SQLの窓

2020年01月09日


C# : System.Data.Odbc によるデータベースのテーブルからのデータ取得処理( サンプルの SQL は MySQL 用です )

スタンダードな C# から ODBC を使用した読み取り処理のテンプレートです。

▼ 以下のようなデータで実行

using System;
using System.Data.Odbc;

namespace MySQL1
{
	class Program
	{
		static void Main(string[] args)
		{
			// *******************************
			// 接続文字列作成
			// *******************************

			// 新しい OdbcConnectionStringBuilder オブジェクトを作成
			OdbcConnectionStringBuilder builder = new OdbcConnectionStringBuilder();

			// ドライバ文字列をセット ( 波型括弧{} は必要ありません ) 
			// 文字列を正確に取得するには、レジストリ : HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\ODBC\ODBCINST.INI
			builder.Driver = "MySQL ODBC 5.3 Unicode Driver";
			//builder.Driver = "MySQL ODBC 8.0 Unicode Driver";

			// 接続用のパラメータを追加
			builder.Add("server", "localhost");
			builder.Add("database", "lightbox");
			builder.Add("uid", "root");
			builder.Add("pwd", "");

			// 接続文字列の内容を確認
			Console.WriteLine(builder.ConnectionString);

			// 一旦停止
			Console.ReadLine();

			using (OdbcConnection myCon = new OdbcConnection())
			using (OdbcCommand myCommand = new OdbcCommand())
			{

				// *******************************
				// 接続
				// *******************************
				try
				{
					myCon.ConnectionString = builder.ConnectionString;
					myCon.Open();
				}
				catch (OdbcException ex)
				{
					Console.WriteLine("接続エラーです");

					string errorMessages = "";
					int i = 0;

					for (i = 0; i < ex.Errors.Count; i++)
					{
						errorMessages += $"Index #{i.ToString()}\r\nMessage: {ex.Errors[i].Message}\r\nNativeError: {ex.Errors[i].NativeError.ToString()}\r\nSource: {ex.Errors[i].Source}\r\nSQL: {ex.Errors[i].SQLState}\r\n";
					}

					Console.WriteLine(errorMessages);
					// 一旦停止
					Console.ReadLine();

					// アプリケーション終了
					return;
				}

				// *******************************
				// レコードセットを取得する為の SQL
				// ※ DATE_FORMAT は MySQL 用
				// *******************************
				string myQuery = "SELECT 社員マスタ.*,DATE_FORMAT(生年月日,'%Y-%m-%d') as 誕生日 from 社員マスタ";

				// 実行する為に必要な情報をセット
				myCommand.CommandText = myQuery;
				myCommand.Connection = myCon;

				// 実行後にレコードセットを取得する為のオブジェクトを作成
				// ( SQL の実行結果 )
				OdbcDataReader myReader = myCommand.ExecuteReader();

				// *******************************
				// 読み出し
				// Read メソッドは、行が存在する場合は true、
				// それ以外の場合は false を返します
				// *******************************
				while (myReader.Read())
				{
					string result = "";

					// 列定義は文字列
					result += $"{GetValue(myReader, "社員コード")} : ";
					result += $"{GetValue(myReader, "氏名")} : ";

					// 列定義は整数
					result += $"{GetValue(myReader, "給与")} : ";

					// 列定義は日付
					result += $"{GetValue(myReader, "作成日")} : ";
					result += $"{GetValue(myReader, "更新日")} : ";
					result += $"{GetValue(myReader, "生年月日")} : ";
					result += $"{GetValue(myReader, "誕生日")}";

					// 内容をコンソールに表示
					Console.WriteLine(result);

				}

				// リーダーを閉じる
				myReader.Close();

				// 接続を閉じる
				myCon.Close();
			}
			// 接続の終わり

			// 一旦停止
			Console.ReadLine();


		}

		// ********************************************************
		// 列データ取得
		//
		// 列データを文字列として取得しますが、NULL の場合は
		// 空文字列を返します
		// ********************************************************
		static string GetValue(OdbcDataReader myReader, string strName)
		{

			string ret = "";
			int fld = 0;

			// 指定された列名より、テーブル内での定義順序番号を取得
			fld = myReader.GetOrdinal(strName);
			// 定義順序番号より、NULL かどうかをチェック
			if (myReader.IsDBNull(fld))
			{
				ret = "";
			}
			else
			{
				// NULL でなければ内容をオブジェクトとして取りだして文字列化する
				ret = myReader.GetValue(fld).ToString();
			}

			// 列の値を返す
			return ret;

		}
	}
}


実行結果




関連する Microsoft ドキュメント

OdbcConnectionStringBuilder クラス
OdbcConnection クラス
OdbcCommand クラス
OdbcDataReader クラス



このページの PDF


posted by lightbox at 2020-01-09 14:19 | Pleiades | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
container 終わり



フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

CSS ドロップシャドウの参考デモ
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり