SQLの窓

2009年05月30日


CSS : display / vertical-align


.area {
	display: none;
}

img {
	display: block;
}

form {
	display: inline;
}

※ .area : 完全に非表示にしたい場合( 場所も占有しない )場合に none
※ img : 改行を自動的に入れて独立させたい時に block
※ form : アプリケーションで送信エリアが複数必要で改行させたくない場合に inline

▼既存の CSS の影響が出ないように、IFRAME で埋め込んでいます




posted by lightbox at 2009-05-30 17:57 | HTML / CSS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月28日


共有を仮想ドライブとしてマッピング

まず相手先のPCの共有名を確認

( コマンドプロンプトから以下のように入力します )
net view \\pc名

Netview

コンピュータやネットワークのポップアップメニューから実行できますが、ファイル名を指定して実行で以下のようにして接続用のダイアログを表示できます
rundll32.exe shell32.dll,SHHelpShortcuts_RunDLL Connect




「ログオン時に再接続」は、そういう運用を定常的に行う場合にのみ設定します。それ以外は、接続先PCが起動していない場合があります。
\\pc名\共有名
または、
\\pc名\共有名\ディレクトリ名
で接続可能です
posted by lightbox at 2009-05-28 16:12 | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月15日


キーボード入力をファイル化

置き換え
type con > a.txt




追加( Append )
type con >> a.txt
終了時は 改行入力後、CTRL+Z を入力してEnter です

type nul > ファイル名で、ファイルを空で初期化できます。




posted by lightbox at 2009-05-15 14:35 | コマンドプロンプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月12日


PL/SQL : Function 雛形

引数 : 所属コード
戻り値 : 引数で指定された所属部署に属する社員の数

※ count(*) を使用しているので、select into 用の EXCEPTION は必要無い。
※ 例外エラーの行が必要な場合は、1=1 を 1=0 にしてリビルドする
※ count(*) の結果は整数ですが、VARCHAR2 で代用できる
↓利用方法のサンプル
select 社員マスタ.*,test(所属) from 社員マスタ
CREATE or REPLACE FUNCTION TEST
(
	PM_STRING IN VARCHAR2	/* 引数の定義 */
)
RETURN VARCHAR2	/* 戻り値の定義 */

/**********************************************************/
/* 変数の定義 */
/**********************************************************/
AS
	RET_VALUE	VARCHAR2(2000);
	WK_VALUE	VARCHAR2(2000);

/**********************************************************/
/* 処理開始 */
/**********************************************************/
BEGIN
	DBMS_OUTPUT.PUT_LINE('デバッグ:開始');
	SELECT count(*) INTO 	RET_VALUE	FROM 社員マスタ
	WHERE
		所属 = PM_STRING;
	RETURN RET_VALUE;

/**********************************************************/
/* 一番外側のブロックの例外処理 */
/**********************************************************/
$if 1=1 $then
EXCEPTION
	WHEN OTHERS THEN
		RET_VALUE := '例外発生:'||SQLCODE||':'||SQLERRM;
		RETURN RET_VALUE;
$end
END;




タグ:PL/SQL 雛型
posted by lightbox at 2009-05-12 17:19 | Oracle : PL/SQL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月07日


VB.NET : SHA256

入力値を EUC-JP(51932) で SHA256。

Imports System.Security.Cryptography
Imports System.Text
Private Sub Button1_Click(ByVal sender As System.Object, _
ByVal e As System.EventArgs) Handles Button1.Click

	Dim str_data = Me.TextBox2.Text
	Dim bin_data As Byte() = System.Text.Encoding.GetEncoding(51932).GetBytes(str_data)
	Dim sha256_bin As Byte() = Nothing
	Dim shaM As New SHA256Managed()
	sha256_bin = shaM.ComputeHash(bin_data)

	Dim sha256String As StringBuilder = New System.Text.StringBuilder()
	Dim work As Byte
	For Each work In sha256_bin
		sha256String.Append(work.ToString("x2"))
	Next

	Me.TextBox3.Text = sha256String.ToString()

End Sub



posted by lightbox at 2009-05-07 15:53 | VB.NET : ベーシック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

VB.NET : TKMP.DLL でメール送信

1) TKMP.DLL をダウンロード

2) 参照設定を行う

3) Imports
Imports TKMP.Writer
Imports TKMP.Net

4) ボタンを作成
Private Sub メール送信_Click(ByVal sender As System.Object, _
ByVal e As System.EventArgs) Handles メール送信.Click

	'------------------------------------------------------
	'サーバー情報
	'------------------------------------------------------
	Dim Server As String = "ユーザID.sakura.ne.jp"
	Dim ServerPort As Integer = 587

	'------------------------------------------------------
	'メール情報の作成
	'------------------------------------------------------
	Dim mail As MailWriter = New MailWriter

	'差出人
	mail.FromAddress = "メールユーザ@ユーザID.sakura.ne.jp"
	'あて先
	mail.ToAddressList.Add("あて先メールアドレス")
	'本文のクラスを作成します
	Dim part As TextPart = New TextPart("本文")
	'送信メールクラスに本文を登録
	mail.MainPart = part

	'相手のメーラーで「差出人」として表示
	mail.Headers.Add("From", "わたし <メールユーザ@ユーザID.sakura.ne.jp>")
	'相手のメーラーで「あて先」として表示されます
	mail.Headers.Add("To", "あなた <あて先メールアドレス>")
	'メールの件名
	mail.Headers.Add("Subject", "タイトル")
	'付加情報など
	mail.Headers.Add("X-Mailer", "TKMP Version 2.0.0")

	'------------------------------------------------------
	'サーバーへ接続
	'------------------------------------------------------
	'SMTPサーバーを利用する場合に認証が必要なときは以下のようにインスタンスを作成します
	Dim logon As AuthLogin = New AuthLogin("認証用ユーザ文字列", "パスワード")
	Dim smtp As SmtpClient = New SmtpClient(Server, ServerPort, logon)

	'接続
	If Not smtp.Connect() Then
		MessageBox.Show("接続に失敗しました。")
		Return
	End If

	'------------------------------------------------------
	'メール送信を開始します
	'------------------------------------------------------
	smtp.SendMail(mail)

	'------------------------------------------------------
	'サーバーから切断します
	'------------------------------------------------------
	smtp.Close()

	MessageBox.Show("メールを送信しました")

End Sub

さくらインターネットでは、「認証用ユーザ文字列」はメールアドレスになります。

関連する記事

VS2010(C#) : TKMP.DLL(3.1.2)を使った、メール送信テンプレート



タグ:メール VB
posted by lightbox at 2009-05-07 15:21 | VB.NET : 通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します
container 終わり



フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

CSS ドロップシャドウの参考デモ
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり