SQLの窓

2020年01月20日


XAMPP 内 Tomcat Version 7 の設定と簡単な実行テスト

XAMPP は、"C:\xampp" にインストールされているとします。

1) "C:\xampp\tomcat\conf\web.xml" の変更
<servlet>
    <servlet-name>jsp</servlet-name>
    <servlet-class>org.apache.jasper.servlet.JspServlet</servlet-class>
    <init-param>
        <param-name>fork</param-name>
        <param-value>false</param-value>
    </init-param>
    <init-param>
        <param-name>xpoweredBy</param-name>
        <param-value>false</param-value>
    </init-param>
    <init-param>
        <param-name>trimSpaces</param-name>
        <param-value>true</param-value>
    </init-param>
    <load-on-startup>3</load-on-startup>
</servlet>


※ trimSpaces を true にする事によって無駄な改行を省く事ができます( 強調部分を追加です )
<servlet>
    <servlet-name>default</servlet-name>
    <servlet-class>org.apache.catalina.servlets.DefaultServlet</servlet-class>
    <init-param>
        <param-name>debug</param-name>
        <param-value>0</param-value>
    </init-param>
    <init-param>
        <param-name>listings</param-name>
        <param-value>true</param-value>
    </init-param>
    <load-on-startup>1</load-on-startup>
</servlet>


※ この設定で、その仮想フォルダのファイルの一覧を表示可能にします

2) "C:\xampp\tomcat\conf\server.xml" の変更
※ Tomcat7 のみ。Tomcat8 以降は必要ありません
<Connector
	port="8080"
	protocol="HTTP/1.1"
	connectionTimeout="20000"
	redirectPort="8443"
	useBodyEncodingForURI="true" />


※ 本文が UTF-8 で記述するという前提のお話です。( 8080 で検索してコメントでないエントリに追加 )

3) ソースコードを配置する場所の定義

※ "C:\xampp\tomcat\conf\Catalina\localhost" に以下のファイルを作成します。
※ ソースコードを "C:\user\lightbox\tomcat" に lightbox.xml として作成するとします
<Context
	displayName="Web Application Home"
	docBase="C:\user\lightbox\tomcat"
	path="/lightbox"
	reloadable="true"
	useNaming="false">
</Context>

▼ 以下サンプルです
web-001.jsp
<%@ page
	language="java"
	contentType="text/html;charset=utf-8" %>
<%!
// *********************************************************
// ローカル関数
// *********************************************************
public String printFor( int count ) {

	String ret = "";

	for( int i = 0; i < count; i++ ) {
		ret += String.format( "%d<br>", i+1 );
	}

	return ret;
}
%>
<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<meta content="width=device-width initial-scale=1.0 minimum-scale=1.0 maximum-scale=1.0 user-scalable=no" name="viewport">
<meta charset="UTF-8">
<link rel="stylesheet" href="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/twitter-bootstrap/4.1.1/css/bootstrap.css">

<style>
#main {
	padding: 30px;
	font-size: 24px;
}

</style>
</head>
<body>
<div id="main">

<% 
out.println( printFor(15) ); 
%>

</div>
</body>
</html>




このページの PDF



posted by lightbox at 2020-01-20 13:50 | java : JSP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
container 終わり



フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

CSS ドロップシャドウの参考デモ
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり