SQLの窓

2020年11月26日


Python : Excel の新しいブックのデフォルトのシートのセルに直接値をセットして、オートフィルを Range オブジェクトから実行する



pywin32 の利用

Python で Excel を扱うパッケージは openpyxl ですが、Excel の仕様に合わせてファイルを作成しているだけなので、Autofill が利用できません。そこで、ここでは pywin32 を使用して Excel.Application を直接操作します( 実行する PC は Windows で Excel がインストールされている必要があります )。

その前に pip そのものの更新確認

python -m pip install --upgrade pip
先日 pip からアップグレードしようとしたら、見事にバグって pip が無くなってしまいました。その場合は https://bootstrap.pypa.io/get-pip.py から get-pip.py をダウンロードして python get-pip.py を実行します。 それ以降、python から アップグレードするようにしています。

pywin32 のインストール

pip install pywin32
pywin32 は、Windows の COM を処理する為のブリッジです。ですから、Excel.Application に限らず 以下のようなクラスを利用できるようになります。 ✅ ADODB.Connection ✅ ADODB.Recordset ✅ ADODB.Stream ✅ WScript.Shell ✅ Shell.Application ✅ Scripting.FileSystemObject ✅ Msxml2.ServerXMLHTTPCDO.Message ✅ Scripting.Dictionary ▼ pip list

excel-autofill.py

Autofill する為に範囲を選択していますが、Sheet.Cells(1, 2) のように数字で全て表現できるようにしています。これはプログラミングを容易にする事が目的ですが、視認しやすいように Range("A1:A2") と言うような記述方法も可能です
import win32com.client
import traceback
import sys
import os

ExcelApp = win32com.client.Dispatch("Excel.Application")
# デバッグ時は、Excel の本体を表示させて状況が解るようにする
ExcelApp.Visible = True
# UI でチェックさせるようなダイアログを表示せずに実行する
ExcelApp.DisplayAlerts = False

try:
    # ****************************
    # ブック追加
    # ****************************
    Book = ExcelApp.Workbooks.Add()

    # 通常一つのシートが作成されています
    Sheet = Book.Worksheets( 1 )

    # ****************************
    # シート名変更
    # ****************************
    Sheet.Name = "Pythonの処理";

    # ****************************
    # セルに値を直接セット
    # ****************************
    for i in range(1, 11):
        Sheet.Cells(i, 1).Value = f"処理 : {i}"

    # ****************************
    # 1つのセルから
    # AutoFill で値をセット
    # ****************************
    Sheet.Cells(1, 2).Value = "子"
    # 基となるセル範囲
    SourceRange = Sheet.Range(Sheet.Cells(1, 2), Sheet.Cells(1,2))
    # オートフィルの範囲(基となるセル範囲を含む )
    FillRange = Sheet.Range(Sheet.Cells(1, 2), Sheet.Cells(10,2))
    SourceRange.AutoFill(FillRange)

    # ****************************
    # 保存
    # ****************************
    Book.SaveAs( os.getcwd() + "\\sample.xlsx" )

except Exception:
    ExcelApp.Quit()
    traceback.print_exc()
    sys.exit( )


ExcelApp.Quit()
print("処理を終了します")

openpyxl で Autofill 無しの処理

import openpyxl
import traceback
import sys

try:
    # ****************************
    # 新しいブックを作成
    # ****************************
    Book = openpyxl.Workbook()

    # ****************************
    # 通常一つのシートが作成されています
    # ****************************
    Sheet = Book.worksheets[0]

    # ****************************
    # シート名変更
    # ****************************
    Sheet.title = "Pythonの処理"

    # ****************************
    # セルに値を直接セット
    # ****************************
    for i in range(1, 11):
        Sheet.cell(i, 1, f"処理 : {i}")

    Sheet.merge_cells("C1:F1")
    Sheet.cell(1, 3).value = "結合されたセル"

    Book.save('sample.xlsx')

except Exception:
    traceback.print_exc()
    sys.exit( )

print("処理を終了します")

関連する記事

JScript : Excel の新しいブックのデフォルトのシートのセルに直接値をセットして、オートフィルを Range オブジェクトから実行する C# : Excel の新しいブックのデフォルトのシートのセルに直接値をセットして、オートフィルを Range オブジェクトから実行する

関連する Microsoft ドキュメント

Application オブジェクト Workbook オブジェクトのコレクション Workbook オブジェクト Worksheet オブジェクトのコレクション Worksheet オブジェクト Cells プロパティ


posted by lightbox at 2020-11-26 16:03 | Python | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月11日


Python : shift_jis の3列の csv フォーマットのデータを ttk.Treeview に表示する



Python : ttk.Treeview で表形式を使用して環境変数の一覧表示 で作成した Treeview を利用しました

sample_textfile.py
# shift_jis の3列の csv フォーマットのデータを Treeview に表示する
#
from buill_grid import *

with open('cp932.txt', encoding='cp932') as fp:
	for line_buffer in fp:
		# 行末の改行を削除する
		line_buffer = line_buffer.rstrip("\n")
		print(line_buffer)
		# カンマで分割
		csv = line_buffer.split(",")
		print(csv)
		# Treeview にセット
		grid.insert("","end",values=(f"{csv[0]}",f"{csv[1]}", f"{csv[2]}"))

# ウインドウ開始
form.mainloop()

buill_grid.py
import tkinter as tk
import tkinter.ttk as ttk

# メインフォーム
form = tk.Tk()
form.title("タイトル")
form.geometry("800x600")

# ツリービュー(表)
grid = ttk.Treeview(form, show="headings")

# 列ID
grid["columns"] = ("A","B","C")

# 列幅
grid.column("A", width=150)
grid.column("B", width=150)
grid.column("C", width=150)

# タイトル
grid.heading("A", text="A")
grid.heading("B", text="B")
grid.heading("C", text="C")

# 位置指定して作成
grid.place(x=20, y=40, height=500)

# スクロールバーを同期させて form に配置
vsb = ttk.Scrollbar(form, orient="vertical", command=grid.yview)
vsb.place(x=20+450+3, y=40+3, height=500)
grid.configure(yscrollcommand=vsb.set)





posted by lightbox at 2020-10-11 19:41 | Python | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Python : ttk.Treeview で表形式を使用して環境変数の一覧表示



※ 列の ID は、視認性を上げる為に日本語の名称を使用しています。

import os
import tkinter as tk
import tkinter.ttk as ttk

# メインフォーム
form = tk.Tk()
form.title("タイトル")
form.geometry("800x600")

# ツリービュー(表)
grid = ttk.Treeview(form, show="headings")

# 列ID
grid["columns"] = ("番号","変数","値")

# 列幅
grid.column("番号", width=30)
grid.column("変数", width=150)
grid.column("値", width=500)

# タイトル
grid.heading("番号", text="")
grid.heading("変数", text="変数")
grid.heading("値", text="値")

# データ
i = 0
for k, v in os.environ.items():
	i = i + 1
	grid.insert("","end",values=(i,f"{k}", f"{v}"))

# 位置指定して作成
grid.place(x=20, y=40, height=500)

# スクロールバーを同期させて form に配置
vsb = ttk.Scrollbar(form, orient="vertical", command=grid.yview)
vsb.place(x=20+680+3, y=40+3, height=500)
grid.configure(yscrollcommand=vsb.set)


form.mainloop()

スクロールバー部分は、Stack OverFlow の『Python Treeview scrollbar』を参考にしています



posted by lightbox at 2020-10-11 00:11 | Python | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月01日


XAMPP + Python( 3.8 ) で WEBアプリの基礎部分構築 : その ( 1 )

最初は、基本的なデータ型の表示テストです。



XAMPP で Python を実行できるようにするには、httpd.conf の 『AddHandler cgi-script .cgi .pl .asp』 に .py を追加します


( Apache 環境では、.py に対してソースコードの先頭の #!プログラム をcgi として実行します / PHP は別定義です )

Windows では、Python の先頭に Python の実行プログラムの場所を記述しなくても、Windows のレジストリに設定して動作できるようにする事ができるようです
( 💘 ScriptInterpreterSource Registry-Strict )

以下は、Windows 環境下で .py に対して実行される処理として設定される内容です
Python のダウンロードとインストールは こちら(Windows 環境のPython) がとても参考になります 上記リンク先のフル・インストーラ版で python-3.8.5-amd64.exe をインストールすると、拡張子の関連付けで .py に対して 『"C:\WINDOWS\py.exe" "%L" %*』が登録されます Python.File は、ファイルのタイプとして登録される詳細ですが、このエントリが拡張子と関連付けられます。確認は、コマンドプロンプトで 『assoc .py』で確認できますが、レジストリでも確認できます 以下のプロパティはインストールされた py.exe と python.exe です 以下は、仮想ディレクトリの作成です
<IfModule alias_module>

    Alias /py "/app/py20"
    <Directory "/app/py20">
        Options Indexes FollowSymLinks Includes ExecCGI
        AllowOverride All
        Require all granted
    </Directory>

</IfModule>
sample_01.py
#!C:\python\python.exe

import cgi
import cgitb
cgitb.enable()

import sys
import io
import os
import urllib.parse
from xml.sax.saxutils import *

sys.stdout = io.TextIOWrapper(sys.stdout.buffer, encoding='utf-8')

print("Content-Type: text/html; charset=utf-8")
print( "Expires: Thu, 19 Nov 1981 08:52:00 GMT" )
print( "Cache-Control: no-store, no-cache, must-revalidate, post-check=0, pre-check=0" )
print( "Pragma: no-cache" )
print()

data1 = "こんにちは"
data2 = [1,2,3,4]
data3 = (1,2,3,4,"")
data4 = {"A":1, "B":2, "C":3, "D":4 }

type1 = str(type(data1))
type2 = str(type(data2))
type3 = str(type(data3))
type4 = str(type(data4))

print( data1 + "<br>" )
print( escape(type1) + "<br>" )

print( str(data2) + "<br>" )
print( escape(type2) + "<br>" )

print( str(data3) + "<br>" )
print( escape(type3) + "<br>" )

print( str(data4) + "<br>" )
print( escape(type4) + "<br>" )



関連する記事

XAMPP + Python( 3.8 ) で WEBアプリの基礎部分構築 : その ( 1 )

XAMPP + Python( 3.8 ) でWEBアプリの基礎部分構築 : その ( 2 ) : QUERY_STRING と 画面定義

XAMPP + Python( 3.8 ) で WEBアプリの基礎部分構築 : その ( 3 ) : cgi.FieldStorage() から ディクショナリ

XAMPP + Python( 3.8 ) で WEBアプリの基礎部分構築 : その ( 4 ) : リダイレクトと関数とログ出力



posted by lightbox at 2020-09-01 11:15 | Python | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月20日


XAMPP + Python( 3.8 ) で WEBアプリの基礎部分構築 : その ( 4 ) : リダイレクトと関数とログ出力

def を使用して ファイルにログを書き込む処理を定義し、REQUEST_METHOD で判断して POST 時にリダイレクトを行います



XAMPP で Python を実行できるようにするには、httpd.conf の 『AddHandler cgi-script .cgi .pl .asp』 に .py を追加します



Windows では、Python の先頭に Python の実行プログラムの場所を記述しなくても、Windows のレジストリに設定して動作できるようにする事ができるようです
( 💘 ScriptInterpreterSource Registry-Strict )

Python のダウンロードとインストールは こちら(Windows 環境のPython) がとても参考になります

sample_04.py

REQUEST_METHOD を取得して、POST 時に HTTP ヘッダにリダイレクト処理を入れたり、ログ出力を実行するようにしています
if method == "POST":
	print( "Location: sample_04.py?field3=%E5%B1%B1%E7%94%B0%20%E5%A4%AA%E9%83%8E" )

#!C:\python\python.exe

import cgi
import cgitb
cgitb.enable()

import sys
import io
import os
import urllib.parse
from xml.sax.saxutils import *

# **************************************
# ログ出力
# **************************************
def log( message ):
	with open('debug.log', 'a') as f:
		print(message,end='\n',file=f)

sys.stdout = io.TextIOWrapper(sys.stdout.buffer, encoding='utf-8')

method = os.environ["REQUEST_METHOD"]

print("Content-Type: text/html; charset=utf-8")
print( "Expires: Thu, 19 Nov 1981 08:52:00 GMT" )
print( "Cache-Control: no-store, no-cache, must-revalidate, post-check=0, pre-check=0" )
print( "Pragma: no-cache" )
if method == "POST":
	print( "Location: sample_04.py?field3=%E5%B1%B1%E7%94%B0%20%E5%A4%AA%E9%83%8E" )
print()

form = cgi.FieldStorage()

# form 用データの内容です
result = str(form) + "<br>"
if method == "POST":
	log( form )

form_data = {}
fields = [ "field1", "field2", "field3", "field4", "send" ]
for field_name in fields:
	if field_name not in form:
		form_data[field_name] = ""
	else:
		form_data[field_name] = form.getvalue(field_name)

# 以降で使用可能なディクショナリの内容です
result += str(form_data) + "<br>"
if method == "POST":
	log( form_data )

view = f"""<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<meta content="width=device-width, initial-scale=1.0, minimum-scale=1.0, maximum-scale=1.0, user-scalable=no" name="viewport">
<meta charset="UTF-8">
<link rel="stylesheet" href="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/twitter-bootstrap/4.5.0/css/bootstrap.css">

<style>
#main {{
	padding: 30px;
	font-size: 24px;
}}

form {{
	margin-bottom: 20px;
}}

.inline {{
	display: inline-block;
}}
.ttl {{
	width: 100px;
}}
</style>
</head>
<body>
<div id="main">

	<form method="post">
		<div>
			<div class="inline ttl">氏名</div>
			<div class="inline"><input type="text" name="field3" value="{form_data["field3"]}"></div>
		</div>

		<div>
			<div class="inline ttl">フリガナ</div>
			<div class="inline"><input type="text" name="field4" value="{form_data["field4"]}"></div>
			<div class="inline ml-2"><input type="submit" name="send" value="送信"></div>
		</div>
	</form>

	{result}

</div>
</body>
</html>"""

print(view)


関連する記事

XAMPP + Python( 3.8 ) で WEBアプリの基礎部分構築 : その ( 1 )

XAMPP + Python( 3.8 ) でWEBアプリの基礎部分構築 : その ( 2 ) : QUERY_STRING と 画面定義

XAMPP + Python( 3.8 ) で WEBアプリの基礎部分構築 : その ( 3 ) : cgi.FieldStorage() から ディクショナリ

XAMPP + Python( 3.8 ) で WEBアプリの基礎部分構築 : その ( 4 ) : リダイレクトと関数とログ出力


posted by lightbox at 2020-08-20 16:54 | Python | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月19日


XAMPP + Python( 3.8 ) で WEBアプリの基礎部分構築 : その ( 3 ) : cgi.FieldStorage() から ディクショナリ

Python の CGI の機能を使用して form の内容( GET と POST 混在 )を取得して使用します



XAMPP で Python を実行できるようにするには、httpd.conf の 『AddHandler cgi-script .cgi .pl .asp』 に .py を追加します



Windows では、Python の先頭に Python の実行プログラムの場所を記述しなくても、Windows のレジストリに設定して動作できるようにする事ができるようです
( 💘 ScriptInterpreterSource Registry-Strict )

Python のダウンロードとインストールは こちら(Windows 環境のPython) がとても参考になります

sample_03.py
form_data = {}
fields = [ "field1", "field2", "field3", "field4", "send" ]
for field_name in fields:
	if field_name not in form:
		form_data[field_name] = ""
	else:
		form_data[field_name] = form.getvalue(field_name)
cgi.FieldStorage() で取得された from をディクショナリである form_data に変換して使用します
#!C:\python\python.exe

import cgi
import cgitb
cgitb.enable()

import sys
import io
import os
import urllib.parse
from xml.sax.saxutils import *

sys.stdout = io.TextIOWrapper(sys.stdout.buffer, encoding='utf-8')

print("Content-Type: text/html; charset=utf-8")
print( "Expires: Thu, 19 Nov 1981 08:52:00 GMT" )
print( "Cache-Control: no-store, no-cache, must-revalidate, post-check=0, pre-check=0" )
print( "Pragma: no-cache" )
print()

print( "<div style='padding:30px;font-size:20px;word-break:break-all;'>" )

form = cgi.FieldStorage()

# form 用データの内容です
print( str(form) + "<br>")

form_data = {}
fields = [ "field1", "field2", "field3", "field4", "send" ]
for field_name in fields:
	if field_name not in form:
		form_data[field_name] = ""
	else:
		form_data[field_name] = form.getvalue(field_name)

# 以降で使用可能なディクショナリの内容です
print(str(form_data) + "<br>")

print( "</div>" )

view = f"""<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<meta content="width=device-width, initial-scale=1.0, minimum-scale=1.0, maximum-scale=1.0, user-scalable=no" name="viewport">
<meta charset="UTF-8">
<link rel="stylesheet" href="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/twitter-bootstrap/4.5.0/css/bootstrap.css">

<style>
#main {{
	padding: 30px;
	font-size: 24px;
}}

form {{
	margin-bottom: 20px;
}}

.inline {{
	display: inline-block;
}}
.ttl {{
	width: 100px;
}}
</style>
</head>
<body>
<div id="main">
	<form method="get">
		<div>
			<div class="inline ttl">氏名</div>
			<div class="inline"><input type="text" name="field1" value="{form_data["field1"]}"></div>
		</div>

		<div>
			<div class="inline ttl">フリガナ</div>
			<div class="inline"><input type="text" name="field2" value="{form_data["field2"]}"></div>
			<div class="inline ml-2"><input type="submit" name="send" value="送信"></div>
		</div>
	</form>

	<form method="post">
		<div>
			<div class="inline ttl">氏名</div>
			<div class="inline"><input type="text" name="field3" value="{form_data["field3"]}"></div>
		</div>

		<div>
			<div class="inline ttl">フリガナ</div>
			<div class="inline"><input type="text" name="field4" value="{form_data["field4"]}"></div>
			<div class="inline ml-2"><input type="submit" name="send" value="送信"></div>
		</div>
	</form>

</div>
</body>
</html>"""

print(view)


関連する記事

XAMPP + Python( 3.8 ) で WEBアプリの基礎部分構築 : その ( 1 )

XAMPP + Python( 3.8 ) でWEBアプリの基礎部分構築 : その ( 2 ) : QUERY_STRING と 画面定義

XAMPP + Python( 3.8 ) で WEBアプリの基礎部分構築 : その ( 3 ) : cgi.FieldStorage() から ディクショナリ

XAMPP + Python( 3.8 ) で WEBアプリの基礎部分構築 : その ( 4 ) : リダイレクトと関数とログ出力



posted by lightbox at 2020-08-19 16:26 | Python | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します
container 終わり



フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

CSS ドロップシャドウの参考デモ
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり