SQLの窓

2014年06月07日


TCPDF の定数と tcpdf_config.php

インターネット上の英文マニュアルはこちらです。

この内容は、実際には 『tcpdf\config\tcpdf_config.php』に定義されています。ですが、examples で利用されているのは、『tcpdf\examples\config\tcpdf_config_alt.php』で、内容はヘッダ部分のロゴ用の定数や画像フォルダの位置が値として定義されています( tcpdf_config.php では定数記述はありますが、コメントになっています )

tcpdf_config_alt.php
/**
 * Default images directory.
 * By default it is automatically set but you can also set it as a fixed string to improve performances.
 */
define ('K_PATH_IMAGES', dirname(__FILE__).'/../images/');

/**
 * Deafult image logo used be the default Header() method.
 * Please set here your own logo or an empty string to disable it.
 */
define ('PDF_HEADER_LOGO', 'tcpdf_logo.jpg');

/**
 * Header logo image width in user units.
 */
define ('PDF_HEADER_LOGO_WIDTH', 30);

/**
 * Cache directory for temporary files (full path).
 */
define ('K_PATH_CACHE', sys_get_temp_dir().'/');

定数はシステムの環境によって、差し替えてカスタマイズして利用するという事が想定されています。
K_BLANK_IMAGE _blank.png
PDF_PAGE_FORMAT A4
PDF_PAGE_ORIENTATION P
PDF_UNIT mm
PDF_MARGIN_HEADER 5
PDF_MARGIN_FOOTER 10
PDF_MARGIN_TOP 27
PDF_MARGIN_BOTTOM 25
PDF_MARGIN_LEFT 15
PDF_MARGIN_RIGHT 15
PDF_FONT_NAME_MAIN helvetica
PDF_FONT_SIZE_MAIN 10
PDF_FONT_NAME_DATA helvetica
PDF_FONT_SIZE_DATA 8
PDF_FONT_MONOSPACED courier
PDF_IMAGE_SCALE_RATIO 1.25
HEAD_MAGNIFICATION 1.1
K_CELL_HEIGHT_RATIO 1.25
K_TITLE_MAGNIFICATION 1.3
K_SMALL_RATIO 2/3
K_THAI_TOPCHARS true
K_TCPDF_CALLS_IN_HTML true
K_TCPDF_THROW_EXCEPTION_ERROR false



タグ:PHP TCPDF
posted by lightbox at 2014-06-07 22:10 | PHP + PDF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月23日


TCPDF で非埋め込み型として『メイリオ』を使う手順

1) コマンドブロンプトで、C:\Windows\Fonts に入る


2) COPY コマンドで、meiryo.ttc を適当な場所へコピーする


3) UniteTTC をダウンロードして、UniteTTC.exe meiryo.ttc を実行する


4) 4つに分解されますが、meiryo001.TTF が通常の メイリオなので meiryo001.ttf に変更( 全て小文字 )
5) TCPDF の tools フォルダに meiryo001.ttf を移動

6) c:\php\php.exe tcpdf_addfont.php -t CID0JP -i meiryo001.ttf を実行
( c:\php\php.exe は 通常の Windows 用 コマンドプロンプト用 PHP )

7) "インストールフォルダ\tcpdf_6_0_080\tcpdf\fonts\meiryo001.php" が作成される
( ここでのテストは tcpdf_6_0_080 )
8) サンプルの example_038.php の $pdf->SetFont('cid0jp', '', 40); を $pdf->SetFont('meiryo001', '', 40); に変更
9) 実行


※ Excel で表示して書体を比較しています

meiryo001.php の先頭は以下のようにっていて、書体名は Meiryo となっています
<?php
// TCPDF FONT FILE DESCRIPTION
$type='cidfont0';
$name='Meiryo';
$up=-100;
$ut=50;
$dw=1000;
$diff='';
$originalsize=8594960;
// Japanese
$enc='UniJIS-UTF16-H';
$cidinfo=array('Registry'=>'Adobe', 'Ordering'=>'Japan1','Supplement'=>5);
include(dirname(__FILE__).'/uni2cid_aj16.php');


関連する記事
posted by lightbox at 2014-05-23 03:02 | PHP + PDF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します
container 終わり



フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

CSS ドロップシャドウの参考デモ
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり