SQLの窓

2011年08月12日


VBS : My Documents フォルダのような、特殊フォルダのサイズを取得する

以下のリンク先は英文ですが、Shell オブジェクトで利用する特殊フォルダのコード一覧です。
ShellSpecialFolderConstants Enumeration (Windows)

通常のファイルでは、Shell オブジェクトは必要ありません。FileSystemObject
に直接パスを渡してサイズを取得する事ができます。
Const MY_DOCUMENTS = &H5
 
Set objFSO = CreateObject("Scripting.FileSystemObject") 
Set objShell = CreateObject("Shell.Application") 
 
Set objFolder = objShell.Namespace(MY_DOCUMENTS) 
Set objFolderItem = objFolder.Self 
strPath = objFolderItem.Path 
 
Set objFolder = objFSO.GetFolder(strPath) 
Wscript.Echo objFolder.Size 
Hey, Scripting Guy!
My Documents フォルダのサイズを判断する方法はありますか


posted by lightbox at 2011-08-12 09:23 | VBS + オブジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月29日


VBScript : ネイティブ SHA1、MD5、SHA256 変換

Microsoft ドキュメント

HashedData Object (Windows)

関連する記事

VBScript : ネイティブ Base64 エンコード
Set CAPIUtil = CreateObject( "CAPICOM.Utilities" )
Set HashedData = CreateObject( "CAPICOM.HashedData" )
Set Stream = Wscript.CreateObject("ADODB.Stream")
Set StreamBin = Wscript.CreateObject("ADODB.Stream")

'***********************************************************
' データ準備4
'***********************************************************
Stream.Open
Stream.Charset = "shift_jis"
' shift_jis で入力文字を書き込む
Stream.WriteText "日本語表示OK"
Stream.Position = 0

' バイナリで開く
StreamBin.Open
StreamBin.Type = 1

' テキストをバイナリに変換
Stream.CopyTo StreamBin
Stream.Close

' 読み込みの為にデータポインタを先頭にセット
StreamBin.Position = 0

strBinaryString = CAPIUtil.ByteArrayToBinaryString( StreamBin.Read )

'***********************************************************
' SHA1 と MD5 と SHA256
'***********************************************************
' SHA1
HashedData.Algorithm = 0
HashedData.Hash(strBinaryString)

MsgBox(LCase(HashedData.Value))

' MD5
HashedData.Algorithm = 3
HashedData.Hash(strBinaryString)

MsgBox(LCase(HashedData.Value))

' SHA256
HashedData.Algorithm = 4
HashedData.Hash(strBinaryString)

MsgBox(LCase(HashedData.Value))




Set CAPIUtil = CreateObject( "CAPICOM.Utilities" )
Set HashedData = CreateObject( "CAPICOM.HashedData" )
Set Stream = Wscript.CreateObject("ADODB.Stream")
Set StreamBin = Wscript.CreateObject("ADODB.Stream")

'***********************************************************
' データ準備4
'***********************************************************
Stream.Open
Stream.Charset = "shift_jis"
' shift_jis で入力文字を書き込む
Stream.WriteText "日本語表示OK"
Stream.Position = 0

' バイナリで開く
StreamBin.Open
StreamBin.Type = 1

' テキストをバイナリに変換
Stream.CopyTo StreamBin
Stream.Close

' 読み込みの為にデータポインタを先頭にセット
StreamBin.Position = 0

strBinaryString = CAPIUtil.ByteArrayToBinaryString( StreamBin.Read )

Dim strTarget
'***********************************************************
' SHA512
' https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=3207
' https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows/desktop/seccrypto/capicom-hash-algorithm
' C:\Windows\Syswow64\cscript.exe で実行
'***********************************************************
' SHA512
strTarget = strBinaryString
HashedData.Algorithm = 6
HashedData.Hash(strTarget)

MsgBox(LCase(HashedData.Value))





posted by lightbox at 2010-05-29 21:12 | VBS + オブジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します
container 終わり



フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

CSS ドロップシャドウの参考デモ
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり