SQLの窓

2020年10月13日


HTML Application : JavaScript で新しい Excel の Book を作成する

JavaScript から Excel にアクセスする場合、『Quit メソッドを呼び出した後、Excel がシャットダウンしない』というバグがあるのでその対応を組み込んでいます



実行後に作成された Excel Book
<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<meta http-equiv="x-ua-compatible" content="ie=edge">
<meta charset="utf-8">
<meta content="width=device-width initial-scale=1.0 minimum-scale=1.0 maximum-scale=1.0 user-scalable=no" name="viewport">

<title>新しい Excel の Book を作成する</title>
<script src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/3.5.1/jquery.min.js"></script>
<link rel="stylesheet" href="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/twitter-bootstrap/4.5.2/css/bootstrap.min.css" integrity="sha512-MoRNloxbStBcD8z3M/2BmnT+rg4IsMxPkXaGh2zD6LGNNFE80W3onsAhRcMAMrSoyWL9xD7Ert0men7vR8LUZg==" crossorigin="anonymous" />

<style>
/* ****************************
 上下エリア
 フィットコントロール用
******************************/
html,body {
	height: 100%;
}
/* ****************************
 それぞれのエリアの特性
******************************/
/* 基本枠 */
body {
	margin: 0;
}
/* 上固定部分 */
#head {
	padding: 16px;
	display: block;
	margin: auto;
	width: 100%;							/* 幅 */
	height: 70px;							/* 高さ */
	background-color: #e0e0e0;
}
/* 下スクロール部分 */
#extend {
	padding: 4px 16px;
	display: block;
	margin: auto;
	width: calc( 100% - 3px );				/* 幅 */
	height: calc( 100% - 70px - 2px );		/* 高さ */
	border: solid 2px #c0c0c0;
	overflow: scroll;
}

</style>

<script>
// ****************************
// Excel.Application 用
// ****************************
var Excel = null;
var Book = null;
var Worksheet = null;
// 外部プログラムの実行用
var WshShell = new ActiveXObject("WScript.Shell");
var targetPath = WshShell.ExpandEnvironmentStrings("%TEMP%") + "\\新しいBook.xlsx";

// jQuery 用専用ロードイベント
$(function(){

	$("#filepath").text( targetPath );

	// ボタンのイベント
	$("#action").on("click", function(){

		// 実行確認
		if ( !confirm("新しいBook を作成してもよろしいですが?") ) {
			return;
		}
	
		// 複数の Excel 処理を対話で続ける時の為に Excel が null の時のみ作成する方法
		// ※ 今回は必ず実行後終了させるのでこの if 文は必要ありません
		if ( Excel == null ) {
			// ****************************
			// 基本オブジェクトを作成
			// ****************************
			Excel = new ActiveXObject("Excel.Application");
		}

		// ****************************
		// 表示( テストの時は表示 )
		// 完成した場合は false にしますが、
		// なんらかのエラーが起きた場合はタスクマネージャから Excel
		// を終了させる必要があります
		// ****************************
		Excel.Visible = true;

		// ****************************
		// 警告を出さないようにする
		// 使用すると上書きの警告が
		// 出なくなります
		// ****************************
		Excel.DisplayAlerts = false;

		// ****************************
		// ブック追加
		// ****************************
		Excel.Workbooks.Add();

		// ****************************
		// 追加したブックを取得
		// ※ 新規なのて 1 番目
		// ****************************
		Book = Excel.Workbooks( Excel.Workbooks.Count );

		// ****************************
		// 先頭シートを選択する
		// 少なくとも最初に一つシートが存在します
		// ****************************
		Worksheet = Book.Worksheets( 1 );

		// ****************************
		// シート名設定
		// ( アクティブなので直接 )
		// ****************************
		Worksheet.Name = "新しい情報";

		// ****************************
		// Add では 第二引数に指定した
		// オブジェクトのシートの直後に、
		// 新しいシートを追加します。
		// ****************************
		Book.Worksheets.Add(null,Worksheet);

		// ****************************
		// シート名設定
		// ( 2番目のシート )
		// ****************************
		Book.Worksheets(2).Name = "予備情報";

		// ****************************
		// 新しい情報 シートを選択
		// ****************************
		Book.Worksheets("新しい情報").Select();

		// ****************************
		// コード列を文字列に設定
		// ****************************
		Worksheet.Columns("A:A").Select();
		Excel.Selection.NumberFormatLocal = "@";
		Worksheet.Columns("D:D").Select();
		Excel.Selection.NumberFormatLocal = "@";
		Worksheet.Columns("J:J").Select();
		Excel.Selection.NumberFormatLocal = "@";

		// ****************************
		// テーブル情報をセルへセット
		// ****************************
		// タイトル部分の参照
		$("#tbl th").each(function(idx){
			Worksheet.Cells(1, idx+1) = $(this).text();
		});

		// 行一覧の参照
		$("#tbl tr").each(function(row){
			$(this).find("td").each(function(idx){
				Worksheet.Cells(row, idx+1) = $(this).text();
			});
		});

		// ****************************
		// セルをデータに合わせて
		// 整理して左上を選択
		// ****************************
		Worksheet.Columns("A:K").Select();
		Worksheet.Columns("A:K").EntireColumn.AutoFit();
		Worksheet.Range("A1").Select();

		// ****************************
		// 保存
		// 拡張子を .xls で保存するには
		// Call ExcelBook.SaveAs( FilePath, 56 ) とします
		// ****************************
		var filePath = $("#filepath").text();

		try {
			Book.SaveAs( filePath );
			Book.Close();
		}
		catch (e) {
			alert("Book.SaveAs でエラーが発生しました");

			console.dir(e);
			ExcelQuit();
			return;
		}

		// Excel の完全終了
		ExcelQuit();

		// ****************************
		// 終了確認
		// ****************************
		alert("処理が終了しました \n\n 保存したブックを開きます");

		// ****************************
		// Windows からの Excel 起動
		// ****************************
		WshShell.Run( "RunDLL32.EXE shell32.dll,ShellExec_RunDLL " + filePath );

	});

});

// ****************************
// JavaScript による
// Excel の完全終了処理
// ****************************
var idTmr = "";
function ExcelQuit() {
	Excel.Quit();
	Excel = null;
	idTmr = window.setTimeout("Cleanup();",1);
}
function Cleanup() {
	window.clearInterval(idTmr);
 	CollectGarbage();
}
</script>
</head>
<body>
	<div id="head">
		<input id="action" type="button" value="ブックの作成" class="btn btn-primary"> <span class="ml-5" id="filepath">c:\temp\新しいBook.xlsx</span>
	</div>

	<div id="extend">
		<table class="table table-striped">
		<tbody id="tbl">
			<tr><th>社員コード</th><th>氏名</th><th>フリガナ</th><th>所属</th><th>性別</th><th>作成日</th><th>更新日</th><th>給与</th><th>手当</th><th>管理者</th><th>生年月日</th></tr>
			
			<tr><td>0001</td><td>山田 太郎</td><td>ウラオカ トモヤ</td><td>0003</td><td>0</td><td>2005-09-12</td><td>2005-11-28</td><td>400000</td><td>9000</td><td>0001</td><td>2012/03/21</td></tr>
			<tr><td>0002</td><td>山村 洋代</td><td>ヤマムラ ヒロヨ</td><td>0003</td><td>1</td><td>2005-06-17</td><td>2005-09-18</td><td>300000</td><td></td><td>0001</td><td>2001/01/02</td></tr>
			<tr><td>0003</td><td>多岡 冬行</td><td>タオカ フユユキ</td><td>0002</td><td>0</td><td>2005-08-14</td><td>2005-11-14</td><td>250000</td><td></td><td>0001</td><td>2001/01/01</td></tr>
			<tr><td>0004</td><td>高田 冬美</td><td>タカタ フユミ</td><td>0003</td><td>1</td><td>2005-06-13</td><td>2005-10-05</td><td>250000</td><td></td><td>0001</td><td>2001/01/01</td></tr>
			<tr><td>0005</td><td>内高 友之</td><td>ウチタカ トモユキ</td><td>0003</td><td>0</td><td>2005-09-12</td><td>2005-11-10</td><td>150000</td><td></td><td></td><td>2001/01/01</td></tr>

		</tbody>
		</table>

	</div>

</body>
</html>


▼ 以下の設定を IE11 で行うと、拡張子を .html に変更して IE11 でも実行できます






このページの PDF



posted by lightbox at 2020-10-13 09:54 | HTA ( HTMLアプリケーション ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月11日


Java + Swing : JTable に CSV フォーマットのテキストファイルを読み込む

動作確認は、以下の環境で行っています
JDK11
✅ Visual Studio Code + Java Extension Pack
テキストファイルの入力は行毎に読み込む方法で、オーソドックスな以下のクラスを使います。 ✅ FileInputStream => InputStreamReader => BufferedReader キャラクタセットの設定は InputStreamReader で行い、読み込みは BufferedReader の readLine を使用したループ処理です
while ( null != (line_buffer = br.readLine() ) ) {
	// ループ処理
}
import java.awt.BorderLayout;
import java.awt.EventQueue;
import java.awt.event.ActionEvent;
import java.awt.event.ActionListener;
import java.io.BufferedReader;
import java.io.FileInputStream;
import java.io.InputStreamReader;

import javax.swing.JButton;
import javax.swing.JFrame;
import javax.swing.JPanel;
import javax.swing.JScrollPane;
import javax.swing.JTable;
import javax.swing.border.EmptyBorder;
import javax.swing.table.DefaultTableModel;
import javax.swing.table.TableColumn;

public class Main extends JFrame {

	private JPanel contentPane;
	private JTable table;
	private JPanel panel;

	public static void main(String[] args) {
		EventQueue.invokeLater(new Runnable() {
			public void run() {
				try {
					Main frame = new Main();
					frame.setVisible(true);
				} catch (Exception e) {
					e.printStackTrace();
				}
			}
		});
	}

	// コンストラクタ
	public Main() {

		setDefaultCloseOperation(JFrame.EXIT_ON_CLOSE);
		setBounds(100, 100, 1000, 700);
		contentPane = new JPanel();
		contentPane.setBorder(new EmptyBorder(5, 5, 5, 5));
		setContentPane(contentPane);

		// ボタン
		JButton btnNewButton = new JButton("読み込み");
		btnNewButton.setBounds(10, 10, 91, 21);
		btnNewButton.addActionListener(new ActionListener() {
			public void actionPerformed(ActionEvent e) {
				
				loadCsv();
				
			}
		});
		
		contentPane.setLayout(null);
		contentPane.add(btnNewButton);
		
		panel = new JPanel();
		panel.setBounds(12, 52, 960, 600);
		panel.setLayout(new BorderLayout(0, 0));
		contentPane.add(panel);
		
		table = new JTable() {

			@Override
			public boolean isCellEditable(int row, int column) {
				return false;
			}
			
		};

		JScrollPane scrollPane = new JScrollPane(table);
		panel.add(scrollPane);
		
		scrollPane.setVerticalScrollBarPolicy(
				JScrollPane.VERTICAL_SCROLLBAR_AS_NEEDED);
		scrollPane.setHorizontalScrollBarPolicy(
				JScrollPane.HORIZONTAL_SCROLLBAR_AS_NEEDED);

	}
	
	// ********************
	// 初期化
	// ********************
	private void reset() {

		DefaultTableModel dtm = (DefaultTableModel) table.getModel();
		dtm.setRowCount(0);
		
		int cols = table.getColumnCount();

		for( int i = cols-1; i >= 0; i-- ) {
			table.removeColumn((table.getColumnModel()).getColumn(i));
		}
		
		// データモデルも初期化
		dtm.setColumnCount(0);

	}
	// ********************
	// 行を全て削除
	// ********************
	private void clear(){
		DefaultTableModel dtm = (DefaultTableModel) table.getModel();
		dtm.setRowCount(0);
	}
	
	// ********************
	// CSV
	// ********************
	private void loadCsv(){
		
		reset();

		try {

			FileInputStream fis = new FileInputStream("c:\\app\\java20\\sample-10-12\\社員マスタ.csv");
			InputStreamReader isr = new InputStreamReader(fis, "MS932");
			BufferedReader br = new BufferedReader(isr);

			String line_buffer;
			String[] adata;
			int line_count = -1;
			while ( null != (line_buffer = br.readLine() ) ) {

				// カンマで分解
				adata = line_buffer.split(",");

				// 1行目はタイトル
				if ( line_count == -1 ) {
					int count = adata.length;
					// 先に全ての列を登録する必要があります
					for( int i = 0; i < count; i++) {
						String id = String.format("col%d", i);
						addColumn( table,  id );
					}
					// タイトル文字列の変更を行っています。
					// 変更しない場合は、タイトルは列を登録時の第二引数になります
					int i = 0;
					for( String value:  adata ) {
						String id = String.format("col%d", i++);
						setColumnTitle( table, id, value );
					}
				}
				// 2行目以降がデータ
				else {
					addRow(table);
					int i = 0;
					for( String value:  adata ) {
						setColumn( table, line_count, i++, value );
					}
				}

				line_count++;

			}
			
			br.close();
			isr.close();
			fis.close();
		}
		catch (Exception e) {
			e.printStackTrace();
		}
		
	}
	
	// ****************************
	// 列の追加	
	// ****************************
	private void addColumn(JTable table, String name) {
		DefaultTableModel dtm = (DefaultTableModel) table.getModel();
		dtm.addColumn(name);
	}
	// ****************************
	// 列のタイトル文字列変更
	// ****************************
	private void setColumnTitle(JTable table, String name,String title) {
		TableColumn tc1 = table.getColumn(name);
		 tc1.setHeaderValue(title);
		 tc1.setIdentifier(name);
	}
	// ****************************
	// 空の行追加
	// ****************************
	private void addRow(JTable table) {
		DefaultTableModel dtm = (DefaultTableModel) table.getModel();
		Object[] obj  = null;
		dtm.addRow(obj);
	}
	// ****************************
	// 指定カラムへデータをセット
	// ****************************
	private void setColumn(JTable table,int row,int col, String data) {
		table.setValueAt( data, row,  col  );
	}
	
}




posted by lightbox at 2020-10-11 21:21 | java : Swing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Python : shift_jis の3列の csv フォーマットのデータを ttk.Treeview に表示する



Python : ttk.Treeview で表形式を使用して環境変数の一覧表示 で作成した Treeview を利用しました

sample_textfile.py
# shift_jis の3列の csv フォーマットのデータを Treeview に表示する
#
from buill_grid import *

with open('cp932.txt', encoding='cp932') as fp:
	for line_buffer in fp:
		# 行末の改行を削除する
		line_buffer = line_buffer.rstrip("\n")
		print(line_buffer)
		# カンマで分割
		csv = line_buffer.split(",")
		print(csv)
		# Treeview にセット
		grid.insert("","end",values=(f"{csv[0]}",f"{csv[1]}", f"{csv[2]}"))

# ウインドウ開始
form.mainloop()

buill_grid.py
import tkinter as tk
import tkinter.ttk as ttk

# メインフォーム
form = tk.Tk()
form.title("タイトル")
form.geometry("800x600")

# ツリービュー(表)
grid = ttk.Treeview(form, show="headings")

# 列ID
grid["columns"] = ("A","B","C")

# 列幅
grid.column("A", width=150)
grid.column("B", width=150)
grid.column("C", width=150)

# タイトル
grid.heading("A", text="A")
grid.heading("B", text="B")
grid.heading("C", text="C")

# 位置指定して作成
grid.place(x=20, y=40, height=500)

# スクロールバーを同期させて form に配置
vsb = ttk.Scrollbar(form, orient="vertical", command=grid.yview)
vsb.place(x=20+450+3, y=40+3, height=500)
grid.configure(yscrollcommand=vsb.set)





posted by lightbox at 2020-10-11 19:41 | Python | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Python : ttk.Treeview で表形式を使用して環境変数の一覧表示



※ 列の ID は、視認性を上げる為に日本語の名称を使用しています。

import os
import tkinter as tk
import tkinter.ttk as ttk

# メインフォーム
form = tk.Tk()
form.title("タイトル")
form.geometry("800x600")

# ツリービュー(表)
grid = ttk.Treeview(form, show="headings")

# 列ID
grid["columns"] = ("番号","変数","値")

# 列幅
grid.column("番号", width=30)
grid.column("変数", width=150)
grid.column("値", width=500)

# タイトル
grid.heading("番号", text="")
grid.heading("変数", text="変数")
grid.heading("値", text="値")

# データ
i = 0
for k, v in os.environ.items():
	i = i + 1
	grid.insert("","end",values=(i,f"{k}", f"{v}"))

# 位置指定して作成
grid.place(x=20, y=40, height=500)

# スクロールバーを同期させて form に配置
vsb = ttk.Scrollbar(form, orient="vertical", command=grid.yview)
vsb.place(x=20+680+3, y=40+3, height=500)
grid.configure(yscrollcommand=vsb.set)


form.mainloop()

スクロールバー部分は、Stack OverFlow の『Python Treeview scrollbar』を参考にしています



posted by lightbox at 2020-10-11 00:11 | Python | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します
container 終わり



フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

CSS ドロップシャドウの参考デモ
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり