SQLの窓

2015年01月06日


GitHub の google-api-php-client( PHP ) を使って、Google Drive のファイルをダウンロードテスト

google-api-php-client

Client ID と Client secret と Redirect URIs が必要です ( APIs Console )







3つ目は、アプリケーションの認証画面ですが、Google のアカウントに登録されます。解除は アカウントページから以下のリンクで一覧が表示されるので削除して下さい。

アカウント権限


Google の解説ページのサンプルが古いからかなんなのか全く動作しないので整理しました。

▼ テストコード( examples/idtoken.php をベースを変更しています )
<?php
/*
 * Copyright 2011 Google Inc.
 *
 * Licensed under the Apache License, Version 2.0 (the "License");
 * you may not use this file except in compliance with the License.
 * You may obtain a copy of the License at
 *
 *     http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
 *
 * Unless required by applicable law or agreed to in writing, software
 * distributed under the License is distributed on an "AS IS" BASIS,
 * WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY KIND, either express or implied.
 * See the License for the specific language governing permissions and
 * limitations under the License.
 */
include_once "templates/base.php";
session_start();

header( "Content-Type: text/html; Charset=utf-8" );
header( "pragma: no-cache" );
header( "Expires: Wed, 31 May 2000 14:59:58 GMT" );
header( "Cache-control: no-cache" );

require_once realpath(dirname(__FILE__) . '/../autoload.php');

$client_id = 'YOUR_CLIENT_ID';
$client_secret = 'YOUR_CLIENT_SECRET';
$redirect_uri = 'YOUR_REDIRECT_URI';

$client = new Google_Client();
$client->setClientId($client_id);
$client->setClientSecret($client_secret);
$client->setRedirectUri($redirect_uri);
$client->setScopes('https://www.googleapis.com/auth/drive');

/************************************************
  If we're logging out we just need to clear our
  local access token in this case
 ************************************************/
if (isset($_REQUEST['logout'])) {
  unset($_SESSION['access_token']);
}

/************************************************
  If we have a code back from the OAuth 2.0 flow,
  we need to exchange that with the authenticate()
  function. We store the resultant access token
  bundle in the session, and redirect to ourself.
 ************************************************/
if (isset($_GET['code'])) {
  $client->authenticate($_GET['code']);
  $_SESSION['access_token'] = $client->getAccessToken();
  $redirect = 'http://' . $_SERVER['HTTP_HOST'] . $_SERVER['PHP_SELF'];
  header('Location: ' . filter_var($redirect, FILTER_SANITIZE_URL));
}

/************************************************
  If we have an access token, we can make
  requests, else we generate an authentication URL.
 ************************************************/
if (isset($_SESSION['access_token']) && $_SESSION['access_token']) {
  $client->setAccessToken($_SESSION['access_token']);
} else {
  $authUrl = $client->createAuthUrl();
}

/************************************************
  If we're signed in we can go ahead and retrieve
  the ID token, which is part of the bundle of
  data that is exchange in the authenticate step
  - we only need to do a network call if we have
  to retrieve the Google certificate to verify it,
  and that can be cached.
 ************************************************/
if ($client->getAccessToken()) {
  $_SESSION['access_token'] = $client->getAccessToken();
//  $token_data = $client->verifyIdToken()->getAttributes();
}

echo pageHeader("User Query - Retrieving An Id Token");
?>
<div class="box" style='width:100%'>
  <div class="request">
<?php
// 接続用リンク
if (isset($authUrl)) {
  echo "<a class='login' href='" . $authUrl . "'>Connect Me!</a>";
} 
// ログアウト用リンク
else {
  echo "<a class='logout' href='?logout'>Logout</a>";
}
?>
  </div>

  <pre class="data">
<?php 

if ( isset($_SESSION['access_token']) ) {

	print "セッションの内容\n";
	print_r($_SESSION);

	// 内容が JSON なのでデコード
	$obj = json_decode($_SESSION['access_token']);

	print "JSON の内容\n";
	print_r($obj);

	print "アクセストークン\n";
	print "{$obj->{'access_token'}}\n";

	$dr_service = new Google_Service_Drive($client);

	// とりあえず 10 エントリを取得して検証可能なファイルを探す
	$dr_results = $dr_service->files->listFiles(array('maxResults' => 10));

	// ファイルのインスタンスの配列を取得
	$files = $dr_results->getItems();

	// ダウンロード用 URL
	// URL から curl でダウンロードも可
	$downloadUrl = $files[5]->getDownloadUrl();

	// URL を取得できた場合、API を使ってダウンロードプロセスを作成する
	if ($downloadUrl) {
	    // リクエストオブジェクト
	    $request = new Google_Http_Request($downloadUrl, 'GET', array("Authorization" => "Bearer {$obj->{'access_token'}}"), null);
	    // ストリームを使ってデータを取得
	    $httpRequest = $client->getIo()->executeRequest($request);
	    // $httpRequest は、3つの配列で作成されており、データ / ヘッダ情報 / ステータスコード
	    print "[0] がデータ\n";
	    print_r($httpRequest);
	}

}

?>
  </pre>
</div>

YOUR_REDIRECT_URI は、このソースコードの URL である必要がありますが、localhost で動作します。
autoload.php の読み込みによって、クラスのライブラリは自動的に require_once されます。
前半は、お決まりのアクセストークンを取得する為のプロセスです。
$client->verifyIdToken()->getAttributes() はエラーとなるのでコメントにしています。
$files[5] を使っているのは、内容を確認するのに都合が良いものを選びました。
ダウンロード URL が解れば、Google のクラスを使用しなくても curl で十分可能です。
スコープは https://www.googleapis.com/auth/drive を使用していますが、何でもかんでも取得するので内容のチェックが重要です。


関連する記事



posted by lightbox at 2015-01-06 22:10 | Google | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月04日


ブラウザ上で選択した文字列で Google 検索するブックマークレット

ブラウザ上で選択した後、なにか処理をするという結構オーソドックスで応用範囲の広いコードです。
選択 → Google検索

<a class="google_search" href="javascript:(function(){var%20b=((window.getSelection&&window.getSelection())||(document.getSelection&&document.getSelection())||(document.selection&&document.selection.createRange&&document.selection.createRange().text));if(b!=''){window.open('https://www.google.co.jp/#q='+encodeURIComponent(b));}else{alert('検索対象文字列が選択されていません');}})();">選択→Google検索</a>

▼ JavaScript部分を整形したもの
(function() {
    var b = ((window.getSelection && window.getSelection()) || (document.getSelection && document.getSelection()) || (document.selection && document.selection.createRange && document.selection.createRange().text));
    if (b != '') {
        window.open('https://www.google.co.jp/#q=' + encodeURIComponent(b));
    } else {
        alert('検索対象文字列が選択されていません');
    }
})();

変数 b にブラウザ上で選択した文字列が入ります。他のサービスで、QueryString に文字列を渡して使う事が可能なページに関しては、このコードの URL 部分とパラメータ部分を変更するだけでそのまま使用できます。

ブックマークレットの一般的な作り方

ブックマークレットのインストール用のアンカーは、href の先頭に javascript: を書いて、その後から一行にした JavaScript のコードをセットしますが、スペースが必要な場合は %20 に置き換えておきます。( 通常変数定義の var の後に使います )

単純なコードだけだと、実行後に画面が壊れるので、コードの最後は void(0) を実行する事が多いです( この場合は、open と alert が最後にあるので必要ありません。)

JavaScript では、|| で結果を返す処理を並べて行くと、最初から順に処理が実行されて、いずれかが true とみなされる結果が返ると処理をそこで中断します。このような特性を使って、最後に規定値を書くような処理は一般的です。
var a,b; a || b || 100
100
var a,b=10; a || b || 100
10




posted by lightbox at 2015-01-04 17:19 | ブックマークレット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します
container 終わり



フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

CSS ドロップシャドウの参考デモ
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり