SQLの窓

2014年05月01日


Flash Playerに危険な脆弱性( またかというかこっちもか )。13.0.0.206 である事を確認しましょう。

米アドビシステムズは米国時間2014年4月28日、「Flash Player」に危険な脆弱性が見つかったとして注意を呼びかけた。
IE に追い討ちかけるような内容です。自分は、Google Chrome の内臓 Flash しか使用していないので、『C:\Program Files\Google\Chrome\Application\34.0.1847.131\PepperFlash』の中の manifest.json で、pepflashplayer.dll が 13.0.0.206 である事を確認しました。 ブラウザ上の Flash から 右クリックから確認してもいいです。 とにかくこういう事が起きる毎に、複数のブラウザのメンテするのが大変なので、Flash と PDF Viewer は Google Chrome 内臓のものしか使っていません。今回、本体の更新無しに、Flash は更新されていたようなので、とても安心しました。 ただ、更新日付が『2014‎年‎4‎月‎24‎日』なので、公式発表より4日も前です。当然ソフトウェアの対応が終わってからの発表だと思われますが、内臓のほうが速く対応されたのだろうか・・・と比べる対象が無いので良くわかりませんが、Google Chrome という立ち位置からすると、このへんは格段に IE から優位である気がします。 特に今回のような IE の不始末と同時期だけに。 関連する記事 IE の不始末の回避策( IEの深刻なゼロデイ脆弱性 ) 関連する記事


posted by lightbox at 2014-05-01 19:51 | WEBブラウザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月23日


デベロッパーツールを使用してクッキーの一覧を表示する

現在、どのブラウザのデベロッパーツール( 開発者ツール ) も高性能でオブジェクトの一覧を表示できます。以下のコードを、それぞれの複数行モードで実行すると、_data 内の一覧として見る事ができます。
console.clear();
var _data = {};
var _target = new Array();
var _arr = document.cookie.split(";");
for ( var _i = 0; _i < _arr.length; _i++ ) {
	var _x = _arr[_i].split("=");
	if ( _x.length >= 1 ) {
		_target.push(_x[0].replace(/\s/g,""))
	}
}
for(var _i = 0; _i < _arr.length; _i++) {
	var c = _arr[_i];
	while (c.charAt(0)==' ') c = c.substring(1,c.length);
	if (c.indexOf(_target[_i]+'=') == 0) _data[_target[_i]] = c.substring((_target[_i]+'=').length,c.length);
}
console.dir(_data);


posted by lightbox at 2014-03-23 00:50 | WEBブラウザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月26日


Seesaa ブログの『保存ボタンが表示されない』

どうも、Google Chrome でたまーーに起こるようなのですが、キャッシュの削除で復帰されました。

いずれにしても、ブラウザの不可思議なトラブルは『キャッシュの削除』が望ましいです。Google Chrome も、Firefox も、IE も、『CTRL+SHIFT+DEL』でショートカットで削除画面が表示されます。

ところで、最近 Google Chrome ではキャッシュの実装がいろいろ変化があるような気がします。開発者ツールを表示している時だけ強制的にキャッシュを使用しない、というオプションがあり、実際それをしないと WEB アプリが不思議な動作をする場合があります。

どうしても、キャッシュを削除したく無い場合は、そちらを使うといいかもしれません。




タグ:トラブル
posted by lightbox at 2013-10-26 17:48 | WEBブラウザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月04日


Firefox のみのレイアウトトラブル / float:left と line-height

この、『logical error』で起こってました。普段 Google Chrome を使用しているので、相当気が付くのが遅れました。全く logical では無いので恥ずかしい限りです。

Google Chrome と、IE10 では起こっていません。ですから、ブラウザのデフォルトの振る舞いの違いだと思われます。特に、line-height では解りやすいのですぐ正しく修正しましたが、レイアウトが下へ伸びるはずなのに、右へ回り込んでいるのは少し悩みました。

プログラマなんで、float:left やら float:right は苦手なんで、極力使わないようにしているのですが、ブログの初期テンプレートを引きずっていて存在そのものを忘れていました。

よって、clear:left を直前に <br style='clear:left;'> のように挿入しました。

ここで起こった事なので、直接変更せずにページのソースをダウンロードしてローカルのサーバーから見えるところに置いて、広告コードを外してリロードして再現する事を確認。

その後予想される問題を訂正して正しく表示された事を確認してから、Seesaa のデザインを変更して結果を確認。念のため、『設定』から『ブログ設定』で『最新の情報に更新』を実行です。



posted by lightbox at 2013-10-04 16:46 | WEBブラウザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月22日


ブラウザ毎の「開発者ツール」の起動と知っておくべき要点

重要な要点
IE 以外では、右クリックから「要素の調査」というような同様の意味のメニューで起動できます
IE と Google Chrome と Firfox では、F12 で起動できます。
IE のみ ツール内で dir( document ) と言った直接記述ができません。他のブラウザは可能です。
※ 参考
Chrome : Command Line API Reference / Chrome : Console API Reference
Google Chrome のコンソールのクリアは、エリアの端を右クリックすると必ず表示されます
Windows Safari は、Canvas でアニメーションしていると、ツール内が全く動きません( 使えません )
Google Chrome と Firefox と Safari では、copy(document.body.innerHTML) というようなクリップボードへコピーするコマンドがあります
IE にはカラーピッカーが付属し、JavaScript整形が可能です。また、『cd() - 現在のウィンドウを出力します。cd(myframe) - 式の評価を id = "myframe" のサンプル フレームに切り替えます。』というような、フレーム移動コマンドがあります
Google Chrome ではリストからフレームを選択してカレントのウインドウにする事ができます

IE8、IE9、IE10 / (開発者ツール)

起動は F12 です

画像は IE10 ですが、IE では、F12 で起動します。
IE8、IE9では、開発者ツールを起動しないと、console.log 等の専用コマンドを実行するとエラーになるので ページの JavaScript で console.log 等のコマンドを実行する時は、try {} catch(e){} で実行する必要があります。IE10 ではその問題は修正されたようです




Firefox ( Firebug )

起動は F12 です

IE 以外では、右クリックから「要素の調査」というような同様の意味のメニューで各プラウザは起動できるようになっています



当然ですが、Firefox では Firebug です。ですから、アドオンとしてインストールが必要になります。Firebug の console.dir が一番結果を解析しやすく、使いやすいです。( IE は IE9 以降で使えます )




Google Chrome ( デベロッパーツール )

起動は F12 または CTRL + SHIFT + I です

IE 以外では、右クリックから「要素の調査」というような同様の意味のメニューで各プラウザは起動できるようになっています






Opera ( ドラゴンフライ )

起動は CTRL + SHIFT + I です

IE 以外では、右クリックから「要素の調査」というような同様の意味のメニューで各プラウザは起動できるようになっています






Safari ( WEB インスペクタ )

起動は CTRL + ALT + I です

IE 以外では、右クリックから「要素の調査」というような同様の意味のメニューで各プラウザは起動できるようになっています



メニューから実行したい場合は、設定で「開発メニュー」を表示するようにします






更新履歴
2011-07-27 : 初回投稿
2013-03-16 : IE10 リリースに伴う変更
2013-03-22 : 重要な要点 ❽ ( Chrome のフレーム選択機能 ) を追加



posted by lightbox at 2013-03-22 00:32 | WEBブラウザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月06日


ブラウザ別『ソース』の表示

IE

IE では、右クリックからソースの表示をするのが通常ですが、それはカーソルのある部分がフレームの場合、フレームのソースを表示してくれるからです。トップウインドウのソースが必要な場合は、CTRL+U をタイプするといいと思います。

IE9 以降では、ソースを表示するビュアーを F12 で表示する『開発者ツール』のファイルメニューから設定する事ができます。それより前でも、レジストリに登録されるので、レジストリを直接変更する事で使いなれたエディタで見る事ができまます

※ IE11 から、開発者ツールでソース表示のビュアーを変更できません

IE11のソースエディタの変更

IE ソースエディタのレジストリを開くスクリプト
( 対象エントリが無い場合は開きません )


CTRL + U で表示されるブラウザ

IE11 と Google Chrome と Firefox と Opera がこのショートカットキーを使っています。Safariは何故か、CTRL+ALT+U です。IE は直接でき無く、いったんメニューのショートカットキーを使ってからメニューの中のショートカットキーを使います


外部ビュアーを利用できるブラウザ

IE と、Firefox と、Opera が利用できますが、通常の設定で可能なのは Opera のみです。IE は、IE8 以降で開発者ツールから設定できますが、それより前はレジストリを直接設定する必要がありました(IE11 以降で再度レジストリを変更するようになりました)。Firefox は、about:config から、view_source.editor.externalview_source.editor.path を設定します。( アドオン等で設定する事も可能です )

※ Opera の設定場所


Configuration Mania :: Add-ons for Firefox



Chrome のビュアーは拡張仕様?

F12のデベロッパーツールでビュアーそのものを見る事ができますが、普通に TABLE 要素で作られていました。





posted by lightbox at 2012-02-06 12:28 | WEBブラウザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します
container 終わり



フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

CSS ドロップシャドウの参考デモ
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり