SQLの窓

2020年11月26日


C# : Excel の新しいブックのデフォルトのシートのセルに直接値をセットして、オートフィルを Range オブジェクトから実行する



Range オブジェクトの作成に数値を使用します

プログラミングで処理を行うので、Range("A1:A20") というような表現を使わずに、Cells(行,列) を使って Range オブジェクトを作成しています。
using System;

namespace excel_2020_11_26
{
	class Program
	{
		static void Main(string[] args)
		{
			// Excel アプリケーション
			dynamic ExcelApp = Activator.CreateInstance(Type.GetTypeFromProgID("Excel.Application"));
			// Excel のパス
			string path = Environment.CurrentDirectory + @"\sample.xlsx";

			// Excel を表示( 完成したらコメント化 )
			ExcelApp.Visible = true;
			// 警告を出さない
			ExcelApp.DisplayAlerts = false;

			try
			{
				// ****************************
				// ブック追加
				// ****************************
				dynamic Book = ExcelApp.Workbooks.Add();

				// 通常一つのシートが作成されています
				dynamic Sheet = Book.Worksheets(1);

				// ****************************
				// シート名変更
				// ****************************
				Sheet.Name = "C#の処理";

				// ****************************
				// セルに値を直接セット
				// ****************************
				for (int i = 1; i <= 10; i++)
				{
					Sheet.Cells(i, 1).Value = "処理 : " + i;
				}

				// ****************************
				// 1つのセルから
				// AutoFill で値をセット
				// ****************************
				Sheet.Cells(1,2).Value = "子";
				// 基となるセル範囲
				dynamic SourceRange = Sheet.Range(Sheet.Cells(1, 2), Sheet.Cells(1, 2));
				// オートフィルの範囲(基となるセル範囲を含む )
				dynamic FillRange = Sheet.Range(Sheet.Cells(1, 2), Sheet.Cells(10, 2));
				SourceRange.AutoFill(FillRange);


				// ****************************
				// 保存
				// ****************************
				Book.SaveAs(path);
			}
			catch (Exception ex)
			{
				ExcelApp.Quit();
				System.Runtime.InteropServices.Marshal.ReleaseComObject(ExcelApp);
				Console.WriteLine(ex.Message);
				return;
			}

			ExcelApp.Quit();
			// 解放
			System.Runtime.InteropServices.Marshal.ReleaseComObject(ExcelApp);

			Console.WriteLine("処理を終了します");

		}
	}
}


関連する記事

JScript : Excel の新しいブックのデフォルトのシートのセルに直接値をセットして、オートフィルを Range オブジェクトから実行する

関連する Microsoft ドキュメント

Application オブジェクト Workbook オブジェクトのコレクション Workbook オブジェクト Worksheet オブジェクトのコレクション Worksheet オブジェクト Cells プロパティ
【VS(C#)の最新記事】
posted by lightbox at 2020-11-26 13:47 | VS(C#) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月23日


JScript : Excel の新しいブックのデフォルトのシートのセルに直接値をセットして、オートフィルを Range オブジェクトから実行する




Range オブジェクトの作成に数値を使用します

プログラミングで処理を行うので、Range("A1:A20") というような表現を使わずに、Cells(行,列) を使って Range オブジェクトを作成しています。
// ****************************
// 初期処理
// ****************************
WScript.Echo( "処理を開始します" );
var WshShell = new ActiveXObject("WScript.Shell");
var ExcelApp = new ActiveXObject( "Excel.Application" );

// デバッグ時は、Excel の本体を表示させて状況が解るようにする
ExcelApp.Visible = true;
// UI でチェックさせるようなダイアログを表示せずに実行する
ExcelApp.DisplayAlerts = false;

try {

	// ****************************
	// ブック追加
	// ****************************
	var Book = ExcelApp.Workbooks.Add();

	// 通常一つのシートが作成されています
	var Sheet = Book.Worksheets( 1 );

	// ****************************
	// シート名変更
	// ****************************
	Sheet.Name = "JScriptの処理";

	// ****************************
	// セルに値を直接セット
	// ****************************
	for( var i = 1; i <= 10; i++ )
	{
		Sheet.Cells(i, 1) = "処理 : " + i;
	}

	// ****************************
	// 1つのセルから
	// AutoFill で値をセット
	// ****************************
	Sheet.Cells(1, 2) = "子";
	// 基となるセル範囲
	var SourceRange = Sheet.Range(Sheet.Cells(1, 2), Sheet.Cells(1,2));
	// オートフィルの範囲(基となるセル範囲を含む )
	var FillRange = Sheet.Range(Sheet.Cells(1, 2), Sheet.Cells(10,2));
	SourceRange.AutoFill(FillRange);

	// ****************************
	// 保存
	// ****************************
	Book.SaveAs( WshShell.CurrentDirectory + "\\sample.xlsx" );
 
} catch (error) {
	ExcelApp.Quit();
	ExcelApp = null;
	WshShell.Popup(error.description);
	WScript.Quit();	
}

ExcelApp.Quit();
ExcelApp = null;

// ****************************
// ファイルの最後
// ****************************
WshShell.Popup("処理を終了します");

関連する記事

JScript : Visual Studio Code で、WSH を使用する準備

JScript でエラーが発生した行を知る方法

実行プログラムが cscript.exe や wscript.exe の場合、try 〜 catch 内のエラー発生の行番号を知る事ができないので、以下の手順で処理します。
1) 拡張子を hta に変更する
2) WScript を使った実行をコメントにする
3) ソースの先頭に <script> ソースの最後に </script> を記述する
4) さらにソースの先頭に <meta http-equiv="x-ua-compatible" content="ie=edge"> を記述する
5) catch の中で、error.stack を表示する
6) エクスプローラからこのソースをダブルクリックする
    ( HTML アプリケーションホストで実行させる )




.hta 用コード

<meta http-equiv="x-ua-compatible" content="ie=edge">
<script>
// ****************************
// 初期処理
// ****************************
//WScript.Echo( "処理を開始します" );
var WshShell = new ActiveXObject("WScript.Shell");
var ExcelApp = new ActiveXObject( "Excel.Application" );

// デバッグ時は、Excel の本体を表示させて状況が解るようにする
ExcelApp.Visible = true;
// UI でチェックさせるようなダイアログを表示せずに実行する
ExcelApp.DisplayAlerts = false;

try {

    // ****************************
    // ブック追加
    // ****************************
    var Book = ExcelApp.Workbooks.Add();

    // 通常一つのシートが作成されています
    var Sheet = Book.Worksheets( 1 );

    // ****************************
    // シート名変更
    // ****************************
    Sheet.Name = "JScriptの処理";

    // ****************************
    // セルに値を直接セット
    // ****************************
    for( var i = 1; i <= 10; i++ )
    {
        Sheet.Cells(i, 1) = "処理 : " + i;
    }

    // ****************************
    // 1つのセルから
    // AutoFill で値をセット
    // ****************************
    Sheet.Cells(1, 2) = "子";
    // 基となるセル範囲
    var SourceRange = Sheet.Range(Sheet.Cells(1, 2), Sheet.Cells(1,2));
    // オートフィルの範囲(基となるセル範囲を含む )
    var FillRange = Sheet.Range(Sheet.Cells(1, 2), Sheet.Cells(10,2));
    SourceRange.utoFill(FillRange);

    // ****************************
    // 保存
    // ****************************
    Book.SaveAs( WshShell.CurrentDirectory + "\\sample.xlsx" );


} catch (error) {
    ExcelApp.Quit();
    ExcelApp = null;
    WshShell.Popup(error.description + error.stack);
    WScript.Quit();    
}

ExcelApp.Quit();
ExcelApp = null;

// ****************************
// ファイルの最後
// ****************************
WshShell.Popup("処理を終了します");
</script>


関連する Microsoft ドキュメント

Application オブジェクト Workbook オブジェクトのコレクション Workbook オブジェクト Worksheet オブジェクトのコレクション Worksheet オブジェクト Cells プロパティ
posted by lightbox at 2020-11-23 19:47 | WSH JScript | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月15日


JScript / VBScript : WEBのファイルをコマンドラインからダウンロードするスクリプト

バッチ処理に使うのであれば
cscript httpget.js "URL"
cscript httpget.vbs "URL"

対話で、エラー時にメッセージボックスが出ても良い場合は

httpget "URL"

※ URL だけを指定すると、URL の最後をファイル名としてカレントにダウンロード
※ URL の後にパスを指定するとそこへダウンロードです
( httpget "URL" "保存ファイル名のパス" )

JScript : httpget.js

// ****************************
// 初期処理
// ****************************
if ( WScript.Arguments.length == 0 ) {
	WScript.Echo( "httpget url [savepath]" );
	WScript.Quit();
}

// ****************************
// ダウンロード用のオブジェクト
// ****************************
var http = new ActiveXObject("Msxml2.ServerXMLHTTP")

// ****************************
// 第1引数は URL
// ****************************
var file;
var url = WScript.Arguments(0);
if ( WScript.Arguments.length == 1 ) {
	// 第2引数が無い場合は、URL の最後の部分
	// ( カレントにダウンロード )
	var aData = url.split("/");
	file = aData[aData.length-1];
}
else {
	// 第2引数がある場合はそれをローカルファイルとする
	file = Wscript.Arguments(1);
}

// ****************************
// ダウンロード要求
// ****************************
WScript.Echo( url );
http.open("GET", url, false );
http.send();
try {
} catch (error) {
	WScript.Echo( error.description );
	WScript.Quit();
}

if ( http.status == 404  ) {
	WScript.Echo( "URL が正しくありません(404)" );
	WScript.Quit();
}

// ****************************
// バイナリデータ保存用オブジェクト
// ****************************
var stream = new ActiveXObject("ADODB.Stream");
stream.Open();
stream.Type = 1	// バイナリ
// 戻されたバイナリをファイルとしてストリームに書き込み
stream.Write( http.responseBody );
// ファイルとして保存
stream.SaveToFile( file, 2 );
stream.Close

// ****************************
// ファイルの最後
// ****************************


VBScript : httpget.vbs

if Wscript.Arguments.Count = 0 then
	Wscript.Echo "httpget url [savepath]"
	Wscript.Quit
end if

' *****************************
' ダウンロード用のオブジェクト
' *****************************
Set objSrvHTTP = Wscript.CreateObject("Msxml2.ServerXMLHTTP")

' *****************************
' 第1引数は URL
' *****************************
strUrl = Wscript.Arguments(0)
if Wscript.Arguments.Count = 1 then
	' 第2引数が無い場合は、URL の最後の部分
	' ( カレントにダウンロード )
	aData = Split(strUrl,"/")
	strFile = aData(Ubound(aData))
else
	' 第2引数がある場合はそれをローカルファイルとする
	strFile = Wscript.Arguments(1)
end if

' *****************************
' ダウンロード要求
' *****************************
on error resume next
Call objSrvHTTP.Open("GET", strUrl, False )
if Err.Number <> 0 then
	Wscript.Echo Err.Description
	Wscript.Quit
end if
objSrvHTTP.Send
if Err.Number <> 0 then
	' おそらくサーバーの指定が間違っている
	Wscript.Echo Err.Description
	Wscript.Quit
end if
on error goto 0

if objSrvHTTP.status = 404 then
	Wscript.Echo "URL が正しくありません(404)"
	Wscript.Quit
end if

' *****************************
' バイナリデータ保存用オブジェクト
' *****************************
Set Stream = Wscript.CreateObject("ADODB.Stream")
Stream.Open
Stream.Type = 1	' バイナリ
' 戻されたバイナリをファイルとしてストリームに書き込み
Stream.Write objSrvHTTP.responseBody
' ファイルとして保存
Stream.SaveToFile strFile, 2
Stream.Close





posted by lightbox at 2020-11-15 21:32 | WSH JScript | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JScript / VBScript : 新しい Excel の Book を作成する

サンプルは、.xlsx で保存しています

イントラネットのWEBページで利用されるテクニックの基本的な部分です。イントラネットの場合は、フォーマットを事前に作成しておくので、Excel ブックの作成を行う事は稀ですが、簡単な運用に使う場合は新規にブックが必要になると思います

※ 複数回実行すると上書きされます

昔から、Excel.Application の扱いはけっこう厄介で、実行する毎に Quit しておくとトラブルを最低限に抑える事ができます。しかし、操作方法のルールとリカバリ方法をマニュアル化しておく事が最も重要になります( トラブル時は、非表示のままメモリに残るので、タスクマネージャからタスクの終了をする必要があります )


Jscript
// ****************************
// 初期処理
// ****************************
var App = new ActiveXObject( "Excel.Application" );
var WshShell = new ActiveXObject("WScript.Shell");

App.DisplayAlerts = false;
//App.Visible = true;

// ****************************
// ブック追加
// ****************************
App.Workbooks.Add();

// ****************************
// 追加したブックを取得
// ****************************
var Book = App.Workbooks( App.Workbooks.Count  );

// ****************************
// 現状、ブックにはシート一つ
// という前提で処理していますが
// 必要であれば、Book.Worksheets.Count
// で現在のシートの数を取得できます
// ****************************
var Worksheet = Book.Worksheets( 1 );
Worksheet.Activate();

// ****************************
// Add では 第二引数に指定した
// オブジェクトのシートの直後に、
// 新しいシートを追加します。
// ****************************
Book.Worksheets.Add(null,Worksheet);

// ****************************
// シート名設定
// ****************************
Book.Sheets(1).Name = "新しい情報";
Book.Sheets(2).Name = "予備情報";

// ****************************
// 参照
// 最後の 1 は、使用するフィルター
// の番号です
// ****************************
var FilePath = App.GetSaveAsFilename(null,"Excel ファイル (*.xlsx), *.xlsx", 1);
if ( FilePath == false ) {
	WshShell.Popup( "Excel ファイルの保存選択がキャンセルされました" );
	App.Quit();
	App = null;
	WScript.Quit();
}

// ****************************
// 保存
// 拡張子を .xls で保存するには
// Call ExcelBook.SaveAs( BookPath, 56 ) とします
// ****************************
try {
    Book.SaveAs( FilePath )
    
} catch (error) {
	WshShell.Popup( "ERROR : " + error.description );
}

// ****************************
// Excel をアプリケーションとして終了
// ****************************
App.Quit();

// ****************************
// Excel を VBScript から開放
// ****************************
App = null;

// ****************************
// ファイルの最後
// ****************************



VBScript
' ****************************
' Excel オブジェクト作成
' ****************************
Set App = CreateObject("Excel.Application")

' ****************************
' 警告を出さないようにする
' ****************************
App.DisplayAlerts = False

' ****************************
' ブック追加
' ****************************
App.Workbooks.Add()

' ****************************
' 追加したブックを取得
' ****************************
Set Book = App.Workbooks( App.Workbooks.Count )

' ****************************
' 現状、ブックにはシート一つ
' という前提で処理していますが
' 必要であれば、Book.Worksheets.Count
' で現在のシートの数を取得できます
' ****************************
Set Worksheet = Book.Worksheets( 1 )
Worksheet.Activate()

' ****************************
' Add では 第二引数に指定した
' オブジェクトのシートの直後に、
' 新しいシートを追加します。
' ****************************
Call Book.Worksheets.Add(,Worksheet)

' ****************************
' シート名設定
' ****************************
Book.Sheets(1).Name = "新しい情報"
Book.Sheets(2).Name = "予備情報"

' ****************************
' 参照
' 最後の 1 は、使用するフィルター
' の番号です
' ****************************
FilePath = App.GetSaveAsFilename(,"Excel ファイル (*.xlsx), *.xlsx", 1)
if FilePath = "False" Then
	MsgBox "Excel ファイルの保存選択がキャンセルされました"
	Wscript.Quit()
End If

' ****************************
' 保存
' 拡張子を .xls で保存するには
' Call ExcelBook.SaveAs( BookPath, 56 ) とします
' ****************************
on error resume next
Book.SaveAs( FilePath )
if Err.Number <> 0 then
	MsgBox( "ERROR : " & Err.Description )
end if
on error goto 0

' ****************************
' Excel をアプリケーションとして終了
' ****************************
App.Quit()

' ****************************
' Excel を VBScript から開放
' ****************************
Set App = Nothing

' ****************************
' オブジェクト変数を初期化
' ( 初期化しないとオブジェクト扱いされる )
' ****************************
App = Empty


MsgBox( "処理が終了しました" )

Microsoft ドキュメント

Application.GetSaveAsFilename メソッド (Excel)

Application.GetOpenFilename メソッド (Excel)

Worksheets.Add メソッド (Excel)

Workbook.SaveAs メソッド (Excel)

可能列挙型 (Excel) / SaveAs メソッド で使用する定数


関連する記事

VBScript : 既存の Excel を PDF に変換する ( Excel 2007以降 )





タグ:VBScript EXCEL
posted by lightbox at 2020-11-15 17:32 | WSH JScript | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月14日


IE11 を アプリケーションのプラットホームとして使う為の3つの設定

この設定を行うと、インターネットにあるページからでも、Windows のディスクやリソースに直接アクセスが可能になります( ActiveX を使用します )。よく利用されるのは、Excel へのアクセスですが、 ローカルネットワークのデータベースにもアクセスが可能です。




✅ インターネット上の任意のサイトを信頼して追加します

※ ここでは localhost です。インターネット上は 自分のサイト業務上のサイト になります

✅ ActiveX の使用を許可します( この設定で多くの処理が可能になります )

✅ 以下は ADO でのデーターベースアクセスに必要です

✅ クリップボードからの貼り付けができるのは IE11 のみです。

通常でもクリップボードへのコピーは可能で、他のブラウザでもクリップボードへのコピーは可能です。 18年前より IE を使用して、イントラネットの IIS のページ上に表示されたデータを Excel に転送して印刷に使うという処理を今も続けています。Excel でフォーマットを作っておくと、イレギュラーが発生しても Excel を直接変更すれば対応可能です。 大量な単独データが印刷が必要な場合はさすがに PDF( TCPDF ) を使用していますが、単票なら Excel に勝るものはありません。 IIS のタイムアウトを避けるような処理であれば、ADO で直接データーベースにアクセスして様々なデータをローカルに出力できます。 また、Excel のデータを複数セルでコピーして、IE11 の入力フィールドに貼り付けたり直接初期データを登録する事も可能になります。 さらにこれらのページ処理は、HTML だけで完結できる場合は拡張子を .hta として使う事もできます( 最初から HTA 目的で作成するのならば、IE11 の設定は必要ありませんが、HTA のデフォルトを最新にしておく為の META 要素が必要になります。 )
<meta http-equiv="x-ua-compatible" content="ie=edge">
❎ 注意事項として、IE11 のデフォルト状態では、VBSCript は利用できないので、VBScript が必要な場合は META 要素で IE10 以下を設定する必要があります。
<meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=8">

関連する記事

IE11 で VBScript のクラスを使用して Excel(Excel.Application) の処理を検証 HTML Application : JavaScript で新しい Excel の Book を作成する

IE11 上でコマンドプロントを模したページ

コマンドプロンプト on IE11( サイトを信頼して設定した場合 )

関連する記事

HTA / ADO / Jscript : Access( .accdb .mdb ) の読み込みと表示
タグ:HTA IE
posted by lightbox at 2020-11-14 08:23 | IE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月12日


HTA / ADO / Jscript : Access( .accdb .mdb ) の読み込みと表示

データベースは Access です。こちらからダウンロードしてください。ダウンロードして解凍した .accdb または .mdb へのパスは以下のようにしてソースコード上で固定で設定しています
 var db_path = "C:\\temp\\hanbaic.accdb";
ドライバが無い場合はこちらからダウンロードして AccessDatabaseEngine.exe を実行します ※ HTA は 32ビットです この HTA を localhost の IE11 で実行する事ができます。その場合は、IE11 の設定が必要です。その方法はこちらをご覧ください。 ※ IE11 で動かす最も大きな目的は、開発者ツールでデバッグができるからです。
<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<!-- edge : 主に hta 用 / VBScript を混在する場合は IE11 で IE10 ) -->
<meta http-equiv="x-ua-compatible" content="ie=edge">

<meta charset="utf-8">

<title>utf-8 ADO 問合せ処理</title>

<script src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/3.4.1/jquery.min.js"></script>
<link rel="stylesheet" href="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/twitter-bootstrap/4.4.1/css/bootstrap.css">

<script>
// ***********************
// カンマ編集
// ***********************
String.prototype.number_format = 
function (prefix) {
	var num = this.valueOf();
	prefix = prefix || '';
	num += '';
	var splitStr = num.split('.');
	var splitLeft = splitStr[0];
	var splitRight = splitStr.length > 1 ? '.' + splitStr[1] : '';
	var regx = /(\d+)(\d{3})/;
	while (regx.test(splitLeft)) {
		splitLeft = splitLeft.replace(regx, '$1' + ',' + '$2');
	}
	return prefix + splitLeft + splitRight;
}
// ***********************
// カンマ編集削除
// ***********************
String.prototype.remove_number_format = 
function () {
	var num = this.valueOf();
	return num.replace(/([^0-9\.\-])/g, '');
}

// ********************************************************
// ADO オブジェクト
// 3 : クライアント側カーソル
// https://docs.microsoft.com/ja-jp/sql/ado/reference/ado-api/cursorlocationenum
// ********************************************************
var cn = new ActiveXObject( "ADODB.Connection" );
cn.CursorLocation = 3;
var rs = new ActiveXObject( "ADODB.Recordset" );

// ***********************
// このパスを変更
// ***********************
var db_path = "C:\\temp\\hanbaic.accdb";
// ***********************

// ********************************************************
// https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=13255 ( ドライバ )
// 接続文字列 : ODBC用
// https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/api/system.data.odbc.odbcconnection.connectionstring
// ********************************************************
var connection_string = "Provider=MSDASQL;Driver={Microsoft Access Driver (*.mdb, *.accdb)};Dbq=" + db_path + ";";

// ***********************
// エラー制御
// ***********************
var error_flg = false;

// ***********************
// 実行 SQL
// ***********************
var query = "select * from 社員マスタ";

$(function(){

	// **************************************
	// Windows を中央に移動
	// **************************************
	var target = window.location + "";

	if ( target.indexOf("file:") != -1 ) {

		try {
			var w = screen.width - 400;
			var h = screen.height - 200;
			top.resizeTo( w, h );
			top.moveTo((screen.width-w)/2, (screen.height-h)/2 );
		}
		catch( e ) {}

	}

	// **************************************
	// ADO 処理( ここから )
	// **************************************
	try {
		// ***********************
		// DB 接続
		// ***********************
		cn.open( connection_string );
	}
	catch (e) {
		error_flg = true;
		alert(e.description);
	}
	
	if ( error_flg ) {
		return;
	}

	try {
		// ***********************
		// レコードセット取得
		// ***********************
		rs.open( query, cn );
	}
	catch (e) {
		error_flg = true;
		alert(e.description);
	}

	var table_body = $("#tbl");
	var row_unit = $("<tr></tr>");

	// ***********************
	// タイトル部用、列名取得
	// ***********************
	for( loop_idx = 0; loop_idx < rs.fields.count; loop_idx++ ) {
		$("<th></th>")
			.text( rs.fields(loop_idx).name )
			.appendTo( row_unit );
	}
	row_unit.appendTo( table_body );


	// ***********************
	// 行取得ループ
	// ***********************
	while( !rs.EOF ) {

		// 行オブジェクト
		row_unit = $("<tr></tr>");
		
		// *********************************************
		// 列オブジェクトを作成して行オブジェクトに追加
		// *********************************************
		$("<td></td>")
			.text( rs.fields("社員コード").value )
			.appendTo( row_unit );

		$("<td></td>")
			.text( rs.fields("氏名").value )
			.appendTo( row_unit );

		$("<td></td>")
			.text( rs.fields("フリガナ").value )
			.appendTo( row_unit );

		$("<td></td>")
			.text( rs.fields("所属").value )
			.appendTo( row_unit );

		$("<td></td>")
			.text( rs.fields("性別").value )
			.appendTo( row_unit );
			
		date_work = new Date( rs.fields("作成日").value );
		date_string = date_work.getFullYear() + "/" + (date_work.getMonth()+1) + "/" + date_work.getDate();
		$("<td></td>")
			.text( date_string )
			.appendTo( row_unit );

		date_work = new Date( rs.fields("更新日").value );
		date_string = date_work.getFullYear() + "/" + (date_work.getMonth()+1) + "/" + date_work.getDate();
		$("<td></td>")
			.text( date_string )
			.appendTo( row_unit );


		$("<td></td>")
			.text( rs.fields("給与").value )
			.appendTo( row_unit );

		$("<td></td>")
			.text( rs.fields("手当").value )
			.appendTo( row_unit );

		$("<td></td>")
			.text( rs.fields("管理者").value )
			.appendTo( row_unit );
			
		date_work = new Date( rs.fields("生年月日").value );
		date_string = date_work.getFullYear() + "/" + (date_work.getMonth()+1) + "/" + date_work.getDate();
		$("<td></td>")
			.text( date_string )
			.appendTo( row_unit );

		// 行オブジェクトを テーブルオブジェクトに追加
		row_unit.appendTo( table_body );

		// ***********************
		// 次の行を取得
		// ***********************
		rs.MoveNext();
	}
	
	// ***********************
	// レコードセットを閉じる
	// ***********************
	rs.close();

	// ***********************
	// 接続解除
	// ***********************
	cn.close();

	// ***********************
	// オブジェクトの解放
	// ***********************
	cn = null;
	// **************************************
	// ADO 処理( ここまで )
	// **************************************


	// **************************************
	// テーブルに対する処理
	// **************************************
	$("#tbl tr").each(function(idx){

		// **************************************
		// イベント登録
		// **************************************
		$(this).on("dblclick", function(idx){

			var text = "";

			$(this).find("td").each(function(idx){
				console.log( idx + ":" + $(this).text() );

				if ( idx == 7 || idx == 8 ) {
					text += idx + ":" + ($(this).text()).remove_number_format() + " ";
				}
				else {
					text += idx + ":" + $(this).text() + " ";
				}
			});

			$("#result").text( text );

		});

		// **************************************
		// データ部分のフォーマットと右寄せ
		// **************************************
		$(this).find("td").each(function(idx){

			switch( idx ) {
				case 7:
					$(this).css({"text-align": "right" });
					$(this).text( ($(this).text()).number_format() );
					break;
				case 8:
					$(this).css({"text-align": "right" });
					$(this).text( ($(this).text()).number_format() );
					break;
			}

		});

		// **************************************
		// タイトル部分の右寄せ
		// **************************************
		$(this).find("th").each(function(idx){

			switch( idx ) {
				case 7:
					$(this).css({"text-align": "right" });
					break;
				case 8:
					$(this).css({"text-align": "right" });
					break;
			}

		});

	});
	// **************************************
	// テーブルに対する処理
	// **************************************


});

</script>

<style>
/* ****************************
1) 列のカーソルは常に矢
2) 改行コードを有効
******************************/
td,th {
	cursor: default!important;
	white-space: pre;
}

body {
	margin: 0;
	padding: 16px;
}

/* ****************************
テーブル内のデータを選択不可
( ダブルクリック対応 )
******************************/
#tbl {
	user-select: none;
	-moz-user-select: none;
	-webkit-user-select: none;
	-ms-user-select: none;
}

/* ****************************
スクロール無しの状態時の
最上部にデータ表示場所を用意
******************************/
table {
	margin-top: 36px;
}

/* ****************************
ダブルクリック時に内容を表示
するブロックの表示方法
******************************/
#result {
	font-weight: bold;	/* 太文字 */
	color: navy;	/* 文字色 */
	position: fixed;	/* 表示位置固定 */
	height: 34px;	/* ブロック高さ */
	background-color: #fff;	/* ブロック背景色 */
	padding: 5px;	/* ブロック内側余白 */
}

</style>
</head>
<body>

	<!-- ダブルクリックの結果を表示する / fixed で位置固定 -->
	<div id="result"></div>

	<table class="table table-hover">
		<!-- bootstrap 対応の為、tbody に対して処理 -->
		<tbody id="tbl">
		</tbody>
	</table>

</body>
</html>


以下は、列情報を自動取得しています
( ※ 自由な SELECT 文で表示可能です )
<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<!-- edge : 主に hta 用 / VBScript を混在する場合は IE11 で IE10 ) -->
<meta http-equiv="x-ua-compatible" content="ie=edge">

<meta charset="utf-8">

<title>utf-8 ADO 問合せ処理</title>

<script src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/3.4.1/jquery.min.js"></script>
<link rel="stylesheet" href="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/twitter-bootstrap/4.4.1/css/bootstrap.css">

<script>
// ***********************
// カンマ編集
// ***********************
String.prototype.number_format = 
function (prefix) {
	var num = this.valueOf();
	prefix = prefix || '';
	num += '';
	var splitStr = num.split('.');
	var splitLeft = splitStr[0];
	var splitRight = splitStr.length > 1 ? '.' + splitStr[1] : '';
	var regx = /(\d+)(\d{3})/;
	while (regx.test(splitLeft)) {
		splitLeft = splitLeft.replace(regx, '$1' + ',' + '$2');
	}
	return prefix + splitLeft + splitRight;
}
// ***********************
// カンマ編集削除
// ***********************
String.prototype.remove_number_format = 
function () {
	var num = this.valueOf();
	return num.replace(/([^0-9\.\-])/g, '');
}

// ********************************************************
// ADO オブジェクト
// 3 : クライアント側カーソル
// https://docs.microsoft.com/ja-jp/sql/ado/reference/ado-api/cursorlocationenum
// ********************************************************
var cn = new ActiveXObject( "ADODB.Connection" );
cn.CursorLocation = 3;
var rs = new ActiveXObject( "ADODB.Recordset" );

// ***********************
// このパスを変更
// ***********************
var db_path = "C:\\temp\\hanbaic.accdb";
// ***********************

// ********************************************************
// https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=13255 ( ドライバ )
// 接続文字列 : ODBC用
// https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/api/system.data.odbc.odbcconnection.connectionstring
// ********************************************************
var connection_string = "Provider=MSDASQL;Driver={Microsoft Access Driver (*.mdb, *.accdb)};Dbq=" + db_path + ";";

// ***********************
// エラー制御
// ***********************
var error_flg = false;

// ***********************
// 実行 SQL
// ***********************
var query = "select * from 得意先マスタ";

$(function(){

	// **************************************
	// Windows を中央に移動
	// **************************************
	var target = window.location + "";

	if ( target.indexOf("file:") != -1 ) {

		try {
			var w = screen.width - 400;
			var h = screen.height - 200;
			top.resizeTo( w, h );
			top.moveTo((screen.width-w)/2, (screen.height-h)/2 );
		}
		catch( e ) {}

	}

	// **************************************
	// ADO 処理( ここから )
	// **************************************
	try {
		// ***********************
		// DB 接続
		// ***********************
		cn.open( connection_string );
	}
	catch (e) {
		error_flg = true;
		alert(e.description);
	}
	
	if ( error_flg ) {
		return;
	}

	try {
		// ***********************
		// レコードセット取得
		// ***********************
		rs.open( query, cn );
	}
	catch (e) {
		error_flg = true;
		alert(e.description);
	}

	var table_body = $("#tbl");
	var row_unit = $("<tr></tr>");

	var typeArray = [];

	// ***********************
	// タイトル部用、列名取得
	// ***********************
	for( loop_idx = 0; loop_idx < rs.fields.count; loop_idx++ ) {
		$("<th></th>")
			.text( rs.fields(loop_idx).name )
			.appendTo( row_unit );
		typeArray.push( rs.fields(loop_idx).type );
	}
	row_unit.appendTo( table_body );


	// ***********************
	// 行取得ループ
	// データ型
	// https://docs.microsoft.com/ja-jp/sql/ado/reference/ado-api/datatypeenum
	// ***********************
	while( !rs.EOF ) {

		// 行オブジェクト
		row_unit = $("<tr></tr>");
		for( loop_idx = 0; loop_idx < rs.fields.count; loop_idx++ ) {
			if( typeArray[loop_idx] == 133 || typeArray[loop_idx] == 135 ) {
				var date_work = new Date( rs.fields(rs.fields(loop_idx).name).value );
				var date_string = date_work.getFullYear() + "/" + (date_work.getMonth()+1) + "/" + date_work.getDate();
				$("<td></td>")
					.text( date_string )
					.appendTo( row_unit );
			}
			else {
				$("<td></td>")
				.text( rs.fields(rs.fields(loop_idx).name).value )
				.appendTo( row_unit );
			}
		}
		row_unit.appendTo( table_body );

		// ***********************
		// 次の行を取得
		// ***********************
		rs.MoveNext();
	}
	
	// ***********************
	// レコードセットを閉じる
	// ***********************
	rs.close();

	// ***********************
	// 接続解除
	// ***********************
	cn.close();

	// ***********************
	// オブジェクトの解放
	// ***********************
	cn = null;
	// **************************************
	// ADO 処理( ここまで )
	// **************************************


	// **************************************
	// テーブルに対する処理
	// **************************************
	$("#tbl tr").each(function(idx){

		// **************************************
		// イベント登録
		// **************************************
		$(this).on("dblclick", function(idx){

			var text = "";

			$(this).find("td").each(function(idx){
				console.log( idx + ":" + $(this).text() );
				text += idx + ":" + $(this).text() + " ";
			});

			$("#result").text( text );

		});

		// **************************************
		// データ部分のフォーマットと右寄せ
		// **************************************
		$(this).find("td").each(function(idx){

			if ( typeArray[idx] == 3 ) {
				$(this).css({"text-align": "right" });
				$(this).text( ($(this).text()).number_format() );
			} 

		});

		// **************************************
		// タイトル部分の右寄せ
		// **************************************
		$(this).find("th").each(function(idx){

			if ( typeArray[idx] == 3 ) {
				$(this).css({"text-align": "right" });
			}

		});

	});
	// **************************************
	// テーブルに対する処理
	// **************************************


});

</script>

<style>
/* ****************************
1) 列のカーソルは常に矢
2) 改行コードを有効
******************************/
td,th {
	cursor: default!important;
	white-space: pre;
}

body {
	margin: 0;
	padding: 16px;
}

/* ****************************
テーブル内のデータを選択不可
( ダブルクリック対応 )
******************************/
#tbl {
	user-select: none;
	-moz-user-select: none;
	-webkit-user-select: none;
	-ms-user-select: none;
}

/* ****************************
スクロール無しの状態時の
最上部にデータ表示場所を用意
******************************/
table {
	margin-top: 36px;
}

/* ****************************
ダブルクリック時に内容を表示
するブロックの表示方法
******************************/
#result {
	font-weight: bold;	/* 太文字 */
	color: navy;	/* 文字色 */
	position: fixed;	/* 表示位置固定 */
	height: 34px;	/* ブロック高さ */
	background-color: #fff;	/* ブロック背景色 */
	padding: 5px;	/* ブロック内側余白 */
}

</style>
</head>
<body>

	<!-- ダブルクリックの結果を表示する / fixed で位置固定 -->
	<div id="result"></div>

	<table class="table table-hover">
		<!-- bootstrap 対応の為、tbody に対して処理 -->
		<tbody id="tbl">
		</tbody>
	</table>

</body>
</html>




タグ:HTA IE
posted by lightbox at 2020-11-12 15:20 | HTA ( HTMLアプリケーション ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
container 終わり



フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

CSS ドロップシャドウの参考デモ
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり