SQLの窓

2020年02月29日


TeraPad 導入時の設定

ダウンロードページ

※ インストーラは使う必要の無いソフトなので、zip 版を解凍して使用します

オプション設定

起動後、まずオプションダイアログを開きます。




ウインドウ

最初にまず、『ウインドウ』タブを開いて以下のように設定します

1) 以前のウインドウ位置やサイズを復帰して起動させます。
2) 現在開いているファイルがどこにあるかをすぐ知る為にタイトルバーにフルパスで表示させます。




表示

タブや空白文字が非表示になっているので必ず表示するようにしておきます。特にソースコードを扱う上において漢字スペースかどうかの判断は一目瞭然にしておく必要があります。




ファイル

これは必ずしも必要ではありませんが、アプリケーション作成やログのチェック等の作業でリアルタイムに結果をエディタで見る必要がある事のほうが多いので、設定しておくといいと思います。




エクスプローラから直接ファイルを開く

以下のレジストリの設定ファイルをダウンロードして、TeraPad.exe のパス部分を実際のパスに変更してからエクスプローラからダブルクリックで実行して登録します
Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_CLASSES_ROOT\*\shell\TeraPad]
@="TeraPad で開く"
"Icon"="\"C:\\app\\tpad109\\TeraPad.exe\",0"

[HKEY_CLASSES_ROOT\*\shell\TeraPad\command]
@="\"C:\\app\\tpad109\\TeraPad.exe\" \"%V\""







このページの PDF



posted by lightbox at 2020-02-29 20:16 | フリーソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Google Classroom のテーマ画像のサイズと既存画像をテーマ画像として使用してみた手順



1010 x 250 のようなので、それより大きな画像よりそのサイズで作成して利用してみたいと思います。

https://pixlr.com/x を使用して、既存の画像を縮小してトリミングしました



▼ しかし、結局再度トリミングする結果となりました


Classroom のテーマとして使用した状態






posted by lightbox at 2020-02-29 12:27 | Google | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月11日


エクスプローラを右クリックしてそのフォルダで「コマンドプロント」を開くメニューを追加する .reg ファイル




エクスプローラを右クリックしてコマンドプロンプトを開きたい場合は、以下のレジストリをインポートします
Windows Registry Editor Version 5.00
 
[HKEY_CLASSES_ROOT\Directory\shell\usercmd]
@="コマンドプロンプトをここで開く(&P)"
 
[HKEY_CLASSES_ROOT\Directory\shell\usercmd\command]
@="cmd.exe /s /k pushd \"%V\""


▼ 削除用
Windows Registry Editor Version 5.00
 
[-HKEY_CLASSES_ROOT\Directory\shell\usercmd]
 




このページの PDF



posted by lightbox at 2020-02-11 21:59 | コマンドプロンプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Windows・Google Chrome・Excel ショートカットキー 総集編

クリップボード

CTRL+C ( CTRL+Insert ) : コピー
CTRL+V ( SHIFT+Insert ) : ペースト

ページのトップと最後

CTRL + HOME
CTRL + END

行の先頭と最後

HOME
END

選択

SHIFT + 下矢印 ( カーソルを行頭に置いて一行づつ選択 )
CTRL + SHIFT + END ( 全て選択 )
CTRL + A ( 全て選択 )
SHIFT + HOME ( カーソル位置から行頭まで選択 )
SHIFT + END ( カーソル位置から行の最後まで選択 )

元へ戻す、やり直す

CTRL + Z
CTRL + Y

検索

CTRL + F

編集

F2

リスト形式の UI で 自動幅設定

CTRL + (プラスキー)

デスクトップを表示

タスクバーの右端をクリック

終了

ALT + F4 ( 一般的にウインドウの終了 )

※ デスクトップではシャットダウンダイアログが出るので、リモートアクセスでも利用可能

実行済のアプリを管理者権限で新しく実行

対象アプリが表示されているタスクバーにマウスをポイントして、 CTRL + SHIFT + クリック

※ SHIFT + クリックだと、普通にもう一つ起動されます

起動

Ctrl + Esc : スタート メニューを開く( または Windows ロゴ キー )
Ctrl + Shift + Esc : タスクマネージャ
Windows ロゴ キー + X : クイック リンク メニュー
Windows ロゴ キー + R : ファイル名を指定して実行
Windows ロゴ キー + E : エクスプローラ
Windows ロゴ キー + I : 設定
Windows ロゴ キー + V : クリップボード履歴を開く



Windows ロゴ キー + Break : システム( コントロールパネル )
Windows ロゴ キー + (プラスキー) : 拡大鏡( さらに Win と + で拡大 / Win と - で縮小 )

Windows ロゴ キー + ピリオド(る) : 絵文字参照


Google Chrome

CTRL + S ( 現在表示しているページを名前をつけて保存 )
CTRL + U ( 現在表示しているページのソースを表示 )
デベロッパーツールを開いて再読込みアイコンを右クリックで表示されるメニュー ( キャッシュの削除とハード再読み込み )
CTRL + SHIFT + B ( ブックマークバーの表示・非表示の切り替え )
CTRL + プラスキー ( 拡大 )
CTRL + マイナスキー ( 縮小 )
CTRL + 0 ( 100% サイズに戻す )
CTRL + SHIFT + N ( シークレットウインドウを開く )
CTRL + H ( 履歴 )
F12 ( デベロッパーツール )
CTRL + SHIFT + DEL ( キャッシュ削除のダイアログ表示 )

Google Chrome デベロッパーツールの Tips And Tricks

Excel

Ctrl + 1 ( [セルの書式設定] ダイアログ ボックスを表示 )
Ctrl + B ( 太字の切り替え )
Ctrl + PageDown ( ワークシートのタブを左から右に向かって順番に切り替え )
Ctrl + PageUp ( ワークシートのタブを右から左に向かって順番に切り替え )
Ctrl + H ( 置換ダイアログ )
Ctrl + Shift + アンパサンド (&) ( 選択したセルに外枠罫線を適用 )
Ctrl + セミコロン (;) ( 現在の日付 )
Ctrl + N ( 新しい空白のブック )
Ctrl + P ( 印刷プレビュー )
Shift + F11 ( ワークシート追加 )
F12 ( 名前を付けて保存 )
F4 ( 直前のコマンドまたは操作を繰り返し : 可能な場合 )


Microsoft のドキュメント

Windows のキーボード ショートカット

Excel for Windows のショートカット キー


このページのPDF


posted by lightbox at 2020-02-11 14:41 | Windows10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Microsoft SQLExpress : sa に空のパスワードを設定する方法


ALTER LOGIN sa WITH CHECK_POLICY = OFF
ALTER LOGIN sa WITH PASSWORD = ''

CHECK_POLICY = OFF を実行しない場合は、以下のようなメッセージが表示されます

メッセージ 15118、レベル 16、状態 1、サーバー VPC-028\SQLEXPRESS、行 1
パスワードの検証に失敗しました。このパスワードは Windows のポリシーで指定された
強力なパスワードの基準を満たすほど複雑ではありません。
関連する Microsoft ドキュメント パスワード ポリシー ALTER LOGIN (Transact-SQL) 強力なパスワード プログラムによるパスワードの変更 別のコンピューターからの接続 関連する Microsoft ダウンロード Microsoft SQL Server 2016 Express Edition SP2 Microsoft SQL Server 2017 Express 関連する記事 SQLExpress 2005 の接続設定 LoginMode のあるレジストリを開くスクリプト ログインモード設定 ( Windows 認証 : 1、混合モード認証 : 2 ) sa を使う場合は 2 です
// レジストリ書き込み用
var WshShell = new ActiveXObject("WScript.Shell");
// 管理者権限実行用
var Shell = new ActiveXObject("Shell.Application");

var path = "HKEY_LOCAL_MACHINE\\SOFTWARE\\Microsoft\\Microsoft SQL Server";

var sqs = WshShell.RegRead( path + "\\Instance Names\\SQL\\SQLEXPRESS" );

path = path + "\\" + sqs + "\\MSSQLServer"

openReg(path)

function openReg(path) {

	// 既に regedit が実行中の場合はいったん終了させます
	Shell.ShellExecute( "taskkill.exe", "/fi \"imagename eq regedit.exe\"", "", "runas", 1 );

	// 1秒スリープ
	WScript.Sleep(1000);
	// WshShell.Run( "timeout /T 1", 0, true );

	// レジストリエディタが最後に開いていたキーの登録を行います
	var strPath = "Software\\Microsoft\\Windows\\CurrentVersion\\Applets\\Regedit\\LastKey";
	WshShell.RegWrite( "HKCU\\" + strPath, path, "REG_SZ" );

	// レジストリエディタを起動します
	WshShell.Run( "regedit.exe" )

}


別名が定義された場所を開くスクリプト
// レジストリ書き込み用
var WshShell = new ActiveXObject("WScript.Shell");
// 管理者権限実行用
var Shell = new ActiveXObject("Shell.Application");

var path = "HKEY_LOCAL_MACHINE\\SOFTWARE\\Microsoft\\MSSQLServer\\Client\\ConnectTo";

openReg(path)

function openReg(path) {

	// 既に regedit が実行中の場合はいったん終了させます
	Shell.ShellExecute( "taskkill.exe", "/fi \"imagename eq regedit.exe\"", "", "runas", 1 );

	// 1秒スリープ
	WScript.Sleep(1000);
	// WshShell.Run( "timeout /T 1", 0, true );

	// レジストリエディタが最後に開いていたキーの登録を行います
	var strPath = "Software\\Microsoft\\Windows\\CurrentVersion\\Applets\\Regedit\\LastKey";
	WshShell.RegWrite( "HKCU\\" + strPath, path, "REG_SZ" );

	// レジストリエディタを起動します
	WshShell.Run( "regedit.exe" )

}

SQL Server の別名定義用のソフトウェアが無い場合、ODBC ドライバの SQLServer の接続用構成の、クライアントの設定ボタンで確認あるいは定義してみて下さい。( ポートは 固定で 1433 を指定し、サーバ側も固定で 1433 を指定して ファイアウォールのポートを開きます  )



※ ODBC で接続を成功完了する必要があります


関連する Microsoft ドキュメント

SQL Server のバージョンとエディションを識別する方法


このページの PDF


posted by lightbox at 2020-02-11 11:25 | SQLExpress | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月09日


Windows ロゴキーを使ったショートカットの覚える優先順位



E xplorer
R un
S earch
D esktop

I : Windows の設定







画面の一部のスクリーン ショットを撮影する
※ ドラッグでデスクトップを切り取り

※ その後、画像編集するのならば mspaint か https://pixlr.com/x/


Windows ロゴ キー + Pause

コンピュータのプロパティを開く




Windows ロゴ キー + V

クリップボッドの履歴を表示する( 選択して使う )



※ 使用するという設定が必要ですが、以下のような UI です


▼ ON に設定する



Windows ロゴ キー + ピリオド



入力可能な場所で使用する事ができるようです。
※ 当然ですが、色がそのまま反映されるのはそのような対応がなされている場所です。

▼ 以下でお試し下さい

( 簡易オンラインエディタ / 一括選択タブ昨日あり )


Microsoft ドキュメント

Windows のキーボード ショートカット


このページの PDF




posted by lightbox at 2020-02-09 14:20 | Windows10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します
container 終わり



フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

CSS ドロップシャドウの参考デモ
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり