SQLの窓

2010年06月20日


Python3.1 : クッキーを保持して二つの URL にアクセスする

保存されるクッキーの形式は、「関連する記事」の、PHP でテストした cURL が保存する
形式とほぼ同じでした

▼ Python3.1
------------------------------------------------------------------------------------
    # Netscape HTTP Cookie File
    # http://www.netscape.com/newsref/std/cookie_spec.html
    # This is a generated file!  Do not edit.

localhost.local	FALSE	/web/test	FALSE		data	1234
localhost.local	FALSE	/web/test	FALSE		lightbox	winofsql

▼ PHP の cURL
------------------------------------------------------------------------------------
# Netscape HTTP Cookie File
# http://curl.haxx.se/rfc/cookie_spec.html
# This file was generated by libcurl! Edit at your own risk.

localhost	FALSE	/web/test/	FALSE	0	data	1234
localhost	FALSE	/web/test/	FALSE	0	lightbox	winofsql
------------------------------------------------------------------------------------

urllib.request.build_opener には、複数のハンドラを設定できます。
必要に応じて追加していく形になります( BASIC 認証や プロキシ等 )

HTTP ヘッダーの追加は、マニュアルにこっそり書かれていますが、
User-Agent: Python-urllib/3.1 は常にセットされるらしく、追加は
append メソッドで行います

関連する記事

VBScript/PHP クッキーデータが自動的に受け渡しされる事のテスト
VB.net : HttpWebRequest と HttpWebResponse でクッキーのやり取り
Python3.1 : mixi ボイスへ投稿
0004.py ( utf8n )
#! /usr/bin/env python3.1

import urllib.request
import http.cookiejar

# **********************************************************
# Cookie handling for HTTP clients
# python312.chm::/library/http.cookiejar.html
# **********************************************************
cj = http.cookiejar.MozillaCookieJar()
opener = urllib.request.build_opener(
			urllib.request.HTTPCookieProcessor( cj )
		 )

# **********************************************************
# 最初の呼び出し
# ※ cookiejar を設定した opener で読みだす
# **********************************************************
try:
	response = opener.open("http://localhost/web/test/sv1.php")
except urllib.error.URLError as e:
	print(e)
	exit()

html = response.read()

# **********************************************************
# サーバーからの http ヘッダ
# **********************************************************
print( response.info() )

# **********************************************************
# 内容
# **********************************************************
print( html.decode() )



# **********************************************************
# 2回目の呼び出し
# ※ cookiejar を設定した opener で読みだす
# ※ ヘッダーの追加は、opener.addheaders
# **********************************************************
opener = urllib.request.build_opener(
			urllib.request.HTTPCookieProcessor( cj )
		 )
try:
	opener.addheaders.append(('test-header', 'Python3.1'))
	response = opener.open("http://localhost/web/test/sv2.php")
except urllib.error.URLError as e:
	print(e)
	exit()

html = response.read()

# **********************************************************
# サーバーからの http ヘッダ
# **********************************************************
print( response.info() )

# **********************************************************
# 内容
# **********************************************************
print( html.decode() )

# **********************************************************
# クッキーを保存
# ※ cj.load( "ファイルのパス" ) が可能です
# **********************************************************
cj.save( "cookie_100620.sav", ignore_discard=True, ignore_expires=True )




posted by lightbox at 2010-06-20 19:34 | Python | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Python3.1 : URLを読み出してファイルに出力

注意するのは、キャラクタセットの指定です。

※ Windows では、指定しない場合は SHIFT_JIS で出力されます
0003.py ( utf8n )
#! /usr/bin/env python3.1

import urllib.request

# **********************************************************
# ※ エラーをファイルに出力しています
# ※ file=object は、object に write メソッドが必要です
# ※ python312.chm::/library/functions.html#open
#
# ※ SSL が有効です
# **********************************************************
try:
	response = urllib.request.urlopen('https://mixi.jp/')
except urllib.error.URLError as e:
	print(e,file=open("error.log","at"))
	exit()

html = response.read()

# サーバーからの http ヘッダ
print( response.info() )

# **********************************************************
# ※ ログイン前のページをファイルに出力しています
# 
# ※ python312.chm::/library/codecs.html#standard-encodings
# ※ euc_jp | eucjp, ujis, u-jis 
# ※ mixi は、EUC-JP です
#
# ※ 出力される mixi_home.txt は、SHIFT_JIS になります
# **********************************************************
print( html.decode("euc_jp"),file=open("mixi_home_sjis.txt","wt") )

# **********************************************************
# そのまま EUC-JP で出力
# **********************************************************
print(
	html.decode("euc_jp"),
	file=open(
		"mixi_home_ujis.txt",
		"wt",
		encoding="euc_jp"
	)
)

関連する記事

Python3.1 : URL を読み出す( bytes から string )


タグ:Python
posted by lightbox at 2010-06-20 18:46 | Python | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します
container 終わり



フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

CSS ドロップシャドウの参考デモ
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり