poi.ss.usermodel.CellType;
import org.apache.poi.ss.util.CellRangeAddress;
import org.apache.poi.ss.util.RegionUtil;
import org.apache.poi.xssf.usermodel.XSSFCell;
import org.apache.poi.xssf.usermodel.XSSFCellStyle;
import org.apache.poi.xssf.usermodel.XSSFRow;
import org.apache.poi.xssf.usermodel.XSSFSheet;
import org.apache.poi.xssf.usermodel.XSSFWorkbook;
import org.apache.poi.xssf.usermodel.XSSFWorkbookFactory;

public class Main {

    private static XSSFWorkbook book;
    private static XSSFSheet  sheet;

    // *****************************************************
    // エントリポイント
    // *****************************************************
    public static void main(String[] args) {
        try {
            // ****************************
            // ブック作成
            // ****************************
            book = XSSFWorkbookFactory.createWorkbook();

            // ****************************
            // シート作成
            // ****************************
            sheet = book.createSheet("Javaの処理");

            // ****************************
            // セルに値を直接セット
            // ****************************
            for (int i = 1; i <= 10; i++)
            {
                cell( sheet, i, 1, String.format("処理 : %d", i ));
            }

            // ****************************
            // セルの幅( 3列目 )
            // ****************************
            cellWidth( sheet, 3, 6000 );

            // ****************************
            // セルの結合
            // ****************************
            cell( sheet, 1, 3, 1, 5 );
            // 結合されたセルに値をセット
            cell( sheet, 1, 3, "結合されたセル" );
            
            // ****************************
            // 日付のセット
            // ****************************
            SimpleDateFormat dateFormat = new SimpleDateFormat("yyyy/MM/dd");
            cell( sheet, 3, 3, dateFormat.parse("2020/11/27") );

            // ****************************
            // 値のセット
            // ****************************
            cell( sheet, 4, 3, 1000 );
            cell( sheet, 5, 3, 1234567890 );
            cell( sheet, 6, 3, "日本語" );
            cell( sheet, 7, 3, "ABCDEFG abcdefg" );

            // ****************************
            // 式のセット
            // ****************************
            getCell( sheet, 8, 3 ).setCellFormula( "A1" );

            // ****************************
            // 罫線
            // ****************************
            cell( sheet, 3, 3, 10, 5, BorderStyle.DOUBLE );

            // ****************************
            // セルの値を表示
            // ****************************
            for (int i = 1; i <= 10; i++)
            {
                System.out.println( cell( sheet, i, 3 ) );
            }

            // ****************************
            // 書き込み用のファイルストリーム
            // ****************************
            FileOutputStream fos = new FileOutputStream("sample.xlsx");
            
            // ****************************
            // 保存と終了
            // ****************************
            book.write(fos);
            book.close();

        } catch (Exception e) {

            e.printStackTrace();

        }

    }

    // ****************************
    // セル( XSSFCell ) を取得
    // ****************************
    static XSSFCell getCell(XSSFSheet sheet, int row, int col) {

        XSSFRow xslRow = sheet.getRow(row - 1);
        if ( xslRow == null ) {
            // 行を作成
            xslRow = sheet.createRow( row - 1 );
        }

        XSSFCell cell = xslRow.getCell( col - 1 );
        if ( cell == null ) {
            // セルを作成
            cell = xslRow.createCell( col - 1 );
        }
        return cell;

    }
    // ****************************
    // セルに書き込む
    // ****************************
    // 文字列
    static void cell(XSSFSheet sheet, int row, int col, String value) {

        XSSFCell cell = getCell(sheet, row, col);
        cell.setCellValue(value);

    }
    // 数値
    static void cell(XSSFSheet sheet, int row, int col, double value) {

        XSSFCell cell = getCell(sheet, row, col);
        cell.setCellValue(value);

    }
    // 日付 : BuiltinFormats で定義された値(14) を使用
    static void cell(XSSFSheet sheet, int row, int col, Date value) {

        XSSFCell cell = getCell(sheet, row, col);
        XSSFCellStyle style = sheet.getWorkbook().createCellStyle();
        // Class BuiltinFormats より "m/d/yy"
        style.setDataFormat(14);
        cell.setCellStyle(style);
        cell.setCellValue(value);

    }
    
    // ****************************
    // セル読み込む
    // ****************************
    static String cell(XSSFSheet sheet, int row, int col) {

        XSSFRow xslRow = sheet.getRow(row - 1);
        if ( xslRow == null ) {
            return "";
        }

        XSSFCell cell = xslRow.getCell( col - 1 );
        if ( cell == null ) {
            return "";
        }

        CellType type = cell.getCellType();
        // 文字列
        if ( type == CellType.STRING ) {
            return cell.getStringCellValue();
        } 
        if ( type == CellType.NUMERIC ) {
            // 日付
            if( org.apache.poi.ss.usermodel.DateUtil.isCellDateFormatted(cell) ) {
                SimpleDateFormat sdf = new SimpleDateFormat( "yyyy/MM/dd HH:mm:ss" );
                return sdf.format( cell.getDateCellValue() );
            }
            // 数値
            else {
                return String.format("%f", cell.getNumericCellValue());
            }
        } 
        // 式
        if ( type == CellType.FORMULA ) {
            return cell.getCellFormula();
        }
        
        String result = cell.getRawValue();
        if ( result == null ) {
            result = "";
        }

        return result;

    }

    // ****************************
    // セルの幅
    // ****************************
    static void cellWidth(XSSFSheet sheet, int col, int width) {

        sheet.setColumnWidth(col-1, width);

    }

    // ****************************
    // セルの結合
    // ****************************
    static void cell(XSSFSheet sheet, int row1, int col1, int row2, int col2) {

        sheet.addMergedRegion( new CellRangeAddress(row1-1, row2-1, col1-1, col2-1) );

    }

    // ****************************
    // 範囲の外側の罫線
    // ****************************
    static void cell(XSSFSheet sheet, int row1, int col1, int row2, int col2, BorderStyle borderStyle ) {

        CellRangeAddress region = new CellRangeAddress(row1-1, row2-1, col1-1, col2-1);

        RegionUtil.setBorderTop( borderStyle, region, sheet );
        RegionUtil.setBorderBottom( borderStyle, region, sheet );
        RegionUtil.setBorderLeft( borderStyle, region, sheet );
        RegionUtil.setBorderRight( borderStyle, region, sheet );

    }

}

実行結果

読込みは以下のような感じで

XSSFWorkbook book = XSSFWorkbookFactory.createWorkbook(new FileInputStream("sample.xlsx"));

関連する記事

JScript : Excel の新しいブックのデフォルトのシートのセルに直接値をセットして、オートフィルを Range オブジェクトから実行する C# : Excel の新しいブックのデフォルトのシートのセルに直接値をセットして、オートフィルを Range オブジェクトから実行する Python : Excel の新しいブックのデフォルトのシートのセルに直接値をセットして、オートフィルを Range オブジェクトから実行する
posted by lightbox at 2020-11-28 20:36 | Java | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月26日


Python : Excel の新しいブックのデフォルトのシートのセルに直接値をセットして、オートフィルを Range オブジェクトから実行する



pywin32 の利用

Python で Excel を扱うパッケージは openpyxl ですが、Excel の仕様に合わせてファイルを作成しているだけなので、Autofill が利用できません。そこで、ここでは pywin32 を使用して Excel.Application を直接操作します( 実行する PC は Windows で Excel がインストールされている必要があります )。

その前に pip そのものの更新確認

python -m pip install --upgrade pip
先日 pip からアップグレードしようとしたら、見事にバグって pip が無くなってしまいました。その場合は https://bootstrap.pypa.io/get-pip.py から get-pip.py をダウンロードして python get-pip.py を実行します。 それ以降、python から アップグレードするようにしています。

pywin32 のインストール

pip install pywin32
pywin32 は、Windows の COM を処理する為のブリッジです。ですから、Excel.Application に限らず 以下のようなクラスを利用できるようになります。 ✅ ADODB.Connection ✅ ADODB.Recordset ✅ ADODB.Stream ✅ WScript.Shell ✅ Shell.Application ✅ Scripting.FileSystemObject ✅ Msxml2.ServerXMLHTTPCDO.Message ✅ Scripting.Dictionary ▼ pip list

excel-autofill.py

Autofill する為に範囲を選択していますが、Sheet.Cells(1, 2) のように数字で全て表現できるようにしています。これはプログラミングを容易にする事が目的ですが、視認しやすいように Range("A1:A2") と言うような記述方法も可能です
import win32com.client
import traceback
import sys
import os

ExcelApp = win32com.client.Dispatch("Excel.Application")
# デバッグ時は、Excel の本体を表示させて状況が解るようにする
ExcelApp.Visible = True
# UI でチェックさせるようなダイアログを表示せずに実行する
ExcelApp.DisplayAlerts = False

try:
    # ****************************
    # ブック追加
    # ****************************
    Book = ExcelApp.Workbooks.Add()

    # 通常一つのシートが作成されています
    Sheet = Book.Worksheets( 1 )

    # ****************************
    # シート名変更
    # ****************************
    Sheet.Name = "Pythonの処理";

    # ****************************
    # セルに値を直接セット
    # ****************************
    for i in range(1, 11):
        Sheet.Cells(i, 1).Value = f"処理 : {i}"

    # ****************************
    # 1つのセルから
    # AutoFill で値をセット
    # ****************************
    Sheet.Cells(1, 2).Value = "子"
    # 基となるセル範囲
    SourceRange = Sheet.Range(Sheet.Cells(1, 2), Sheet.Cells(1,2))
    # オートフィルの範囲(基となるセル範囲を含む )
    FillRange = Sheet.Range(Sheet.Cells(1, 2), Sheet.Cells(10,2))
    SourceRange.AutoFill(FillRange)

    # ****************************
    # 保存
    # ****************************
    Book.SaveAs( os.getcwd() + "\\sample.xlsx" )

except Exception:
    ExcelApp.Quit()
    traceback.print_exc()
    sys.exit( )


ExcelApp.Quit()
print("処理を終了します")

openpyxl で Autofill 無しの処理

import openpyxl
import traceback
import sys

try:
    # ****************************
    # 新しいブックを作成
    # ****************************
    Book = openpyxl.Workbook()

    # ****************************
    # 通常一つのシートが作成されています
    # ****************************
    Sheet = Book.worksheets[0]

    # ****************************
    # シート名変更
    # ****************************
    Sheet.title = "Pythonの処理"

    # ****************************
    # セルに値を直接セット
    # ****************************
    for i in range(1, 11):
        Sheet.cell(i, 1, f"処理 : {i}")

    Sheet.merge_cells("C1:F1")
    Sheet.cell(1, 3).value = "結合されたセル"

    Book.save('sample.xlsx')

except Exception:
    traceback.print_exc()
    sys.exit( )

print("処理を終了します")

関連する記事

JScript : Excel の新しいブックのデフォルトのシートのセルに直接値をセットして、オートフィルを Range オブジェクトから実行する C# : Excel の新しいブックのデフォルトのシートのセルに直接値をセットして、オートフィルを Range オブジェクトから実行する

関連する Microsoft ドキュメント

Application オブジェクト Workbook オブジェクトのコレクション Workbook オブジェクト Worksheet オブジェクトのコレクション Worksheet オブジェクト Cells プロパティ
posted by lightbox at 2020-11-26 16:03 | Python | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
container 終わり



フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

CSS ドロップシャドウの参考デモ
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり