Wscript.Echo で止めない為に

WSH のテストをする場合エクスプローラからの起動が便利なわけですが、GUI を使用するとどうしても Wscript.exe が起動されて、デバッグの為に表示している Wscript.Echo が 実行毎にダイアログ表示になってしまいます。 これでは、ループ内で処理している場合等は悲惨な事になります。 そうならない為の関数です。

スクリプト自身から再度 Cscript.exe で実行させる

具体的には Cscript.exe で実行して無かった場合にコマンドプロンプトを開いて、そこから Cscript.exe で自分自身を実行させて、終了したら PAUSE します。( Wscript で実行されたスクリプトは終了させます ) ※ スクリプトへの引数は引継ぎます

サンプルコード( .vbs )

▼ 以下のコードでは、Crun 関数がその部分ですが、それを利用して『デスクトップのショートカットのアイコン情報』の一覧を表示しています。
Call Crun()

Set Shell = WScript.CreateObject( "Shell.Application" )
Set WshShell = WScript.CreateObject( "WScript.Shell" )

' デスクトップ
Set objFolder = Shell.NameSpace( 0 )

Set objFolderItems = objFolder.Items()
' 一覧の数
nCount = objFolderItems.Count

' デスクトップ一覧の列挙
For i = 0 to nCount - 1

	strPath = objFolderItems.Item(i).Path
	' パスをピリオドで分解
	aData  = Split( strPath, "." )
	' 配列の上限値より、一番右端にある拡張子を取得
	strTarget = aData( Ubound( aData ) )
	' 大文字に変換
	strTarget = Ucase( strTarget )

	' デスクトップのショートカットのアイコン情報を取得
	if strTarget = "LNK" then
		' ショートカットへのオブジェクト( 保存はしない )
		Set oShellLink = WshShell.CreateShortcut(strPath)
		strTarget = oShellLink.IconLocation
		' %変数名% で参照される環境変数を展開する
		strTarget = WshShell.ExpandEnvironmentStrings(strTarget)
		if strTarget = ",0" then
			' アイコンは、TargetPath の 0 番目のアイコンを使用
			Wscript.Echo oShellLink.TargetPath
		else
			' アイコンは、strTarget を , で分解して抽出
			Wscript.Echo strTarget
		end if
	end if

Next

' **********************************************************
' Cscript.exe で実行を強制
' Cscript.exe の実行終了後 pause で一時停止
' **********************************************************
Function Crun( )

	Dim str,WshShell

	' 実行中の WSH のフルパス
	str = WScript.FullName
	' 右から11文字取得
	str = Right( str, 11 )
	' 全て大文字に変更
	str = Ucase( str )
	' CSCRIPT.EXE でなければ処理を行う
	if str <> "CSCRIPT.EXE" then
		' 実行中の自分自身(スクリプト)のフルパスを取得
		str = WScript.ScriptFullName

		Set WshShell = CreateObject( "WScript.Shell" )

		' 実行中の自分自身(スクリプト)への引数を引き継ぐ為の文字列を作成
		strParam = " "
		For I = 0 to Wscript.Arguments.Count - 1
			if instr(Wscript.Arguments(I), " ") < 1 then
				strParam = strParam & Wscript.Arguments(I) & " "
			else
				strParam = strParam & Dd(Wscript.Arguments(I)) & " "
			end if
		Next
		' cscript.exe で実行しなおす為のコマンドラインを実行
		Call WshShell.Run( "cmd.exe /c cscript.exe " & Dd(str) & strParam & " & pause", 1 )
		' 実行中の自分自身(スクリプト)を終了
		WScript.Quit
	end if

End Function
' **********************************************************
' 文字列を " で囲む関数
' **********************************************************
Function Dd( strValue )

	Dd = """" & strValue & """"

End function


Microsoft のドキュメント

Shell.NameSpace method ShellSpecialFolderConstants(0はデスクトップ) Folder.Items method CreateShortcut メソッド ExpandEnvironmentStrings メソッド WshShortcut オブジェクト のプロパティ