SQLの窓

2014年08月13日


VBScript : ネイティブ(CAPICOM.Utilities) Base64 エンコード

Stream オブジェクトと併用するのがミソです。この場合、Shift_JIS の文字列を Base64 に変換します。

Microsoft のドキュメント

Utilities Object (Windows)

関連する記事

VBScript : ネイティブ SHA1、MD5、SHA256 変換
Set CAPIUtil = CreateObject( "CAPICOM.Utilities" )
Set Stream = CreateObject("ADODB.Stream")
Set StreamBin = CreateObject("ADODB.Stream")

'******************************
' Base64 エンコード
'******************************
Stream.Open
Stream.Charset = "shift_jis"
' shift_jis で入力文字を書き込む
Stream.WriteText "日本語表示OK"
Stream.Position = 0

' バイナリで開く
StreamBin.Open
StreamBin.Type = 1

' テキストをバイナリに変換
Stream.CopyTo StreamBin
Stream.Close

' 読み込みの為にデータポインタを先頭にセット
StreamBin.Position = 0

' 変換
strBinaryString = CAPIUtil.ByteArrayToBinaryString( StreamBin.Read )
strBase64 = CAPIUtil.Base64Encode( strBinaryString )
' 長い文字列は仕様として、(\r\n を含めて 76) 改行されます
strBase64 = Replace(strBase64,vbCrLf,"")

Wscript.Echo strBase64



タグ:Base64 CAPICOM
posted by lightbox at 2014-08-13 23:32 | VBS + オブジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

VBScript で、スクリプト(Windows Script Component)をオブジェクトとして直接使う方法

guid を設定して、COM として登録する方法がありますが、スクリプトのパスを指定して実行する方法です

Windows Script Component

my_const.wsc
<component>
<public>
<method name="get_value"></method>
</public>
<script language="VBScript">
sub get_value(ByRef my_const)
	my_const = "2014/08/13"
end sub
</script>
</component>


test.vbs
Set my_script_obj = GetObject("script:C:\user\my_const.wsc")
data = 0
call my_script_obj.get_value( data )
WScript.Echo data


タグ:VBScript
posted by lightbox at 2014-08-13 02:04 | VBS + オブジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月06日


VBScript で半角カナから全角カナへ変換するのに、php の mb_convert_kana を呼び出す

mb_convert_kana で変換できる内容は多岐に渡りますし、それを VBScript でわざわざ実装するコストはちょっともったいないので VBScript から http で呼び出して変換するサンプルです。
VBScript
Set objHTTP = Wscript.CreateObject("Msxml2.ServerXMLHTTP")
Set Stream = Wscript.CreateObject("ADODB.Stream")
Set Stream2 = Wscript.CreateObject("ADODB.Stream")
Set StreamBin = Wscript.CreateObject("ADODB.Stream")

Dim strTargetUrl : strTargetUrl = "http://localhost/user/convert_kana.php"

Wscript.Echo WEBConvSend("アイウエオガギグゲゴ","KV")

' ***************************
' 投稿
' ***************************
Function WEBConvSend(s,t)

	Dim strData

	strData = "t=" & t & "&s=" & URLEncode(s)

	Call objHTTP.Open("POST",strTargetUrl,False)
	Call objHTTP.setRequestHeader("Content-Type", "application/x-www-form-urlencoded")
	Call objHTTP.SetRequestHeader("Content-Length",Len(strData))
	Call objHTTP.Send(strData)

	WEBConvSend = objHTTP.ResponseText

End Function

' ***************************
' URLエンコード
' ***************************
Function URLEncode(str)

	Dim Buffer,LineBuffer,i,CWork

	Stream.Open
	Stream.Charset = "shift_jis"
	' shift_jis で入力文字を書き込む
	Stream.WriteText str
	' コピーの為にデータポインタを先頭にセット
	Stream.Position = 0
 
	Stream2.Open
	Stream2.Charset = "utf-8"
	' shift_jis を euc-jp に変換
	Stream.CopyTo Stream2
	Stream.Close

	' コピーの為にデータポインタを先頭にセット
	Stream2.Position = 0

	' バイナリで開く
	StreamBin.Open
 	StreamBin.Type = 1

	' テキストをバイナリに変換
	Stream2.CopyTo StreamBin
	Stream2.Close

	' 読み込みの為にデータポインタを先頭にセット
	StreamBin.Position = 0

	Buffer = ""
	StreamBin.Read(3)
	Do while not StreamBin.EOS
		LineBuffer = StreamBin.Read(16)
 
		For i = 1 to LenB( LineBuffer )
			CWork = MidB(LineBuffer,i,1)
			Cwork = AscB(Cwork)
			Cwork = Hex(Cwork)
			Cwork = Ucase(Cwork)
			if Len(Cwork) = 1 then
				Buffer = Buffer & "%0" & Cwork
			else
				Buffer = Buffer & "%" & Cwork
			end if
		Next
 
	Loop

	StreamBin.Close

	URLEncode = Buffer

End Function


PHP : convert_kana.php


タグ:VBScript PHP
posted by lightbox at 2014-08-06 16:49 | VBS + インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

VBScript : URLEncode( OAuth 用 rfc3986 )

VBScript で、コード内の文字列を UTF-8 に変換してから、一旦全てパーセントエンコードし、目的の仕様に沿って一部の文字を元に戻しています。

※ rfc3986 は、PHP 5.3.x における rawurlencode です。

関連する記事

   PHP / JavaScript / ASP / PowerShell / python / Framework(バージョン別) : 処理別の urlencode の結果の違い
 VBScript : Twitter API を呼び出して投稿する
Set Stream = Wscript.CreateObject("ADODB.Stream")
Set Stream2 = Wscript.CreateObject("ADODB.Stream")
Set StreamBin = Wscript.CreateObject("ADODB.Stream")

strData = "status=" & rfc3986_convert(URLEncode(strText))

' ********************************************
' SHIFT_JIS を UTF-8 に変換して URLエンコード
' ※ 全ての文字をパーセントエンコーディングします
' ********************************************
Function URLEncode(str)

	Stream.Open
	Stream.Charset = "shift_jis"
	' shift_jis で入力文字を書き込む
	Stream.WriteText str
	' コピーの為にデータポインタを先頭にセット
	Stream.Position = 0
 
	Stream2.Open
	Stream2.Charset = "utf-8"
	' shift_jis を utf-8 に変換
	Stream.CopyTo Stream2
	Stream.Close

	' コピーの為にデータポインタを先頭にセット
	Stream2.Position = 0

	' バイナリで開く
	StreamBin.Open
 	StreamBin.Type = 1

	' テキストをバイナリに変換
	Stream2.CopyTo StreamBin
	Stream2.Close

	' 読み込みの為にデータポインタを先頭にセット
	StreamBin.Position = 0

	Buffer = ""
	' BOMを取り去る
	StreamBin.Read(3)
	Do while not StreamBin.EOS
		LineBuffer = StreamBin.Read(16)
 
		For i = 1 to LenB( LineBuffer )
			CWork = MidB(LineBuffer,i,1)
			Cwork = AscB(Cwork)
			Cwork = Hex(Cwork)
			Cwork = Ucase(Cwork)
			if Len(Cwork) = 1 then
				Buffer = Buffer & "%0" & Cwork
			else
				Buffer = Buffer & "%" & Cwork
			end if
		Next
 
	Loop

	StreamBin.Close

	URLEncode = Buffer

End Function

' ********************************************
' 仕様を明確にする為に単純変換
' ********************************************
Function rfc3986_convert(str)

	Dim strResult,I,strWork

	strResult = str

	strResult = Replace(strResult,"%2D", "-")
	strResult = Replace(strResult,"%2E", ".")

	' 0〜9
	For I = &H30 to &H39
		strWork = Hex(I)
		strWork = "%" & Ucase(strWork)
		strResult = Replace(strResult,strWork, Chr(I))
	Next

	' A〜Z
	For I = &H41 to &H5A
		strWork = Hex(I)
		strWork = "%" & Ucase(strWork)
		strResult = Replace(strResult,strWork, Chr(I))
	Next

	strResult = Replace(strResult,"%5F", "_")

	' a〜z
	For I = &H61 to &H7A
		strWork = Hex(I)
		strWork = "%" & Ucase(strWork)
		strResult = Replace(strResult,strWork, Chr(I))
	Next

	strResult = Replace(strResult,"%7E", "~")
	
	rfc3986_convert = strResult

End Function


以下はいろいろな処理系の URLEncode か、またはそれに相当する変換の一部分です
1PHP : urlencode
2PHP : rawurlencode : 5.2.x
3PHP : rawurlencode : 5.3.x
4JavaScript : encodeURI
5JavaScript : encodeURIComponent
6ASP : Server.URLEncode
( Server.URLEncode(chr(I))で変換できない文字があります )
7PowerShell : [System.Web.HttpUtility]::UrlEncode
8python 2.6.2 : urllib.quote
9js2 と同じ : VS2010 Uri.EscapeDataString
10php3 と同じ : VS2012 Uri.EscapeDataString
11ps の ' が %27 : VS2010 HttpUtility.UrlEncode

    php1 php2 php3 js1 js2 asp ps py fw4 fw4.5 fw
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
0   %00 %00 %00 %00 %00   %00 %00 %00 %00 %00
32   + %20 %20 %20 %20 + + %20 %20 %20 +
33 【!】 %21 %21 %21 ! ! %21 ! %21 ! %21 !
34 【"】 %22 %22 %22 %22 %22 %22 %22 %22 %22 %22 %22
35 【#】 %23 %23 %23 # %23 %23 %23 %23 %23 %23 %23
36 【$】 %24 %24 %24 $ %24 %24 %24 %24 %24 %24 %24
37 【%】 %25 %25 %25 %25 %25 %25 %25 %25 %25 %25 %25
38 【&】 %26 %26 %26 & %26 %26 %26 %26 %26 %26 %26
39 【'】 %27 %27 %27 ' ' %27 ' %27 ' %27 %27
40 【(】 %28 %28 %28 ( ( %28 ( %28 ( %28 (
41 【)】 %29 %29 %29 ) ) %29 ) %29 ) %29 )
42 【*】 %2A %2A %2A * * %2A * %2A * %2A *
43 【+】 %2B %2B %2B + %2B %2B %2B %2B %2B %2B %2B
44 【,】 %2C %2C %2C , %2C %2C %2C %2C %2C %2C %2C
45 【-】 - - - - - %2D - - - - -
46 【.】 . . . . . %2E . . . . .
47 【/】 %2F %2F %2F / %2F %2F %2F / %2F %2F %2F


posted by lightbox at 2014-08-06 11:10 | VBS + インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月05日


PHP でエラーが表示されない場合の ini_set( 'display_errors', "1" ) 使用時の注意事項

PHP のオンラインマニュアルでは以下のように書かれています。
注意:
display_errors は実行時にも設定可能(ini_set() 関数を用いて)ですが、スクリプトが致命的(fatal)なエラーを発生した場合は その設定は反映されません。なぜなら、要求されたアクションは 実行されなかったからです。
経験と記憶から言うと、PHP のバージョンアップのどこかのタイミングでこうなったようなのですが、PHP のマニュアルにそういう記述は無く、上記のような記述になっています。ですから、実際の記述は include してその中に書く事になります。( php.ini で設定できる場合はその限りではありません )
<?php 
error_reporting(E_ALL); 
ini_set("display_errors", 1); 
include("file_with_errors.php"); 
?>

エラーの内容に関して言えぱ、error_reporting 関数を併用する事が多いと思います。


タグ:PHP
posted by lightbox at 2014-08-05 17:00 | PHP + 特記事項 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月01日


PHP : リモートのファイルサイズを取得する

PHP のオンラインマニュアルの投稿データにあります。
<?php
$remoteFile = '対象 URL(http)';
$ch = curl_init($remoteFile);
curl_setopt($ch, CURLOPT_NOBODY, true);
curl_setopt($ch, CURLOPT_RETURNTRANSFER, true);
curl_setopt($ch, CURLOPT_HEADER, true);
curl_setopt($ch, CURLOPT_FOLLOWLOCATION, true);
$data = curl_exec($ch);
curl_close($ch);
if ($data === false) {
  echo 'cURL failed';
  exit;
}

$contentLength = 'unknown';
$status = 'unknown';
if (preg_match('/^HTTP\/1\.[01] (\d\d\d)/', $data, $matches)) {
  $status = (int)$matches[1];
}
if (preg_match('/Content-Length: (\d+)/', $data, $matches)) {
  $contentLength = (int)$matches[1];
}

echo 'HTTP Status: ' . $status . "\n";
echo 'Content-Length: ' . $contentLength;
?>
Here's the best way (that I've found) to get the size of a remote file
なんて書いてあるのですが、確かにうまくいきます。当たり前と言えばあたりまえですが、An HTTPD でログを取るとこんな感じです。
<<< s=300: Fri Sep 18 23:30:20 2009 <<<
HEAD /php/elenat.ttf HTTP/1.1
Host: localhost
Accept: */*

>>> s=300: Fri Sep 18 23:30:20 2009 >>>
HTTP/1.1 200 Document follows
MIME-Version: 1.0
Server: AnWeb/1.42p
Date: Fri, 18 Sep 2009 14:30:20 GMT
Content-Type: application/octet-stream
Accept-Ranges: bytes
Content-Length: 5116536
ETag: "43a96df0-4e1278"
Last-Modified: Wed, 21 Dec 2005 15:00:00 GMT
レスポンスはすぐに返ってきます。実際使う場合は、curl が使えるか事前にチェックする必要がありますが、たぶん大丈夫でしょう。ですが、Windows の場合は意図的に使えるようにする必要があります(php.ini でextension=php_curl.dll)。こちらは、実際にそのへんを考慮して作ったサンプルです
posted by lightbox at 2014-08-01 12:17 | PHP + 通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します
container 終わり



フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

CSS ドロップシャドウの参考デモ
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり