SQLの窓

2017年10月29日


C# : Microsoft Access のテーブルとビューの一覧と任意の SQL を実行するテンプレート

Visual Studio 2012 で作成しています。
(C:\Users\ユーザ\Documents\Visual Studio 2012\Templates\ProjectTemplates に保存します)





Access を参照すると、テーブル一覧とビュー一覧が表示され、テーブルまたはビューをダブルクリックすると、行を表示するテンプレートです。

システムテーブル表示をチェックすると、Access のシステムテーブルを表示しますが、ユーザと権限の管理でシステムテーブルへのアクセス権限が設定できるのは、.mdb ファイルのみになります。

サンプルデータ / 販売管理C.accdb と 販売管理C.mdb



以下はシステムテーブルを表示したものですが、表示できないデータは x となっています。



using System;
using System.Collections.Generic;
using System.ComponentModel;
using System.Data;
using System.Data.OleDb;
using System.Drawing;
using System.Linq;
using System.Text;
using System.Threading.Tasks;
using System.Windows.Forms;

namespace SqlUnitAccess2 {
	public partial class Form1 : Form {

		// ファイル選択用
		private OpenFileDialog ofd = new OpenFileDialog();

		// *********************
		// コンストラクタ
		// *********************
		public Form1() {
			InitializeComponent();
		}

		// *********************
		// 画面初期処理
		// *********************
		private void Form1_Load(object sender, EventArgs e) {

			// *********************
			// タイトル表示変更
			// *********************
			this.Text = "SqlUnitAccess";

		}

		// *********************
		// 参照ボタン
		// *********************
		private void ref_Click(object sender, EventArgs e) {

			// *********************
			// ファイル選択
			// *********************
			ofd.Filter = "Access(*.mdb;*.accdb)|*.mdb;*.accdb|すべてのファイル(*.*)|*.*";
			ofd.FilterIndex = 1;
			ofd.Title = "Access データベースを選択してください";
			ofd.RestoreDirectory = true;

			if (ofd.ShowDialog() != DialogResult.OK) {
				return;
			}

			// *********************
			// タイトル表示変更
			// *********************
			this.Text = ofd.FileName;

			// *********************
			// テーブル一覧表示
			// *********************
			loadTables(ofd.FileName);

		}

		// *********************
		// 実行ボタン
		// *********************
		private void action_Click(object sender, EventArgs e) {

			string sql = textBox1.Text;
			// *********************
			// select 実行
			// *********************
			executeReader(ofd.FileName, sql);

		}

		// *********************
		// テーブル一覧ダブルクリック
		// ( CellDoubleClick )
		// *********************
		private void tabel_Select(object sender, DataGridViewCellEventArgs e) {

			// *********************
			// table 名取得
			// *********************
			string value = dataGridTables.Rows[e.RowIndex].Cells[0].Value.ToString();
			textBox1.Text = "select * from " + value;

			// *********************
			// select 実行
			// *********************
			executeReader(ofd.FileName, textBox1.Text);

		}

		// *********************
		// テーブル一覧表示
		// *********************
		private void loadTables(string path) {

			dataGridSelect.DataSource = null;

			using (OleDbConnection myCon = new OleDbConnection()) {

				// *********************
				// 接続文字列の作成
				// *********************
				myCon.ConnectionString = string.Format("Provider=Microsoft.ACE.OLEDB.12.0;Data Source={0};", path);

				// *********************
				// 接続
				// *********************
				try {
					// 接続文字列を使用して接続
					myCon.Open();
				}
				catch (Exception ex) {
					MessageBox.Show(this, ex.Message);
					return;
				}

				DataTable dataTable = null;
				if (checkBoxSysTable.Checked) {
					// *********************
					// 全て
					// *********************
					dataTable = myCon.GetOleDbSchemaTable(
						OleDbSchemaGuid.Tables,
						new object[] { null, null, null, null }
					);
				}
				else {
					// *********************
					// TABLE と VIEW をマージ
					// *********************
					dataTable = myCon.GetOleDbSchemaTable(
						OleDbSchemaGuid.Tables,
						new object[] { null, null, null, "TABLE" }
					);
					DataTable dataTable2 = myCon.GetOleDbSchemaTable(
						OleDbSchemaGuid.Tables,
						new object[] { null, null, null, "VIEW" }
					);
					dataTable.Merge(dataTable2);
				}

				// 表示しない列は削除
				dataTable.Columns.Remove("TABLE_CATALOG");
				dataTable.Columns.Remove("TABLE_SCHEMA");
				//dataTable.Columns.Remove("TABLE_TYPE");
				dataTable.Columns.Remove("TABLE_GUID");
				dataTable.Columns.Remove("DESCRIPTION");
				dataTable.Columns.Remove("TABLE_PROPID");
				dataTable.Columns.Remove("DATE_CREATED");
				dataTable.Columns.Remove("DATE_MODIFIED");

				// 表示
				dataGridTables.DataSource = dataTable;

				// 接続解除
				myCon.Close();
			}

			// カラム幅の自動調整
			dataGridSelect.AutoResizeColumns();
		}

		// *********************
		// select 実行
		// *********************
		private void executeReader(string path, string sql) {

			using (OleDbConnection myCon = new OleDbConnection())
			using (OleDbCommand myCommand = new OleDbCommand()) {

				// *********************
				// 接続文字列の作成
				// *********************
				myCon.ConnectionString = string.Format("Provider=Microsoft.ACE.OLEDB.12.0;Data Source={0};", path);

				// *********************
				// 接続
				// *********************
				try {
					// 接続文字列を使用して接続
					myCon.Open();
					// コマンドオブジェクトに接続をセット
					myCommand.Connection = myCon;
					// コマンドを通常 SQL用に変更
					myCommand.CommandType = System.Data.CommandType.Text;
				}
				catch (Exception ex) {
					MessageBox.Show(this, ex.Message);
					return;
				}

				// *********************
				// 実行 SQL
				// *********************
				myCommand.CommandText = sql;

				// *********************
				// レコードセット取得
				// *********************
				try {
					using (OleDbDataReader myReader = myCommand.ExecuteReader()) {

						DataTable dataTable = new DataTable();
						dataTable.Load(myReader);
						dataGridSelect.DataSource = dataTable;

						// リーダを使い終わったので閉じる
						myReader.Close();
					}
				}
				catch (Exception ex) {
					myCon.Close();
					MessageBox.Show(this, ex.Message);
					return;
				}

				// 接続解除
				myCon.Close();

			}

			// カラム幅の自動調整
			dataGridSelect.AutoResizeColumns();
		}

		// *********************
		// システム表の表示エラー対応
		// *********************
		private void dataGridSelect_DataError(object sender, DataGridViewDataErrorEventArgs e) {

		}


	}
}




posted by lightbox at 2017-10-29 02:24 | VS(C#) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月03日


C# でDXライブラリを使って簡単なシューティング部分を作るサンプル

とても久しぶりに DXライブラリ を覗いてみたら、とても現役で利用されているようなのでVisualC# 用パッケージをダウンロードして、シューティング部分を実装してみました。

C++ で作成したのは、2006年なので、もう11年経ってますが、更新履歴を見たらずっと途切れなくあったので、凄いなぁと感心するばかりです。

ダウンロードしたサンプルは VisualStudio2015 とありますが、手元の VisualStudio2013 で動作しています。まあ、DLL 読んで使ってるだけだから、動くはずですけれど。

以下は Program.cs の中そのままです。
using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Linq;
using System.Threading.Tasks;
using System.Windows.Forms;
using DxLibDLL;

namespace VisualStudio2015
{
	static class Program
	{
		const int SHOT_STRAIGHT = 0;
		const int SHOT_LEFT = 1;
		/// <summary>
		/// アプリケーションのメイン エントリ ポイントです。
		/// </summary>
		[STAThread]
		static void Main()
		{
			// ウインドウモードで起動( コメントにするとフルスクリーン )
			DX.ChangeWindowMode(DX.TRUE);

			// DXライブラリの初期化
			if (DX.DxLib_Init() < 0)
			{
				return;
			}

			// 描画先を裏画面に変更
			DX.SetDrawScreen(DX.DX_SCREEN_BACK);

			// 画像の読み込み
			int GraphHandle = DX.LoadGraph("play.bmp");
			// 画像の縦横サイズ
			int gsize = 64;

			// 弾の存在フラグ等の属性を持つクラス
			Shot[] shot = { new Shot(), new Shot() };

			// 初期位置
			int x = 300, y = 400;

			// メインループ
			while (DX.ProcessMessage() != -1)
			{
				// ESC で終了
				if (DX.CheckHitKey(DX.KEY_INPUT_ESCAPE) == 1) {
					break;
				}

				// 右矢印キー
				if (DX.CheckHitKey(DX.KEY_INPUT_RIGHT) == 1) {
					x += 3;
					if (x + gsize > 640) {
						x = 640 - gsize;
					}
				}
				// 左矢印キー
				if (DX.CheckHitKey(DX.KEY_INPUT_LEFT) == 1) {
					x -= 3;
					if (x < 0) {
						x = 0;
					}
				}

				// スペースキー
				if (shot[SHOT_STRAIGHT].exist == 0) {
					if (DX.CheckHitKey(DX.KEY_INPUT_SPACE) == 1) {
						shot[SHOT_STRAIGHT].exist = 1;
						shot[SHOT_STRAIGHT].x = x;
						shot[SHOT_STRAIGHT].y = y;
					}
				}
				// Zキー
				if (shot[SHOT_LEFT].exist == 0) {
					if (DX.CheckHitKey(DX.KEY_INPUT_Z) == 1) {
						shot[SHOT_LEFT].exist = 1;
						shot[SHOT_LEFT].x = x;
						shot[SHOT_LEFT].y = y;
					}
				}

				// 画面をクリア
				DX.ClearDrawScreen();

				// プレイヤーを描画
				DX.DrawGraph(x, y, GraphHandle, DX.TRUE);

				// 弾1を描画
				if (shot[SHOT_STRAIGHT].exist == 1) {
					shot[SHOT_STRAIGHT].y -= 8;
					if (shot[SHOT_STRAIGHT].y < 0 - gsize) {
						shot[SHOT_STRAIGHT].exist = 0;
					}
				}
				if (shot[SHOT_STRAIGHT].exist == 1) {
					DX.DrawGraph(shot[SHOT_STRAIGHT].x, shot[SHOT_STRAIGHT].y, GraphHandle, DX.TRUE);
				}

				// 弾2を描画
				if (shot[SHOT_LEFT].exist == 1) {
					shot[SHOT_LEFT].y -= 8;
					if (shot[SHOT_LEFT].y < 0 - gsize) {
						shot[SHOT_LEFT].exist = 0;
						// 方向を左へリセット
						shot[SHOT_LEFT].direction = 0;
					}
					else {
						if (shot[SHOT_LEFT].direction == 0) {
							shot[SHOT_LEFT].x -= 8;
						}
						if (shot[SHOT_LEFT].direction == 1) {
							shot[SHOT_LEFT].x += 8;
						}
						if (shot[SHOT_LEFT].x < 0) {
							shot[SHOT_LEFT].direction = 1;
						}
						if (shot[SHOT_LEFT].x > 640 - gsize) {
							shot[SHOT_LEFT].direction = 0;
						}
					}
				}
				if (shot[SHOT_LEFT].exist == 1) {
					DX.DrawGraph(shot[SHOT_LEFT].x, shot[SHOT_LEFT].y, GraphHandle, DX.TRUE);
				}


				// 裏画面の内容を表画面に反映する
				DX.ScreenFlip();
			}

			// DXライブラリの後始末
			DX.DxLib_End();
		}

		private class Shot {

			public Shot() {
				this.exist = 0;
				this.direction = 0;
			}

			public int exist { get; set; }
			public int x { get; set; }
			public int y { get; set; }
			public int direction { get; set; }
		}
	}
}

play.bmp は適当に背景透過で 64x64 のサイズのものを使って下さい。元々のサンプルの実行フォルダに Src1.bmp という画像があります。それと同じ場所に置いて下さい。
※ 自分が使っているのは、11年前に作ったドット絵

※ 弾の時に、回転させたりしてたので、いびつな輪郭です。

仕様としては、以下のようなものです。

1) ESC で終了
2) 左右矢印キーで、プレイヤーキャラクタ(画像)を移動できる
3) SPACE キーで直線の弾
4) Zキーで、左斜めへの弾(跳ね返ると右へ)
5) プレイヤーキャラクタと弾の画像は同じ

※ 弾は二種類で、それぞれキーに依存。
※ 弾が画面内に一つある場合、二つ目は打てない
※ 違うキーの弾は同一画面に存在できる

なので、キーを増やして弾の種類を増やすのは比較的容易なはずです。ただ、ソースコードが長くなるので、それぞれはメソッドやクラスに変えるべきですけれど。

画像は弾毎に変えればいいし、左から右へ移動するだけの敵を作成して、あたり判定して爆破するのもそう難しくは無いと思います。

仕上げとしては、爆発アニメーションを組み込んで、背景を組み込んで左右のキーで背景を反対方向に移動させるとそれなりに見えると思います。



posted by lightbox at 2017-10-03 15:32 | VS(C#) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月19日


System.Data.OleDb で select into 構文を使って簡単に Microsoft Access のデータを他の データベースにエクスポートする

結論から言うと、System.Data.OleDb と ADO で Microsoft Access に接続すると同等の処理ができます。元々、ADO で可能だった処理を System.Data.OleDb で可能かどうか確認し、System.Data.Odbc でとこまで同じ事が可能か試してみました。

結果的に、System.Data.Odbc では ODBC の動的接続では処理不可で、DSN を作成すると可能でした。

テスト用コード
using System;
using System.Collections.Generic;
using System.ComponentModel;
using System.Data;
using System.Data.Odbc;
using System.Data.OleDb;
using System.Drawing;
using System.Linq;
using System.Text;
using System.Threading.Tasks;
using System.Windows.Forms;

namespace OdbcAccessTest {
	public partial class Form1 : Form {

		// *************************************
		// System.Data.Odbc
		// *************************************
		private OdbcConnection myCon;
		private OdbcCommand myCommand;
		private OdbcDataReader myReader;

		// *************************************
		// System.Data.OleDb
		// *************************************
		private OleDbConnection myConAccess;

		// *************************************
		// ADO
		// *************************************
		private dynamic objAdoCon;

		public Form1() {
			InitializeComponent();
		}

		// *************************************
		// System.Data.Odbc で Access データの読み込み
		// *************************************
		private void button1_Click(object sender, EventArgs e) {

			string myQuery = "SELECT * from 社員マスタ";

			using (myCommand = new OdbcCommand()) {
				// 実行する為に必要な情報をセット
				myCommand.CommandText = myQuery;
				myCommand.Connection = myCon;

				using (myReader = myCommand.ExecuteReader()) {

					// 読み出し

					while (myReader.Read()) {
						// 文字列
						Console.Write(GetValue(myReader, "社員コード") + " : ");
						Console.Write(GetValue(myReader, "氏名") + " : ");
						Console.Write(GetValue(myReader, "フリガナ") + " : ");
						// 整数
						Console.Write(GetValue(myReader, "給与") + " : ");
						Console.Write(GetValue(myReader, "手当") + " : ");
						// 日付
						Console.Write(GetValue(myReader, "作成日") + " : ");
						Console.Write(GetValue(myReader, "更新日") + " : ");

						Console.WriteLine();

					}

					myReader.Close();
				}

			}

		}

		// *************************************
		// テスト用簡易列データ取得
		// *************************************
		private string GetValue(OdbcDataReader myReader, string p) {

			string ret = "";
			int fld = 0;

			// 指定された列名より、テーブル内での定義順序番号を取得
			fld = myReader.GetOrdinal(p);
			// 定義順序番号より、NULL かどうかをチェック
			if (myReader.IsDBNull(fld)) {
				ret = "";
			}
			else {
				// NULL でなければ内容をオブジェクトとして取りだして文字列化する
				ret = myReader.GetValue(fld).ToString();
			}

			// 列の値を返す
			return ret;
		}

		// *************************************
		// 接続処理
		// *************************************
		private void Form1_Load(object sender, EventArgs e) {

			// *************************************
			// System.Data.Odbc
			// *************************************
			OdbcConnectionStringBuilder builder = new OdbcConnectionStringBuilder();

			builder.Driver = "Microsoft Access Driver (*.mdb, *.accdb)";
			builder.Add("dbq", @"C:\tmp\販売管理C.accdb");
			// 内容を確認
			Console.WriteLine(builder.ConnectionString);

			// 新しい OdbcConnection オブジェクトを作成
			myCon = new OdbcConnection();

			// 接続文字列を設定
			myCon.ConnectionString = builder.ConnectionString;

			// 接続を開く
			try {
				myCon.Open();
			}
			catch (OdbcException ex) {
				MessageBox.Show(this, "接続エラーです:" + ex.Message);
			}

			// *************************************
			// System.Data.OleDb
			// *************************************
			myConAccess = new OleDbConnection();
			myConAccess.ConnectionString = string.Format("Provider=Microsoft.ACE.OLEDB.12.0;Data Source={0};", @"C:\tmp\販売管理C.accdb");
			// 接続を開く
			try {
				myConAccess.Open();
			}
			catch (Exception ex) {
				MessageBox.Show(this, "接続エラーです:" + ex.Message);
			}
	
			// *************************************
			// ADO
			// *************************************
			objAdoCon = Activator.CreateInstance(Type.GetTypeFromProgID("ADODB.Connection"));

			string connectionString = @"Provider=Microsoft.ACE.OLEDB.12.0;Data Source=C:\tmp\001\販売管理C.accdb;";
			try {
				objAdoCon.Open(connectionString);
			}
			catch (Exception ex) {
				MessageBox.Show(this, ex.Message);
			}
		}

		// *************************************
		// 接続解除
		// *************************************
		private void Form1_FormClosed(object sender, FormClosedEventArgs e) {

			myCon.Close();
			myConAccess.Close();
			objAdoCon.Close();

		}

		// *************************************
		// System.Data.OleDb
		// *************************************
		private void button2_Click(object sender, EventArgs e) {

			string myQuery;

			myQuery = @"select * into [Excel 8.0;DATABASE=c:\tmp\販売管理C.xls].商品マスタ_OleDb from 商品マスタ";
			//myQuery = @"select * into [Excel 12.0 xml;DATABASE=c:\tmp\販売管理C.xlsx].商品マスタ_OleDb from 商品マスタ";
			//myQuery = @"select * into [;DATABASE=C:\tmp\データベース1.accdb].商品マスタ_OleDb from 商品マスタ";
			//myQuery = @"select * into [;DATABASE=C:\tmp\データベース1.mdb].商品マスタ_OleDb from 商品マスタ";
			//myQuery = @"select * into [ODBC;DSN=SQS64;Database=lightbox;UID=sa;PWD=password].商品マスタ_OleDb from 商品マスタ";
			//myQuery = @"select * into [ODBC;DSN=SQS32;Database=lightbox;UID=sa;PWD=password].商品マスタ_OleDb from 商品マスタ";
			//myQuery = @"select * into [ODBC;DSN=MYSQL32;Database=lightbox;UID=root;PWD=password].商品マスタ_OleDb from 商品マスタ";
			//myQuery = @"select * into [ODBC;Driver={SQL Server Native Client 11.0};server=layla;database=lightbox;uid=sa;pwd=password].商品マスタ_OleDb from 商品マスタ";
			//myQuery = @"select * into [ODBC;Driver={MySQL ODBC 5.3 Unicode Driver};server=layla;database=lightbox;uid=root;pwd=password].商品マスタ_OleDb from 商品マスタ";

			using (OleDbCommand myCommand = new OleDbCommand()) {

				// *********************
				// 接続
				// *********************
				try {
					// コマンドオブジェクトに接続をセット
					myCommand.Connection = myConAccess;
					myCommand.CommandText = myQuery;
					myCommand.ExecuteNonQuery();

				}
				catch (Exception ex) {
					MessageBox.Show(this, ex.Message);
				}
			}

		}

		// *************************************
		// System.Data.Odbc
		// *************************************
		private void button3_Click(object sender, EventArgs e) {

			string myQuery;

			myQuery = @"select * into [Excel 8.0;DATABASE=c:\tmp\販売管理C.xls].商品マスタ_Odbc from 商品マスタ";
			//myQuery = @"select * into [Excel 12.0 xml;DATABASE=c:\tmp\販売管理C.xlsx].商品マスタ_Odbc from 商品マスタ";
			//myQuery = @"select * into [;DATABASE=C:\tmp\データベース1.accdb].商品マスタ_Odbc from 商品マスタ";
			//myQuery = @"select * into [;DATABASE=C:\tmp\データベース1.mdb].商品マスタ_Odbc from 商品マスタ";
			//myQuery = @"select * into [ODBC;DSN=SQS64;Database=lightbox;UID=sa;PWD=password].商品マスタ_Odbc from 商品マスタ";
			//myQuery = @"select * into [ODBC;DSN=SQS32;Database=lightbox;UID=sa;PWD=password].商品マスタ_Odbc from 商品マスタ";
			//myQuery = @"select * into [ODBC;DSN=MYSQL32;Database=lightbox;UID=root;PWD=password].商品マスタ_Odbc from 商品マスタ";

			using (myCommand = new OdbcCommand()) {

				try {
					// コマンドオブジェクトに接続をセット
					myCommand.Connection = myCon;
					myCommand.CommandText = myQuery;
					myCommand.ExecuteNonQuery();
				}
				catch (Exception ex) {
					MessageBox.Show(this, ex.Message);
				}
			}

		}

		// *************************************
		// ADO を使う場合
		// *************************************
		private void button4_Click(object sender, EventArgs e) {

			string myQuery;

			myQuery = @"select * into [Excel 8.0;DATABASE=c:\tmp\販売管理C.xls].商品マスタ_ADO from 商品マスタ";
			//myQuery = @"select * into [Excel 12.0 xml;DATABASE=c:\tmp\販売管理C.xlsx].商品マスタ_ADO from 商品マスタ";
			//myQuery = @"select * into [;DATABASE=C:\tmp\データベース1.accdb].商品マスタ_ADO from 商品マスタ";
			//myQuery = @"select * into [;DATABASE=C:\tmp\データベース1.mdb].商品マスタ_ADO from 商品マスタ";
			//myQuery = @"select * into [ODBC;DSN=SQS64;Database=lightbox;UID=sa;PWD=password].商品マスタ_ADO from 商品マスタ";
			//myQuery = @"select * into [ODBC;DSN=SQS32;Database=lightbox;UID=sa;PWD=password].商品マスタ_ADO from 商品マスタ";
			//myQuery = @"select * into [ODBC;DSN=MYSQL32;Database=lightbox;UID=root;PWD=password].商品マスタ_ADO from 商品マスタ";
			//myQuery = @"select * into [ODBC;Driver={SQL Server Native Client 11.0};server=layla;database=lightbox;uid=sa;pwd=password].商品マスタ_ADO from 商品マスタ";
			//myQuery = @"select * into [ODBC;Driver={MySQL ODBC 5.3 Unicode Driver};server=layla;database=lightbox;uid=root;pwd=password].商品マスタ_ADO from 商品マスタ";

			try {
				objAdoCon.Execute(myQuery);
			}
			catch (Exception ex) {
				MessageBox.Show(this, ex.Message);
			}

		}

	}
}

ここでは、into 側の表で使用していますが、from 側の表でも使用できるはずです。エクスポートは高速で実行されますが、キーの定義はエクスポートされないので、後から定義する必要があります。

SQL 一覧
@"select * into [Excel 8.0;DATABASE=c:\tmp\販売管理C.xls].商品マスタ_ADO from 商品マスタ";
@"select * into [Excel 12.0 xml;DATABASE=c:\tmp\販売管理C.xlsx].商品マスタ_ADO from 商品マスタ";
@"select * into [;DATABASE=C:\tmp\データベース1.accdb].商品マスタ_ADO from 商品マスタ";
@"select * into [;DATABASE=C:\tmp\データベース1.mdb].商品マスタ_ADO from 商品マスタ";
@"select * into [ODBC;DSN=SQS64;Database=lightbox;UID=sa;PWD=password].商品マスタ_ADO from 商品マスタ";
@"select * into [ODBC;DSN=SQS32;Database=lightbox;UID=sa;PWD=password].商品マスタ_ADO from 商品マスタ";
@"select * into [ODBC;DSN=MYSQL32;Database=lightbox;UID=root;PWD=password].商品マスタ_ADO from 商品マスタ";
@"select * into [ODBC;Driver={SQL Server Native Client 11.0};server=layla;database=lightbox;uid=sa;pwd=password].商品マスタ_ADO from 商品マスタ";
@"select * into [ODBC;Driver={MySQL ODBC 5.3 Unicode Driver};server=layla;database=lightbox;uid=root;pwd=password].商品マスタ_ADO from 商品マスタ";


外部参照部分一覧
[Excel 8.0;DATABASE=c:\tmp\販売管理C.xls].テーブル名
[Excel 12.0 xml;DATABASE=c:\tmp\販売管理C.xlsx].テーブル名
[;DATABASE=C:\tmp\データベース1.accdb].テーブル名
[;DATABASE=C:\tmp\データベース1.mdb].テーブル名
[ODBC;DSN=SQS64;Database=lightbox;UID=sa;PWD=password].テーブル名
[ODBC;DSN=SQS32;Database=lightbox;UID=sa;PWD=password].テーブル名
[ODBC;DSN=MYSQL32;Database=lightbox;UID=root;PWD=password].テーブル名
[ODBC;Driver={SQL Server Native Client 11.0};server=layla;database=lightbox;uid=sa;pwd=password].テーブル名
[ODBC;Driver={MySQL ODBC 5.3 Unicode Driver};server=layla;database=lightbox;uid=root;pwd=password].テーブル名

Excel と Microsoft Access は特殊ですが、ODBC は同じ書式なので他の DB にも使用可能なはずです。接続パラメータは、実際 DSN を作成してから、レジストリを見れば必要なものが全て書かれています。

▼ エクスポートでは使えませんが、以下は Excel を ODBC で定義した場合の例です


PHP で ODBC 接続するとなると、上記データを使って以下のようになります
$ms_excel = "./data/syain.xls";
$ms_excel = realpath($ms_excel);
$excel_dir = dirname($ms_excel);
$connect_string = "Driver={Microsoft Excel Driver (*.xls, *.xlsx, *.xlsm, *.xlsb)};dbq={$ms_excel};DefaultDir={$excel_dir};FIL=Excel 8.0;DriverID=790";$user="";$pass="";




posted by lightbox at 2017-09-19 00:48 | VS(C#) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月17日


C# : System.Data.OleDb で Microsoft Access のデータを読み取る

出力ウインドウに結果を表示する為に、Debug.WriteLine を使用していますが、他のメッセージが邪魔なので、デバッグ =>オプション の 『出力』で、【全てのデバッグ出力】以外を オフにしています。



元々は、VB.net でしたが、Telerik Code Converter で変換して少し手を加えました。

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Linq;
using System.Text;
using System.Data.OleDb;
using System.Diagnostics;

namespace MsAccess1 {
	class Program {
		static void Main(string[] args) {

			using (OleDbConnection myCon = new OleDbConnection())
			using (OleDbCommand myCommand = new OleDbCommand())
			{
				// SQL文字列格納用
				string myQuery = null;
				string myPath = @"C:\tmp\販売管理C.accdb";
//				string myPath = @"C:\tmp\販売管理C.mdb";	// 古い MsAccess

				// 接続文字列の作成
				myCon.ConnectionString = string.Format("Provider=Microsoft.ACE.OLEDB.12.0;Data Source={0};", myPath);
				// 出力ウインドウに表示
				// デバッグ>オプション の 『出力』で、【全てのデバッグ出力】以外を オフにする
				Debug.WriteLine(myCon.ConnectionString);

				// *********************
				// 接続
				// *********************
				try {
					// 接続文字列を使用して接続
					myCon.Open();
					// コマンドオブジェクトに接続をセット
					myCommand.Connection = myCon;
					// コマンドを通常 SQL用に変更
					myCommand.CommandType = System.Data.CommandType.Text;
				}
				catch (Exception ex) {
					Debug.WriteLine(ex.Message);
					return;
				}

				myQuery = "select * from 社員マスタ";
				myCommand.CommandText = myQuery;

				// *********************
				// レコードセット取得
				// *********************
				try {
					using (OleDbDataReader myReader = myCommand.ExecuteReader())
					{
						// *********************
						// 列数
						// *********************
						int nCols = myReader.FieldCount;
						Type fldType;

						// カラムループ用
						int idx = 0;
						while (myReader.Read()) {

							for (idx = 0; idx <= nCols - 1; idx++) {
								if (idx != 0) {
									Debug.Write(",");
								}

								// NULL でない場合
								if (!myReader.IsDBNull(idx)) {
									// 列のデータ型を取得
									fldType = myReader.GetFieldType(idx);

									// 文字列
									if (fldType.Name == "String") {
										Debug.Write(myReader.GetValue(idx) + "");
										continue;
									}
									if (fldType.Name == "Int32") {
										Debug.Write(myReader.GetInt32(idx).ToString() + "");
										continue;
									}
									if (fldType.Name == "DateTime") {
										Debug.Write(myReader.GetDateTime(idx).ToString() + "");
										continue;
									}

									Debug.Write(myReader.GetValue(idx).ToString() + "");

								}
								else {
									Debug.Write("");
								}
							}
							// 1行の最後
							Debug.WriteLine("");

						}

						// リーダを使い終わったので閉じる
						myReader.Close();
					}
				}
				catch (Exception ex) {
					myCon.Close();
					Debug.WriteLine(ex.Message);
					return;
				}

				myCon.Close();

			}	// 最外の using の終わり

		}	// Main の終わり
	}	// class の終わり
}	// namespace の終わり




posted by lightbox at 2017-08-17 23:15 | VS(C#) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月06日


C#(VS2010) : dynamic 型を使用して CreateObject と同等に Scripting.FileSystemObject を使用する

ボタンを一つフォームに貼って、固定パスの SHIFT_JIS テキストファイルを読み込んでいます。

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.ComponentModel;
using System.Data;
using System.Drawing;
using System.Linq;
using System.Text;
using System.Windows.Forms;

namespace WinFormsApp1 {
	public partial class Form1 : Form {

		private dynamic objFile;

		public Form1() {
			InitializeComponent();
		}

		private void button1_Click(object sender, EventArgs e) {

			string buffer;
			try {
				dynamic inFile = objFile.OpenTextFile(@"c:\tmp\help.txt", 1);
				while (!inFile.AtEndOfStream) {
					buffer = inFile.ReadLine();
					Console.Out.WriteLine(buffer);
				}
				inFile.close();
			}
			catch (Exception ex) {
				MessageBox.Show("ファイルが存在しません");
			}

		}

		private void Form1_Load(object sender, EventArgs e) {

			objFile = Activator.CreateInstance(Type.GetTypeFromProgID("Scripting.FileSystemObject"));

		}

		private void Form1_FormClosed(object sender, FormClosedEventArgs e) {

			System.Runtime.InteropServices.Marshal.ReleaseComObject(objFile);

		}
	}
}


参考ページ

C#でCreateObjectと同じことをするには?(dobon.net) のコメント部分

dynamic 型の使用(docs.microsoft.com)



タグ:VS C#
posted by lightbox at 2017-08-06 22:04 | VS(C#) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月03日


VS(C#) : DataGrid に バインドを使用して JSON データの配列を表示する( Json.NET を使用 )



JSON 文字列を Json.NET で一行でデシリアライズします。その際、バインド用の ObservableCollection に直接セットするので、DataGrid には、DataContext にセットするだけで、表示用の列と行は自動作成されます

外部ライブラリ

JSON データの扱いには、Json.NET を使用します。ダウンロードして、Bin フォルダにある自分の環境に該当するフレームワークフォルダを ソリューションの中に置いて参照設定を行います。
※ net45 フォルダをコピーして使用しました / VS2012

JSON データ

https://lightbox.sakura.ne.jp/demo/json/syain_json.php

このデータを扱う為に以下のクラスを作成しています

Syain.cs
using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Linq;
using System.Text;
using System.Threading.Tasks;

namespace WpfAppDataGridFromWeb {
	class Syain {
		public string 社員コード { get; set; }
		public string 氏名 { get; set; }

		public string フリガナ { get; set; }
		public string 所属 { get; set; }

		private string _性別;
		public string 性別 {
			get {
				if (this._性別 == "0") {
					return "男";
				}
				else {
					return "女";
				}
			}
			set {
				this._性別 = value;
			}
		}
		public int 給与 { get; set; }
		public int? 手当 { get; set; }
		public string 管理者 { get; set; }

		public string 作成日 { get; set; }
		public string 更新日 { get; set; }

	}
}


画面

デフォルトで True になっていますが、バインドで列を自動作成させる為に 『AutoGenerateColumns="True"』を DataGrid に設定しています
<Window
	x:Class="WpfAppDataGridFromWeb.MainWindow"
	xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation"
	xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml"
	Title="MainWindow"
	Height="857.456"
	Width="1191.774">
	<Grid>
		<Button
			Content="Button"
			HorizontalAlignment="Left"
			Height="24"
			Margin="27,29,0,0"
			VerticalAlignment="Top"
			Width="122"
			Click="Button_Click" />
		<DataGrid
			x:Name="dataGrid"
			HorizontalAlignment="Left"
			Height="720"
			Margin="27,71,0,0"
			VerticalAlignment="Top"
			Width="1124"
			ItemsSource="{Binding}"
			IsReadOnly="True"
			MouseDoubleClick="dataGrid_MouseDoubleClick" />

	</Grid>
</Window>


処理
using Newtonsoft.Json;
using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Collections.ObjectModel;
using System.Data;
using System.Data.Odbc;
using System.Diagnostics;
using System.IO;
using System.Linq;
using System.Net;
using System.Text;
using System.Threading.Tasks;
using System.Windows;
using System.Windows.Controls;
using System.Windows.Data;
using System.Windows.Documents;
using System.Windows.Input;
using System.Windows.Media;
using System.Windows.Media.Imaging;
using System.Windows.Navigation;
using System.Windows.Shapes;

namespace WpfAppDataGridFromWeb {

	public partial class MainWindow : Window {

		public MainWindow() {
			InitializeComponent();
			// ウインドウを中央へ
			this.WindowStartupLocation = WindowStartupLocation.CenterScreen;
		}

		private void Button_Click(object sender, RoutedEventArgs e) {

			dataGrid.Columns.Clear();

			Console.WriteLine("クリックされました");
			Console.WriteLine(Directory.GetCurrentDirectory());

			string url = "https://lightbox.sakura.ne.jp/demo/json/syain_json.php";
			string result = "[\"error\"]";

			// 信頼性のある WebClient で インターネットアクセス
			WebClient wc = new System.Net.WebClient();
			wc.Encoding = System.Text.Encoding.UTF8;
			try {
				// 読み込み
				result = wc.DownloadString(url);
			}
			catch( Exception ex) {
				Console.WriteLine("WebClient エラー:" + ex.ToString());
			}

			// JSON オブジェクト配列 Newtonsoft.Json( net45 )
			ObservableCollection<Syain> syain_data = JsonConvert.DeserializeObject<ObservableCollection<Syain>>(result);
			// DataGrid にバインド
			dataGrid.DataContext = syain_data;

		}

		// DataGrid をダブルクリックした時の行データの取得
		private void dataGrid_MouseDoubleClick(object sender, MouseButtonEventArgs e) {
			int row = dataGrid.SelectedIndex;
			if ( row >= 0 ) {
				Syain syain = (Syain)dataGrid.Items.GetItemAt(row);
				Debug.WriteLine(syain.社員コード + "|" + syain.氏名);

				MessageBox.Show(syain.社員コード + "|" + syain.氏名,
					"確認",
					MessageBoxButton.OK,
					MessageBoxImage.Information);
			}
		}

	}
}

※ HttpClient はバグがあるという話なので使用していません。

関連する記事

Swing の JTable に 1) WEBのJSON2次元配列。2) WEB の JSON配列 を取り込んで表示する( Google Gson と okhttp を使用 )

補足

以下の例では、AutoGenerateColumns="False" に設定して、列の定義をプログラムで行っています。このほうがアプリケーションとしては、列単位で仕様を決定しやすいので自由度が増すはずです。

※ データは JSON の2次元配列を使用しています
using Newtonsoft.Json;
using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Collections.ObjectModel;
using System.Data;
using System.Data.Odbc;
using System.Diagnostics;
using System.IO;
using System.Linq;
using System.Net;
using System.Text;
using System.Threading.Tasks;
using System.Windows;
using System.Windows.Controls;
using System.Windows.Data;
using System.Windows.Documents;
using System.Windows.Input;
using System.Windows.Media;
using System.Windows.Media.Imaging;
using System.Windows.Navigation;
using System.Windows.Shapes;

namespace WpfAppDataGridFromWeb {

	public partial class MainWindow : Window {

		private DataGridTextColumn col;
		private ObservableCollection<Syain> syain_list = null;

		public MainWindow() {
			InitializeComponent();
			// ウインドウを中央へ
			this.WindowStartupLocation = WindowStartupLocation.CenterScreen;
		}

		private void Button_Click(object sender, RoutedEventArgs e) {

			dataGrid.Columns.Clear();

			Console.WriteLine("クリックされました");
			Console.WriteLine(Directory.GetCurrentDirectory());

			string url = "https://lightbox.sakura.ne.jp/demo/json/syain_array.php";
			string result = "[\"error\"]";

			// 信頼性のある WebClient で インターネットアクセス
			WebClient wc = new System.Net.WebClient();
			wc.Encoding = System.Text.Encoding.UTF8;
			try {
				// 読み込み
				result = wc.DownloadString(url);
			}
			catch( Exception ex) {
				Console.WriteLine("WebClient エラー:" + ex.ToString());
			}

			// JSON 2次元配列 Newtonsoft.Json( net45 )
			string[][] syain_data = JsonConvert.DeserializeObject<string[][]>(result);

			// バインド用クラス
			Syain syain;
			// 列用
			col = null;
			// バインド用コレクション
			syain_list = new ObservableCollection<Syain>();

			foreach (string[] syain_row in syain_data) {

				// 初回
				if (col == null) {
					foreach (string syain_col in syain_row) {
						col = new DataGridTextColumn();
						col.Header = syain_col;
						col.Binding = new Binding(syain_col);
						dataGrid.Columns.Add(col);
					}
					continue;
				}

				syain = new Syain();
				syain.社員コード = syain_row[0];
				syain.氏名 = syain_row[1];
				syain.フリガナ = syain_row[2];
				syain.所属 = syain_row[3];
				syain.性別 = syain_row[4];
				syain.給与 = int.Parse(syain_row[7]);
				syain.手当 = (syain_row[8] == "" ? 0 : int.Parse(syain_row[8]));
				syain.管理者 = syain_row[9];
				syain.作成日 = syain_row[5];
				syain.更新日 = syain_row[6];
				// observablecollection に追加
				syain_list.Add(syain);

			}

			//// DataGrid にバインド
			dataGrid.DataContext = syain_list;

		}

		// DataGrid をダブルクリックした時の行データの取得
		private void dataGrid_MouseDoubleClick(object sender, MouseButtonEventArgs e) {
			int row = dataGrid.SelectedIndex;
			if ( row >= 0 ) {
				Syain syain = (Syain)dataGrid.Items.GetItemAt(row);
				Debug.WriteLine(syain.社員コード + "|" + syain.氏名);

				MessageBox.Show(syain.社員コード + "|" + syain.氏名,
					"確認",
					MessageBoxButton.OK,
					MessageBoxImage.Information);
			}
		}

	}
}




タグ:C# Json.NET JSON
posted by lightbox at 2017-06-03 20:31 | VS(C#) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します
container 終わり



フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

CSS ドロップシャドウの参考デモ
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり